新潟大学医学部医学科

HOME > 研修医希望の方へ

研修医募集の最新情報はこちらをご覧ください

ごあいさつ

これから卒後臨床研修を行う医学部学生諸君へ


新潟大学医歯学総合病院長新潟大学医歯学総合病院長鈴木榮一

 平成16年度から必修化された卒後臨床研修制度は、2年間の研修期間をいかに有効に過ごすかが重要であるとともに、研修成果が研修修了後も生かされていくかも重要と思います。新潟大学臨床研修病院群研修プログラムは、参加者全員が、高度先進医療を行う大学病院だけでなく、よりポピュラーな疾患を研修する協力型臨床研修病院、さらに地域に密着した地域医療研修病院も経験でき、きわめて多くの指導医、先輩医師、さらにコメディカルスタッフと出会えるという特徴があります。また、皆さんは臨床研修修了後それぞれの希望する専門領域に進むものと思いますが、将来にわたり2年間の臨床研修を一緒に過ごした多くの仲間が自分と異なる診療科にいることは、非常に大きな財産になるものと思います。

 新潟大学医歯学総合病院の理念は、「生命と個人の尊厳を重んじ、質の高い医療を提供するとともに、人間性豊かな医療人を育成する」というものです。また、病院の目標として、「患者様本位の安全で安心な医療の提供」、「研究成果を反映した高度で先進的な医療の実践」、「地域医療を推進するとともに地域の医療水準の向上に貢献」といった医療を提供する病院としての目標とともに、「豊かな人間性と高い倫理性を備えた質の高い医療人の育成」という医育機関としての目標も掲げています。本院は、創立100周年を超えた我が国有数の伝統をもつ病院であり、救命救急や先端医療など幅広い分野で高度な医療を推進・提供し、新潟県内外の多くの医療機関との密接なネットワークを持っています。

 平成9年の西病棟建設から始まった再開発がようやく完了し、念願であった新外来棟が開院しました。また、高次救命災害治療センターによる救急医療の充実とともに、平成24年度から基地病院としてドクターヘリの運航が開始されています。平成25年度には病院周辺の整備として、駐車場の整備やコンビニ、レストランなどが入ったアメニティモールの建設、外来棟玄関前ロータリーへのバスの乗り入れも始まります。医歯学総合病院は、患者さんにとってよい病院であるとともに、働く教職員にとって、働きやすく働きがいのある病院であることを目指しています。私はこれまで本院の総合臨床研修センターを担当してきたことから、研修医の皆さんには、研修によって得るものが多く、研修に専念できる環境の整備を約束します。

 本プログラムでの臨床研修は、皆さんに充実した研修生活を提供できるとともに、皆さんの明るいドクターライフのスタートを約束できるものと思います。多くの皆さんが本プログラムに参加され、実りのある研修成果をあげられることを期待しています。

「新潟大学臨床研修病院群研修プログラム」の特徴


総合臨床研修センター副部長総合臨床研修センター
副部長
長谷川隆志

 新潟大学臨床研修病院群研修プログラムの最大の特徴は、平成16年度からの卒後臨床研修必修化にあたり、当時の学生の意見を積極的に取り入れ、研修医の多様な要望に応えられるプログラムを作成したことです。その後も研修医や学生、指導医の意見をもとに改定を加え、平成20年度からは、内科重点コース(研修プログラムA)、外科系重点コース(研修プログラムB)及び専門重点コース(研修プログラムC)の3つのプログラムを提供してきました。さらに平成23年度からは、国による臨床研修制度の見直しを受けて、それぞれを改定するとともに、選択重点コース(研修プログラムD)、産婦人科重点コース(研修プログラムE)と小児科重点コース(研修プログラムF)を加えた6つのプログラムで募集を行っています。

 いずれの研修プログラムも基本的な考え方として、第一に、大学病院と関連施設での研修により、多くの指導医のもとで難解症例に対する問題対応能力、プレゼンテーション能力を修得するとともに、プライマリ・ケアを重視した多くの症例を経験し、多彩な技能を修得すること。第二に、大学病院と関連施設のローテーションは、複数のパターンから各自の希望により決定すること。第三に、大学病院以外の関連施設は、多くの協力型臨床研修病院の中から研修医の希望に沿って決定すること。第四に、研修医仲間としての意識作りと基本的態度・技能の修得のために、全員が大学病院で研修を開始すること。第五に、これまでの研修医による地域医療研修の高い評価をもとに、地域医療研修をより充実させること。第六に、将来のキャリア形成を見据えた卒後臨床研修修了後の専門研修に向けて、自由選択科目の研修期間を確保すること、というものです。6つのプログラムは皆さんの多様な希望に応えることができると思います。

 新外来棟開院、病棟改修に伴い、研修を円滑に行っていただくために、大学病院西病棟2階の非常にアクセスのよい場所に、各自の机にインターネット端末を備えた研修医だけの広い研修医室が整備され、その隣にシャワー室を備えた男女別ロッカー室と研修医休憩室、総合臨床研修センターが設置されています。大学病院では研修医や若い医師の意見をもとに、いわゆる雑用を軽減するための様々な業務の見直しが行われ、研修医の皆さんには研修に専念してもらうこととしました。平成21年10月から高度救命災害治療センターが開設、さらに平成24年10月からドクターヘリの導入が行われ、さらに救急患者・救急車来院数の増加、救急研修の充実が図られています。また、よりプライマリ・ケアを重視した救急研修を希望する方のために、協力型臨床研修病院での救急研修も選択可能としました。さらに、大学病院では、毎週水曜日の昼休みに、軽食を食べながらの各診療科による救急に特化したランチョンカンファレンスが開催されています。一方、研修医は出身大学に関わらず、全員が大学病院で研修を開始し、実習を重視したオリエンテーションを行うことで、研修医仲間としての意識を持ちながら、スムーズに研修をスタートすることができます。

 本プログラムでの研修を希望する皆さんは、6つの研修プログラムの選択・マッチング登録とともに、大学病院と関連施設の研修ローテーションパターン、選択必修科目、協力型臨床研修病院(研修開始前に各自の希望により決定)、地域医療研修病院(研修開始後に各自の希望により決定)及び自由選択科目(研修プログラムAとBでは研修開始後に各自の希望により決定)を自分で選択し、皆さんのニーズに合ったオーダーメードの研修プログラムで研修を行うことが可能です。

 卒後臨床研修についてのご不明な点は、総合臨床研修センターまで気軽にお問い合わせいただければと思います。多くの皆さんが、希望する新潟大学臨床研修病院群研修プログラムで、積極的に研修されることを希望します。

sp
sp