新潟大学大学院医歯学総合研究科


顕微解剖学分野


(医学部医学科・第三解剖)



医学科ホームページへ







































研究紹介


ステレオ走査電子顕微鏡法




図1.ステレオSEM法
 従来の走査電子顕微鏡(SEM)像は、カメラで得られる1枚の写真のような単眼視の情報のため、そのままでは画像の中に潜む三次元情報が十分に生かされているとはいえません。

 そこで、試料を機械的に傾斜して2枚のステレオペア像を取得し、それを立体視することで、リアルな三次元情報を体感する手法がとられてきています(図1、A)。

 一方で、最近では、SEM観察時にビーム側をチルトさせて、観察時にリアルタイムにステレオペアを取得する方法にも期待が寄せられています(図1、B)。この方法では、高速スキャンに対応した1ライン単位のビームチルトをすることで、2枚のステレオペア像を観察時に同時に取得することが可能です。

 このようなリアルタイム3D-SEMを用いると、ステレオペア像を一回の操作で簡単に取得することができ、しかもTVスキャンでもステレオ像を得ることができます。したがって3Dモニタを搭載したり、赤青メガネを利用したアナグラフ表示を利用すれば、SEMの操作を行いながら、リアルタイムで3D観察が可能になるのです。




  図2.ラットの内耳の外有毛細胞


<ステレオSEM写真のアナグリフ表示>

 ステレオ画像を手軽に見る方法にアナグリフ表示があります。

 アナグリフ表示法では、2枚のステレオ画像を重ね合わせて、赤青メガネで見えるようにします。

 図2はステレオSEM写真をアナグリフ表示したもの。


牛木辰男、伊東祐博、伊藤 広、岩田 太、甲賀大輔:リアルタイム3D走査電子顕微鏡の医学生物応用、顕微鏡45:198-201 (2010)