新潟大学医学部医学科

HOME > 医学科志望の皆さんへ > 医学部長(医学科長)挨拶 カリキュラムの概要 入試情報
 医学部医学科紹介ムービー キャンパスライフQ&A オープンキャンパス 医学部医学科案内 学友会クラブの紹介

sp

医学科長挨拶

人類の幸福に貢献できる医学者・医療人を目指して

部長医学部長・医学科長牛木辰男

 医学科志望の皆さん。新潟大学医学部の歴史は、1910年(明治43年)の官立新潟医学専門学校の開校に始まります。この官立新潟医学専門学校は、やがて新潟医科大学となり、1949年(昭和24年)に新潟大学医学部に移行し、2010年(平成22年)に創立100周年を迎えました。また、この間に約1万名の医学生を養成し、世の中に送り出してきました。

 医学部医学科の教育理念は「医学を通して人類の幸福に貢献する」ことです。これは官立新潟医学専門学校の創立時から、途切れず引き継がれてきた建学の基本理念です。これに基づいた教育目標が掲げられ、学生のみなさんが将来さまざまな医療の専門領域(多様な臨床領域と医学行政、および医学研究)に進むことができるように工夫した学生教育を行っています。さらに、医療人として時代に即した教養、知識、探求心、人間性を身につけることができるように、絶えずカリキュラムの見直しを行いながら教育を行っています。新潟大学医学部医学科の学生が、単に地域社会に貢献することに終わらず、さまざまな分野で国際的に活躍できる人材に成長することが私たちの願いです。

 また、新潟大学には医学部医学科とともに大学院医歯学総合研究科があります。この大学院は医学科を卒業したのちに、さらに学問を深化させるためにあります。研究面では高度な専門性を持ちながら世界的な視野の優れた研究を行い、臨床面では先端的な医療を実践しています。例えば、神経研究の分野では、隣接する脳研究所と連携して、きわめてユニークで活発な成果を生み出しています。また、基礎医学から臨床分野までの多様な領域で、国際的に高い評価を受けている研究が多数あります。さらに新潟から全国の医学科教授に羽ばたいていった人材も少なくありません。

 地域社会においては、行政機関、医療機関および医師会等との連携を保ちながら、臨床医学と予防医学に力を入れ、地域医療、保健、福祉の向上に貢献しています。

 海外との医学・医療交流も活発です。学生交流としては、夏の”international student week”を中心として、学生有志による日中・日露医学生交流が行われていますし、欧米やアジアでの医学研究実習、米国等における臨床実習などの機会も用意されています。

 新潟大学医学部医学科は、強い学習意欲と科学的探究心を有する人材を求めます。協調性に富み、豊かな教養と人間性を有する人材を求めます。そして、広い視野を有し積極的に行動できる人材を求めています。自然に恵まれ、四季折々の季節感に溢れる新潟で、皆で切磋琢磨し、人類の幸福に貢献できるような医学者・医療人となることを目指してもらいたいと願っています。

医学部の歴史

医学部の歴史

sp
sp