新潟大学大学院医師学総合研究科循環器内科学

English top page
HOME > 研究について > 研究業績
研究について
研究業績
2015年
英文論文
  1. 〔南野教授〕
  2. Sumida T, Naito AT, Nomura S, Nakagawa A, Higo T, Hashimoto A, Okada K, Sakai T, Ito M, Yamaguchi T, Oka T, Akazawa H, Lee JK, Minamino T, Offermanns S, Noda T, Botto M, Kobayashi Y, Morita H, Manabe I, Nagai T, Shiojima I, Komuro I. Complement C1q-induced activation of β-catenin signalling causes hypertensive arterial remodelling. Nat Commun 2015; 6: 6241.
  3. Higashi Y, Azuma N, Takeishi Y, Minamino T, Kihara Y, Node K, Sata M, Fukumoto Y, Origasa H, Matsuo H, Naritomi H, Fujita M, Shimizu W. Effect of a Low-Intensity Pulsed Ultrasound Device, SX-1001, on Clinical Symptoms in Buerger Disease With Limb Ischemia. Int Heart J 2015; 56: 632-638.
  4. 〔先進老化制御研究グループ〕
  5. Suzuki H, Kayama Y, Sakamoto M, Iuchi H, Shimizu I, Yoshino T, Katoh D, Nagoshi T, Tojo K, Minamino T, Yoshimura M, Utsunomiya K. Arachidonate 12/15-lipoxygenase-induced inflammation and oxidative stress are involved in the development of Diabetic Cardiomyopathy. Diabetes 2015; 64: 618-630.
  6. Shimizu I, Yoshida Y, Minamino T. Pathological role of adipose tissue dysfunction in cardio-metabolic disorders. Int Heart J 2015; 56: 255-259.
  7. Shimizu I, Walsh K. Whitening of brown fat and implications for weight management in obesity. Curr Obes Rep 2015; 4: 224-229.
  8. Yoshida Y, Shimizu I, Katsuumi G, Jiao S, Suda M, Hayashi Y, Minamino T. p53-induced inflammation exacerbates cardiac dysfunction during pressure overload. J Mol Cell Cardiol 2015; 85: 183-198.
  9. Yoshida Y, Shimizu I, Minamino T. The pathological role of adipose tissue aging in the progression of systemic insulin resistance. Inflammation and regeneration 2015; 35: 178-184.
  10. Shimizu I, Yoshida Y, Minamino T. Maintenance of subcutaneous fat homeostasis improves systemic metabolic dysfunction in obesity. Diabetes 2015; 64: 3984-3986.
  11. Nakagomi A, Okada S, Yokoyama M, Yoshida Y, Shimizu I, Miki T, Kobayashi Y, and Minamino T. Role of the central nervous system and adipose tissue BDNF/TrkB axes in metabolic regulation. Aging and Mechanism of Disease npj Aging and Mechanisms of Disease (2015) 1, 15009; doi: 10.1038/npjamd. 2015. 9; published online 29 October 2015
  12. 〔不整脈研究グループ〕
  13. Nagao S, Watanabe H, Sobue Y, Kodama M, Tanaka J, Tanabe N, Suzuki E, Narita I, Watanabe E, Aizawa Y, Minamino T.Electrocardiographic abnormalities and risk of developing cardiac events in extracardiac sarcoidosis. Int J Cardiol 2015; 189: 1-5.
  14. Iijima K, Chinushi M, Saitoh O, Hasegawa K, Sonoda K, Yagihara N, Sato A, Izumi D, Watanabe H, Furushima H, Aizawa Y, Minamino T. Frequency characteristics and associations with the defibrillation threshold of ventricular fibrillation in patients with implantable cardioverter defibrillators. Intern Med 2015; 54: 1175-1182.

  15. Chishaki A, Kumagai N, Takahashi N, Saikawa T, Inoue H, Okumura K, Atarashi H, Yamashita T, Origasa H, Sakurai M, Kawamura Y, Kubota I, Matsumoto K, Kaneko Y, Ogawa S, Aizawa Y, Chinushi M, Kodama I, Watanabe E, Koretsune Y, Okuyama Y, Shimizu A, Igawa O, Bando S, Fukatani M. Non-valvular atrial fibrillation patients with low CHADS2 scores benefit from warfarin therapy according to propensity score matching subanalysis using the J-RHYTHM Registry. Thromb Res 2015; 136: 267-273.
  16. Tagawa M, Ochiai S, Nakamura Y, Sato A, Chinushi M. Secondly ECG recordings in the emergency room revealed Garenoxacin-induced abnormal QT interval prolongation in a patient with multiple syncopal attacks. Heart Vessels 2015; 29: [Epub ahead of print]
  17. Tagawa M, Nanba H, Suzuki H, Nakamura Y, Uchiyama H, Ochiai S, Terunuma M, Yahata K, Minamino T. Ventricular Rhythm and Hypotension in a Patient with Pheochromocytoma-induced Myocardial Damage and Reverse Takotsubo Cardiomyopathy. Intern Med 2015; 54: 2343-2349.
  18. 〔心不全研究グループ〕
  19. Watanabe T, Kashimura T, Obata H, Minamino T. Cibenzoline Abolished Pulsus Alternans in a HOCM Patient. Intern med 2015; 54: 2273.
  20. Ohno Y, Hanawa H, Jiao S, Hayashi Y, Yoshida K, Suzuki T, Kashimura T, Obata H, Tanaka K, Watanabe T and Minamino T. Liver congestion in heart failure contributes to inappropriately increased serum hepcidin despite anemia. Tohoku J Exp Med 2015; 235: 69-79.
  21. Hayashi Y, Hanawa H, Jiao S, Hasegawa G, Ohno Y, Yoshida K, Suzuki T, Kashimura T, Obata H, Tanaka K, Watanabe T and Minamino T. Elevated Endomyocardial Biopsy Macrophage-Related Markers in Intractable Myocardial Diseases. Inflammation 2015; 38: 2288-2299.
  22. 〔虚血再生研究グループ〕
  23. Ozaki K, Okubo T, Yano T, Tanaka K, Hosaka Y, Tsuchida K, Takahashi K, Miida T, Oda H. Manifestation of latent left ventricular outflow tract obstruction caused by acute myocardial infarction: an important complication of acute myocardial infarction. J Cardiol 2015; 65: 514-518.
和文論文
  1. 〔南野教授〕
  2. 南野 徹. 慢性炎症制御による加齢関連疾患治療の展望 Inflammagingと加齢関連疾患 別冊 Bio Clinica: 慢性炎症と疾患 2015; 4: 6-7.
  3. 南野 徹. こむら返りから始まる下肢虚血の診断と治療 Medical Practice 2015; 32: 1545.
  4. 南野 徹. 血管内皮細胞P53の抑制は食餌性肥満における代謝異常を改善する 代謝異常治療研究基金研究業績集 2015; 21-30.
  5. 南野 徹. 総論 老化制御のメカニズム解明と加齢関連疾患の治療方策 メディカル・サイエンス・ダイジェスト 2015; 41: 6-7.
  6. 〔先進老化制御グループ〕
  7. 清水 逸平,南野 徹. 褐色脂肪とアンチエイジング Anti Aging Medicine 2015; 11: 541-545.
  8. 清水 逸平,南野 徹. 老化疾患における血管代謝ニッシェの変容と臓器記憶の形成 血管医学 2015; 16: 353-357.
  9. 若杉 嵩幸,吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹. 心臓のアンチエイジング 細胞老化・炎症と心臓のアンチエイジング Anti Aging Medicine 2015; 11: 524-528.
  10. 勝海 悟郎,清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹. 心不全や糖尿病における,脂肪,心・血管老化の意義 細胞 2015; 47: 495-498.
  11. 勝海 悟郎,清水 逸平,南野 徹. 心血管疾患・肥満・糖尿病におけるSASPの役割 細胞工学 2015; 34: 1141-1145.
  12. 勝海 悟郎,清水 逸平,南野 徹. 海外文献紹介 Angiology Frontier 2015; 14: 150-153.
  13. 池上 龍太郎,清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹. 心不全と老化 最新医学 別冊 診断と治療のABC 106 心不全 2015; 56-57.
  14. 池上龍太郎,南野 徹. AGING SCIENCE Anti Aging Medicine 2015; 11: 112-114.
  15. 萱森 裕美,清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹. 慢性炎症と疾病 老化による炎症と心血管疾患 2015; 64: 543-546.
  16. 林 由香,吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹. 老化とバイオマーカー(第10回) 脂肪老化とバイオマーカー Anti-aging Science 2015; 7: 55-60.
