新潟大学大学院医師学総合研究科循環器内科学

English top page
HOME > 研究について > 研究業績
研究について
研究業績
2013年
英文論文
  1. Sato A, Chinushi M, Izumi D, Furushima H, Minamino T. Malfunction of cardiac resynchronization therapy due to subsequent fracture of the ring and tip conductors of a Cco-radial left ventricular bipolar lead. Internal Medicine 2013;52:1189-1193.
  2. Villafane J, Atallah J, Gollob MH, Maury P, Wolpert C, Gebauer R, Watanabe H, Horie M, Anttonen O, Kannankeril P, Faulknier B, Bleiz J, Makiyama T, Shimizu W, Hamilton RM, Young ML. Long-term follow-up of a pediatric cohort with short QT syndrome. J Am Coll Cardiol 2013;61:1183-1191.
  3. Watanabe T, Hanawa H, Suzuki T, Jiao S, Yoshida K, Ogura M, Ohno Y, Hayashi Y, Ito M, Kashimura T, Obata H, Sato A, Ozawa T, Kodama M, Sakuraba H, Minamino T. Mutant mRNA expression in endomyocardial biopsy sample from a patient with cardiac variant of Fabry disease caused by a novel acceptor splice site mutation in the invariant AG of intron 5 of α-galactosidase a gene. Internal Medicine 2013;52:777-780.
  4. Watanabe H, van der Werf C, Roses-Noguer F, Adler A, Sumitomo N, Veltmann C, Rosso R, Bhuiyan ZA, Bikker H, Kannankeril PJ, Horie M, Minamino T, Viskin S, Knollmann BC, Till J, Wilde AA. Effects of flecainide on exercise-induced ventricular arrhythmias and recurrences in genotype-negative patients with catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. Heart Rhythm 2013;10:542-547.
  5. Watanabe H, Ohkubo K, Watanabe I, Matsuyama TA, Ishibashi-Ueda H, Yagihara N,  Shimizu W, Horie M, Minamino T, Makita N. Scn5a mutation associated with ventricular fibrillation, early repolarization, and concealed myocardial abnormalities. Int J Cardiol 2013;165:e21-23.
  6. Watanabe H, Minamino T. Role of mutations in l-type calcium channel genes in brugada syndrome, early repolarization syndrome, and idiopathic ventricular fibrillation associated with right bundle branch block. Circ J 2013;77:1689-1690.
  7. Watanabe H, Minamino T. Similarities and differences of clinical characteristics between Brugda syndrome and early repolarization syndrome. Journal of Arrhythmia 2013;29:134-137.
  8. Nakano Y, Chayama K, Ochi H, Toshishige M, Hayashida Y, Miki D, Hayes CN, Suzuki H, Tokuyama T, Oda N, Suenari K, Uchimura-Makita Y, Kajihara K, Sairaku A, Motoda C, Fujiwara M, Watanabe Y, Yoshida Y, Ohkubo K, Watanabe I, Nogami A, Hasegawa K, Watanabe H, Endo N, Aiba T, Shimizu W, Ohno S, Horie M, Arihiro K, Tashiro S, Makita N, Kihara Y. A nonsynonymous polymorphism in semaphorin 3a as a risk factor for human unexplained cardiac arrest with documented ventricular fibrillation. PLoS Genet 2013;9:e10033649.
  9. Bezzina CR, Barc J, Mizusawa Y, Remme CA, Gourraud JB, Simonet F, Verkerk AO, Schwartz PJ, Crotti L, Dagradi F, Guicheney P, Fressart V, Leenhardt A, Antzelevitch C, Bartkowiak S, Schulze-Bahr E, Zumhagen S, Behr ER, Bastiaenen R, Tfelt-Hansen J, Olesen MS, Kaab S, Beckmann BM, Weeke P, Watanabe H, Endo N, Minamino T, Horie M, Ohno S, Hasegawa K, Makita N, Nogami A, Shimizu W, Aiba T, Froguel P, Balkau B, Lantieri O, Torchio M, Wiese C, Weber D, Wolswinkel R, Coronel R, Boukens BJ, Bezieau S, Charpentier E, Chatel S, Despres A, Gros F, Kyndt F, Lecointe S, Lindenbaum P, Portero V, Violleau J, Gessler M, Tan HL, Roden DM, Christoffels VM, Le Marec H, Wilde AA, Probst V, Schott JJ, Dina C, Redon R. Common variants at scn5a-scn10a and hey2 are associated with Brugada syndrome, a rare disease with high risk of sudden cardiac death. Nature genetics 2013;45:1044-1049.
  10. Jiao S, Hanawa H, Suzuki T, Hu YH, Yoshida K, Ogura M, Ohno Y, Ito M, Kashimura T, Obata H, Kodama M. Estimation of paracrine signaling using quantitative RT-PCR from multiple patchy lesion samples. Mol Cell Probes 2013;27:109-113.
  11. Chang H, Wang Y, Wu W, Li G, Hanawa H, Zou J. Hydrodynamics-based delivery of an interleukin-1 receptor II fusion gene ameliorates rat autoimmune myocarditis by inhibiting IL-1 and Th17 cell polarization. Int J Mol Med 2013;31:833-840.
  12. Nakamura A, Nagaya N, Obata H, Sakai K, Sakai Y, Yoshikawa M, Hamada K, Matsumoto K, Kimura H. Oral administration of a novel long-acting prostacyclin agonist with thromboxane synthase inhibitory activity for pulmonary arterial hypertension. Circ J 2013;77:2127-2133.
  13. Chinushi M, Iijima K, Furushima H, Izumi D, Sato A, Yagihara N, Hasegawa K, Watanabe H, Soejima K, Aizawa Y. Suppression of storms of ventricular tachycardia by epicardial ablation of isolated delayed potential in noncompaction cardiomyopathy. Pacing Clin Electrophysiol 2013;36:e115-119.
  14. Chinushi M. Ventricular repolarization gradient and ECG characteristics of tako-tsubo cardiomyopathy. Heart Rhythm 2013;10:78-79.
  15. Chinushi M, Iijima K, Sato A, Furushima H. Short-coupling premature ventricular complexes from left ventricle triggered isoproterenol resistant electrical storm in a patient of Brugada syndrome. Heart Rhythm 2013;10:916-920.
  16. Chinushi M, Izumi D, Iijima K, Suzuki K, Furushima H, Saitoh O, Furuta Y, Aizawa Y, Iwafuchi M. Blood pressure and autonomic responses to electrical stimulation of the renal arterial nerves before and after ablation of the renal artery. Hypertension 2013;61:450-456.
  17. Chinushi M. Amiodarone-related sinoatrial node dysfunction and its implications in the treatment of atrial fibrillation. Circ J 2013;77:2240-2241.
  18. Kawamura M, Ohno S, Naiki N, Nagaoka I, Dochi K, Wang Q, Hasegawa K, Kimura H, Miyamoto A, Mizusawa Y, Itoh H, Makiyama T, Sumitomo N, Ushinohama H, Oyama K, Murakoshi N, Aonuma K, Horigome H, Honda T, Yoshinaga M, Ito M, Horie M. Genetic background of catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia in Japan. Circ J 2013;77:1705-1713.
