新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野-旧内科学第三講座-

HOME > 消化器内科学分野について > スタッフ紹介 > 荒生 祥尚

消化器内科学分野について

スタッフ紹介

荒生 祥尚 (あらお よしひさ)

荒生 祥尚新潟大学大学院医歯学総合研究科
消化器内科学分野 大学院生

所属学会

日本内科学会(日本内科学会認定医)、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会

専門領域・研究内容

研究内容:NASHの病態進展におけるミトコンドリアDNAコピー数とミトコンドリア生合成・分解インバランスの検討

業績・論文

  • 早期胃癌に対するESD後に発生した遅発性穿孔の検討 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease Vol.31 No.1 pp.27-32, 2015
  • Utility of Over-The-Scope Clipping (OTSC) for Closure of a Persistent Post-PEG Fistula Under Long-Term Steroid Therapy. Clinical Endoscopy CE-14-158-
  • 老化と非アルコール性脂肪肝炎  医学書院「臨床検査」vol.59 No.8 2015

受賞歴

第75回 日本消化器内視鏡学会甲信越支部例会 専修医奨励賞 受賞

趣味

体を動かすこと(剣道、スノーボード、マラソンetc…)

ひとこと

大学院では肝臓の研究を行っていますが、内視鏡治療にも興味があります。今後は日々の診療はもちろん、専門医取得や学会発表も頑張っていきたいと思います。

同門会の皆様へ