  17. 萱森 裕美,南野 徹. Notchシグナルの阻害により白色脂肪組織の褐色化が促進され,肥満が軽減する 海外文献紹介 Angiology Frontier 2015; 70-71.
  18. 〔不整脈グループ〕
  19. 渡部 裕,南野 徹, 心電図ST上昇を考える J波症候群 J波症候群の原因遺伝子 心電図 2015; 34: 352-359.
  20. 渡部 裕,南野 徹, 【循環器疾患と分子遺伝学】 Brugada症候群,早期再分極症候群,特発性心室細動の遺伝的背景 循環器内科 2015; 77: 353-359.
  21. 渡部 裕,南野 徹, 遺伝性不整脈の治療戦略 カテコラミン感受性多形性心室頻拍(CPVT)の特徴と治療戦略 心電図 2015; 35: 86-94.
  22. 池主 雅臣,齋藤 修,奥田 明子, 鼓動のリズムバランスを感じ診る Therapeutic Research 2015; 36: 863-867.
  23. 長谷川 裕紀,和泉 大輔,大槻 総,八木原 伸江,佐藤 光希,小澤 拓也,渡部 裕,池主 雅臣,南野 徹, 高血圧性心肥大で経過観察中に持続性心室頻拍を発症し蘇生された1例 心臓 2015; 47: 38-43.
  24. 〔心不全グループ〕
  25. 小幡 裕明,南野 徹,上原 彰史,渡邊 恵,山口 兼司,宮坂 めぐ美,和泉 由貴,鈴木 順夫,和泉 徹, 独歩リハビリと心臓リハビリの関わり 心臓リハビリテーション 2015; 20: 308-312.
  26. 小幡 裕明,南野 徹,上原 彰史,和泉 由貴,鈴木 順夫,和泉 徹, 超高齢社会におけるフレイルを克服する‐独歩プロジェクト 日本循環器病予防学会誌 2015; 50: 41-47.
  27. 〔虚血再生グループ〕
  28. 池上龍太郎,小澤 拓也,南野 徹, 海外文献紹介 末梢循環障害 Angiology Frontier 2015; 12: 67-71.
  29. 尾崎 和幸,保坂 幸男,土田 圭一,高橋 和義,小田 弘隆, 当院における閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的中隔心筋焼灼術の長期成績 新潟市民病院医誌 2015; 36: 25-31.
  30. 相場 秀太郎,尾崎 和幸,田中 孔明,柏 麻美,中村 則人,保坂 幸男,土田 圭一,高橋 和義,小田 弘隆,佐藤 誠一, 経皮的冠動脈形成術および経皮的心房中隔欠損閉鎖術を施行した冠動脈疾患合併心房中隔欠損症の高齢者例 新潟市民病院医誌 2015; 36: 50-55.
  31. 小澤 拓也,南野 徹, 研究室紹介 月刊誌血圧 2015; 22: 864-865.
和文著書
  1. 〔南野教授〕
  2. 南野 徹, 機能性関与成分データ集 循環器領域 機能性表示食品DATA BOOK メディカルレビュー社 2015; 11: 32-35.
  3. 南野 徹,須田 将吉, 虚血肢の再生治療 再生医療用語ハンドブック メディカルトリビューン 2015; 85.
  4. 〔先進老化制御研究グループ〕
  5. 清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹, セマフォリンを介した新しい脂肪炎症の機序 Annual review 糖尿病・代謝・内分泌 2015; 165-169.
  6. 吉田 陽子,南野 徹, 細胞老化と老化関連疾患 第3版アンチエイジング医学の基礎と臨床 メジカルビュー社 2015; 40-41.
  7. 須田 将吉,吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹, 疾患モデルの作製と利用 脂質代謝異常と関連疾患 上巻―LIC 2015; 13: 131-136.
  8. 須田 将吉,南野 徹, 血管と血小板 新・血栓止血血管学 金芳堂 2015; 9: 96-102.
  9. 須田 将吉,南野 徹, 細胞医学の理解―細胞老化とエイジング 第3版アンチエイジング医学の基礎と臨床 メジカルビュー社 2015; 3: 69-70.
  10. 〔不整脈研究グループ〕
  11. 和泉 大輔,大槻 総, 治療における最近の新薬の位置づけ(薬効別)~新薬の広場~ 抗不整脈薬 新薬展望2015 医薬ジャーナル 2015; 51: 480-487.
  12. 和泉 大輔,南野 徹, 治療における最近の新薬の位置づけ(薬効別)~新薬の広場~ 抗凝固薬・抗血小板薬 新薬展望2015 医薬ジャーナル 2015; 51: 465-473.
  13. 池主 雅臣, 第1章洞不全症候群 不整脈診療クリニカルクエスチョン 診断と治療社 2015; 4-8.
  14. 池主 雅臣, 心臓突然死の予防 今日の臨床サポート エルゼビア・ジャパン2015年 update 第2版(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/)
  15. 渡部 裕,南野 徹, 不整脈に対する薬物治療の現状と未来 不整脈治療 update 医薬ジャーナル社 2015; 4: 157-163.
  16. 渡部 裕,南野 徹, 第Ⅲ章-1. QT 短縮症候群の定義~ QT 間隔の診断基準~ 不整脈症候群~遺伝子変異から不整脈治療を捉える~ 南光堂 2015; 42-44.
  17. 渡部 裕,南野 徹, 第Ⅲ章-2. QT 短縮症候群の臨床像~発作の危険因子と心電図所見 不整脈症候群~遺伝子変異から不整脈治療を捉える~ 南光堂 2015; 45-47.
  18. 渡部 裕,南野 徹, 第Ⅲ章-3. QT 短縮症候群の遺伝子診断~遺伝子診断の有用性~ 不整脈症候群~遺伝子変異から不整脈治療を捉える~ 南光堂 2015; 48-51.
  19. 佐藤 光希,南野 徹, 症例提示(Column) QT 短縮症候群 不整脈症候群~遺伝子変異から不整脈治療を捉える~ 南光堂 2015; 58-60.
  20. 〔心不全研究グループ〕
  21. 萱森 裕美,小幡 裕明,伊藤 正洋,南野 徹, Q37. 右心不全とはどのような病態でしょうか。肺高血圧患者の体液コントロール、および心拍コントロールにおける注意点を含めて教えてください ~早期診断・治療のための~肺高血圧症Q&A 先端医学社 2015; 1: 218-222.
  22. 〔虚血再生研究グループ〕
  23. 田中 孔明,南野 徹, 心疾患合併例における高血圧 治療高血圧治療update-最新の治療動向- 合併症・ライフステージ別高血圧治療 日本臨床 2015; 73: 1871-1875.
国際学会(招聘講演)
  1. 〔南野教授〕
  2. Minamino T. Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease. 2015 Seoul Symposium on Obesity & Diabetes. Seoul, Korea 2015/3/28.
  3. Minamino T. Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease. 2015 International Cell Senescence Association. Santiago de Compostela, Spain 2015/7/19-22.
  4. Minamino T. Role of cellular aging in cardiovascular and metabolic disease. The 59th Annual Scientific Meeting of The Korean Society of Cardiology. Seoul, Korea 2015/10/15-17.
  5. Minamino T. Therapeutic angiogenesis in Japan. The 59th Annual Scientific Meeting of The Korean Society of Cardiology. Seoul, Korea 2015/10/15-17.
  6. Minamino T. The functional implication of DNA damage in cardiometabolic disease. The 59th Annual Scientific Meeting of The Korean Society of Cardiology. Seoul, Korea 2015/10/15-17.
  7. 〔先進老化制御研究グループ〕
  8. Shimizu I. The pathological role of adipose tissue dysfunction in cardio-metabolic disorders. Invited lecture Busan, Korea 2015/5/6.Shimizu I. The pathological role of aging signaling in heart failure. Symposium, 28th Spring Congress of Korean Diabetes Association. Gwangju, Korea 2015/5/7-9.
  9. Shimizu I. The pathological role of aging signaling in cardio-metabolic disorders. Annual Summer Symposium of the Basic Science study group, branch of the Korean Society of Cardiology. Osong, Korea 2015/8/21-22.
国際学会
  1. 〔先進老化制御研究グループ〕
  2. Yoshida Y, Shimizu I, Katsuumi G, Suda M, Hayashi Y, Jiao S, Minamino T. p53-induced inflammation exacerbates cardiac dysfunction during pressure overload. European Society of Cardiology 2015. London, United Kingdom 2015/8/29-9/2.
  3. Katsuumi G, Shimizu I, Yoshida Y, Suda M, Hayashi Y, Jiao S, Minamino T. Adrenergic signaling-induced bone marrow and endothelial cell senescence promotes cardiac remodeling in heart failure. European Society of Cardiology 2015. London, United Kingdom 2015/8/29-9/2.