  19. Aizawa Y, Chinushi M, Hasegawa K, Naiki N, Horie M, Kaneko Y, Kurabayashi M, Ito S, Imaizumi T, Aizawa Y, Takatsuki S, Joo K, Sato M, Ebe K, Hosaka Y, Haissaguerre M, Fukuda K. Electrical storm in idiopathic ventricular fibrillation is associated with early repolarization. J Am Coll Cardiol 2013;62:1015-1019.
  20. Yanagawa T, Toba K, Suzuki T, Ozawa T, Oda M, Takayama T, Kato K, Aizawa Y. Erythropoietin induces angiogenesis in a manner dependent on the intrinsic auto/paracrine production of interleukin-6 in vitro. Int J Cardiol 2013;168:2941-2943.
  21. Yanagawa T, Toba K, Kato K, Suzuki T, Minagawa S, Saigawa T, Ozawa T, Oda M, Takayama T, Hanawa H, Higuchi M, Saito H, Aizawa Y. Asialoerythropoietin exerts stronger angiogenic activity than erythropoietin via its binding affinity to tissue. Cardiovasc Drugs Ther 2013;27:117-124.
  22. Kashimura T, Kodama M, Watanabe T, Tanaka K, Hayashi Y, Ohno Y, Obata H, Ito M, Hirono S, Hanawa H, Minamino T. Relative refractoriness of left Ventricular contraction underlies human tachycardia-induced mechanical and electrical alternans. Pacing Clin Electrophysiol 2013;.
  23. Kashimura T, Kodama M, Tanaka K, Sonoda K, Watanabe S, Ohno Y, Tomita M, Obata H, Mitsuma W, Ito M, Hirono S, Hanawa H, Aizawa Y. Mechanical alternans in human idiopathic dilated cardiomyopathy is caused with impaired force-frequency relationship and enhanced poststimulation potentiation. Heart Vessels 2013;28:336-344.
  24. Sato A, Chinushi M, Izumi D, Furushima H, Minamino T. Malfunction of cardiac resynchronization therapy due to subsequent fracture of the ring and tip conductors of a co-radial left ventricular bipolar lead. Intern Med 2013;52:1189-1193.
  25. Shimizu I, Yoshida Y, Katsuno T, Minamino T. Adipose tissue inflammation in diabetes and heart failure. Microbes and Infection 2013;15:11-17.
  26. Shimizu I, Yoshida Y, Moriya J, Nojima A, Uemura A, Kobayashi Y, Minamino T. Semaphorin-induced inflammation contributes to insulin resistance in dietary obesity. Cell Metab 2013;18491-504.
  27. Kawashima H, Takatori H, Suzuki K, Iwata A, Yokota M, Suto A, Minamino T, Hirose K,  Nakajima H. Tumor suppresser p53 inhibits systemic autoimmune diseases by inducing regulatory T cells. J Immunol 2013;191:3614-3623.
  28. Ozasa Y, Akazawa H, Qin Y, Tateno K, Ito K, Kudo-Sakamoto Y, Yano M, Yabumoto C, Naito AT, Oka T, Lee JK, Minamino T, Nagai T, Kobayashi Y, Komuro I. Notch activation mediates angiotensin II-induced vascular remodeling by promoting the proliferation and migration of vascular smooth muscle cell. Hypertens Res 2013;36:859-865.
  29. Nojima A, Yamashita M, Yoshida Y, Shimizu I, Ichimiya H, Kamimura N, Kobayashi Y, Ohta S, Naoaki I, Minamino T. Haploinsufficiency of Akt1 prolongs the lifespan of mice. PLoS One 2013;8:e69178.
  30. Tomita K, Teratani T, Suzuki T, Oshikawa T, Yokoyama H, Shimamura K, Nishiyama K,  Mataki N, Irie R, Minamino T, Okada Y, Kurihara C, Ebinuma H, Saito H, Shimizu I, Yoshida Y, Hokari R, Sugiyama K, Hatsuse K, Yamamoto J, Kanai T, Miura S, Hibi T. p53/p66Shc-mediated signaling contributes to the progression of non-alcoholic steatohepatitis in humans and mice. J Hepatol 2013;57:837-843.
  31. Suzuki T, Toba K, Kato K, Ozawa T, Higasimura M, Kitajima T, Oda H, Tsuchida K, Tomosugi N, Saitoh H, Aizawa Y. Serum ferritin levels adversely affect cardiac function in patients with ST-elevation myocardial infarction who underwent successful percutaneous coronary intervention. Int J Cardiol 2013;167:286-288.
  32. Suzuki T, Toba K, Kato K, Ozawa T, Suzuki H, Tomosugi N, Saitoh H, Aizawa Y. Effects of erythropoietin administration on iron status in patients with ST-elevation myocardial infarction who underwent successful percutaneous coronary intervention. Int J Cardiol 2013;167:1644-1645.
和文論文
  1.  渡部 裕 不整脈症候群ならびに心臓電気生理学における遺伝学研究の進歩. 血管 2013;36:63-68.
  2. 渡部 裕、南野 徹 【イオンチャネル病のすべて】早期再分極症候群の臨床的特徴と原因遺伝子 医学のあゆみ 2013;245:790-79.
  3. 渡部 裕,南野 徹 早期再分極症候群の特徴 最新医学 2013;68:422-428.
  4. 鳥羽 健,塙 晴雄 鉄代謝と疾患の関わりを理解する 5)心血管障害 MEDICAL TECHNOLOGY 2013;41:969-973.
  5. 小幡 裕明,南野 徹 特集:心筋症:診断と治療の進歩1.薬物治療Up to date 日本内科学会雑誌 2013;103.
  6. 小幡 裕明 肺高血圧制圧のための完全ガイド 肺動脈性肺高血圧の鑑別 Heart View 2013;17:700-707.
  7. 若杉 嵩幸,小幡 裕明,大槻 総,柏村 健,塙 晴雄,南野 徹 僧帽弁閉鎖不全症に伴う重度のout of proportion PHが弁形成術後に正常化した一例 Therapeutic research 2013;34:1001-1003.
  8. 南野 徹 Non-dipperと血管老化 月刊循環器CIRCULATION 2013;3:75-81.
  9. 森谷 純治,南野 徹 「血管炎」次世代の血管新生療法開発の展望 日本臨床増刊号 2013;71:477-481.
  10. 森谷 純治,南野 徹 バージャー病に対する血管新生療法 日本臨床増刊号「血管炎」 2013;71:195-202.
  11. 森谷 純治,南野 徹 【重症下肢虚血に対する治療】重症下肢虚血に対する血管再生治療の現状 月刊【心臓】 2013;45:29-32.
  12. 吉田 陽子,南野 徹 脂肪と心・血管連関「臓器円環による恒常性の維持・変容・破綻」老化シグナルと心臓・脂肪連関 実験医学増刊号 2013;31:133-139.
  13. 横手 幸太郎,庄司 哲雄,西川 武志,南野 徹 糖尿病大血管障害の治療戦略 Diabetes Update 2013;2:142-153.
