English top page
HOME > 循環器内科学概要 > 行事・セミナー > 研修医のための循環器疾患セミナー
循環器内科学概要
  • スタッフ紹介
  • 南野教授・研究者としての歩み
  • 行事・セミナー
行事・セミナー
2014年9月29日
行事・セミナー

研修医のための循環器疾患セミナーin ホテル日航

平成26年9月13日に、恒例の「研修医のための循環器疾患セミナー」が新潟市のホテル日航で行われ、三連休の初日にも関わらず、25人の研修医、8人の学生が参加してくれました。御多忙の中、循環器診療の楽しさを伝えようと25人の循環器の先生方にもご参加いただき、この場を借りて御礼申し上げます。
今回も3人の研修医(県立新発田病院の大津裕先生、新潟医療センターの木村淳史先生、新潟市民病院の酒井亮平先生)がそれぞれ担当した循環器救急疾患について発表してくれました。症例発表が非常に分かりやすく充実していたお蔭で、急性冠症候群での心電図・硝酸薬の使い方、冠攣縮性狭心症の再現性・治療法、たこつぼ型心筋症の合併症・検査について、多くの質問やコメントが飛び交い大盛会となりました。また、当科の清水逸平先生から、循環器診療をしながら研究をする面白さや必要性について話があり、学生や研修医は自分の将来を見据えながら話を聞いてくれたようです。
次回は12月6日(土)17:00から万代シルバーホテルで開催しますので、研修医・学生の皆さんはふるってご参加ください。