  4. Kayamori H, Shimizu I, Yokoyama M, Yoshida Y, Suda M, Katsuumi G. Endothelial p53 is crucially involved in regulating vascular function. ESC congress 2015. London, United Kingdom 2015/8/31.
  5. Hayashi Y, Shimizu I, Yoshida Y, Suda M, Ikegami R, Katsuumi G, Kayamori H, Jiao S, Minamino T. FactorXa inhibits brown adipose tissue function and induces systemic metabolic dysfunction in obesity. ESC congress 2015. London, United Kingdom 2015/8/31.
  6. Sato T, Shimizu I, Yoshida Y, Suda M, Hayashi Y, Katsuumi G, Kayamori H, Minamino T. Peripheral gamma-aminobutyric acid (GABA) signaling in brown adipose tissue induces metabolic dysfunction in obesity. ESC congress 2015. London, United Kingdom 2015/8/31.
  7. Shimizu I, Hayashi Y, Yoshida Y, Suda M, Ikegami R, Katsuumi G, Kayamori H, Jiao S, Minamino T. FactorXa inhibits brown adipose tissue function and induces systemic metabolic dysfunction in obesity. 2016 Keystone Symposia Conference Diabetes. Kyoto, Japan 2015/10/25-29.
  8. Ikegami R, Shimizu I, Sato T, Jiao S, Yoshida Y, Suda M, Hayashi Y, Katsuumi G, Kayamori H, Minamino T. Peripheral Gamma-aminobutyric acid (GABA) signaling in brown adipose tissue induces metabolic dysfunction in obesity. 2016 Keystone Symposia Conference Diabetes. Kyoto, Japan 2015/10/25-29.
  9. Ikegami R, Shimizu I, Sato T, Jiao S, Yoshida Y, Suda M, Hayashi Y, Katsuumi G, Kayamori H, Minamino T. Peripheral Gamma-aminobutyric acid (GABA) signaling in brown adipose tissue induces metabolic dysfunction in obesity. American Heart Association Scientific Session 2015. Orlando, United States 2015/11/5-11.
  10. Hayashi Y, Shimizu I, Yoshida Y, Suda M, Ikegami R, Katsuumi G, Kayamori H, Jiao S, Minamino T. FactorXa inhibits brown adipose tissue function and induces systemic metabolic dysfunction in obesity. American Heart Association Scientific Session 2015. Orlando, United States 2015/11/5-11.
  11. Suda M, Shimizu I, Yoshida Y, Hayashi Y, Katsuumi G, Kayamori H, Ikegami R, Ozawa T, Minamino T. A Crucial Role of Senescence-associated Glycoprotein (SAGP) in the Maintenance of Vessel Homeostasis. AHA Scientific Sessions 2015. Orlando, United States 2015/11/11.
  12. 〔不整脈研究グループ〕
  13. Otuki S, Izumi D, Sato A, Takano T, Hasegawa Y, Yagihara N, Watanabe H, Chinusi M, Minamino T. Comparisons of the effect of anticoagulation therapies on the coagulation systemincluding the tissue factor pathway between vitamin K antagonist and the factor Xa inhibitors. European Society of Cardiology 2015. London, United Kingdom 2015/8/29-9/2.
  14. Otuki S, Hasegawa K, Watanabe H, Katsuumi G, Yagihara N, Iijima K, Sato A, Izumi D, Furushima H, Chinushi M, Minamino T. Effects of combination therapy with nifekalant and mexiletine on electrical storm. European Society of Cardiology 2015. London, United Kingdom 2015/8/29-9/2.
  15. Yagihara N. Uric Acids and Risk of Development of Atrial Fibrillation. AHA Scientific Sessions 2015. Orlando, United States 2015/11/9.
  16. 〔心不全研究グループ〕
  17. Obata H, Izumi T, Uehara A, Watanabe H, Minamino T. Effects of a physical rehabilitation program for impaired ambulatory function in patients older than 80 years: the Ambulatory Independent Discharge for Elderly (AIDE) project. EuroPRevent2015. Lisbon, Portugal 2015/5/14-16.
  18. Obata H, Izumi T, Watanabe H, Mitsuma W, Tomii A, Sakai T, Uehara A, Minamino T. Characteristics of sarcopenia in patients with chronic heart failure. EuroPRevent 2015. Lisbon, Portugal 2015/5/14-16.
国内学会(招聘講演)
  1. 〔南野教授〕
  2. Minamino T. 再生医療の現状と今後の展望 総論(最近の動向) 日本循環器学会第6回プレスセミナー 東京,2015/2/6.
  3. Minamino T. Molecular mechanisms of cardiovascular aging 第79回日本循環器学会 Asian Session 大阪,2015/4/24.
  4. Minamino T. 血圧変動からみた高血圧治療 第56回日本神経学会学術集会ランチョンセミナー 新潟,2015/5/23.
  5. Minamino T. Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease 第15回日本抗加齢医学会総会 福岡,2015/5/30.
  6. Minamino T. 心血管代謝老化制御による生活習慣病の治療方策 第38回日本高血圧学会総会 松山,2015/10/12.
  7. Minamino T. 分子生物学の新技術から捉えた「生老病死」の最前線 第38回日本分子生物学会年会 神戸,2015/12/4.
  8. Minamino T. 老化シグナルによって制御される加齢関連疾患の発症メカニズムの解明 第23回日本血管生物医学会学術集会 神戸,2015/12/10.
  9. 〔先進老化制御研究グループ〕
  10. 清水 逸平, 心不全に伴う脂肪不全の意義シンポジウム 第44回日本心脈管作動物質学会 高松,2015/2/6-7.
  11. 吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹, セマフォリンによる脂肪炎症とインスリン抵抗性発症のメカニズムの解明 第88回日本内分泌学会学術総会 東京,2015/4/23-25.
  12. 清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹, 心不全における心血管老化の意義 第36回日本炎症・再生医学会 東京,2015/7/21-22.
  13. 清水 逸平, The role of brown adipose tissue in cardio-metabolic disorders 臓器の記憶国際シンポジウム2015 東京,2015/8/23.
  14. 清水 逸平, 肥満と心血管老化 第36回日本肥満学会 名古屋,2015/10/2.
  15. 清水 逸平, 心不全における老化シグナルの意義 第38回日本高血圧学会総会 松山,2015/10/9.
  16. 吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹, 生活習慣病の病態基盤としての栄養 BMB2015(第38回分子生物学会年会,第88回日本生化学会大会 合同大会) 神戸,2015/12/1-4.
  17. 清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹, 心不全 肥満における脂肪不全の意義 第38回日本分子生物学会年会 神戸,2015/12/2.
  18. 〔不整脈研究グループ〕
  19. 八木原 伸江, Gender Differences in Risk Factors for Atrial Fibrillation 第30回日本不整脈学会学術大会 京都,2015/7/31.
国内学会
  1. 〔先進老化制御研究グループ〕
  2. 清水 逸平,吉田 陽子,須田 将吉,林 由香,萱森 裕美,佐藤 岳史,Kenneth Walsh,南野 徹, Capillary rarefaction induces whitening of brown fat and contributes to insulin resistance in obesity 第79回日本循環器学会総会・学術集会 大阪,2015/4/24-26.
  3. 萱森 裕美,清水 逸平,横山 真隆,吉田 陽子,須田 将吉,林 由香,焦 爽,池上 龍太郎,勝海 悟朗,南野 徹, Endothelial p53 has a crucial role for vascular dysfunction 第79回日本循環器学会総会・学術集会 大阪,2015/4/24-26.
  4. 林 由香,吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹, Notch Signaling Regulates the Lifespan of Vascular Endothelial Cells via a p16-Dependent Pathway 第79回日本循環器学会総会・学術集会 大阪,2015/4/24-26.
  5. 佐藤 岳史,清水 逸平,吉田 陽子,須田 将吉,林 由香,勝海 吾郎,萱森 裕美,南野 徹, Gamma-Aminobutyric Acid (GABA) Signaling in Brown Adipose Tissue Improves Metabolic Dysfunction in Obesity 第79回日本循環器学会総会・学術集会 大阪,2015/4/24-26.
  6. Suda M, Ito T, Yoshida Y, Shimizu I, Minamino T. A crucial role for CDC42 in senescence-associated inflammation. 第79回日本循環器学会学術集会 大阪,2015/4/24-26.
  7. 清水 逸平,池上 龍太郎,佐藤 岳史,吉田 陽子,焦 爽,須田 将吉,林 由香,萱森 裕美,南野 徹, ポスター発表,褐色脂肪組織の白色化における末梢性GABAの意義 第36回日本肥満学会 名古屋,2015/10/3.
