title_kaibou01

HOME > 教育・研究活動紹介 > 研究内容一覧 > 肉眼解剖学
 公開講座 各種受賞 特色ある活動 グローバル人材育成推進事業 医学教育分野別認証制度による外部評価

1.研究概要

 肉眼解剖学分野は、発生学・細胞生物学に関する研究を行っている。
 詳しい研究内容については、肉眼解剖学ホームページをご覧ください。

2.研究グループ

 なし

3.研究テーマ

  • ニューロンの生存と死に関する研究
  • 発生研究のための遺伝子導入法の開発
  • 生体におけるタンパク分解の時間的・空間的解析  
  • 肩帯の形態的多様性をもたらした発生学的基盤に関する研究

4.研究の成果

[分野] 肉眼解剖学

[研究テーマ] 発生研究のための遺伝子導入法の開発

[内容]
 鶏胚は安価、簡便、胚操作性に優れるなどの多くの利点があり、古くから脊椎動物の発生研究におけるモデル動物として重用されてきました。我々の研究室では鶏胚における遺伝子転移技術を開発・改良することで、発育鶏胚の幅広い生命科学研究分野での応用を目指しています。
 これまでの様々な問題点を克服し、長大な遺伝子を長期間安定的に発現させること、さらに薬剤の添加により時間空間的に遺伝子発現を抑制出来るシステムを構築した。
 これら技術を更に工夫し、発生後期から発達初期の生命現象の解明を目指しています。

[写真など]

図

sp
sp