Education Course

博士前期課程・医学物理士養成コース
(大学院保健学研究科)

目的 がん拠点病院で高精度放射線治療の精度管理に寄与する医学物理士の育成
コース責任者 和田 眞一(新潟大学大学院保健学研究科放射線技術科学分野・教授)
修業年限 2年間
受入人数 2名/年
養成する人材像 放射線治療分野の医学物理士を目指す。独立して放射線療法の精度管理を担い、地域がん医療の質的管理に貢献する。
取得が見込まれる資格 医学物理士認定機構 医学物理士

授業科目

単位

科 目 単 位 必 修(選択必修◎)
医療情報統計科学 2単位
応用数理解析学概論 2単位
リサーチ・メソッズ・ベーシック 2単位 履修を勧める
医用物理学概論 2単位
医学物理学特論 2単位
放射線腫瘍学特論 2単位
放射線腫瘍学演習 2単位
放射線技術科学分野専門科目から、
指導教員が指定する特論及び演習の各1科目履修
4単位
保健学研究科放射線技術科学分野または
自然科学研究科物理学の専門科目から3科目選択履修
6単位
医学物理臨床実習 2単位
領域特別研究 8単位
合計 必修32単位

なお、医学物理士養成コースを履修する学生にあっては、一般財団法人医学物理士認定機構教育コース認定要件を満たすため『医学物理教育コース・放射線治療分野認定基準別表1』の講義基準に対応する授業科目の履修を本コース修了要件とする。履修にあたっては、医学物理士養成コース授業科目履修表によるものとする。
MPコース履修科目録
※補助教材として全国e-learningクラウド使用

履修・評価

上記科目は、新潟大学大学院保健学研究科規程(第10条第2項)に基づく博士前期課程の授業科目として履修し、新潟大学大学院保健学研究科規程(第19条)の修了要件に従う。授業科目の履修の認定及び単位の授与は、新潟大学大学院保健学研究科規程(第16 条)に基づき、試験又は研究報告等により行うものとする。学位論文の審査及び最終試験は、新潟大学大学院保健学研究科規程(第18条)に基づき行われ、修了の認定は、研究科委員会の議を経て、研究科長が行う。