  8. 吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹, 心不全におけるp53シグナルを介した血管-骨髄老化の病態生理学的意義の解明 第36回日本肥満学会 名古屋,2015/10/2-3.
  9. Yoshida Y, Shimizu I, Katsuumi G, Suda M, Hayash Y, Jiao S, Minamino T. p53-Induced Inflammation Exacerbates Cardiac Dysfunction during Pressure Overload. 第19回日本日本心不全学会学術集会 大阪,2015/10/23-24.
  10. 清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹, 心不全,肥満における脂肪不全の意義 第19回日本心不全学会学術集会 大阪,2015/10/24.
  11. 須田 将吉,清水 逸平,吉田 陽子,林 由香,勝海 悟郎,萱森 裕美,池上 龍太郎,若杉 嵩幸,小澤 拓也,南野 徹, 新規血管老化関連糖タンパク質(SAGP)による血管老化抑制機構の解明 脳心血管抗加齢研究会2015/アンチエイジングフェスタ2015 大阪,2015/11/27.
  12. 焦 爽,清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹, 心不全における鉄代謝リモデリングの意義 脳心血管加齢研究会2015 大阪,2015/11/28-29.
  13. 池上 龍太郎,清水 逸平,佐藤 岳史,焦 爽,吉田 陽子,須田 将吉,林 由香,勝海 悟郎,萱森 裕美,南野 徹, 褐色脂肪組織における末梢性 GABA の意義 脳心血管加齢研究会2015 大阪,2015/11/28-29.
  14. 池上 龍太郎,清水 逸平,佐藤 岳史,焦 爽,吉田 陽子,須田 将吉,林 由香,勝海 悟郎,萱森 裕美,南野 徹, 褐色脂肪組織における末梢性 GABA の意義 第19回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 神戸,2015/12/10-12.
  15. Yoshida Y, Shimizu I, Minamino T. p53-induced inflammation exacerbates cardiac dysfunction during pressure overload. 第32回国際心臓研究学会日本部会 神戸,2015/12/10-12.
  16. 勝海 悟郎,清水 逸平,吉田 陽子,林 由香,須田 将吉,焦 爽,南野 徹, 慢性的な交感神経シグナルの活性化は骨髄-血管内皮老化を介し心不全を増悪させる 第23回日本血管生物医学会学術集会 神戸,2015/12/10-12.
  17. Suda M, Shimizu I, Yoshida Y, Hayashi Y, Katsuumi G, Kayamori H, Ikegami R, Wakasugi T, Ozawa T, Minamino T. A Crucial Role of Senescence-associated Glycoprotein (SAGP) in the Maintenance of Vessel Homeostasis. 第32回 International Society for Heart Research (ISHR) 日本部会総会 神戸,2015/12/11.
  18. 〔不整脈研究グループ〕
  19. Chinushi M. Pharmacological Interventions for Electrical Storm. The 79th annual scientific meeting of the Japanese circulation socity. Osaka, 2015/4/24-26.
  20. Chinushi M, Saitoh O, Suzuki K, Ooya K, Furushima H, Hoshi M, Iwafuchi M. Bipolar Catheter Ablation Using Dual-bath Experimental Model Creates Larger Lesions, More Clinically-relevant than Estimated by Standard Single-bath Experimental Model. The 79th annual scientific meeting of the Japanese circulation socity. Osaka, 2015/4/24-26.
  21. Chinushi M, Suzuki K, Saitoh O, Ooya K, Iijima K, Satoh A, Izumi D, Furushima H. Catheter-based Renal Nerve Ablation: Interaction between Left and Right Side Activity Estimated by Electrical Nerve Stimulation (ENS) and RF Ablation. The 79th annual scientific meeting of the Japanese circulation socity. Osaka, 2015/4/24-26.
  22. Saitoh O, Suzuki K, Oya K, Furushima H, Chinushi M. Role of Impedance Monitoring during Bipolar Radiofrequency Ablation Observations from the experimental study. 第30回日本不整脈学会学術大会第32回日本心電学会学術集会合同学術大会 京都,2015/7/28-31.
  23. Chinushi M, Iijima K, Sato A, Izumi D, Saitoh O, Furushima H, Minamino T. Symposium Proposed by the JSE Academic Advisory Committee. Autonomic Nerve Activity and Ventricular Tachyarrhythmias associated with Structural Heart Diseases. 第30回日本不整脈学会学術大会第32回日本心電学会学術集会合同学術大会 京都,2015/7/30.
  24. Sato A, Ishida N, Otsuki S, Hasegawa Y, Yagihara N, Izum1 D, Hayakawa T, Okada T, Hasegawa S, Watanabe H, Minamino T. QRS Width of Left Ventricular Pacing in Patients with Cardiac Resynchronization Therapy. 第30回日本不整脈学会学術大会第32回日本心電学会学術集会合同学術大会 京都,2015/7/30.
  25. Otuki S, Izumi D, Suda M, Sato A, Takano T, Hasegawa Y, Yagihara N, Watanabe H, Chinushi M, Minamino T, Comparisons of the effect of anticoagulation therapies on the coagulation system including the tissue factor pathway between vitamin K antagonist and the factor Xa inhibitors. 第30回日本不整脈学会学術大会第32回日本心電学会学術集会合同学術大会 京都,2015/7/30.
  26. 八木原 伸江, Gender Differences in Risk Factors for Atrial Fibrillation. 第30回日本不整脈学会学術大会第32回日本心電学会学術集会合同学術大会 京都,2015/7/30.
  27. 大槻 総,和泉 大輔,高野 俊樹,長谷川 祐紀,飯島 賢一,八木原 伸江,佐藤 光希,池主 雅臣,南野 徹, 心房中隔~左房前壁の瘢痕領域が不整脈基盤となった器質的心疾患を伴わない僧帽弁周囲旋回型心房粗動の1例 第237回日本循環器学会関東甲信越地方会 東京,2015/9/26.
  28. 大槻 総,和泉 大輔,高野 俊樹,長谷川 祐紀,飯島 賢一,八木原 伸江,佐藤 光希,池主 雅臣,南野 徹, 心房中隔から左房前壁の広範な瘢痕領域が不整脈基盤となった僧帽弁周囲旋回型心房粗動の1例 カテーテルアブレーション関連秋季大会2015 福島,2015/10/15-17.
  29. 川越 友加里,長谷川 祐紀,和泉 大輔,大槻 総,飯嶋 賢一,八木原 伸江,佐藤 光希,池主 雅臣,南野 徹, 術前 CT 画像を利用して冠静脈洞憩室内でのカテーテルアブレーションに成功した WPW 症候群の一例 第238回日本循環器学会甲信越地方会 東京,2015/12/5.
  30. 〔心不全研究グループ〕
  31. 清野 健二,小幡 裕明,木村 慎二,三間 渉,冨井 亜佐子,堺 勝之,上原 彰史,佐藤 三奈希,坂野 周平,張替 徹,上路 拓美,和泉 徹,南野 徹,遠藤 直人, 回復期心リハ適応患者の健康関連 QOL に関する検討 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会 東京,2015/5/28.
  32. 藤木 伸也, 心房中隔欠損症に対する ASV の急性期効果 心不全・ASV 学術講演会2015 東京,2015/6/6.
  33. 藤木 伸也,柏村 健,小幡 裕明,五十嵐 聖,富川 千絵,渡辺 律夫,小川 理,南野 徹, 食塩水負荷が病態の理解に有用であった収縮性心膜炎の一例 第236回日本循環器学会関東甲信越地方会 東京,2015/6/20.
  34. 小幡 裕明,清野 健二,佐藤三奈希,坂野 周平,三間 渉,冨井亜佐子,堺 勝之,上原 彰史,和泉 徹,南野 徹, 心不全を併発している高齢患者の自立歩行を守るための循環器予防研究 第51回日本循環器病予防学会学術集会 大阪,2015/6/26.
  35. 小幡 裕明,清野 健二,佐藤 三奈希,坂野 周平,三間 渉,冨井 亜佐子,堺 勝之,上原 彰史,和泉 徹,南野 徹 心不全を併発している高齢患者の自立歩行を守るための循環器予防研究 第51回日本循環器病予防学会学術集会 大阪,2015/6/26.
  36. 佐藤 三奈希,小幡 裕明,清野 健二,坂野 周平,三間 渉,冨井 亜佐子,堺 勝之,張替 徹,木村 慎二,上路 拓美,南野 徹,遠藤 直人, 慢性心不全患者の6MD と運動耐容能および活動性低下リスクの指標との関連 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 福岡,2015/7/19.
