新潟大学医学部医学科

HOME > 新潟大学塚田医学奨学基金

新潟大学塚田医学奨学基金について

 新潟大学塚田医学奨学基金は、昭和61年(1986年)に閉校した学校法人塚田服装専門学校理事長塚田実津江氏の医学の研究に協賛する意志を受け、平成2年度(1990年)及び平成3年度(1991年)に「塚田医学奨学会助成金」として新潟大学医学部、同附属病院、脳研究所及び医療短期大学部に所属する若手の教官及び研究者(院生、医員、研究生等)を対象とした研究助成が始まりました。

 その後、平成3年(1991年)10月、学校法人塚田服装専門学校が閉校した際生じた残余財産を新潟大学医学部へ寄付することについて、新潟県の了解が得られ、平成4年(1992年)1月に1億円を奨学寄付金として受け入れ、寄付金の名称を「塚田医学奨学基金」としました。さらに、平成7年(1995年)8月に1千百万円の寄付金を受け、現在に至っています。

 平成4年度以降は、本基金から生じる果実を財源とし、主として若手(35歳以下:平成4〜23年度、39歳以下:平成24年度〜現在)の研究者を対象として研究費の助成を行っており、平成2年度の第1回塚田医学奨学会の助成から始まり、平成28年度までで、延べ27回の助成を行っています。助成金を受けた研究者は99名に及び、助成された研究費の総額は6,514.6万円となっています。

新潟大学塚田医学奨学基金による研究助成金募集に対して、毎年、多数の応募があり、若手研究者育成の一助となっています。

塚田実津江氏 略歴

  • 大正  3年(1914年)新潟市生まれ
  • 昭和16年(1941年)新潟市に古町洋裁研究所を開設
  • 昭和21年(1946年)塚田洋裁学校(学校法人塚田服装専門学校の前身)開校
  • 昭和47年(1972年)(株)塚田牛乳代表取締役社長
  • 昭和61年(1986年)学校法人塚田服装専門学校閉校
  • 平成  4年(1992年)(株)塚田牛乳代表取締役会長 新潟大学塚田医学奨学基金
              後援会初代会長
  • 平成19年(2007年)10月永眠 享年94歳

平成28年度の審査結果

平成28年度は30件の申請があり、厳正な審査の結果以下の3人が選ばれました。

  • 吉原 弘祐 教育研究院医歯学系 産科婦人科学分野・助教
  • 山口 雄大 教育研究院医歯学系 細菌学分野・特任助教
  • 林 良太  大学院医歯学総合研究科 皮膚科学分野・大学院生

7月4日に、塚田医学奨学基金後援会関係者、歴代受賞者、医学部関係者等、多数の出席を得て、有壬記念館で授賞式ならびに懇談会が行われました。

過去の授与者一覧

交付年度

交 付 決 定 者

研 究 課 題

助成額

所属・職

氏 名

(万円)

平成2(1回)

