Education Course

放射線腫瘍専門医コース
(大学院医歯学総合研究科)

大学名等 新潟大学大学院医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 放射線腫瘍専門医コース(次世代放射線腫瘍医)
コース責任者青山 英史
対象者医歯学総合研究科履修課程(博士課程)
修業年限(期間) 4年間
養成すべき人材像 ・一般的ながん腫に加え、希少がんや個別化医療に対応できる放射線腫瘍医
・小児、高齢者など多様なライフステージのがんに対応できる放射線腫瘍医
・高精度X線治療や粒子線治療の適応を適切に判断できる放射線腫瘍医
・臨床研究や医学物理研究を行える放射線腫瘍医
修了要件・履修方法 ・共通科目および専門科目を合計して30単位以上取得し、博士論文審査と最終試験に合格すること
履修科目等 共通科目 共通講義、臨床腫瘍学特論Ⅰ-Ⅲ(ゲノム医療、希少がん、小児がん、ライフステージ(新ニーズ)に対応)
専門科目
・放射線腫瘍学演習、放射線治療学研究論文演習、臓器横断的がん診療演習(キャンサーボード)、希少がん対応のキャンサーボード、連携する4大学とその関連施設が東北がんネットワーク大規模放射線治療カンファレンスシステムを利用した希少がん・小児がん多施設キャンサーボードを新設、がんプロセミナー・臨床遺伝に関するセミナー含む
教育内容の特色等
(新規性・独創性等)
・連携4大学共同のキャンサーボードを通じて、最先端の放射線治療(粒子線治療を含む)に精通した放射線腫瘍医を育成する(新規性)
・希少がん・小児がんやライフステージごとに異なる多様なニーズに対応できる放射線腫瘍医(独創性)
指導体制 ・放射線治療専門医:教授1名、講師1名、助教2名
・医学物理士:助教2名
・キャンサーボードに出席している各診療科の教員
・家族性・遺伝性腫瘍学講座所属教員
教育プログラム・コース
修了者のキャリアパス構想
・放射線治療専門医を取得
・大学病院またはがんセンターで指導的立場になる放射線腫瘍医
・がん診療拠点病院において活躍する放射線腫瘍医

受講方法・必要単位

受講方法

東北大学インターネットスクール(ISTU)・がんプロ全国e-learningクラウド

必要単位

科 目 単 位 必 修
臨床腫瘍学特論Ⅰ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅱ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅲ 4単位 全コース必修科目