新潟大学医学部医学科

HOME > 大学院志望のみなさんへ > 修士課程案内講義の内容 > VII.医科学研究法
 修士課程案内 博士課程案内

講義一覧に戻る

VII.医科学研究法 責任者:赤澤宏平 教授(医療情報部)

講義タイトル

真核生物モデルとしての酵母

氏名

神吉智丈

分野名

腎研・機能制御学

講義内容

酵母は、単純な真核生物モデルとして生命科学研究に広く利用されており、酵母研究から得られた知識は、医学の発展に大きく貢献してきた。ここでは、酵母がどのように医学研究に使われているかについて概説する。

講義タイトル

生体組織透明化技術による高解像度3Dイメージング

氏名

田井中一貴

分野名

脳研・システム脳病態学

講義内容

マウスやヒト由来の不透明な組織を化学的処理により透明化することで、立体構造を保持したまま包括的かつ高解像度に観察する最先端のイメージング技術を概説する。

講義タイトル

細胞培養法

氏名

矢尾板永信

分野名

腎研・腎構造病理学

講義内容

細胞培養について、腎糸球体の細胞を例にとり、基本的な事項から、培養細胞を用いた研究の問題点までを概説する。

講義タイトル

医学統計解析の基礎

氏名

赤澤宏平

分野名

医歯学総合病院・医療情報部

講義内容

医学統計学の推定と検定のプロセスを実例を交えて解説する。推定値の求め方や2群間の分布の有意差検定を、臨床データや動物実験データを使い演習する。

講義タイトル

医学統計解析の実践方法の演習

氏名

赤澤宏平

分野名

医歯学総合病院・医療情報部

講義内容

連続変数、離散変数、生存時間変数における推定方法を医学データを用いて演習する。また、統計学的な検定手法の使い分けとその解析結果の解釈について解説する。

講義タイトル

神経活動の計測法

氏名

菱田竜一

分野名

脳研・システム脳生理学

講義内容

神経活動を観察・記録する方法(電気生理学的手法および光計測法)について概説する。

講義タイトル

発生工学の基礎と研究への応用

氏名

ア村建司

分野名

脳研・細胞神経生物学

講義内容

発生工学の基礎となる事項を概説すると共に、ノックアウトマウスなどの技術が実際の研究にどのように応用されているのかを、具体的な例を挙げ論じる。更に、この分野における最新の研究方法を紹介する。

講義タイトル

人工知能は医療に何をもたらすか?

氏名

奥田修二郎

分野名

バイオインフォーマティクス

講義内容

精密医療(Precision medicine)の実現にとって計算機科学が非常に大きな役割を担っている。その基礎になる機械学習や人工知能(AI)、データベース等の利用について紹介する。


講義一覧に戻る


sp
sp