  14. 藤田 敏郎,南野 徹 加齢に伴い増加する疾患の発症メカニズムとARBの可能性 細胞老化の観点から Pharma Medica 2013;3:117-120.
  15. 岩間 厚志,南野 徹 「特集 細胞老化,臓器老化,組織老化」特集にあたって アンチエイジング医学 2013;9:15.
  16. 中込 敦,南野 徹 「特集 細胞老化,臓器老化,組織老化」臓器間老化シグナルと生活習慣病 アンチエイジング医学 2013;9:23-29.
  17. 南野 徹 時計遺伝子 腎・高血圧の最新治療 2013;2:50.
  18. 吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹 「臓器連関による代謝調節Up-to-Date」老化シグナルと心臓・神経・脂肪連関 血管医学 2013;14:29-36.
  19. 森谷 純治,南野 徹 「血管新生の医学」血管の老化と血管新生 BIO Clinica 2013;4:29-34.
  20. 南野 徹 心不全におけるインスリンシグナルの重要性 Medical View Point 2013;34:3.
  21. 南野 徹 心血管時計とアンチエイジング アンチエイジング医学 2013;9:27-33.
  22. 横山 真隆,南野 徹 血管内皮の老化と生活習慣病 内分泌・糖尿病・代謝内科 2013;37:156-164.
  23. 南野 徹 地域医療からみた「知の循環」 心臓 2013;45:951.
  24. 林 由香,南野 徹 特集「アンチエイジングと疾患」代謝性疾患における細胞老化の関与 Medical Science Digest 2013;39:23-26.
  25. 林 由香,須田 将吉,南野 徹 特集「アンチエイジング医学の最近の流れ」循環器疾患に対するアンチエイジングアプローチ Geriatric Medicine 2013;7:697-700.
  26. 南野 徹 巻頭言 新潟医師会報 2013;502:1.
  27. 南野 徹 私の研究歴 新潟医師会報 2013;757:2-4.
  28. 渡部 裕,南野 徹 概日リズム異常と老化 日本臨床 2013;71:2091-2096.
  29. 須田 将吉,南野 徹 「細胞老化と老化関連疾患」 実験医学 2013;31:3341-3347.
  30. 須田 将吉, 林 由香,南野 徹 「インスリンと老化のここがわからない!?」 Diabetes Strategy 2013;3:186-191.
  31. 須田 将吉,林 由香,吉田 陽子,南野 徹 「老化関連疾患における臓器間ネットワーク」 BIO Clinica 2013;28:1208-1212.
  32. 須田 将吉,南野 徹 「老化・寿命研究の最前線」細胞老化と老化関連疾患 実験医学 2013;31:169-175.
  33. 南野 徹 老化からみた生活習慣病 柏崎医師会報 2013;5:7-12.
  34. 須田 将吉,南野 徹 「糖尿病のここがわからないシリーズ」インスリンと老化のここがわからない Diabetes Strategy 2013;3:186-191.
  35. 須田 将吉,林 由香,吉田 陽子,南野 徹 血管老化におけるARBの新展開 Anti-aging Science 2013;5:257-261.
  36. 南野 徹 老化からみた循環代謝制御 熊谷医師会報 2013;566・567合併号:5-12.
  37. 南野 徹 エンドセリンと私の研究歴 呼吸と循環 2013;61:1089.
  38. 須田 将吉,南野 徹 中枢によるインスリン感受性制御 -BDNFを中心に 内分泌・糖尿病・代謝内科 2013;37:25-32.
  39. 須田 将吉,南野 徹 特集「代謝内分泌神経ネットワーク」各論老化関連疾患における臓器間ネットワーク BIO Clinica 2013;28:1308-1312.
  40. 南野 徹 編集委員に聞く 日本の知恵を探る「一汁三菜」 Anti-aging Medicine 2013;9:90.
  41. 吉田 陽子,南野 徹 糖尿病が心不全にどのように影響するのか? Heart View 2013;18.
  42. 佐藤 光希,和泉 大輔,渡部 裕,柏村 健,古嶋 博司,南野 徹 低侵襲血行動態モニタリングを用いた心臓再同期療法の効果判定ならびに治療設定最適化についての研究 新潟県医師会報 2013;764:11-13.
  43. 渡部 裕,南野 徹 「致死性不整脈診療の最前線」致死性不整脈診療 QT短縮症候群の遺伝的背景と臨床的特徴 最新医学 2013;68:1605-1610.
  44. 佐藤 光希,南野 徹 【不整脈の診断と治療:ここまできたテクニックとテクノロジー】不整脈症候群の診断的アプローチ法としての遺伝子解析 循環器内科 2013;73:514-525.
和文著書
  1.  舘野 馨,南野 徹 第15章 臓器移植と再生医療の最先端 4 末梢血管疾患における再生医療 先端医療シリーズ43「循環器疾患の最新医療」 永井良三編 先端医療技術研究所 2013;214-217.
  2. 小澤 拓也,南野 徹 第1部 臨床現場からみる再生医療製品の実用化と臓器・器官ごとの製品開発ニーズ 第1章 各専門医からみた再生医療実用化の課題と今後の治療「再生医療事業の課題解決のための手引書」 株式会社技術情報協会 東京 2013;21-24.
  3. 清水 逸平,南野 徹 心不全や肥満における脂肪老化シグナルの意義 糖尿病学2013 門脇 孝編 診断と治療社 東京 2013;6:46-51.
  4. 清水 逸平,南野 徹 Ⅰ.糖尿病,A.基礎分野での進歩,6.インスリン抵抗性と心不全,Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌 2013,寺内 康夫編 中外医学社,東京 2013;46-51.
  5. 南野 徹 Ⅲ 各種疾患と時間治療 10. 体内時計の分子機構と老化 時間薬理学による最新の治療戦略 大戸 茂弘編 医薬ジャーナル社,大阪 2013;335-343.
  6. 岡田 将,南野 徹 第Ⅱ部 循環器疾患と慢性炎症 7. 心不全と慢性炎症「慢性炎症と生活習慣病」小川 佳宏,真鍋 一郎編 南山堂,東京 2013;58-67.
  国際学会(招聘講演)
  1. Minamino T. Lifespan regulatory system as a potential therapeutic target for cardiovascular disease. International Association of Gerontology and Geriatrics Seoul, 2013/6/23-27.
  2. Minamino T. Role of senescence-associated inflammation in lifestyle-related disease. ISHR 2013 San Diego, 2013/6/29.
  3. Minamino T. Circadian clock and cardiovascular aging. IEEE EMBC 2013 Osaka, 2013/7/3-7.
  4. Minamino T. Role of cellular aging signals in cardiovascular and metabolic disease. BCVS 2013 Las Vegas, 2013/7/22-24.
  5. Watanabe H. Genetic background, clinical characteristics, and treatment of early repolarization syndrome. 18th World Congress on Heart Disease Vancouver, Canada, 2013/7/27.
  6. Minamino T. Role of cellular aging signals in lifestyle-related disease. Harbin Medical University Harbin, China, 2013/8/10.