  37. 上原 彰史,小幡 裕明,和泉 徹,和泉 由貴,渡部 裕,渡邊 恵,山口 兼司,宮坂めぐ美,神田 夏実, フレイル高齢者が6分間歩行300mを達成するにはリハビリ介入時の SPPB 合計値と10m歩行速度が強く関与している 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 福岡,2015/7/19.
  38. 清野 健二,小幡 裕明,名村 理,木村 慎二,張替 徹,佐藤 三奈希,坂野 周平,上路 拓美,南野 徹,遠藤 直人, 当院における心臓術後患者の身体機能と心臓リハビリテーション効果の検証 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 福岡,2015/7/19.
  39. 小幡 裕明,清野 健二,佐藤 三奈希,坂野 周平,三間 渉,冨井 亜佐子,堺 勝之,上原 彰史,和泉 徹,南野 徹, 回復期心リハ患者の身体組成に関する検討 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 福岡,2015/7/19.
  40. Fujiki S, Obata H, Kashimura T, Tanaka K, Hanawa H, Minamino T. Diastolic wall strain predicts clinical worsening of fulminant myocarditis: Exploratory findings from four case reports. 第19回日本心不全学会学術集会 大阪,2015/10/22-24.
  41. 渡邊 達,柏村 健,田中 孔明,小幡 裕明,塙 晴雄,南野 徹, Rationale for Endomyocardial Biopsy of Heart Failure Patients Who Have Responded to Usual Care. 第19回心不全学会学術集会 大阪,2015/10/22-10/24.
  42. Fujiki S, Obata H, Kashimura T, Tanaka K, Hanawa H, Minamino T. Diastolic wall strain predicts clinical worsening of fulminant myocarditis: Exploratory findings from five case reports. 第19回日本心不全学会学術集会 大阪,2015/10/24.
  43. 小幡 裕明, 肺高血圧症の薬物治療の進歩 第52回日本臨床生理学会総会 さいたま,2015/10/31.
  44. 渡邊 達,柏村 健,藤木 伸也,林 由香,田中 孔明,小幡 裕明,塙 晴雄,南野 徹, 心内膜心筋生検における外注の 電子顕微鏡診断の意義 第37回心筋生検研究会 神戸,2015/12/11.
  45. 〔虚血再生研究グループ〕
  46. 佐藤 光希,長谷川 祐紀,小澤 拓也,栁川 貴央,石田 尚子,早川 貴人,岡田 隆,長谷川 進,大槻 総,八木原 伸江,和泉 大輔,渡部 裕,南野 徹, 経静脈的左室リードの留置後,直下の冠動脈回旋枝に狭窄をきたし心室頻拍の増悪を生じた左室低心機能の1例 第7回植え込みデバイス関連冬季大会 東京,2015/2/20-21.
  47. 高野 俊樹,仲尾 政晃,田中 孔明,栁川 貴央,小澤 拓也,尾崎 和幸,南野 徹, A case of AMI caused by atherosclerotic plaque rupture five months after a diagnosis of CSA. 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 福岡,2015/07/30.
  48. Ozaki K, Hiroki J, Kashiwa A, Nakamura N, Fujihara Y, Sanada A, Hosaka Y, Tsuchida K, Takahashi K, Oda H. Percutaneous coronary intervention for ST-segment elevation acute myocardial infarction with coronary artery ectasia. 第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 福岡,2015/7/31.
  49. 尾崎 和幸,保坂 幸男,土田 圭一,高橋 和義,小田 弘隆,南野 徹, 左室流出路狭窄の原因としてのS字状中隔の意義 第63回日本心臓病学会学術集会 横浜,2015/9/20.
  50. 高野 俊樹,田中 孔明,仲尾 政晃,栁川 貴央,小澤 拓也,尾崎 和幸,南野 徹, 末梢血好酸球増多を伴う難治性冠攣縮性狭心症に対してステロイド治療が奏効した1例 第137回日本内科学会信越地方会 新潟,2015/10/10.
  51. 高野 俊樹,仲尾 政晃,田中 孔明,栁川 貴央,小澤 拓也,尾崎 和幸,南野 徹, 大量の血栓を伴った右冠動脈病変に対して,血栓吸引・経皮的古典的バルーン形成術・抗凝固療法を用いて血行再建を行った亜急性下壁心筋梗塞の一例 第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会 東京,2015/10/24.  招聘講演(国内研究会・講演会)
