Education Course

希少がん・小児がん専門医コース
(大学院医歯学総合研究科)

大学名等 新潟大学大学院医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 希少がん・小児がん専門医コース
コース責任者 今井 千速
対象者 医歯学総合研究科履修課程(博士課程)
修業年限(期間) 4年間
養成すべき人材像 ・希少がん、小児がんの特性を理解しつつ、新たに発展している次世代の個別化がん医療(がんゲノム医療を含む)の基本を理解し、小児およびAYA世代において臓器横断的に多様な新ニーズに対応した医療を提供できる小児がん治療医(小児科)、腫瘍整形外科医、小児がん外科治療医
・全国規模の臨床試験に積極的に参加できる医師
・主体的に臨床研究を行うことができる医師
修了要件・履修方法 共通科目および専門科目を合計して計30単位以上取得し、博士論文審査と最終試験に合格すること
履修科目等 <共通科目> 共通講義 臨床腫瘍特論Ⅰ~Ⅲ(ゲノム医療、希少がん、小児がん、ライフステージ(新ニーズ)に対応)
<専門科目> 希少がん/小児がん論文演習、希少がん/小児がん基礎実験演習、希少がん・小児がん治療学演習、希少がん・小児がん手術学演習、臓器横断的がん診療演習(キャンサーボード・小児チューマーボード)、希少がん対応のキャンサーボード新設、緩和医療学演習、がんプロセミナー、臨床遺伝に関するセミナー含む、医学生・前期研修医のためのセミナーでの指導、等
教育内容の特色等
(新規性・独創性等)
・希少がん・小児がんの病態解析に基づく診断法・治療法を選択できる治療医の育成(新規性)
・先進の免疫療法(抗体療法や遺伝子改変免疫細胞療法)を理解する治療医の育成(独創性)
指導体制 ・小児科(血液腫瘍グループ、臨床遺伝)、小児外科、整形外科、腫瘍内科、放射線治療科、放射線診断科、緩和医療分野等の各々の領域の教員が連携して指導する。
・キャンサーボード/小児チューマーボードに出席している各診療科の教員
・家族性・遺伝性腫瘍学講座所属教員
教育プログラム・コース
修了者のキャリアパス構想
・在籍中にがん治療認定医機構認定医を取得、その数年後に小児血液がん学会専門医を取得(小児科医)
・がん拠点病院で、希少がん、小児がんに対して次世代がん医療を提供できる医師
・次世代の希少がん/小児がんの専門医を養成する教員(がんプロ教員)

受講方法・必要単位

受講方法

東北大学インターネットスクール(ISTU)・がんプロ全国e-learningクラウド

必要単位

科 目 単 位 必 修
臨床腫瘍学特論Ⅰ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅱ 2単位 全コース必修科目
臨床腫瘍学特論Ⅲ 4単位 全コース必修科目