  7. Watanabe H. Genetics, underlying mechanisms, and clinical characteristics in early repolarization syndrome. 6th Asia Pacific Heart Rhythm Society Meeting Hong Kong, China, 2013/10/4.
  8. Watanabe H. Arrhythmia mechanisms and treatments of catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. 6th Asia Pacific Heart Rhythm Society Meeting Hong Kong, China, 2013/10/4.
  9. Watanabe H. Gender differences in risk factors of atrial fibrillation. 6th Asia Pacific Heart Rhythm Society Meeting Hong Kong, China, 2013/10/5.
国際学会
  1.  Shimizu I. Insulin resistance and cardiovascular diseases- A common pathophysiologic link through inflammation? American Diabetes Association 73rd Scientific Sessions Chicago, USA, 2013/6/21.
  2. Shimizu I, Yoshida Y, Moriya J, Minamino T. The crucial role for semaphorin in adipose inflammation and systemic insulin resistance in obesity. The 30th Annual Meeting of the ISHR Japanese Section San Diego, CA, USA, 2013/6/29.
  3. Yoshida Y, Shimizu I, Minamino T. Inhibition of adipose tissue p53 as a novel therapeutic target for heart failure. The 30th Annual Meeting of the ISHR Japanese Section San Diego, CA, USA, 2013/6/29.
  4. Shimizu I, Yoshida Y, Moriya J, Minamino T. The crucial role for semaphorin in adipose inflammation and systemic insulin resistance in obesity. XXI ISHR World Congress San Diego, CA, USA, 2013/7/1.
  5. Yokoyama M, Minamino T. A Pathological role of endothelial p53 in the regulation of endothelial function and glucose metabolism. Basic Cardiovascular Science 2013 Las Vegas, NV, USA, 2013/7/22-24.
  6. Yagihara N, Watanabe H. Mutations in the SCN5A Promoter associated with Brugada syndrome. State of the Art, ESC Congress 2013 Amsterdam, Netherlands, 2013/9/2.
  7. Otuki S, Hasegawa K, Watanabe H, Katsuumi G, Yagihara N, Iijima K, Sato A, Izumi D, Furushima H, Chinushi M and Minamino T. Effects of pure potassium channel blockers nifekalant on malignant ventricular tachyarrhythmias. Asia Pasific Heart Rhythm Society Hong Kong, 2013/10/4.
  8. Sonoda K, Watanabe H. A loss-of-function mutation in SCN5A associated with monomorphic ventricular tachycardia in Brugada syndrome. 6th APHRS & CardioRhythm 2013 Hong Kong, 2013/10/4.
  9. Hasegawa K, Watanabe H, Ohno S, Itoh H, Makiyama T, Ashihara T, Hayashi H, Horie M The high prevalence of early repolarization in genotyped long QT syndrome. AHA Scientific Sessions 2013 Dallas, Texas, USA, 2013/11/16-20.
  10. Yokoyama M, Okada S, Nakagomi A, Moriya J, Shimizu, I, Nojima A, Yoshida Y,  Kobayashi Y, Minamino T. Inhibition of endothelial p53 improves metabolic abnormalities related to dietary obesity, AHA Scientific Sessions 2013 Dallas,USA, 2013/11/16-20.
国内学会(招聘講演)
  1.  Minamino T. Cardiac-adipose vicious cycle is critically involved in the development of heart failure. 第77回日本循環器学会・学術集会 シンポジウム 横浜,2013/3/15-17.
  2. Minamino T. Cellular aging signal network and lifestyle-related disease. 第77回日本循環器学会・学術集会 ミートザエキスパートセッション 横浜,2013/3/15-17.
  3. Minamino T. 次世代の血管新生治療の開発 第12回日本再生医療学会総会 シンポジウム 横浜,2013/3/21-23.
  4. Minamino T. 臓器連関とインスリン感受性 第86回日本内分泌学会総会 シンポジウム 仙台,2013/4/25-27.
  5. Minamino T. 血管老化とNO 第13回日本抗加齢医学会 ランチョンセミナー 横浜,2013/6/28-30.
  6. Minamino T. 心-脂肪連関による心不全発症のメカニズム 第17回日本心臓リハビリテーション学会 シンポジウム 仙台,2013/7/13-15.
  7. Minamino T. 老化シグナルネットワークによる循環代謝制御 第86回日本生化学会大会シンポジウム 横浜,2013/9/11-13.
  8. Minamino T. 血管老化シグナルネットワークによる循環代謝制御 第21回日本血管生物医学会 シンポジウム 大阪,2013/9/26-28.
  9. Minamino T. 次世代の血管新生治療の開発 第22回日本形成外科学会基礎学術集会 新潟,2013/11/7.
  10. Minamino T. 老化からみた心血管治療としてのスタチンの有用性 第17回日本心不全学会学術集会 ランチョンセミナー 大宮,2013/11/30.
国内学会
  1. Suda M, Saji M, Watanabe Y, Takamizawa I, Furuichi S, Seki A, Tobaru T, Asano v,  Sumiyoshi T, Tomoike H. The efficacy of distal protection device for saphenous vein graft interventions. 第76回日本循環器学会・学術集会 2012/3/17.
  2. 和泉大輔 不整脈源性右室心筋症(ARVC)と心機能正常例における心室単極電位の検討 第27回日本不整脈学会学術大会 神奈川,2012/7/5-7.
  3. 小幡 裕明,渡部 裕,大倉 裕二,大嶋 有希子,有田 匡孝,鈴木 啓介,石塚 修,本田 康之,百都 健,小玉 誠 左室拡張障害と収縮障害における急性心不全発症様式の違いに関する検討(佐渡心不全研究) 第60回日本心臓病学会学術集会 金沢市,2012/9/15.
  4. 小幡 裕明,柏村 健,塙 晴雄,小玉 誠 肺高血圧症におけるP波終末電位の成因と意義 第1回日本肺循環学会 東京都,2012/9/22.
  5. 渡部 裕 早期再分極症候群の遺伝的背景と臨床像 第29回日本心電学会・学術集会シンポジウム 幕張,2012/10/12.
  6. 渡部 裕 古くて新しいNa+チャネルとNa+チャネルブロッカー Na+チャネル遺伝子異常と不整脈 第29回日本心電学会・学術集会シンポジウム 幕張,2012/10/12.
  7. 渡部 裕 心電図ST上昇を考えるJ波症候群 J波症候群の原因遺伝子 第29回日本心電学会・学術集会シンポジウム 幕張,2012/10/12.
  8. 渡部 裕 J波症候群・Brugada症候群QT短縮症候群における早期再分極 第29回日本心電学会・学術集会シンポジウム 幕張,2012/10/12.
  9. 和泉 大輔 拡張型心筋症例の長期経過におけるICD適切作動の予測因子の検討 第29回日本心電学会学術集会 千葉,2012/10/12-13.
  10. 古嶋 博司,池主 雅臣,飯嶋 賢一,佐藤 光希,和泉 大輔,渡部 裕,南野 徹,下畑 享良,小澤 鉄太郎,西澤 正豊 多系統萎縮症(MSA)患者におけるheart rate variabilityの有用性と意義 日本心電学会 幕張,2012/10/12-13.