  52. 〔南野教授〕
  53. Minamino T. 循環器疾患と睡眠―オレキシン受容体拮抗薬の臨床応用― 2nd WAVE Conference 新潟,2015/1/17.
  54. Minamino T. 狭心症・心筋梗塞を疑う症状? 厚生労働科学研究委託費 第2回市民講座 知っておきたい狭心症・心筋梗塞 “あなたの家族を守るために” 東京,2015/1/18.
  55. Minamino T. 今後の循環器地域医療連携の展望 第8回心血管病のための地域医療連携研究会 新潟,2015/1/22.
  56. Minamino T. 老化からみた生活習慣病治療 N-Hybrid Conference 新潟,2015/1/31.
  57. Minamino T. 老化を標的とした動脈硬化治療 第8回神奈川 Vascular Care Forum 横浜,2015/2/4.
  58. Minamino T. 再生医療の現状と今後の展望 第6回日本循環器学会プレスセミナー 東京,2015/2/6.
  59. Minamino T. 老化シグナルによって制御される代謝ネットワーク 第50回インスリン研究会 東京,2015/2/7.
  60. Minamino T. 老化からみた生活習慣病 新潟大学学士会平成27年千葉支部総会 千葉,2015/2/15.
  61. Minamino T. 老化からアプローチする生活習慣病 2015年循環器・糖尿病合同セミナー 東京,2015/2/23.
  62. Minamino T. 細胞老化と血管老化 抗加齢医学会講習会 東京,2015/3/8.
  63. Minamino T. 老化からみた高血圧 Meeting the Expert 熊本,2015/3/20.
  64. Minamino T. 心臓・血管の生老病死 熊本大学大学院医学薬学研究部平成26年度「名医に学ぶセミナー」 熊本,2015/3/20.
  65. Minamino T. 老化シグナルによる疾患制御 2015 MVP Conference 東京,2015/4/18.
  66. Minamino T. 今後の循環器関連疾患の展望 若手医師のための循環器春季セミナー 新潟,2015/4/18.
  67. Minamino T. 健康長寿を目指した生活習慣病予防 2014年度健康科学研究所報告会 柏崎,2015/5/8.
  68. Minamino T. 老化から新しい糖尿病治療を読み解く 第2回 Kumamoto Kidney Expert Seminar 熊本,2015/5/14.
  69. Minamino T. 老化からみた生活習慣病治療方策 愛媛ハートクラブ 松山,2015/5/25.
  70. Minamino T. 生活習慣病と血管の老化 Tadalafil 東京フォーラム2015 東京,2015/6/6.
  71. Minamino T. 老化シグナル制御による脂質異常症治療法の開発 第26回小野医学研究財団研究成果発表会 豊中,2015/6/6.
  72. Minamino T. 血管老化シグナル制御による疾患発症メカニズム 第2回幹細胞老化と疾患班会議 新潟,2015/6/20.
  73. Minamino T. 新潟における抗血栓療法の現状と展望 第6回新潟抗血栓・抗凝固フォーラム 新潟,2015/6/25.
  74. Minamino T. 循環器内科学のすすめ 研修医のための循環器セミナー in 長岡 長岡,2015/6/26.
  75. Minamino T. 老化シグナルによって制御される心血管疾患 第19回川崎病治療懇話会 東京,2015/7/16.
  76. Minamino T. 医師の将来像 大阪循環器部会セミナー 大阪,2015/7/25.
  77. Minamino T. 老化からアプローチする生活習慣病 2型糖尿病に対する治療戦略をふまえて 第18回長崎循環器セミナー 長崎,2015/8/7.
  78. Minamino T. 健康長寿を目指した循環器診療の展望 新潟県医師会 平成27年度学術講演会 上越,2015/8/8.
  79. Minamino T. 老化から今後の循環器疾患治療を考える 佐渡総合病院・佐渡医師会学術講演会 佐渡,2015/8/20.
  80. Minamino T. 若手循環器医が知っておくべき DPP4 阻害薬のエビデンス~ TECOS Study の結果をふまえて~ NGT若手医師のための循環器セミナー 東京,2015/8/22.
  81. Minamino T. 老化から新しい糖尿病治療を読み解く Cardiodiabetology Seminar in London ロンドン,2015/9/1.
  82. Minamino T. 老化からみた生活習慣病の治療方策 第8回大分心血管研究会 大分,2015/9/11.
  83. Minamino T. 循環器内科学のすすめ 第8回若手医師のための循環器疾患セミナー 新潟,2015/9/12.
  84. Minamino T. サイエンスに基づいて血管老化の予防方策を考える 埼玉で血管を若返らせる会2015 浦和,2015/9/24.
  85. Minamino T. 血管の老化を予防するには? 三越 Functional Food Fair 東京,2015/10/19.
  86. Minamino T. 老化からみた生活習慣病の治療方策 第29回21世紀循環器セミナー 福岡,2015/11/20.
  87. Minamino T. 老化から新しい糖尿病治療を読み解く 佐賀県医師会学術講演会 佐賀,2015/11/25.
  88. Minamino T. 老化から生活習慣病の治療方策を読み解く 脳心血管抗加齢研究会 大阪,2015/11/28.
  89. Minamino T. 老化に伴う炎症分子による加齢関連疾患の発症メカニズムの解明 脳心血管抗加齢研究会 大阪,2015/11/29.
  90. Minamino T. 老化制御の視点から2型糖尿病治療を読み解く Diabetes Care Forum 2015 金沢,2015/12/3.
  91. Minamino T. 循環器診療の展望 研修医のための循環器冬期セミナー 新潟,2015/12/5.
  92. Minamino T. 循環器専門医が考える DPP4 阻害薬の治療戦略 19th Cardiovascular Metabolism and Aging Conference (CMAC) 東京,2015/12/18.
  93. 〔先進老化制御研究グループ〕
  94. 清水 逸平, 老化関連疾患における脂肪不全の意義 Academy of Aging and Cardiovascular-Diabetes Research (AAA) 東京,2015/1/10.
  95. 清水 逸平, 老化疾患に伴う脂肪不全の意義 2nd WAVE Conference 新潟,2015/1/17.
  96. 清水 逸平, 研究 留学のすゝめ―次世代の医療の創造に向けて― 第6回医学系教育講演会 新潟,2015/3/4.
  97. 清水 逸平, 糖尿病と臓器障害に関する最新の知見 新潟分子心血管セミナー 新潟,2015/6/11.
  98. 清水 逸平, 肥満 心不全における脂肪不全の意義 Broad World Heart Conference (BWHC) 大阪,2015/7/11.
  99. 清水 逸平, 心不全 糖尿病における老化シグナルの意義 第二回 Circulation Forum in Kawanishi 川西,2015/7/18.
  100. 清水 逸平, 心不全 糖尿病における老化シグナルの意義 新潟分子心血管セミナー 新潟,2015/10/5.
  101. 清水 逸平, 肥満 糖尿病における脂肪不全の意義 第5回脂質異常症における治療方針を考える会 新潟,2015/10/14.
  102. 清水 逸平, 糖尿病 心不全における脂肪不全の意義 糖尿病と血管障害を考える会 東京,2015/11/6.
  103. 清水 逸平, 心不全 糖尿病における老化シグナルの意義 第4回自治医大メタボ研究会 下野,2015/11/17.
  104. 清水 逸平, 心不全 糖尿病における脂肪不全の意義 脳心血管抗加齢研究会2015 大阪,2015/11/28-29.
  105. 清水 逸平, 肥満 糖尿病における脂肪不全の意義 第1回 Niigata 肝と代謝性炎症研究会 新潟,2015/11/30.
  106. 清水 逸平, 糖尿病における脂肪不全の意義 Scientific Exchange Meeting in Niigata 新潟,2015/12/15. 〔不整脈研究グループ〕
  107. 和泉 大輔, 心房細動治療と抗凝固療法 ~当科における治療経験~ Xa阻害薬の基礎と臨床 新潟,2015/2/19.
  108. 和泉 大輔, 当院における心房細動治療と抗凝固療法 エリキュース発売2周年記念講演 in 新潟 新潟,2015/2/20.
  109. 和泉 大輔, 心房細動治療と抗凝固療法 ~当科における治療経験~ エリキュース発売2周年記念講演会 in 上越 上越,2015/5/14.
  110. 和泉 大輔, 心房細動アブレーション時の抗凝固療法 Meet The Expert in Niigata 新潟,2015/6/2.
  111. Sato A, Izumi D, Minamino T. 心房細動治療における新規抗凝固薬 Symposium for Thrombosis Update in Niigata 新潟,2015/6/18.
  112. 和泉 大輔, 心房細動治療と抗凝固療法 県央地区医療連携セミナー 燕三条,2015/9/15.
  113. 和泉 大輔, 心房細動アブレーションは脳卒中予防に繋がるか? これからの脳卒中予防を考える会 新潟,2015/11/6.
  114. 〔心不全研究グループ〕
  115. 柏村 健, 心不全の画像診断 平成26年度新潟市放射線技師会下越地区会 新潟,2015/2/21.
  116. 小幡 裕明, 循環器診療における心エコー検査―循環器医の視点―① 第9回新潟心臓リハビリテーション研究会 新潟,2015/4/4.
  117. 藤木 伸也, 回復期心不全患者の身体組成の特徴 循環器疾患包括的ケア勉強会 新潟,2015/9/4.
  118. 小幡 裕明, 肺動脈性肺高血圧症の診断と治療 中越 PAH セミナー 長岡,2015/9/24.
  119. 小幡 裕明, 肺高血圧症に対する多剤併用療法の効果 第9回新潟県肺高血圧症研究会 湯沢,2015/10/20.
  120. 小幡 裕明, 循環器診療における心エコー検査―循環器医の視点―② 第10回新潟心臓リハビリテーション研究会 新潟,2015/10/31.
  121. 塙 晴雄, 心筋症について~特に炎症からみて~ 東総地区 CRE 講演会 千葉,2015/11/6.
  122. 和泉 大輔, 心房細動治療と抗凝固療法 第17回東新潟循環器研究会 新潟,2015/11/11.
  123. 小幡 裕明, 教訓的症例に学ぶ肺動脈性肺高血圧の診断と治療 PAH Conference in Saitama さいたま,2015/11/27.
国内研究会
  1. 〔先進老化制御研究グループ〕
  2. 勝海 悟郎, 心不全における血管内皮―骨髄老化シグナルの意義 第1回 Niigata hybrid conference 新潟,2015/1/31.
  3. 勝海 悟郎, 心不全における血管内皮―骨髄老化シグナルの意義 第59回日新潟心不全研究会 新潟,2015/6/12.
  4. 須田 将吉,清水 逸平,吉田 陽子,林 由香,勝海 吾郎,萱森 裕美,池上 龍太郎,若杉 嵩幸,南野 徹, A Crucial Role of Senescence-associated Glycoprotein (SAGP) in the Maintenance of Vessel Homeostasis 第3回 Premium Hypertension Conference 東京,2015/8/1.
  5. 焦 爽,清水 逸平,吉田 陽子,須田 将吉,林 由香,勝海 悟郎,萱森 裕美,大野 由香子,塙 晴雄,南野 徹, Potential role of cardiac iron metabolism in the failing heart 第22回みかんの会 新潟,2015/10/28.
  6. 吉田 陽子,清水 逸平,勝海 悟郎,南野 徹, 血管内皮-骨髄老化シグナルにより制御される心不全発症メカニズムの解明 第十回高血圧と冠動脈疾患研究会 東京,2015/12/19.
  7. 〔不整脈研究グループ〕
  8. 大槻 総,和泉 大輔,佐藤 光希,長谷川 祐紀,飯嶋 賢一,八木原 伸江,南野 徹, 生理的凝固阻止因子を含む凝固系に対する各種抗凝固薬の影響の検討 新潟血栓塞栓症研究会 新潟,2015/4/4.
  9. Sato A, Watanabe H, Minamino T. Phenotypic Variations and Overlaps Caused by D1275N Mutation in SCN5A 第2回遺伝性不整脈国際研究シンポジウム2015 京都,2015/7/30.
  10. 飯嶋 賢一, 心室細動の“急所”を探る ―心室細動抑制、除細動効率改善を目指したカテーテルアブレーション開発の試み ― 心臓電気生理勉強会 新潟,2015/11/7.
  11. 長谷川 祐紀,和泉 大輔,大槻 総,飯嶋 賢一,八木原 伸江,佐藤 光希,池主 雅臣,南野 徹, クラリスマイシン内服中に徐脈を契機に多型性心室頻拍を来した高齢者 QT 延長症候群の一例 第27回心臓性急死研究会 東京,2015/12/19.
