新潟大学医学部医学科

HOME > NEWS&TOPICS

sp

平成26年05月27日

No_25 第104回解剖体慰霊祭・平成26年度献体帰還追悼式。

 平成26年5月16日(金)午前十時より、新潟大学医学部旭町第二体育館において、医学及び歯学における正常解剖および病理解剖の教育研究のために献体した故人を慰霊する解剖体慰霊祭が執り行われました。慰霊祭は、関連団体・病院からの来賓、ご遺族をはじめとして新潟大学医学部・歯学部・脳研究所・医歯学総合病院などから教職員・学生ら約300名が参列して執り行われました。牛木辰男慰霊祭委員長からの弔辞に続き、参列者全員による献花が行われました。最後に委員長よりご遺族への謝辞と今後の医学教育への決意の言葉が述べられ、式典に参列した医学生・歯学生も将来への誓いを新たにしつつ、解剖体慰霊祭は無事終了しました。

You can see a large image by click.

 同日の午後二時からは医学及び歯学の正常解剖の教育研究のためにご遺体を捧げられた故人を偲んで献体帰還追悼式が行われました。またそのご遺族にご出席いただき、遺骨返還式並びに文部科学大臣感謝状伝達式が執り行われました。式典はご遺族をはじめ、新潟白菊会関係者、医学部及び歯学部の教職員・学生ら約300名が参列する中、牛木辰男医学部長からの挨拶に始まり、続いて全員で御霊に黙祷を捧げ献花を行い故人の冥福をお祈りしました。ご遺族の方々には文部科学大臣からの献体に対する感謝状と新潟大学医学部歯学部からの感謝状が贈られ、牛木辰男医学部長の手により一人ひとりにご遺骨が返還されました。また、献体の記念として医聖ヒポクラテスの肖像とヒポクラテスの木の葉を刻したクリスタルが合わせて贈られ、医学部及び歯学部の解剖学教授と解剖学実習を行った学生代表から、故人への追悼の言葉とご遺族のご理解ご協力に謝辞が述べられました。最後は教職員・学生全員が起立してご遺骨とご遺族をお見送りし、厳かな雰囲気の中、故人に対する感謝の念と医学・歯学に対する決意を新たにしつつ式典は終了しました。

You can see a large image by click.

sp
sp

平成26年05月21日

No_24 医学大運動会が行われました!

 5月17日に医学大運動会が附属小グラウンドで行われました。前日、前々日の悪天候から、桟敷と看板の設置を断念することになりましたが、医師や看護師、学生など数百人が参加し、肌寒い天気にもかかわらず、会場は熱気に包まれました。
 総合優勝は、整形外科・形成外科・リハビリテーション部の連合チーム。外科、精神科との三つ巴の接戦を制し、2連覇を達成しました。名物の仮装では、ルパン三世に扮した精神科が前人未到の13連覇。おおとりを飾る大会の花、男子リレーでは、神経内科が精神科を逆転して見事優勝しました。

You can see a large image by click.

You can see a large image by click.

 この行事は、医学部の前身である官立新潟医学専門学校の開校の翌年にあたる1911年10月10日に創立記念式とともに行われたのが始まりで、当時は医学標本を展示した驚愕館を設けるなど、文武一体の式典で、多数の市民が訪れたと記録に残っています。その後、戦時下においても絶えることなく、新潟市の名物として続いてきました。現在の運営は学友会を中心に学生が担い、学部の一体感を育む伝統行事となっています。

 朝日新聞の取材に対し、総合優勝を達成した整形外科の遠藤直人教授は、「運動会後は病院のエレベーターでも話題になることが多く、新しく迎えた職員との交流のきっかけにもなっている。白衣だけの付き合いだったのが、変わる日でもあるんです」と運動会の意義を話しました。また、大会長を務めた牛木辰男医学部長は、「医療もチームプレーが大切。リーダーになること、リーダーを支えることと はどんなことか、学生たちにも学んでもらえれば」と取材に応じました。