  11. 飯嶋 賢一,池主 雅臣,佐藤 光希,和泉 大輔,渡部 裕,古嶋 博司,南野 徹 除細動試験における誘発心室細動と自然発症の心室細動の差異に関する検討 第29回日本心電図学会・学術集会 千葉,2012/10/12-13.
  12. 和泉 大輔,池主 雅臣,古嶋 博司,飯嶋 賢一,佐藤 光希,渡部 裕,南野 徹 拡張型心筋症例の長期経過におけるICD適切作動の予測因子の検討 第29回日本心電学会学術集会 千葉,2012/10/12-13.
  13. 佐藤 光希,池主 雅臣,鈴木 博,沼野 藤人,羽二生 尚訓,飯嶋 賢一,和泉 大輔,渡部 裕,古嶋 博司,南野 徹 睡眠中のtorsade de pointesが記録されたKCNH2変異(G604S)を保有するtype2 QT延長症候群の一例 第29回日本心電図学会・学術集会 千葉,2012/10/13.
  14. Yoshida Y, Minamino T. Inhibition of adipose tissue p53 as a novel therapeutic target for heart failure. The 29th Annual Meeting of the ISHR Japanese Section 福岡,2012/10/26-27.
  15. 渡邊 達,佐藤 光希,小幡 裕明,柏村 健,塙 晴雄,小玉 誠,南野 徹 著明な心病変を呈したαガラクトシダーゼIVS5-1G>T変異によるFabry病の一例 第131回日本内科学会信越地方会 新潟,2012/10/27.
  16. 古嶋 博司,池主 雅臣,園田 桂子,八木原 伸江,飯嶋 賢一,佐藤 光希,和泉 大輔,渡部 裕,南野 徹 左室中隔側からのカテーテル焼灼術が有効であった,左脚ブロック波形心室頻拍を併発した亜急性期下壁心筋梗塞の1例カテーテル・アブレーション関連秋季大会2012 下関,2012/11/22.
  17. Yoshida Y, Minamino T. セマフォリンによる脂肪炎症とインスリン抵抗性発症のメカニズムの解明 第16回日本心血管内分泌代謝学会 Young Investigator Award 東京,2012/11/23-24.
  18. Ito M, Kodama M. Acute heart failure syndrome associated with snow shoveling. 第16回日本心不全学会学術集会 仙台,2012/11/30.
  19. Yoshida Y, Minamino T. Inhibition of adipose inflammation as a novel therapeutic target for heart failure. 第16回日本心不全学会 仙台,2012/11/30-12/2.
  20. Kashimura T, Obata H, Ito M, Hirono S, Hanawa H, Kodama M. Mechanical restitution in patients with mechanical alternans. 第16回日本心不全学会・学術集会 仙台,2012/11/30-12/2.
  21. 鈴木 友康,塙 晴雄,焦 爽,伊藤 正洋,柏村 健,小幡 裕明,小玉 誠 肝うっ血による不適切なヘプシジンの発現が心不全における貧血および鉄欠乏に関与する 第16回日本心不全学会学術集会 仙台,2012/12/1.
  22. 小幡 裕明,萱森 裕美,小田 雅人,柏村 健,塙 晴雄,小玉 誠 V1誘導P波の著明な陰性成分が病態の改善とともに正常化した肺高血圧症の一例 第16回日本心不全学会学術集会 仙台,2012/12/2.
  23. Yokoyama M, Minamino T. A pathological role of endothelial p53 in the regulation of endothelial function and glucose metabolism. 第20回日本血管生物医学会 Young Investigator Award 徳島,2012/12/5-7.
  24. Kinoshita T, Minamino T. Progerin accelerates DNA damage response and activates the pro-inflammatory pathway in vascular smooth muscle cells. 第35回日本分子生物学会 福岡,2012/12/11-14.
  25. Ito T, Minamino T. CDC42 and NFκB signaling contribute to pro-inflammatory phenotype of senescent endothelial cells 第35回日本分子生物学会 福岡,2012/12/11-14.
  26. 佐藤 光希,石田 尚子,大槻 総,勝海 悟郎,八木原 伸江,和泉 大輔,渡部 裕,古嶋 博司,池主 雅臣,岡田 隆,長谷川 進,南野 徹 低侵襲血行動態モニタリングを用いたCRT設定の最適化とその効果 第6回植え込みデバイス関連冬季大会 2013/2/21-23.
  27. Watanabe H. Variants in SCN5A promoters and regulatory regions associated with various arrhythmias. Genetic background of inherited arrhythmias in Asia 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/15.
  28. 鈴木 友康,塙 晴雄,焦 爽,大野 有希子,伊藤 正洋,柏村 健,小幡 裕明,小玉 誠,南野 徹 Inappropriate expression of hepcidin by liver congestion inhibits iron reutilization and causes microcytic hypochronic anemia. 第77回日本循環器学会学術集会 横浜,2013/3/15.
  29. Yagihara N, Watanabe H. Variants in SCN5A promoter and regulatory regions associated with various arrhythmias 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/15.
  30. 和泉 大輔 The Correlation between transmural dispersion of repolarization and QT peak-end interval, which was measured by body surface ECG and transmural electrograms. 第77回日本循環器学会学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  31. Hasegawa K, Ohno S, Itoh H, Hattori T, Makiyama T, Toyoda F, Ding WG, Chinushi M, Matsuura H, Horie M. A novel KCNQ1 missense mutation identified in a patient with juvenile-onset atrial fibrillation causes constitutive open IKs channel. 第77回日本循環器学会総会・学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  32. Hasegawa K, Ohno S, Kawamura M, Dochi K, Itoh H, Hayashi H, Makiyama T, Chinushi M, Ito M, Horie M. A rare KCNE1 polymorphism, D85N, as a genetic modifier in severe phenotypes of catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. 第77回日本循環器学会総会・学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  33. Yoshida Y, Minamino T. A Crucial role of Notch signaling in vascular endothelial cell senescence. 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  34. Shimizu I, Yoshida Y, Minamino T. Semaphorin-induced inflammation induces systemic insulin resistance in dietary obesity. 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  35. Okada S, Minamino T et al. Non-invasive assessment of translocator protein with radiolabeled ligand delineates inter-organ communication between brain and heart after cardiac injury in rats. 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  36. Izumi D, Chinushi M, Iijima K, Sato A, Furushima H, and Minamino T. Correlation between the T peak-to-end interval (Tp-e) on the surface precordial leads ECG and the intracardiac spacial LV depolarization distribution. 第77回日本循環器学会学術集会 横浜,2013/3/15-17
  37. Okura Y, Minamino T et al. Characteristics of cancer patients with venous thromboembolism in a cancer center. 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/15-17
  38. Kashimura T, Kodama M, Obata H, Ito M, Hirono H, Hanawa H, Minamino T. Patients with left ventricular dysfunction develop little contractile force despite large potential force. 第77回日本循環器学会・学術集会 横浜,2013/3/16.
