当科では糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満・メタボリック症候群などの代謝疾患(生活習慣病)やバセドウ病、慢性甲状腺、甲状腺腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症などに代表される内分泌疾患(ホルモンの病気)の診療や教育研究をおこなっております。また、急性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、貧血、凝固異常症など血液疾患の診療(新規治療薬を用いた多剤併用化学療法、造血幹細胞移植、細胞免疫療法など)や教育研究を行なっております。

HOME > 当科のご紹介 > 概要 > 内分泌・代謝内科

当科のご紹介

内分泌・代謝内科の概要

内分泌代謝内科では、糖尿病を始め脂質異常症、肥満症、高血圧などを含む生活習慣病と、動脈硬化を始めとするそれらの合併症、ならびに甲状腺や視床下部下垂体、副腎疾患等の内分泌疾患について、専門的かつ幅広い教育、診療、研究を行っています。

特に境界型を含めると中年以上の国民の3分の1を占める糖尿病を中心とする生活習慣病においては、まず生活習慣療法を中心に据えるという基本に立ち返り、チーム医療による療養指導、地域医療連携などを含む、総合診療医としての視野も持ち合わせた代謝内分泌・糖尿病専門医の養成を行っています。同時にこの分野の研究者として世界的に活躍できるように、新たな臨床エビデンスの確立につながる大規模臨床研究から基礎研究まで幅広く展開しています。

 

ご連絡先

〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通一番町

TEL 025-368-9026 FAX 025-368-9300

内分泌・代謝内科、血液内科【外来電話番号】025-227-2534

e-mail emh@med.niigata-u.ac.jp