脳研究所神経薬理学部門・助手

桑野 良三

発生工学的手法を用いた疾患モデル動物の開発

100
医学部内科学第一講座・研究生

小玉 誠

新しい動物モデルを用いた自己免疫性心筋炎の解析

100
医学部解剖学第三講座・助手

岩永 ひろみ

腎間質の立体微細構造とその線維化に伴う病変について

50
医学部附属腎研究センター免疫病態学部門・大学院生

河内 裕

腎炎惹起抗原の分離・精製

50
医学部附属腎研究センター病理形態学部門・助手

矢尾板 永信

In vitroにおける糸球体癒着モデルの確立とその解析

50
脳研究所実験神経病理学部門・研究生

若林 孝一

パーキンソン病の内臓器ニューロンにおける系統的変性に関する研究

50
平成3(2回) 医学部外科学第一講座・大学院生

神田 達夫

消化管脂肪酸結合蛋白ファミリー血清値測定の腸疾患臨床への応用

100
医学部内科学第二講座・研究生

斎藤 亮彦

アルポート症候群とその関連疾患の病因遺伝子の解析

100
医学部内科学第一講座・研究生

青木 定夫

ハイブリット急性白血病の診断と治療法の確立

40
医学部解剖学第三講座・助教授

岩永 敏彦

尿路の whole mount 標本を用いた末梢ペプチドニューロンの形態学的解析

40
脳研究所神経薬理学部門・助教授

崎村 建司

向精神薬の分子スクリーニング系の開発

40
医学部法医学講座・助手

出羽 厚二

DNAフィンガープリント法の臨床応用−骨髄移植における移植骨髄生着確認法−

40
脳研究所実験神経病理学部門・助手

山田 光則

イノシトールリン脂質特異ホスフォリパーゼCの神経系における細胞内局在

40
平成4(3回) 医学部附属病院第二内科・医員

吉沢 弘久

腫瘍感作リンパ球誘導における、サイトカイン遺伝子導入腫瘍細胞の有用性に関する研究

100
医学部細菌学講座・助手

河村 伊久雄

抗結核防御免疫を司るT細胞の機能解析

50
医学部解剖学第二講座・助手

芹澤 正博

視覚性方向定位行動に関わる皮質視蓋投射路の形態学的研究

50
医学部附属病院泌尿器科・助手

冨田 善彦

腎癌細胞における細胞間接着因子の発現とLAK細胞に対する感受性への影響

50
平成5(4回) 脳研究所神経薬理学部門・助手

森 寿

NMDA受容体チャネルの活性制御機構の解析

100
医学部外科学第二講座・大学院生

土田 正則

αβT細胞レセプターを標的として心移植における拒絶反応抑制の研究

70
医学部内科学第一講座・大学院生

山崎 雅俊

Ca2+依存性一酸化窒素合成酵素のpeptide-radioimmunoassayの確立とその臨床応用

70
平成6(5回) 医学部内科学第三講座・大学院生

大塚 和朗

消化器系における免疫寛容と防御機構の解析

100
医学部内科学第二講座・大学院生(病理形態学で研究中)