(2014年5月18日朝日新聞掲載記事を一部紹介)

sp
sp

平成26年04月14日

No_23 腎泌尿器科学講座・高橋公太前教授を中心としたグループが平成26年度の文部科学大臣表彰「科学技術賞・理解増進部門」を受賞。

 平成26年4月7日(月)、新潟大学医歯学総合研究科・腎泌尿器科学講座・高橋公太前教授を中心としたグループ4名※が、「地域医療機関を中心とした献腎移植」の普及啓発により、平成26年度の文部科学大臣表彰「科学技術賞・理解増進部門」を受賞しました。

※(筆頭者)中川由紀 新潟大学医歯学総合病院 泌尿器科 病院講師
高橋公太 公益財団法人 新潟県臓器移植推進財団 理事長
齋藤和英 新潟大学医歯学総合病院 移植医療支援センター副部長・病院准教授
秋山政人 公益財団法人 新潟県臓器移植推進財団 臓器移植コーディネーター

 科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的としたものです。

 理解増進部門は、青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及啓発等に寄与する活動を行った者を対象とし、本年度は19件の授賞を決定しました。

 表彰式は、4月15日(火曜日)12時10分から、文部科学省にて行われる予定です。

文部科学省
http:// www.mext.go.jp/ b_menu/ houdou/ 26/ 04/ 1346090.htm

sp
sp

平成26年02月19日

No_22 白衣授与式が行われました!

 2月17日に白衣授与式が第三講義室で行われました。共用試験CBTとOSCEに合格した4年生全員に、合格を祝し、医学部医学科から修了証明書が渡されるとともに、大学のネームのはいった白衣が授与されました。

 最初に、牛木辰男医学部長から、患者と接する臨床実習を始めるにあたって必要な心構えについてのお話がありました。医の倫理綱領(日本医師会)が読み上げられ、4年生は次年度からの臨床実習における医学生としてのモラルについて再認識しました。次に牛木医学部長が、学生代表に修了証明書を与え、厳かに白衣を授与しました。その後、4年生全員が16名の教授からそれぞれ白衣を着せていただきました。最後に、別の学生代表が臨床実習を始めるにあたっての宣誓を行い、全員が宣誓書を提出して、白衣授与式はおごそかに終了しました。

You can see a large image by click.

sp
sp

平成26年01月10日

No_21 日本初の医学教育分野別認証制度(トライアル)を受審!

 わが国では平成25年度から医学教育分野別認証制度がはじまりました。全国の医学部がそれぞれの医学教育の内容を日本医学教育認証評議会(JACME)により評価を受けるというものです。平成25年度はその制度の確立のためのトライアルの年でした。
 新潟大学医学科では全国80医学部・医科大学に先駆けて、日本初のトライアルを受審することとし、平成25年12月17日(火)から20日(金)まで、この外部評価を受けました。写真は新潟大学医学科の自己点検評価書の内容について、新潟大学側の委員(左側)と日本医学教育認証評議会から派遣された委員(右側)が意見交換を行っている様子です。

You can see a large image by click.

sp
sp

平成25年06月03日

No_20 鍋島陽一先生 日本学士院賞受賞記念講演会「Klothoが紡いだ生命の糸を解きほぐす」

日時:平成25年6月19日(水)17:30〜18:30
会場:新潟大学 旭町総合研究実験棟6階 セミナーホール(統合脳機能研究センター)
主催:新潟大学医学部、有壬会、新潟医学会
座長:高橋姿 (医学部長)
 

You can see a large image by click.

 
 
鍋島陽一先生は、昭和47年に本学医学部をご卒業された著名な研究者です。
この度、日本学士院賞を受賞されることになり、母校での受賞記念講演を行って頂くことになりました。鍋島先生は、遺伝子工学の黎明期にご研究を開始され、生命科学分野で多岐にわたるご業績を挙げられました。数々の御業績に対し、ベルツ賞、上原賞、武田医学賞、岡本国際賞など多くの賞を受賞されました。今回の日本学士院賞受賞理由は、 α-Klotho, β-Klotho の発見とその生理的機能, 分子機能の解析を基盤とした動物個体の恒常性を維持する遺伝子プログラムの研究 によるものです。

 
 
学生から教員まで、多くの聴講を期待しております。
無料、事前申込の必要なし。当日、ご自由に御参加下さい。

sp

このページのトップへ

sp

←BACK

NEXT→

sp
sp