English top page
HOME > 研修・入局希望の方へ
循環器内科学概要
来たれFrontier Cardilogistへの道
新潟大学医歯学総合研究科 循環器内科学
循環器内科学教授 南野 徹

新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学教室では新入医局員を随時募集しています。初期研修を終えられた方、循環器内科に転向を考えている方など広く入局者を募集します。高齢化や生活習慣病の増加に伴い、循環器疾患は増加の一途を辿っており、循環器内科専門医が不足しています。明日の循環器医療を担うFrontierCardiologist を目指す入局者を歓迎します。

循環器内科に良いところ

循環器疾患は、急性期には重症であることも少なくありませんが、有効な治療法が多いため、退院時には自力歩行で退院される患者さんが多いことが特徴で、やり甲斐を感じることができます。循環器内科では、救急患者さんを診ることも多いので、自然に救急処置のスキルが身に付いていきます。様々なデバイスを用いた治療が開発されており、専門性の高い分野でもあります。一方で、全身管理をすることも多いため、将来的には一般内科医として、様々な疾患治療や地域医療を担うことも可能となります。本分野の基礎・臨床研究のレベルは大変高く、学会等の活動も盛んに行われています。

当科では24 時間体制で救急患者の受け入れも行っており、カテーテル治療、不整脈、画像診断、病理診断といった循環器専門医に必要な全ての分野のトレーニングが可能であるばかりでなく、大学病院でしか経験出来ない、再生医療などの先進治療も行っています。すなわち、誰かが考え出した医療をただ学び実践するだけではなく、医療がいかにして作られて行くのかを体験することが出来るのです。

また当科のスタッフは、学会に参加し発表する、論文を読み自分で考え研究し論文発表する、講演会に参加するなどといった方法で、最新の医療を実践しかつ創造し続けています。基礎研究やそれを基盤とした先進医療に関する臨床研究も盛んに行われ、大学院生の研究内容は世界の科学雑誌に掲載されており、その業績は国内外で高く評価され、多くの学会等で賞も受賞しています。

多彩な養成コース

当科では、各個人の事情に合わせて、様々なコースを用意しています。具体的には、初期研修と大学外での後期研修の後、大学において学位を取得するための大学院コース、あるいは、専門性の高い分野を目指すためのスペシャリスト養成コースなどに進みます。その後は、さらにそれぞれのキャリアを伸ばすために、海外(国内)留学を積極的に推奨しています。最終的には、大学や中核病院において高度医療を実践していくコースや大学で基礎・臨床研究を推進していくコース、一般内科医として地域医療に貢献していくコースなどに進んでいくことになります。いずれの道に進んでいく場合も、自分自身の夢に邁進することができるようにサポートしますので、是非、当科においてFrontier Cardiologist を目指してください。

循環器内科学を知っていただくために

当科では1年を通して、学生・研修医向けのイベント・セミナーの開催を行っています。充実した内容となるよう各回検討を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。皆さんの参加をお待ちしております。

4月 新潟大学医歯学総合病院 前期研修医ガイダンス
【学生・研修医向け】循環器内科 春季セミナー
7月 【学生・研修医向け】循環器内科 夏季セミナー
9月 【学生・研修医向け】「研修医のための循環器セミナー」
12月 【学生・研修医向け】循環器内科 冬季セミナー

当科の情報につきましては、こちらのコンテンツもぜひご覧ください。

研究・入局のお問い合わせ

随時医局員を募集しております。初期研修医で後期研修を希望される先生、また転科希望の先生で医局説明、見学をご希望の場合にも、お気軽にご連絡ください。

新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学
担当:総括医長 小澤(おざわ)までお問い合わせください。

Email
:takuya-o@med.niigata-u.ac.jp
T E L
:025-227-2184
F A X
:025-227-0774