活動の目的と概要

PUSHプロジェクトは、
簡易型の心肺蘇生の普及を通じて、
突然倒れた方を救命できる
地域づくりを目指します。

PUSHプロジェクトは、胸骨圧迫(心臓マッサージ)だけの誰でもできる心肺蘇生(そせい)の普及を通じて、突然倒れた方を救命できる地域づくりを目指します。
突然死は、いつ、どこでも、誰にでも起こりえます(大阪ライフサポート協会のホームページ参照)。突然心臓が止まってしまった場合、助かる可能性は数%と非常に低く(ウツタイン大阪プロジェクト調べ)、日本では毎年およそ7万人もの方が突然死で亡くなっています。
突然、心臓が止まってしまったら、一刻も早く胸骨圧迫を開始し、AED(自動体外式除細動器)を用いて、電気ショックをかける必要があります。AEDの設置は拡がりつつありますが、AEDを用いた心肺蘇生を行うことの出来る人が増えなければ、救命率の向上は期待できません。
PUSHプロジェクトでは、心肺蘇生の中でもっとも重要な胸骨圧迫とAEDの使い方を多くの方に学んでもらうことで、突然倒れた方の救命率向上を目指します。
また、学校における心肺蘇生教育の実施を促すことで、「いのちを大切にするこころ」を育てていきます。

私たち、新潟PUSHは大阪ライフサポート協会PUSHプロジェクトの認定地域コア団体として、PUSHプロジェクトを新潟県内で展開します。PUSHコースを通じて、「わずかな知識と一歩前に踏み出す勇気」で、突然倒れた人を新潟の皆さんが共助で救命できる地域になるように、活動します。また、新潟県内の各地域でPUSHコースの指導者(インストラクター)を養成し、地域の皆さんと力を合わせて、広い新潟県のすべての地域で継続的にPUSHコースが開催できる環境の構築を目指します。地域で、学校で、職域で、多くの方に皆さんに「胸をPUSH(胸骨圧迫)」「AEDのボタンをPUSH」「あなた自身をPUSH」の3つのPUSHを通じて、心肺蘇生の大切さと、皆さん自身の果たす役割の大切さを伝えてゆきます。

3つのPUSH
  • 胸をPUSH

    突然倒れ、意識も呼吸もない人がいたら、AEDを要請するとともに119番通報し、直ちに胸を強く押します(胸骨圧迫心臓マッサージ)。
    胸骨圧迫により、止まってしまった心臓の代わりに、脳をはじめとした臓器に血液を送ります。胸を押すだけのカンタンな心肺蘇生で救えるいのちがたくさんあります。

  • AEDのボタンをPUSH

    AED(自動体外式除細動器)が到着したら、音声指示に従い、安全を確認してショックボタンを押します。

  • あなた自身をPUSH

    救急蘇生法の中で一番難しいのは、倒れた方に近づいて、声をかけることかもしれません。まず、勇気を持って、声をかけて下さい。そして、できることを何かしてあげて下さい。

緊急時の対応
AEDの使い方

活動の目標

心停止となった方に対して、居合わせた市民が心肺蘇生を行う割合
40% → 50%以上
倒れるところを目撃された心臓が原因の院外心停止例の社会復帰率
10% → 13%以上

を目標として活動を行います。この活動の効果を統計学的に解析し、客観的に評価します。
(※ウツタイン大阪プロジェクトより)

この目標が達成されると、
全国で毎日3名の今までは助からなかった貴重ないのちを救うことができます
そのために、下記のaction planに取り組んで参ります。
  • 1

    地域でPUSH

    短期間で、人口の15%以上に対して、心肺蘇生のうちもっとも重要な技術である、胸骨圧迫とAEDの使用法を短時間で学ぶ講習会を提供する。

  • 2

    学校でPUSH

    学校への心肺蘇生普及を通じて、いのちを大切にする心を育てる。

  • 3

    世界でPUSH

    胸骨圧迫とAEDの使用法を短時間で学ぶ講習会をモデル展示するとともに、普及効果を証明することで、世界的な普及を促す。

主な活動

新潟PUSHプロジェクトではインストラクターの育成や、さまざまな講習会を行っています。

  • 一般向け講習会

    誰でも受講することができる講習会です。月に1・2度開催していますので、お気軽にご参加ください。
    参加申込み・講習会の詳細については各講習会へお問い合わせください。

