Education Course

がん専門医養成コース(腫瘍外科医)
(大学院医歯学総合研究科)

大学名等 新潟大学大学院医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 がん専門医養成コース(次世代腫瘍外科医)
コース責任者 土田 正則
対象者医歯学総合研究科履修課程(博士課程)
修業年限(期間) 4年間
養成すべき人材像 ・外科診療に加え、進化するゲノム医療に対応しクリニカルシークエンスの意義やprecision cancer medicineを理解し臨床応用できる腫瘍外科医
・国際的な視点でがん研究を推進でき、臨床試験に対応できる腫瘍外科医
・希少がん、遺伝性腫瘍の特殊性を理解し適切なカウンセリングを含めて対応できる腫瘍外科医
修了要件・履修方法共通科目および専門科目を合計して計30単位以上取得し、博士論文審査と最終試験に合格すること
履修科目等 ・腫瘍外科総論・各論ほか、ゲノム医療、希少がんに対応する履修科目
・遺伝性腫瘍に対応する履修科目
・ゲノム医療における精度管理に対応する履修科目
教育内容の特色等
(新規性・独創性等)
・precision cancer medicineを含め次世代がん研究者を養成する講義・実習内容(新規性)
・ゲノム医療、希少がん、難治がんをインテンシブに学習できる体制(独創性)
・海外機関等との人材交流、共同研究、研修を積極的に行う
指導体制 ・新潟大学病院外科系診療科および腫瘍内科学の教授以下の教員7~8名が中心
・放射線治療科、乳腺内分泌外科、消化器一般外科、呼吸器外科、呼吸器内科、腫瘍内科臨床遺伝等の各々の領域の専門医が連携して指導する
教育プログラム・コース
修了者のキャリアパス構想
・地域医療がん診療連携拠点病院に勤務し,進化する腫瘍外科を普及・啓発
・2~3年後に外科系各分野の専門医取得
・precision medicineの開発・普及を担う大学等の臨床腫瘍学研究者

受講方法・必要単位

受講方法

東北大学インターネットスクール(ISTU)・がんプロ全国e-learningクラウド

必要単位

科 目 単 位 必 修
臨床腫瘍学特論Ⅰ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅱ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅲ 4単位 全コース必修科目

講義内容一覧

準備中