English top page
HOME > 診療のご案内 > 診療分野紹介:虚血再生診療分野
診療のご案内
虚血再生診療分野

虚血性心疾患とは~狭心症と心筋梗塞~

心臓に酸素や栄養を運ぶ血管(冠動脈と呼ばれます)の動脈硬化が進行して起こる病気を総称して虚血性心疾患と呼び、「狭心症」と「心筋梗塞」の2つに大別されます。どちらも一度は耳にしたことのある病名かと思いますが、病態は大きく異なります。前者は一過性に心筋への血流が不十分となり短時間の胸痛発作を繰り返すのに対して、後者は心筋への血流が途絶することで突然発症し、激しい胸痛が持続します。これを放置すると心筋の壊死が進行して心臓の働きは著しく低下し、また高率に不整脈を合併して非常に危険な状態となるため、直ちに専門の医療機関に搬送して適切な治療を行う必要があります。

狭心症の診断と治療

自覚症状から狭心症が疑われた場合、心電図や胸部X線写真、心臓超音波検査といった基本的な検査に加えて、24時間心電図、運動負荷心電図、心筋シンチグラム、冠動脈マルチスライスCT等を組み合わせて外来で精査を進めます。狭心症と診断されると短期入院してカテーテルを用いた冠動脈造影検査を行い、狭窄部位を確認して治療方針を決定します。虚血性心疾患の治療方法には大きく【1】薬物治療、【2】カテーテル治療、【3】バイパス手術の3つがあり、個々の患者さんに最適な組み合わせを提案します。

冠動脈マルチスライスCT(左図)と冠動脈造影(右図)の対比

狭心症のカテーテル治療

当科ではカテーテルを用いた治療(経皮的冠動脈インターベンション)を積極的に行っています。これはカテーテルと呼ばれる直径2mm程の細い管を足の付け根や手首の動脈から挿入して冠動脈まで進め、その管を通して様々な器具を運んで塞がった血管を拡張する治療方法で、局所麻酔で行われるため患者さんへのストレスが少ないのが特徴です。現在はステントという筒状の金網を植え込む方法(経皮的冠動脈ステント留置術)が主流となっています。

狭心症のカテーテル治療

心筋梗塞の治療

急性心筋梗塞は冠動脈が血栓によって閉塞することで発症し、突然死の原因にもなります。そのままでは次第に心筋の壊死が進行し心臓の機能が失われてゆくため、一刻も早く血流を再開する治療が必要となります。

当科では高次救命災害治療センターと協同して24時間体制で救急患者に対応しており、いつでもカテーテル治療を行うことができます。さらに従来の治療方法に加え、後遺症を最小限にとどめ機能低下を予防するための先進医療を提供しています。

末梢血管疾患のカテーテル治療

当科では末梢血管の治療にも積極的に取り組んでいます。動脈硬化は全身に及び、下肢の血管が閉塞すると足のしびれや痛みといった症状が出て活動が制限され、さらに動脈硬化が進行する・・という悪循環に陥ってしまうため、カテーテル治療の対象となります。また、カテーテル治療が困難な足部などの細小血管病変に対しては骨髄細胞を用いた血管再生治療(体外増幅自己赤芽球移植療法)を行っています。

右総腸骨動脈(左図)、左浅大腿動脈(右図)に対するカテーテル治療。