  39. Yokoyama M, Okada S, Nakagomi A, Moriya J, Shimizu I, Nojima A, Yoshida Y, Kobayashi Y, Minamino T. Inhibition of endothelial p53 improves metabolic abnormalities related to dietary obesity. 第78回日本循環器学会総会 東京,2013/3/20-22
  40. 小幡 裕明 心不全を併発している高齢患者の自立歩行を守るための循環器予防研究 第49回日本循環器予防学会・日本循環器管理研究協議会総会 金沢市,2013/6/14.
  41. 大槻 総,小幡 裕明,和泉 大輔,小澤 拓也,柏村 健,廣野 暁,塙 晴雄,南野 徹 急性肺血栓塞栓症による心肺停止から救命しえた膝窩静脈瘤の一例 第228回日本循環器学会関東甲信越地方会,2013/6/15.
  42. 伊藤 孝,南野 徹 CDC42経路が老化血管内皮細胞の炎症誘導を制御する 第13回日本抗加齢医学会 横浜,2013/6/28-30.
  43. Otsuki S, Izumi D, Iijima K, Yagihara N, Sato A, Watanabe H, Furushima H, Chinushi M and Minamino T. Electrical storm due to reentrant ventricular tachycardia after cardiac resynchronization therapy in a patient with idiopathic dilated cardiomyopathy. 第28回日本不整脈学会学術大会,2013/7/6.
  44. Iijima K, Chinushi M, Sato A, Izumi D, Watanabe H, Furushima H, Minamino T. Progressive increase of activation delay during premature stimulation is related to a higher defibrillation threshold in Brugada syndrome. 第28回日本不整脈学会学術大会 東京,2013/7/4-6.
  45. 中込 敦士,横山 真隆,岡田 将,小林 欣夫,南野 徹 脂肪組織におけるBDNFの生理的意義の検討 第21回日本血管生物医学会学術集会 大阪,2013/9/26-28.
  46. 和泉 大輔,大槻 総,勝海 吾郎,長尾 智美,飯嶋 賢一,佐藤 光希,渡部  裕, 古嶋 博司,池主 雅臣,南野 徹 左側相同型心房内臓錯位症候群による下大静脈欠損を合併した心房中隔欠損症の修復術後に切開線関連心房頻拍を認めた1例 カテーテルアブレーション関連秋季大会2013 パシフィコ横浜,2013/11/1-3.
  47. 中込 敦士,横山 真隆,岡田 将,小林 欣夫,南野 徹 脂肪組織におけるBDNFの生理的意義の検討 第17回日本心血管内分泌代謝学会学術総会 大阪,2013/11/22-23.
  48. Shuang J, Hanawa H, Ohno Y, Hayashi Y, Suzuki T, Kashimura T, Obata H, Minamino T. Potential role of iron metabolism and inflammation to right ventricular remodeling in pulmonary hypertension. 第17回日本心不全学会学術集会,2013/11/28-30.
  49. 吉田 陽子,清水 逸平,南野 徹 セマフォリンによる脂肪炎症とインスリン抵抗性発症のメカニズムの解明 脳心血管抗加齢研究会2013 Young Investigators Award 大阪,2013/12/14-15.
  50. 横山 真隆,小林 欣夫,南野 徹 血管内皮機能および糖代謝における血管老化の意義 脳心血管抗加齢研究会2013 大阪,2013/12/14-15.
招聘講演(国内研究会・講演会)
  1. Minamino T. 長寿・老化モデルマウスを用いた慢性炎症機構の解明 さきがけ「炎症の慢性化機構の解明と制御」研究領域 第4回領域会議 大阪,2013/1/6-8.
  2. Minamino T. 臓器間老化シグナルネットワーク制御による循環代謝性疾患の治療 第6回千葉糖尿病診療研究会 千葉,2013/1/19.
  3. Minamino T. Lifespan regulatory system as a potential therapeutic target for cardiovascular disease. The 2nd joint global COE symposium 東京,2013/1/27.
