長岡赤十字病院

糖尿病・内分泌・代謝内科

名誉院長

金子 兼三

古川 和郎

吉岡 大志

三ツ間 友里恵

研修医へのメッセージ

長岡赤十字病院は中越地域の中核を担う基幹病院であり、地域の方々に安心、安全そして先進的な医療を提供する役割を果たしています。

代謝内分泌科においてはこれまで、昭和52年に星山真理先生、昭和55年より鴨井久司先生、昭和59年に金子兼三先生が赴任され、糖尿病患者に対する教育入院や外来糖尿病教室など指導体制の確立、教育入院専用病棟の確保、糖尿病センターの設立など診療レベルの向上に努力し、日本糖尿病学会と日本内分泌学会の専門医認定教育施設に認定されました。平成30年現在、日本内分泌学会認定教育施設、日本糖尿病学会教育関連施設に認定されております。

当院では、糖尿病に関する専門的知識を有する、CDE(糖尿病療養指導士)の方々と、チームで糖尿病患者さんの診療にあたっています。また当院には糖尿病・内分泌代謝センターがあり、看護師の方、栄養士の方、理学療法士の方、検査技師の方さんらと月1回糖尿病センター会議を行い、院内や患者さん向けの講義、講演会を企画、実践しています。

当科では、毎日朝と夕方にカンファレンスを行い、ローテートされている臨床研修医の先生方と共に日々患者さんの問題点と治療について検討を行っております。他の科からも、高血糖などでコンサルト頂くことも多く、他科とも連携して、糖尿病を始め内分泌代謝疾患の診療、治療にあたっています。稀な代謝内分泌疾患の患者さんの症例も多く、個々の症例をしっかり勉強をすれば、代謝内分泌科専門の医師として成長させてくれる病院であると思います。

病院情報

住所

長岡市千秋2丁目297番地1