後藤 眞

糸球体腎炎の発症・進展に関与する既知及び未知の遺伝子の重みづけ

70
医学部衛生学講座・大学院生

真野 裕

胆汁の突然変異原性の検討による胆道がんの成因研究

70
平成7(6回) 医学部附属病院第一内科・医員

塙 晴雄

T細胞受容体β鎖V領域およびCDR3の検討
−自己免疫性心筋炎の機序解明とT細胞腫瘍の微小残存病変検出への応用−

100
医学部内科学第三講座・大学院生

佐藤 万成

C型肝炎患者の肝臓に見いだされたCD56+T細胞の生体内機能

70
医学部附属腎研究センター・病理形態学部門・大学院生

藤中 秀彦

CD8陽性リンパ球由来の糸球体傷害分子の探索

70
平成8(7回) 脳研究所病理学分野・助手

柿田 明美

ヒト難治てんかん原性病巣におけるシプナスの病理形態学的研究

100
医学部整形外科学講座・大学院生

荒井 勝光

コラーゲン関節炎におけるT細胞および好中球の検討

60
医学部泌尿器科学講座・大学院生

川崎 隆

膀胱がん細胞のアポトーシス誘導におけるP21/WAF1/CIPIとBc1-2遺伝子の役割

60
医学部附属病院第三内科・医員

松田 康伸

肝硬変における肝再生抑制因子の遺伝子クローニング

60
平成9(8回) 医学部生化学第二講座・助手

熊谷 英敏

βアミロイド前駆体タンパク質の代謝に関わるセクレターゼのクローニング及びその機能解析

100
医学部内科学第三講座・研究生

須田 剛士

各染色体ごとのテロメア反復数の動態把握−細胞の老化・不死化・癌化のメカニズム解明に向けて−

60
医学部解剖学第二講座・助手

目黒 玲子

二丘傍体のshell-core構造の解析−神経活性物質の側面から−

60
医学部眼科学講座・大学院生

三木 淳司

ファンクショナルMRIによる視覚系の情報処理機構の研究

60
平成10(9回) 医学部病理学第一講座・助手

西倉 健

p53遺伝子異常からみた胃内分泌細胞癌の組織発生に関する検討

100
医学部附属病院検査部・助手

稲野 浩一

血管内皮細胞と糖化LDLの相互作用に関する分子生物学的検討

60
医学部附属病院耳鼻咽喉科・助手

川崎 克

嗅上皮再生細胞の動向に関する免疫組織化学的研究(動的領域と静的領域を中心に)

60
医学部附属病院病理部・医員

高塚 尚和

細菌性抗原処理分子機構におけるスカベンジャー受容体の機能解析

60
平成11(10回) 医学部附属病院第一内科・医員

広野 暁

ラット拡張型心筋症モデルにおけるβ受容体およびCa2+輸送蛋白の発現変化と遺伝子治療への応用

100
医学部医動物学講座・助手

川村 俊彦

マウス胸腺外分化T細胞の腫瘍免疫における役割

60
医学部泌尿器科学講座・大学院生

ビリーム・ウラジミール

移行上皮癌細胞におけるcaspase ファミリー分子の意義

60
医学部法医学講座・助手

宮坂 道夫

生命倫理教育のカリキュラムに関する基礎研究

60
平成12(11回) 医学部病理学第二講座・助手

山本 尚

アポトーシス誘導法を用いたKupffer細胞の分化機序と機能解析

90
医学部附属腎研究センター分子病態学分野・大学院生

池住 洋平

メサンギウム増殖性腎炎の進展におけるリンパ球の進展機序の解明と制御法の検討

50
医学部附属腎研究センター
研究機関研究員

後藤 眞

IgA腎症の発症におけるIgA分子修飾および処理機構の遺伝的多様性の検討

50
脳研究所分子神経生物学分野リサーチアソシエート

難波 寿明

液性因子による機能的グルタミン酸受容体発現の制御

50
平成13(12回) 大学院医歯学総合研究科
生体機能調節医学専攻
感覚統合医学講座・助手

松岡 勝人

新しい最初期遺伝子Arcを指標とした記憶機構の解析

90
大学院医歯学総合研究科
分子細胞医学専攻
細胞機能講座・研究生

玄田 拓哉

肝細胞がんの肝内転移機構の解明−特に接着分子・細胞骨格間の相互作用におけるシグナル伝達機構の解析−

50
大学院医学研究科
機能制御学分野・大学院生

李 氷

新しい糸球体及び腎間質の血行動態測定法・糸球体硬化症モデルでの検討

50
大学院医歯学総合研究科
分子細胞医学専攻
シグナル伝達講座・助手

渡部 通寿

ミオシンXによる細胞内輸送機構と膜融合装置との連絡

50
平成14(13回) 大学院医歯学総合研究科
生体機能調節医学専攻
分子情報医学講座・大学院生

伊達 英俊

神経変性疾患の原因遺伝子aprataxinの生理機能の解析

90
大学院医学研究科、病理学専攻・大学院生

種池 郁恵

ヘリコバクター・ピロリの感染と制御に関する研究

50
大学院医歯学総合研究科
分子細胞医学専攻
細胞 機能講座・研究生

山際 訓

C型肝炎ウイルス(HCV)持続感染に関与する肝臓内ナチュラルキラー(NK)細胞及びナチュラルキラーT(NKT)細胞におけるHCVレセプターCD81の発現とその作用に関する研究

