新潟県厚生農業協同組合連合会 柏崎総合医療センター

糖尿病センター長 涌井 一郎

内科部長 片桐 尚

研修医へのメッセージ

診療圏約10万人の柏崎、刈羽地域の基幹病院です。医師は約40人、地域の救急車の大半を受け入れ、一次から高度医療まで病院全体でがんばっています。コメジカルの方が良く動いてくれる働きやすい病院です。
内科は総勢16人各専門分野も揃い、一般内科から専門的医療まで研修可能です。

糖尿病、甲状腺、内分泌部門は3人体制で常勤医2人と大学からの若手医師1人の応援を頂いています。

(診療内容)

1)糖尿病
通院患者 約1700人、内因性インスリン分泌能を的確に評価しながら治療法を選択することを心がけています。栄養士、看護師、薬剤師と協力しながらチーム医療を実践し、食事や日頃の生活習慣の改善など糖尿病教育、指導に力を入れています。 また合併症(微小血管、大血管合併症)を評価し、進展予防に努め、地域での糖尿病による透析導入阻止にも取り組んでいます。

2)甲状腺疾患
通院患者 約200人 甲状腺エコー、細胞診を用いた的確な診断を心がけています。また99mTcシンチを用いた甲状腺機能亢進症の早期診断、バセドウ病難治例に対するアイソトープ治療などに取り組んでいます。

3)内分泌疾患
ACTH負荷副腎静脈サンプリングによる原発性アルドステロン症の診断など最近の新しい知見を取り入れながら、散見する内分泌疾患の的確な診断、治療を心がけています。

(施設認定)
日本糖尿病学会認定教育施設、日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設、
日本甲状腺学会認定専門医施設

内科医の基本である一般内科、救急を学びながら糖尿病、甲状腺、内分泌疾患の専門的医療を学ぶに適した環境であると思います。若い人を育て、また私達も学ぶことができればと思います。フレッシュな人材をお待ちしています。いっしょに勉強しましょう。

病院情報

住所

柏崎市北半田2丁目11番3号

外観のイメージ

外観

Photo

病院上空からのイメージ

病院上空から