  12. 〔心不全研究グループ〕
  13. 伊藤 正洋, 運動時過剰血圧反応の意義,機序,治療介入についての検討 第3回新潟市医師会地域医療研究助成発表会 新潟,2015/1/31.
  14. 小幡 裕明, 運動耐容能は保たれているものの肺動脈拡張が進行する特発性肺動脈性肺高血圧の一例 新潟 PH セミナー in 長岡 長岡,2015/6/5.
  15. 藤木 伸也, 心房中隔欠損症に対するASVの急性期効果 心不全・ASV学術講演会2015 東京,2015/6/6.
  16. 柏村 健,南場 一美,藤木 伸也,渡辺 達,林 由香,小幡 裕明,佐藤 光希,塙 晴雄,南野 徹, ラミン関連心筋症の4症例 第一回心筋症研究会 東京,2015/7/4.
  17. 藤木 伸也, 回復期心不全患者の身体組成の特徴 循環器疾患包括的ケア勉強会 新潟,2015/9/4.
  18. 小幡 裕明, 心不全患者に対する陽圧治療における当科の取り組み 心不全陽圧治療カンファレンス 新潟,2015/11/2.
  19. 〔虚血再生研究グループ〕
  20. 田中 孔明,若杉 嵩幸,池上 龍太郎,栁川 貴央,小澤 拓也,廣野 暁,南野 徹, 診断カテーテル検査時に冠動脈穿孔を生じた一例 第14回新潟心血管イメージング研究会 新潟,2015/1/31.
  21. 尾崎 和幸,廣木 次郎,柏 麻美,中村 則人,藤原 裕季,真田 明子,保坂 幸男,土田 圭一,高橋 和義,小田 弘隆, 当院における左室流出路狭窄の臨床像―肥大型心筋症とS字状中隔に注目して― 第282回新潟循環器談話会例 新潟,2015//3/7.
  22. 田中 孔明,若杉 嵩幸,池上 龍太郎,栁川 貴央,小澤 拓也,廣野 暁,南野 徹, 対角枝の処理に難渋し2つの合併症を引き起こしてしまった無症候性心筋虚血の一例 第56回新潟心血管治療研究会 新潟,2015/3/28.
  23. 尾崎 和幸,廣木 次郎,柏 麻美,中村 則人,藤原 裕季,真田 明子,保坂 幸男,土田 圭一,高橋 和義,小田 弘隆, ST 上昇型急性心筋梗塞を伴った冠動脈拡張症に対する経皮的冠動脈形成術 第4回新潟血栓塞栓症研究会 新潟,2015/4/4.
  24. 尾崎 和幸, 急性冠症候群に対する診療の実際 若手医師のための循環器春季セミナー 新潟,2015/4/18.鷲山 雄三, 非保護左主幹部を責任病変とした不安定狭心症の一例 第8回若手医師のための循環器疾患セミナー 新潟,2015/9/12.
  25. 田中 孔明,南野 徹, 心疾患と糖尿病 重症心不全治療フォーラム 新潟,2015/9/15.
  26. 高野 俊樹,仲尾 政晃,田中 孔明,栁川 貴央,小澤 拓也,尾崎 和幸,南野 徹, 末梢血好酸球増多を伴う難治性冠攣縮性狭心症に対してステロイド治療が奏功した1例 第284回新潟循環器談話会例会 新潟,2015/10/3.
  27. 尾崎 和幸, 先進心肺血管治療学講座の展望 第9回新潟県肺高血圧症研究会 湯沢,2015/10/20.
  28. 尾崎 和幸, ST 上昇型急性心筋梗塞を伴った冠動脈拡張症に対する経皮的冠動脈形成術 第3回新潟心血管カンファレンス 新潟,2015/10/29.
  29. 高野 俊樹,仲尾 政晃,田中 孔明,栁川 貴央,小澤 拓也,尾崎 和幸,南野 徹, 大量の血栓を伴った右冠動脈病変に対して,血栓吸引・経皮的古典的バルーン形成術・抗凝固療法を用いて血行再建を行った急性冠症候群の一例 第57回新潟心血管治療研究会 新潟,2015/11/21.
  30. 南場 一美,高野 俊樹,田中 孔明,栁川 貴央,小澤 拓也,尾崎 和幸,南野 徹, OCT 症例提示 Meet The Specialist OCT Niigata 新潟,2015/12/4.
  31. 坂口 裕太, 内科的治療とバルーン肺動脈拡張術によるハイブリッド療法により良好な経過をたどった慢性血栓塞栓性肺高血圧症の一例 研修医のための冬季セミナー 新潟,2015/12/5.
  32. 尾崎 和幸, PCI における抗血小板療法の現状 SHD Intervention Meeting in Niigata 新潟,2015/12/14.
研究費(科研費)
  1. 〔南野教授〕
  2. 南野 徹:研究代表者 平成27年度文部科学省 新学術領域(計画) 血管ニッチによって制御されるステムセルエイジングと加齢関連疾患発症機序の解明 継続
  3. 南野 徹:研究代表者 平成27年度文部科学省 挑戦的萌芽研究 実験老化モデルを基盤とした加齢関連因子の臨床的検証 継続
  4. 〔先進老化制御研究グループ〕
  5. 須田 将吉:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 新規血管老化関連分子による老化制御メカニズムの解明 新規
  6. 須田 将吉:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 体外増幅自己赤芽球と自己骨髄単核細胞移植にりょう血管新生治療の比較試験 新規
  7. 須田 将吉:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 新規骨粗鬆症治療薬デノスマブによる冠動脈石灰化抑制効果の検討 継続
  8. 吉田 陽子:研究代表者 平成27年度文部科学省 若手研究(B) 老化シグナルによる心不全制御機構の解明 継続
  9. 清水 逸平:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 新規血管老化関連分子による老化制御メカニズムの解明 新規
  10. 清水 逸平:研究代表者 平成27年度文部科学省 研究活動スタート支援 老化関連疾患における褐色脂肪不全を介した全身の代謝的リモデリング機構の解明 継続
  11. 〔不整脈研究グループ〕
  12. 渡部 裕:研究分担者 平成27年度厚生労働省 遺伝子に基づく不整脈疾患群の病態解明及び診断基準・重症度分類・ガイドライン作成に関する研究
  13. 和泉 大輔:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 生理的凝固阻止因子および炎症・老化の抗凝固療法に与える影響の解明 新規
  14. 池主 雅臣:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 神経電気刺激法による腎動脈アブレーションの指摘通電部位同定と術中焼灼効果の評価 新規
  15. 佐藤 光希:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 生理的凝固阻止因子および炎症・老化の抗凝固療法に与える影響の解明 新規
  16. 八木原伸江:研究代表者 平成27年度文部科学省 若手研究(B) 難治性不整脈症候群におけるゲノム上の非翻訳領域の役割と機序の解明 新規
  17. 〔心不全研究グループ〕
  18. 塙 晴雄:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) ヘプシジンを介した心不全における貧血と鉄欠乏の機序の解明と新たな治療の検証 継続
  19. 小幡 裕明:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 高齢心不全患者の歩行機能と筋機能に関する研究 新規
  20. 柏村 健:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) ヘプシジンを介した心不全における貧血と鉄欠乏の機序の解明と新たな治療の検証 継続
  21. 柏村 健:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 心不全における臨床的カルシウム過負荷の評価 継続
  22. 〔虚血再生研究グループ〕
  23. 小澤 拓也:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 体外増幅自己赤芽球と自己骨髄単核細胞移植による血管新生治療の比較試験 新規
  24. 小澤 拓也:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) ヘプシジンを介した心不全における貧血と鉄欠乏の機序の解明と新たな治療の検証 継続
  25. 小澤 拓也:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) ヘパリン親和性を獲得した新規エリスロポエチンの生物学的特性と臨床応用のための検討
  26. 小澤 拓也:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 新規骨粗鬆症治療薬デノスマブによる冠動脈石灰化抑制効果の検討
  27. 栁川 貴央:研究分担者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 体外増幅自己赤芽球と自己骨髄単核細胞移植による血管新生治療の比較試験 新規
  28. 広野 暁:研究代表者 平成27年度文部科学省 基盤研究(C) 新規骨粗鬆症治療薬デノスマブによる冠動脈石灰化抑制効果の検討 継続
研究費(助成金)
  1. 〔南野教授〕
  2. 南野 徹:研究代表者 2015年度酵素研究助成 細胞老化シグナルによって制御される細胞内代謝による加齢関連疾患の発症機序の解明
  3. 南野 徹:研究代表者 武田科学振興財団 2015年度ビジョナリーリサーチ継続助成 がん化を促進しない抗老化治療の開発
