「感染症研究国際展開戦略プログラム」採択事業
Infectious Diseases Research Center of Niigata University in Myanmar

新着情報 News

    loader
    一覧を見る

    平成27年度「感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)」に採択

     新潟大学は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)」における研究拠点の一つとして、ミャンマー連邦共和国の最大都市・ヤンゴンにある国立衛生研究所(NHL)に感染症研究拠点を形成します。そして、ミャンマーの呼吸器感染症の実態を明らかにし、感染症制御や全国の大学・研究機関と協働した高度専門人材育成に貢献します。

    J-GRID:アジア・アフリカの新興・再興感染症の流行国などに海外拠点を展開し、各地で蔓延する感染症の疫学研究を進め、国内感染症対策に資する情報を国立感染症研究所と共有するとともに、新たな診断・治療薬やワクチン開発に向けた基礎研究を推進し、創薬支援ネットワークと連携して実用化を目指します。また、海外拠点と全国の大学・研究機関との共同研究や拠点間の連携を推進し、高度専門人材の育成を図ります。平成27年4月より、文部科学省からAMEDに事業移管されました。

    ※感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)ウェブサイト

    ミャンマーにおける呼吸器感染症制御へのアプローチ

     新潟大学は、ミャンマー保健省とのMOUに基く10年以上の協力体制から、インフルエンザ研究センターの確立など、感染症研究の基盤を構築してきました。ミャンマーは、アジアにおける感染症の主要伝播経路であると同時に、これまでの調査から、日本より半年早く新しい抗原性のインフルエンザがヒトで流行することが判明しており、ワクチン株選定のための重要地点であることが確認されています。
     本プロジェクトでは、これまでの疫学研究に加え、病理学やウイルス学的見地から感染症制御への取組みを発展させるとともに、高度専門人材育成に向けた開かれた研究拠点を目指します。

    詳しく見る