49.6
大学院医学研究科病理学専攻・大学院生

朴 月善

筋萎縮性側索硬化症:102剖検例(1962-2000)の臨床病理学的研究

50
平成15(14回) 大学院医歯学総合研究科 附属腎研究センター分子病態学分野・助手

小池 廣子

後腎器官培養系を応用した腎糸球体透過性異常の発症・修復機序の解析

85
大学院医歯学総合研究科遺伝子制御講座
(生化学第一)・助手

井上 順

新規がん抑制遺伝子Rit1トランスジェニックマウスの解析

50
大学院医歯学総合研究科国際感染医学講座(ウイルス学)・助手

樋口 雅也

ヒトT細胞白血病ウイルス1型による白血病発症機構の解明

50
脳研究所分子神経生物学分野助手

水野 誠

EGF過剰発現マウスにおける認知機能の研究

50
平成16(15回) 医歯学総合病院第二外科助手

橋本 毅久

癌特異的遺伝子異常を利用した肺癌患者血清による新しい遺伝子診断修復機序の解

90
医歯学総合病院第三内科医員

高村 昌昭

がんにおけるliver intestine(LI)-cadherinの発現およびシグナル伝達機構の解析

50
大学院医歯学総合研究科 シグナル伝達講座(薬理学)・助手

弦巻 立

交感神経コトランスミッターNPYの心血管調節の分子メカニズム

50
大学院医歯学総合研究科国際感染医学講座(医動物学)・大学院生

富山 智香子

マウス肝における樹状細胞の特性

50
平成17(16回) 大学院医歯学総合研究科内部環境医学講座(内科学第二)・大学院生

濱 ひとみ

メタボリック症候群に関連する賢症の発症機序:メガリンを介する近位尿細管上皮細胞エンドサイトーシス機構の関与

80
教育研究院医歯学系(薬理学)・助手

仁木 剛史

カカフェインによる抗肥満作用をもたらす中枢摂食プペチド遺伝子の発現変化

45
大学院医歯学総合研究科感覚統合医学講座(精神医学)・大学院生

渡部 雄一郎

サイトカイン関連遺伝子と統合失調症との関連研究

45
平成18(17回) 教育研究院医歯学系国際感染医学講座(ウイルス学)助手

高橋 雅彦

HTLV−1の高発癌性を決める分子機構

90
教育研究院医歯学系感覚統合医学講座(生理学第一)助手

飯島 淳彦

マルチモーダル社会における感覚統合処理と脳機構の解明

50
大学院医歯学総合研究科生体機能調節医学専攻(小児科学分野)・大学院生

大塚 岳人

高病原性市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の病原性および薬剤耐性解明

50
平成19(18回) 脳研究所(病理学分野)研究機関研究員

北浦 弘樹

ヒト脳スライス標本を用いたてんかん病巣の光学的・電気生理学的解析

90
大学院医歯学総合研究科感覚統合医学講座(精神医学)・大学院生

須貝 拓朗

抗精神病薬により惹起される各種副作用に関する分子薬理遺伝学的研究− 耐糖能・脂質代謝異常、体重増加に与える影響とその予防 −

50
下総病院非常勤医師(申請時:大学院医歯学総合研究科、分子病態学分野・大学院生)

宮内 直子

糸球体性蛋白尿出現機序の解析 − 糸球体上皮細胞(ポドサイト)における小胞輸送を中心としたスリット膜機能維持機構の解明 −

50
平成20(19回) 医歯学総合病院(第三内科)・医員

土屋 淳紀

急性肝疾患における肝再生時のSDF-1(stromalcell derived factor-1)の役割

90
脳研究所(分子神経生物学分野) ・ 助教

岩倉 百合子

上皮成長因子の中枢神経細胞における放出調節機構とその役割

50
大学院医歯学総合研究科(生化学第二) ・ 非常勤研究員

本多 敦子

軸索退縮におけるエンドサイトーシスの作用とその制御機構

50
平成21(20回) 教育研究院医歯学系(生化学第一)・助教

廣瀬 哲史

がん抑制遺伝子Ritl/Bcll1bを介したT細胞分化制御機構

90
大学院医歯学総合研究科生体機能調節医学専攻(耳鼻咽喉科)・大学院生

大島 伸介

経頭蓋フラビン蛋白蛍光イメージングによるマウス聴覚野高次機能の解析

50
教育研究院医歯学系(細菌学)・助教

高野 智洋

プロバイオティックス・乳酸菌による皮膚感染症の制御(市中感染型MRSA対策)