  4. 南野 徹:研究代表者 先進医薬研究振興財団特定研究助成 血管ニッチにおける老化シグナルを介した組織幹細胞不全発症機序の解明
  5. 南野 徹:研究代表者 テルモ生命科学芸術財団一般研究開発助成金 細胞内代謝不全を標的とした生活習慣病の診断・治療法開発
  6. 南野 徹:研究代表者 サノフィリサーチグラント 老化シグナルによる糖尿病発症メカニズムの解明
  7. 南野 徹:研究代表者 サノフィリサーチグラント 脳由来栄養因子による糖尿病治療法の開発
  8. 南野 徹:研究代表者 サノフィリサーチグラント 老化分子を標的とした心不全治療の開発
  9. 南野 徹:研究代表者 サノフィリサーチグラント 老化シグナルを標的とした抗血管老化治療の開発
  10. 南野 徹:研究代表者 MSD リサーチグラント 老化シグナルによる生活習慣病発症メカニズムの解明
  11. 南野 徹:研究代表者 Pfizer Academic Contribution 老化を標的とした新しい循環器疾患治療の開発に関する研究他
  12. 南野 徹:研究代表者 アストラゼネカ研究サポート 老化分子 p53 による生活習慣病発症機序の解明
  13. 南野 徹:研究代表者 バイエル薬品研究助成 老化を標的とした新規循環器・代謝疾患治療の開発
  14. 南野 徹:研究代表者 ノバルティスファーマ研究助成 老化シグナルによって制御される慢性炎症機構の解明
  15. 南野 徹:研究代表者 アステラスアカデミックサポート 老化を標的とした新しい循環器疾患治療の開発に関する研究他
  16. 南野 徹:研究代表者 Bristol-Myers Squibb Foundation Grants 2015 褐色アディポカインを介した肝臓の新たな線維化機構の解明
  17. 南野 徹:研究代表者 タケダ・リサーチサポート 細胞内代謝不全を標的とした生活習慣病の診断・治療法開発
  18. 〔先進老化制御研究グループ〕
  19. 清水 逸平:研究代表者 平成26年アストラゼネカ研究サポート 肥満に伴い生じる過剰な心筋インスリンシグナルの病態生理学的意義の解明
  20. 清水 逸平:研究代表者 平成26年サノフィリサーチグラント 老化疾患における褐色脂肪不全の病態生理学的意義の解明
  21. 清水 逸平:研究代表者 平成26年ブリストル・マイヤーズ株式会社研究助成 血管老化の制御を介した新たな心不全治療法の探索
  22. 清水 逸平:研究代表者 新潟大学塚田医学奨学基金 平成27年度塚田医学奨学助成金 褐色脂肪由来代謝産物を介した新たな心不全発症メカニズムの解明(Tsukada grant for Niigata University Medical Research)
  23. 清水 逸平:研究代表者 Banyu Foundation Research Grant 2015 生活習慣病領域-非アルコール性脂肪性肝炎における褐色アディポカインの病的意義の解明
  24. 清水 逸平:研究代表者 住友財団2015年度研究助成 血液凝固第 Xa 因子による全身の代謝不全発症機序の解明
  25. 清水 逸平:研究代表者 平成27年度(第44回)かなえ医薬振興財団 褐色アディポカイン Procollagen C-endopeptidase enhancer(PCPE-1)を介した非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の肝臓線維化促進機構の解明
  26. 清水 逸平:研究代表者 公益財団法人先進医薬研究振興財団 平成27年度(第17回)血液医学分野若手研究者助成 血液凝固第 Xa 因子による褐色脂肪不全を介した糖尿病発症機序の解明
  27. 清水 逸平:研究代表者 平成27年アストラゼネカ研究サポート 老化疾患における褐色脂肪不全の意義
  28. 清水 逸平:研究代表者 平成27年 MSD リサーチグラント 老化疾患における褐色脂肪不全の意義
  29. 清水 逸平:研究代表者 平成27年サノフィリサーチグラント 血液凝固第 Xa 因子による新たな糖尿病発症機序の解明
  30. 清水 逸平:研究代表者 平成27年サノフィリサーチグラント 全身の代謝的リモデリングを介した新たな心不全進展機序の解明
  31. 須田 将吉:研究代表者 平成27年サノフィリサーチグラント 新規血管老化関連分子による老化制御メカニズムの解明
  32. 須田 将吉:研究代表者 GSK ジャパン研究助成 新規血管老化関連分子を標的とした肺高血圧治療の開発
  33. Shuang Jiao:研究代表者 協和会医学研究助成金 Potential role of cardiac iron metabolism in the failing heart
  34. 吉田 陽子:研究代表者 武田科学振興財団 2015年度医学系研究奨励(基礎) 褐色アディポカインによる線維化促進機構の解明
  35. 吉田 陽子:研究代表者 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 平成27年度調査研究助成金 血液凝固第 Xa 因子による生活習慣病の発症メカニズムの解明
  36. 吉田 陽子:研究代表者 第24回小野医学研究奨励助成金 血液凝固第 Xa 因子を介した全身代謝不全の制御機構の解明
  37. 吉田 陽子:研究代表者 平成27年度地域医学研究基金研究助成金 血管内皮―骨髄老化シグナルにより制御される心不全発症メカニズムの解明
  38. 吉田 陽子:研究代表者 上原記念生命科学財団 平成27年度研究奨励金 血液凝固第 Xa 因子を介した全身代謝制御機構の解明
  39. 吉田 陽子:研究代表者 アストラゼネカ研究サポート 血管老化の分子メカニズムの解明と動脈硬化性疾患に対する新規治療法の開発
  40. 〔不整脈研究グループ〕
  41. 飯嶋 賢一:研究代表者 福田記念医療技術振興財団 平成27年度共同研究助成金 光学マッヒンク法による心室細動に対する電気的除細動の成否に関与する解剖学的因子の検討
  42. 和泉 大輔:研究代表者 公益財団法人臨床薬理研究振興財団 第40回臨床薬理研究振興財団 抗凝固療法と生理的凝固阻止因子の連関
  43. 佐藤 光希:研究代表者 平成27年度新潟県医師会学術研究助成金 重症心不全患者に対する心室多点ペーシング療法の新たな選択方法の確立についての研究
  44. 〔心不全研究グループ〕
  45. 伊藤 正洋:研究代表者 地域医療研究助成事業 平成27年度新潟市医師会地域医療研究助成金 運動時過剰血圧反応の意義、機序、治療介入についての検討
研究費(受託・共同)
  1. 〔南野教授〕
  2. 南野 徹:研究代表者 バイエル薬品株式会社 Possible role of factor Xa in age-associated disease 継続
  3. 南野 徹:研究代表者 田辺三菱製薬株式会社 細胞老化および加齢関連疾患における SGLT2 阻害薬の役割に関する研究 新規
  4. 南野 徹:研究代表者 ベーリンガーインゲルハイム株式会社 細胞老化と老化関連疾患に対するリナグプチンの効果に関する研究 新規
受賞
  1. 〔先進老化制御研究グループ〕
  2. Yoshida Y. The ESC Council on Basic Cardiovascular Science Travel Grant p53-induced inflammation exacerbates cardiac dysfunction during pressure overload.
  3. Yoshida Y. Young Investigator Award 優秀賞 p53-induced inflammation exacerbates cardiac dysfunction during pressure overload. 第32回国際心臓研究学会日本部会(ISHR2015)
  4. Yoshida Y. 最優秀賞 血管内皮―骨髄老化シグナルにより制御される心不全発症メカニズムの解明 第十回高血圧と冠動脈疾患研究会
  5. Shuang Jiao. 新潟大学若手医学研究賞 Niigata University Young Medical Investigation Award Potential role of cardiac iron metabolism in the failing heart.
  6. 焦 爽, 新潟大学協和会 医学研究助成金 鉄欠乏を介した心筋代謝リモデリングにより進展する心不全の分子機序の解明
  7. 勝海 悟郎,清水 逸平,吉田 陽子,南野 徹, Young Investigator Award 受賞 心不全における血管内皮―骨髄老化シグナルの意義 2015 Niigata Hybrid conference
  8. 須田 将吉, poster賞 優秀賞 A Crucial Role of Senescence-associated Glycoprotein (SAGP) in the Maintenance of Vessel Homeostasis. 第3回 Premium Hypertension Conference
特許
  1. 〔南野教授〕
  2. 特願 2015-202418、出願日:2015年10月13日、出願人:新潟大学、発明者:南野 徹,清水 逸平、非アルコール性脂肪性肝炎マーカー及びその使用
  3. 特願 2015-248523、出願日:2015年12月21日、出願人:新潟大学、発明者:南野 徹、老化マーカー及びその使用