  4. Minamino T. 先進不整脈学のすすめ 循環器学術講演会 長岡,2013/1/28.
  5. Minamino T. 老化からみた循環器疾患 Multiple risk Investigators Conference 6th 東京,2013/2/2.
  6. Minamino T. 老化と再生の最近の話題 村上総合病院院内講演会 村上,2013/2/4.
  7. Minamino T. 老化シグナルからみた臓器連関 第1回臓器連関研究会シンポジウム 新潟,2013/2/9.
  8. Minamino T. 老化からみた生活習慣病の治療方策 第55回老年医学談話会 福岡,2013/2/16.
  9. Minamino T. 心血管系の老化と再生 燕市医師会学術講演会 燕,2013/2/21.
  10. Minamino T. 老化・再生からみた循環器疾患 第41回川口循環器疾患研究会 川口,2013/2/22.
  11. Minamino T. 老化・再生からみたPAD治療 第1回Peripheral and Coronary Arterial Disease Total Management Seminar 甲府,2013/3/1.
  12. Minamino T. 老化シグナルネットワークによる循環代謝制御 第32回岡山Vascular Biology研究会 岡山,2013/3/6.
  13. Minamino T. 老化からみた生活習慣病 魚沼・南魚沼地区学術講演会 魚沼,2013/3/8.
  14. Minamino T. 老化からみた生活習慣病 新発田北蒲原医師会学術講演会 新発田,2013/3/21.
  15. Minamino T. 老化・再生の最近の話題 長岡赤十字病院講演会 長岡,2013/3/25.
  16. Minamino T. 老化・再生からみた心血管治療 岐阜冠疾患再発予防講演会 岐阜,2013/4/6.
  17. Minamino T. 老化・再生からみた生活習慣病 柏崎市刈羽郡医師会講演会 柏崎,2013/4/19.
  18. Minamino T. Frontier Cardiologistへの道 Niigata Cardiologist Expert Meeting in Spring 新潟,2013/4/20.
  19. Minamino T. 生活習慣病とエイジング研究 抗加齢医学会 Educational Seminar 東京,2013/5/28.
  20. Minamino T. 老化と再生から見た生活習慣病 東新潟循環器研究会 新潟,2013/5/30.
  21. Minamino T. 老化シグナルによる循環代謝制御 第5回心血管系調節因子研究会 盛岡,2013/5/31.
  22. Minamino T. 老化・再生から見た生活習慣病 鶴岡地区医師会講演会 鶴岡,2013/6/3.
  23. Minamino T. 老化シグナルによって制御される循環代謝ネットワーク 第21回4C 大阪,2013/6/6.
  24. Minamino T. 老化シグナルと生活習慣病 熊本生活習慣病セミナー 熊本,2013/6/14.
  25. Minamino T. 老化からみた循環代謝疾患 熊谷市医師会講演会 熊谷,2013/6/19.
  26. Minamino T. 老化・再生からみた循環器疾患治療 五泉市東蒲原郡医師会学術講演会 五泉,2013/6/21.
  27. Minamino T. 老化からみた生活習慣病 ミカムロBP発売記念講演会 金沢,2013/6/27.
  28. Minamino T. 老化からみた動脈硬化治療 第96回上越動脈硬化懇話会 上越,2013/7/11.
  29. Minamino T. Role of cellular aging signals in lifestyle-related disease. 第47回河口湖カンファレンス 東京,2013/7/13.
  30. Minamino T. 老化・再生からみた生活習慣病治療 第13回神奈川循環器フォーラム 横浜,2013/7/20.
  31. Minamino T. 老化・再生からみた生活習慣病 Cardiology Meeting in Summer 2013 千葉,2013/7/21.
  32. Minamino T. 老化・再生からみた生活習慣病治療戦略 第11回東北マルチプルリスクファクター研究会 仙台,2013/7/29.
  33. Minamino T. 老化からみた高血圧治療 県北循環器研究会 胎内,2013/7/30.
  34. Minamino T. 老化シグナルによる循環代謝制御 第12回Clinical Science Club 東京,2013/7/31.
  35. Minamino T. 脳由来神経栄養因子による摂食脂肪蓄積制御機構の解明 新学術領域研究班会議 大阪,2013/8/22-23.
  36. Minamino T. 心血管疾患におけるp53と老化の役割 文部科学省復興対策特別人材育成事業 若手放射線生物学研究会 大阪,2013/8/22-23.
  37. Minamino T. 老化シグナルによる循環代謝制御 Cardio-Renal Metabolism and Senescence 2013 東京,2013/9/14.
  38. Minamino T. 老化・再生からみた生活習慣病 生活習慣病フォーラム 水戸,2013/9/20.
  39. Minamino T. 長寿・老化モデルマウスを用いた慢性炎症機構の解明 さきがけ「炎症の慢性化機構の解明と制御」研究領域 第5回領域会議 仙台,2013/9/28-30.
  40. Minamino T. 老化からみた生活習慣病 第17回名古屋循環器生活習慣病カンファレンス 名古屋,2013/10/12.
  41. Minamino T. 老化からみた循環代謝制御 第693回新潟医学会特別講演 新潟,2013/10/19.
  42. Minamino T. 老化からみた循環器疾患治療 第44回循環器診療セミナー 西宮,2013/10/31.
  43. Minamino T. 老化からみた生活習慣病の治療戦略 アンチエイジングネットワーク in 新潟 新潟,2013/11/14.
  44. Minamino T. 老化からみた循環代謝制御 第98回新潟内分泌代謝同好会 新潟,2013/12/7.
  45. Minamino T. 老化と疾患「先生医療のための自己再生システムに関する基盤技術の開発」~これからの日本の再生医療研究の在り方~ 科学技術振興機構研究開発戦略センター 東京,2013/12/20.
  46. Minamino T 長寿・老化モデルマウスを用いた慢性炎症機構の解明 さきがけ「炎症の慢性化機構の解明と制御」研究領域 第6回領域会議 高知,2013/12/21-22.
国内研究会
  1. 佐藤  光希,園田 桂子,飯嶋 賢一,八木原 伸江,和泉 大輔,渡部 裕,古嶋 博司,阿部 晃,池主 雅臣,南野 徹 右室流出路起源の期外収縮をトリガーとする多形性心室頻拍がみられた潜在性Type2-QT延長症候群の1例 第25回臨床不整脈研究会 東京,2013/1/12.
  2. Iijima K, Furushima H, Sonoda K, Yagihara N, Sato A, Izumi D, Watanabe H, Chinushi M, Minamino T. The ICD in patients with Brugada syndrome: Indications, outcome and risk stratification. 第11回特発性心室細動研究会 パネルディスカッション 東京,2013/2/16.
  3. 横山 真隆,岡田 将,中込 敦士,舘野 馨,清水 逸平,野島 愛佳,伊藤 孝,吉田 陽子,南野 徹 肥満における血管老化とインスリン抵抗性 -A pathological role of endothelial p53 in the regulation of glucose metabolism-,第10回Cardiovasclar Diabetology Conference 大阪,2013/3/2.
  4. 佐藤 光希,池主 雅臣,飯嶋 賢一,和泉 大輔,渡部 裕,古嶋 博司,南野 徹 Beta-blocker therapy in patients with genetically defined congenital long QT syndrome: relationship to their Schwartz score. 第76回日本循環器学会学術集会 横浜,2013/3/15-17.
  5. 小澤 拓也 知っておきたい!心房細動と脳梗塞の怖いつながり 第4回ストップ脳卒中市民公開講座 新潟市,2013/3/17.
  6. 小澤 拓也 PADにおける内科管理の重要性 第47回県央循環器疾患検討会 燕市,2013/4/18.
  7. 小幡 裕明 「肺高血圧診療における当科の取り組み」 新潟肺高血圧フォーラムin長岡 長岡,2013/5/10.
  8. 小澤 拓也 PAD症例の予後と早期発見の重要性 新潟PADセミナー 新潟市,2013/6/27.
  9. 佐藤 光希,渡部 裕,飯嶋 賢一,八木原 伸江,和泉 大輔,古嶋 博司,池主 雅臣,南野 徹 Failure of cardiac resynchronization therapy associated with left ventricular lead fracture. 第28回日本不整脈学会学術集会 東京,2013/7/5-6.
  10. 渡邊 達,小幡 裕明,勝海 悟朗,柏村 健,塙 晴雄,南野 徹 うっ血性心不全に対するトルバプタンの使用経験サムスカ研究会,2013/8/1.
  11. 佐藤 光希,渡部 裕,池主 雅臣,和泉 大輔,小澤 拓也,伊藤 英一,田辺 恭彦,相澤 義房,南野 徹 学術諮問委員会提言シンポジウム(虚血と不整脈)J波と虚血性心室細動の関係 -冠攣性狭心症における検討- 青森,2013/10/11-12.
  12. 小澤 拓也 体外増幅自己赤芽球移植を用いた重症下肢虚血に対する血管再生治療 第693回新潟医学会 シンポジウム「再生医療による難治性疾患治療の幕開け」新潟市,2013/10/19.
  13. 小澤 拓也 糖尿病とPAD 第8回新潟循環器疾患EBM研究会 新潟市,2013/11/23.