50
平成22(21回) 医歯学総合病院(第三内科)・医員

上村 顕也

ハイドロダイナミック遺伝子導入法を用いた新規遺伝子治療法の確立

100
教育研究院医歯学系(生化学第二)・助教

野住 素広

新たに発見した神経成長関連蛋白質(nGAPs)の機能解析

100
医歯学総合病院(高次救命災害治療センター)・助教

三間 渉

ストレス誘発心筋障害(たこつぼ心筋症)の発症要因、病態の検討

50
脳研究所(細胞神経生物学)・助教

山崎 真弥

コンディショナルノックアウトマウスを用いた脳機能障害疾患発症機序の検索

50
平成23(22回) 教育研究院医歯学系(病理学第二)・助教

大橋 瑠子

肝細胞癌およびマクロファージにおけるLXRαを介した機能分化制御機構の解明

100
教育研究院医歯学系(薬理学)・助教

合田 光寛

ラット静脈におけるヒスタミン誘発弛緩機序に関する研究

50
大学院医歯学総合研究科(耳鼻咽喉科学)・大学院生

本間 悠介

マウス聴覚野振動数変調(FM)音応答の差分イメージング

50
平成24(23回) 教育研究院医歯学系(顕微解剖学分野)・助教

甲賀 大輔

凍結切片法を用いた新しい走査電子顕微鏡試料作製法の開発

100
教育研究院医歯学系(神経解剖学分野)・助教

堀江 正男

ジストニア病態の解明と治療法の開発を目的とした新規ジストニアモデルマウスの解析

50
大学院医歯学総合研究科(分子生理学分野)・助教

山口 聡一郎

内耳内リンパ液のCa恒常性の維持機構の解析

50
平成25(24回) 医歯学総合病院(泌尿器科)・医員

田崎 正行

ABO不適合腎移植後に起こる B cell suppression の解明

100
医歯学総合病院(整形外科)・医員

大橋 正幸

活性酸素による脊髄前角細胞障害の機序解明

50
教育研究院医歯学系(免疫学・医動物学分野)・助教

神田 泰洋

α−galactosylceramide誘導性肝炎におけるB細胞の関与

50
平成26(25回) 教育研究院医歯学系(分子生理学分野)・助教

任 書晃

医工連携により創製する画期的光学測定系を介した内耳振動現象の三次元精密測定

100
医歯学総合病院(呼吸器外科)・助教

小池 輝元

移植ドナー肺における常温生体外肺還流中のストレス負荷による新しい肺評価法の探求

50
医歯学総合病院(泌尿器科学)・医員

瀧澤 逸大

前立腺癌における組織内ホルモン環境変化に適応した細胞増殖機構の解明

50
平成27(26回) 寄附講座(先進老化制御学)・特任准教授

清水 逸平

褐色脂肪由来代謝産物を介した新たな心不全発症メカニズムの解明

100
医歯学総合病院(消化器外科)・講師

永橋 昌幸

肥満における乳癌の悪性化と脂質メディエーターの働き

50
医歯学総合病院(消化器内科)・医員

佐藤 裕樹

新しい疾患カテゴリー『好酸球性食道筋炎』の病態解明

50
平成28(27回) 教育研究院医歯学系(産科婦人科学分野)・助教

吉原 弘祐

子宮頸癌における治療標的融合遺伝子の同定と検証

100
教育研究院医歯学系(細菌学分野)・特任助教

山口 雄大

ヒト血清中に存在する抗結核菌物質の同定と高齢者結核発病の分子機序の解明

50
大学院医歯学総合研究科(皮膚科学分野)・大学院生

林 良太

Wnt シグナルの異常による石灰化上皮種の発症機構の解明

50
sp sp sp sp sp

