Plan

目的

 高齢化社会における地域のがん医療の改善を図るため,地域がん医療に貢献するがん専門医療人を養成する。

取組

 東北がんプロフェッショナル養成推進プランは、がん医療に必要な学識と技能や国際的レベルの臨床研究を推進する能力を育み、大学、地域、多職域(医療チーム)が連携して在宅医療や緩和ケアを含めた地域のがん医療とがん研究を推進するための、広域かつ包括的教育プログラムを提供する。
新潟大学では、連携する他の3大学(東北大学、山形大学、福島県立医科大学)とともに、教育コアとして大学院に教育コースを設置し、地域のがん診療連携拠点病院等との連携により、多職域のがん専門医療人を養成し地域の人材交流を推進する。
 本プランは、高齢化と地域医療過疎を特徴とする日本の地域がん医療モデルを構築する新規性と、東日本大震災の経験をもとに震災時の新しい地域がん医療モデルを構築する独創性があり、新しい地域がん医療モデルが構築されれば、わが国のみならず世界の地域がん医療の向上へむけ波及効果が期待できる。

効果

・がん専門医療人の増加
・がん拠点病院の機能強化
・空白2次医療圏の解消
・新しい治療法開発の推進
・地域がん医療モデルの構築