研究費(科研費)
  1. 南野 徹:研究代表者 平成25年度科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業さきがけ研究領域 炎症の慢性化機構の解明と制御 長寿・老化マウスを用いた慢性炎症機構の解明
  2. 南野 徹:研究代表者 平成25年度文部科学省基盤研究(B) p53依存性老化シグナル活性化による生活習慣病発症機序の解明
  3. 南野 徹:研究代表者 平成25年度文部科学省新学術領域 中枢・末梢組織の脳由来神経栄養因子による摂食脂肪蓄積制御機構の解明
  4. 南野 徹:研究代表者 平成25年度文部科学省挑戦的萌芽研究 生活習慣病に対する老化マーカーの有用性に関する研究
  5. 南野 徹:研究分担者 平成25年度厚生労働省循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 日本人2型糖尿病患者における生活習慣介入の長期予後効果並びに死亡率とその危険因子に関する前向き研究
  6. 和泉 大輔:研究代表者 平成25年度文部科学省基盤研究(C) 体表面標準心電図による心内の三次元的再分極分布と不整脈リスクの評価
  7. 飯嶋 賢一:研究代表者 平成25年度文部科学省若手研究(B) 心室細動波の周波数特性と臨床指標との関連
  8. 塙 晴雄:研究代表者 平成25年度文部科学省基盤研究(C) ヘプシジンを介した心不全における貧血と鉄欠乏の機序の解明と新たな治療の検証
  9. 渡部 裕:研究代表者 平成25年文部科学省基盤研究(C) 難治性不整脈症候群の不整脈基盤に関与する新たな遺伝的背景の解明と個別化治療の確立
  10. 渡部 裕:研究分担者 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業 不整脈疾患の遺伝子基盤に基づいた病態解明と診断・治療法の開発に関する研究
  11. 渡部 裕:研究代表者 文部科学省科学研究費新学術領域研究ゲノム支援 難治性不整脈症候群の不整脈基盤に関与する新たな遺伝的背景の解明と個別化治療の確立
  12. 池主 雅臣:研究代表者 平成25年度文部科学省基盤研究(C) 高周波イリゲーションカテーテル焼灼法による心腎自律神経系の機能と構造修飾の検証
  13. 柏村 健:研究代表者 平成25年度文部科学省基盤研究(C) 心不全における臨床的カルシウム過負荷の評価
  14. 古嶋 博司:研究代表者 平成25年度科文部科学省基盤研究(C) 致死性心室性不整脈の発生予知における神経体液性因子の有用性についての
研究費(助成金)
  1. 南野 徹:研究代表者 先進医療開発経費 重症虚血性心疾患に対する末梢血単核球移植による血管再生治療
  2. 南野 徹:研究代表者 代謝異常治療研究基金平成25年度研究助成 老化シグナル制御による生活習慣病治療の開発
  3. 南野 徹:研究代表者 武田科学振興財団2013年度ビジョナリーリサーチ助成 がん化を促進しない抗老化治療の開発
  4. 南野 徹:研究代表者 日本糖尿病財団研究助成金 老化シグナル制御分子を標的とした生活習慣病治療法の開
  5. 南野 徹:研究代表者 医科学応用研究財団研究助成 重症虚血肢患者に対する体外自己赤芽球移植と自己骨髄単核球移植による血管新生治療の比較試験
  6. 南野 徹:研究代表者 小野医学研究財団 老化シグナル制御による脂質異常症治療の開発
  7. 飯嶋 賢一:研究代表者 平成24年度新潟大学医学系若手支援経費 周波数特性解析による心室細動の維持機構の検討と新たな治療法の探求
  8. 飯嶋 賢一:研究代表者 第27回(平成25年度)新潟大学医学研究助成金(有壬基金) 多様なモダリティーの統合による心室細動の維持機構の解明とその臨床応用
  9. 飯嶋 賢一:第8回日本心電学会海外留学助成 重症心室性不整脈(心室細動)の維持機構の解析と臨床治療への応用
  10. 小澤 拓也:研究代表者 公益財団法人臨床薬理研究振興財団平成25年度(第38回)研究奨励金 冠動脈疾患患者に対する骨粗鬆症薬による冠動脈石灰化の抑制試験
  11. 吉田 陽子:研究代表者 第3回日本心臓財団入澤宏・彩記念女性研究奨励 老化シグナルにより制御される,糖尿病と心不全の共通基盤病態の解明
  12. 吉田 陽子:研究代表者 先進医薬研究振興財団平成25年度血液医学分野研究助成 第15回若手研究者助成 軸索ガイダンス分子セマフォリンを標的とする新規血管再生療法の開発
  13. 和泉 大輔:研究代表者 福田記念医療技術振興財団平成25年度研究助成 体表面心電図のJ波およびT波の成因と不整脈発症の機序の解明
  14. 佐藤 光希:研究代表者 平成25年度新潟県医師会学術研究助成金 低侵襲血行動態モニタリングを用いた心臓再同期療法の効果判定ならびに治療設定最適化についての研究
  15. 伊藤 正洋:研究代表者 平成24から25年度新潟市医師会地域医療研究助成 安静時正常血圧者における運動負荷時過剰血圧上昇の意義,治療介入についての検討
  16. 渡部 裕:研究代表者 第26回ノバルティス研究奨励金 次世代シークエンサーを応用した致死性不整脈症候群の新たな遺伝子検索アッセイの構築と個別化治療の確立
  17. 渡部 裕:分担研究者 日本循環器学会Translational Research振興事業 不整脈疾患における先制医療としての遺伝子診断と機能解析の開発
  18. 伊藤 正洋:研究代表者 新潟市医師会平成25年度新潟市医師会地域医療研究助成 安静時正常血圧者における運動負荷時過剰血圧上昇の意義,治療介入についての検討
  19. 八木原 伸江:研究代表者 内藤記念財団  2013年夏季若手研究者海外派遣助成金 Mutations in the SCN5A promoter associated with Brugada syndrome
  20. 小幡 裕明:代表研究者 新潟市医師会平成25年度地域医療研究助成 新潟市における高齢心不全患者の運動機能低下要因の解明と運動療法の効果に関する検討
  21. 小幡 裕明:代表研究者 日本心臓財団・日循協・アストラゼネカ第2回臨床疫学研究助成 心不全を併発している高齢患者の自立歩行を守るための循環器予防研究
  22. 小幡 裕明:代表研究者 三井生命厚生事業団第46回医学研究助成 高齢心不全患者の歩行機能低下要因の解析と運動療法の効果に関する研究
  23. 小幡 裕明:代表研究者 新潟大学平成25年度プロジェクト推進経費 新潟県における肺高血圧症レジストリ構築と多剤併用療法の効果の検討
受賞
  1. Yagihara N. Denis Escande symposium poster award, “Variants in SCN5A promoter and regulatory regions associated with various arrhythmia phenotypes including sinus node dysfunction, conduction disease, atrial fibrillation, and idiopathic ventricular fibrillation”
  2. 吉田 陽子 Young investigators award, The 16th Annual Meeting of The Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism, “Semaphorin-induced inflammation contributes to insulin resistance in dietary obesity.”
  3. 吉田 陽子 平成24年度千葉大学グローバルCOEプログラム Annual Best Research Award, “A crucial role for p53 in regulating adipose remodeling in heart failure and diabetes.”
  4. 吉田 陽子 第9回宮崎サイエンスキャンプポスター発表優秀賞, “セマフォリンによる脂肪炎症とインスリン抵抗性発症のメカニズムの解明.”
  5. 吉田 陽子 脳心血管抗加齢研究会2013, Young Investigators Award 最優秀賞, “セマフォリンによる脂肪炎症とインスリン抵抗性発症のメカニズムの解明.”
  6. 吉田 陽子 第78回日本循環器学会学術集会第7回女性研究者奨励賞, “Semaphorin-induced inflammation contributes to insulin resistance in dietary obesity.”
特許
  1. 特願:2008-556159 登録日:2013年5月24日 特許権者:国立大学法人新潟大学 発明者:塙 晴雄 生物学的製剤