    一般向け講習会スケジュール
  • 出張講習会

    新潟PUSHプロジェクトのスタッフが、新潟県内の学校・企業などに出張し、講習会を開催いたします。
    出張講習会の開催を依頼したい方は、下記よりお申込みください。

    出張講習会を依頼する

新潟PUSHプロジェクト
構成メンバー

代 表
  • 高橋 昌**

    (新潟大学大学院医歯学総合研究科)

副代表
  • 渡邊 勝久*

    (十日町地域消防本部)

  • 立石 裕一*

    (五泉市消防本部)

  • 久川 奈々*

    (新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)

  • 小林 啓介*

    (十日町地域消防本部)

事務局
  • 内山 かつら

    (新潟大学医学部災害医療教育センター)

指導スタッフ
  • 上野 絵梨*

    (新潟大学医歯学総合病院)

  • 太田 隆史*

    (十日町地域消防本部)

  • 佐藤 正人*

    (十日町地域消防本部)

  • 高橋 敬人*

    (十日町地域消防本部)

  • 高橋 勇一*

    (十日町地域消防本部)

  • 中澤 由佳*

    (新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)

  • 山田 麻耶*

    (新潟県立新発田病院)

  • 安達 哲浩

    (新潟医療福祉大学)

  • 和泉 邦彦

    (新潟大学医学部災害医療教育センター)

  • 井ノ川 直之

    (十日町地域消防本部)

  • 今井 美樹

    (十日町市立千手小学校)

  • 江部 克也

    (長岡赤十字病院)

  • 遠藤 美咲

    (南魚沼市立三用小学校)

  • 大平 晃裕

    (南魚沼市消防本部)

  • 熊木 大蔵

    (長岡赤十字病院)

  • 黒﨑 祐也

    (長岡赤十字病院)

  • 齊木 美紗

    (長岡赤十字病院)

  • 佐藤 栄一

    (新潟大学医学部災害医療教育センター)

  • 志賀 達也

    (十日町地域消防本部)

  • 澁谷 瑠美

    (五泉市消防本部)

  • 嶋田 美智子

    (新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)

  • 関口 正

    (阿賀野市消防本部)

  • 関口 博史

    (新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)

  • 土谷 修一

    (上越総合病院)

  • 中込 悠

    (新潟大学医学部災害医療教育センター)

  • 羽賀 成子

    (新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)

  • 林 達彦

    (村上総合病院)

  • 笛木 純一

    (十日町地域消防本部)

  • 笛木 卓

    (南魚沼市消防本部)

  • 藤田 芳恵

    (十日町市立吉田中学校)

  • 藤田 義信

    (燕・弥彦総合事務組合消防本部)

  • 藤ノ木 隆司

    (十日町地域消防本部)

  • 藤ノ木 雅也

    (十日町地域消防本部)

  • 保坂 雅章

    (十日町地域消防本部)

  • 星名 貴弘

    (十日町地域消防本部)

  • 本間 孝則

    (佐渡市消防本部)

  • 町田 智子

    (南魚沼市立第一上田小学校)

  • 丸山 剛

    (十日町地域消防本部)

  • 宮澤 直人

    (十日町地域消防本部)

  • 山川 博実

    (佐渡総合病院)

  • 山田 祥平

    (十日町地域消防本部)

  • 涌井 拓磨

    (十日町地域消防本部)

  • 渡部 愛佳

    (新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)

  • 渡邉 マヤ

    (長岡赤十字病院)

  • 渡邉 裕也

    (十日町地域消防本部)

** 大阪ライフサポート協会認定PUSHディレクター
 * 大阪ライフサポート協会認定PUSHインストラクター

loader