Greeting

 「東北次世代がんプロ養成プラン」は、いわゆる第3期がんプロとして、H29年度から開始されました。新潟大学では、第2期がんプロの枠組みを継続し、東北大学、山形大学、福島県立医科大学との共同で本事業を実施しています。新潟大学では医歯学総合研究科と保健学研究科とで、第2期より事業規模を拡大し、大学院10コース、インテンシブ5コースを開設し、従来の教育内容に加えて、ゲノム医療、AYA世代、希少がん、ライフステージに対応できるがん専門医療人(放射線腫瘍医、がん薬物療法医、腫瘍外科医、緩和医療医、臨床遺伝専門医、小児がん専門医、腫瘍整形外科医、医学物理士、がん看護専門看護師、遺伝看護専門看護師、臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラー、口腔支持療法)を養成します。
 このプランでは、主に4大学の教員と全国の教員によるe-learning講義やキャンサーボード等で実践的で臓器横断的ながん診療の教育を行っています。このプランを通して多くのがん専門医療人を養成することにより、新潟県のがん診療の向上も図れるものと期待しています。多くの方々の参加をお待ちしています。

東北次世代がんプロ養成プラン
新潟大学分担コーディネーター
西條康夫