新潟大学医学部医学科

HOME > 医学部長(医学科長)からのメッセージ

人類の幸福に貢献できる医学者・医療人を目指して

医学科長医学部長・医学科長
牛木辰男

 新潟大学医学部医学科の歴史は、1910年(明治43年)の官立新潟医学専門学校の開校にまで遡ることができます。この官立新潟医学専門学校は、1922年に新潟医科大学に移行し、1949年に国立学校設置法の交付により、新潟大学が設置されたことで、新潟大学医学部に移行しました。さらに、2004年からは国立大学法人に移行し現在に至っています。このように、本学医学部医学科の歴史は古く、2010年(平成22年)には創立100周年を迎えるとともに、現在、五千名有余の同窓生が国内外で活躍しています。

 医学部医学科の教育理念は「医学・医療を通して人類の幸福に貢献する」ことです。これは官立新潟医学専門学校の創立時から、途切れず引き継がれてきた理念でもあり、医師養成とともに、医学研究を推進する最高学府としての使命が示されているものです。

 この理念に基づいて、本学医学科は次のような具体的な教育目標を掲げています。
 1 豊かな人間性と高い倫理性を備え、全人的医療に貢献できる人材の育成
 2 高度の専門性を持つ医療チームの一員として貢献できる人材の育成
 3 広い視野と高い向学心を有する医学研究者・教育者となり得る人材の育成
 4 保健、医療、福祉、厚生行政に貢献できる人材の育成
 5 地域の医療に貢献するとともに、国際的に活躍できる人材の育成
 6 探求心、研究心、自ら学ぶ態度を生涯持ちつづける人材の育成

 すなわち、学生が将来さまざまな医療の専門領域(あらゆる臨床領域、医学行政および医学研究)に進むことができるような基礎知識を効率よく身につけることができるように、学生教育を行うことを目指しています。また、医療人にふさわしい教養、知識、探求心、人間性を備えた人材を育成するため、絶えずカリキュラムの見直しを行い、多様な専門性を備えた指導陣が教育を行っています。新潟大学医学部医学科の学生が、地域社会に貢献するとともに、国際的に活躍できる人材に成長することが私たちの願いです。

 わが国では2013年(平成25年度)から医学教育分野別認証制度がはじまりました。全国の医学部がそれぞれの医学教育の内容を日本医学教育認証評議会(JACME)により評価を受けるというものです。新潟大学医学部医学科は、この制度の日本初のトライアルを、全国80医学部・医科大学に先駆けて受審しましたが、これも上で述べた教育の理念に基づいたものと言えるのではないかと思います。世界に通用する医学教育の実践を念頭におきながら、大学病院から出て開業医や市中病院で行う臨床実習も加えて、実践型教育、プロフェッショナリズム教育を目指します。

 また、新潟大学は医学部医学科とともに大学院医歯学総合研究科を擁しています。医学科は医歯学総合研究科ともに、研究面では高度な専門性を持ち、世界的な視野から優れた研究を行い、臨床面では先端的な医療を実践しています。例えば、神経研究の分野では、隣接する脳研究所とも連携し、ユニークで活発な成果を生み出していますし、基礎医学から腎移植のような臨床分野まで、国際的にも高い評価を受けているものが多数あります。新潟から全国の医学科教授に羽ばたいた人材も多く、卒業生あるいは本学に籍をおいた他大学出身者で医学科教授に就任している人は、全国に80名以上います。

 地域社会においては、行政機関、医療機関および医師会等との連携を保ちながら、臨床医学はもちろん予防医学にも力を入れ、地域医療、保健、福祉の向上に貢献しています。また、海外にも活動を展開し、欧米はもちろん、中国、ロシアなど環日本海の国々やミャンマー、マレーシアなどアジアの国々との医学・医療交流も活発です。このような取組みは学生教育にも反映され、夏には”international student week”として、学生有志による日中・日露医学生交流を実施しており、欧米やアジアでの医学研究実習、米国等における臨床実習などの機会も用意されています。

 新潟大学医学部医学科は、強い学習意欲と科学的探究心を有する人を求めます。協調性に富み、豊かな教養と人間性を有する人を求めます。そして、広い視野を有し積極的に行動できる人を求めています。自然に恵まれ、四季折々の季節感に溢れる新潟で、皆で切磋琢磨し、人類の幸福に貢献できるような医学者・医療人となることを目指してもらいたいと思います。



sp
sp