Education Course

がん緩和医療医養成コース
(大学院医歯学総合研究科)

目的 がん診療連携拠点病院で教育・診療に活躍するがん緩和医療医の育成
コース責任者 西條 康夫(新潟大学大学院医歯学総合研究科腫瘍内科学分野・教授)
修業年限 4年間
受入人数 2名/年
養成する人材像 がん緩和専門医として、診療を行う一方で、医師やメディカルスタッフにがん緩和について指導できるがん緩和医療医を目指す。
取得が見込まれる資格 日本緩和医療学会 緩和医療専門医

授業科目

単位

科 目 単 位 必 修
臨床腫瘍学特論Ⅰ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅱ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅲ 4単位 全コース必修科目
臓器横断的がん診療演習 4単位 全コース必修科目
緩和医療学演習 4単位 がん緩和医療医養成コース必修科目
緩和医療学論文演習 4単位 がん緩和医療医養成コース必修科目

履修・評価

上記科目は、博士課程の専攻個別科目として履修し、新潟大学大学院医歯学総合研究科規程(第8条第4項)に基づく修了要件単位に含むものとする。授業科目の修了の認定及び単位の授与は、新潟大学大学院医歯学総合研究科規程(第12条)に基づき、試験又は研究報告等により行うものとする。学位論文の審査及び最終試験は、新潟大学大学院医歯学総合研究科規程(第14条)に基づき、学位論文審査委員により行われ、修了の認定は、教授会の議を経て、研究科長が行う。

科目概要

1.全コース必修科目

(1)臨床腫瘍学特論Ⅰ

単位 2単位
受講方法 東北大学インターネットスクール(ISTU)
履修期間 1~3年次
指導教員 別表1参照
到達目標 臨床腫瘍学の基礎として、腫瘍専門医療者に必要ながん疫学、統計学、生物学、病理学、放射線治療、化学療法、緩和医療、倫理学などについて基盤的な知識を広く修得する。
講義内容 別表1参照

(2)臨床腫瘍学特論Ⅱ

単位 2単位
受講方法 東北大学インターネットスクール(ISTU)
履修期間 1~3年次
指導教員 別表2参照
到達目標 臨床腫瘍学の総論。腫瘍専門家に必要ながん疫学、統計学、生物学、病理学、放射線治療、化学療法、緩和医療、臨床試験、倫理学など臨床腫瘍学についての包括的な知識を深める。
講義内容 別表2参照

(3)臨床腫瘍学特論Ⅲ

単位 4単位
受講方法 東北大学インターネットスクール(ISTU)
履修期間 1~3年次
指導教員 別表3参照
到達目標 臨床腫瘍学の各論として、腫瘍専門家に必要な各がん種の疫学、診断、予防、治療法(外科的治療、放射線治療、化学療法、集学的治療)についての知識を系統的に学習する。
講義内容 別表3参照

(4)臓器横断的がん診療演習

単位 4単位
受講方法 毎週水曜日に医歯学総合病院で開催されるキャンサーボードに出席する。
履修期間 1年間
指導教員 西條康夫、青山英史、土田正則、他
到達目標 様々ながんの外科治療、放射線治療、がん薬物療法を理解し、標準的治療について説明できる。
演習内容 キャンサーボードに出席し、様々ながんの診断・治療を学ぶと共に、討論に積極的に参加する。
2.がん緩和医療医養成コース必修科目

(1)緩和医療学演習

単位 4単位
受講方法 緩和ケアチームに所属し、緩和ケアの実地を学ぶ
履修期間 1年間
指導教員 生駒美穂、他
到達目標 緩和ケアを理解し、実施できる。
演習内容 緩和ケアチームに所属して、緩和ケアの実際を経験する。

(2)緩和医療学論文演習

単位 4単位
受講方法 毎週木曜日午後6時より
履修期間 1年間
指導教員 生駒美穂、他
到達目標 最新の緩和ケアを理解する。博士論文を作成する。
演習内容 最新の緩和ケアの論文を読む。博士論文作成に取り組む。