塚田医学奨学金の経緯について

 平成元年1月、学校法人 塚田服装専門学校理事長 塚田実津江氏から、同学校法人が設置していた塚田服装専門学校を昭和61年に閉校した際に生じた残余財産約1億円を、医学研究に役立ててもらうため医学部へ寄付したい旨、申し出があった。

 上記申し出を受けて、医学部側での受入れ方法について検討した結果、奨学寄付金(委任経理金)として受け入れることが適当であるとの結論になったが、学校法人を解散した場合の残余財産は、私立学校法の規定により許認可者(県)に帰属し、県の了解が得られない限り、残余財産の寄付ができず、県との折衝が必要になった。そこで、当該学校法人を解散しないまま平成元年10月同学校法人内に「塚田医学奨学会」を発足させ、平成2年及び平成3年の2回にわたり、同会からそれぞれ400万円ずつ研究助成金を奨学寄付金(委任経理金)として受け入れ、「塚田医学奨学会助成金」として、医学部、同附属病院、脳研究所及び医療短大に所属する教官及び研究者(院生、医員、研究生等)を対象に助成金を交付した。

 その後、同学校法人と県との折衝が粘り強く続けられた結果、平成3年10月、同法人解散後の残余財産を医学部へ寄付することについて県の了解が得られたので医学部側で受入れ手続を進めてもらいたい旨申し出があり、平成4年1月、同学校法人の解散による残余財産1億円を正式に奨学寄付金(委任経理金)として受け入れ、「塚田医学奨学基金」を医学部に設置した。これにより、平成4年以降は、本基金から生じる果実を財源に研究助成を行うことになった。その後平成7年8月には、さらに残余財産1千百万円を合わせて、総額1億1千百万円を基金に助成を行っている

 平成20年度において、塚田医学奨学助成金の趣旨に賛同された、新潟市中央区長潟812-1在住の田中カツイ氏から40万円の寄附申込みがあった。

 本助成金は、主として若手の研究者を対象として、運用されてきており、基金設置前の平成2年及び平成3年(塚田医学奨学会助成金)を含めて本年(平成28年)が27回目になる。

授与式・祝賀会(懇談会)について

 基金設置前の平成2年及び平成3年は、塚田服装専門学校塚田理事長の主催で授与式及び祝賀会(懇談会)を行ってきたが、平成4年に基金設置後は、経理上の制約から本学側主催で祝賀会(懇談会)を開催することが困難になった。しかし、塚田氏から費用は塚田側で全額負担するので祝賀会(懇談会)を続けたいという強い希望があり、塚田氏は「新潟大学塚田医学奨学基金後援会」を組織して、奨学金を授与された研究者の活躍を奨励することとし、会員は授与式及び祝賀会(懇談会)に出席することとなった。

平成28年度(第27回)塚田医学奨学金選考結果報告

  • 平成28年2月29日(月)
    • 塚田医学奨学基金委員会を開催し、選考日程、公募要領、選考要領及び審査方法等を決定した。
    • 平成28年度の助成金額については、100万円1件及び50万円2件の計3件、200万円とした。
    • 申請資格は、39歳以下の若手研究者を対象とした。
  • 平成28年3月30日(水)
    • 塚田医学奨学基金委員会を開催し採択者を決定した。
      【 応募件数30件、採択件数3件 】
  • 平成28年4月12日(火)
    • 医学部教授会にて、採択者の決定を承認した。
  • 今回(第27回)を含め、これまでに延べ99名、総額65,146,000円の助成を行っている。

このページの先頭へ

sp
sp