新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野-旧内科学第三講座-

HOME > 消化器内科学分野について > 教授ごあいさつ

消化器内科学分野について

教授ごあいさつ

 平成27年1月1日付け、第三内科の初代 市田 文弘 名誉教授、第2代 朝倉 均 名誉教授、第3代 青柳 豊 名誉教授の後任として新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野(旧第三内科)教授を拝命いたしました寺井崇二です。新潟大学消化器内科は歴代教授、諸先輩方の努力で日本の消化器病分野において大きな足跡を残してきました。その伝統を継承しさらに未来に輝く教室に発展させていきたいと考えています。

 消化器内科は、内視鏡技術の進歩による低侵襲の治療技術の発達とともに、肝臓および胃発癌の主因であったウイルス性肝炎(HCV)とピロリ菌も完全にコントロールできる時代になってきています。これからは、メタボリックシンドロームに関連する癌(バレット腺癌、大腸癌、膵癌、肝癌)、炎症性腸疾患が増えると考えられ、これらに対する先制医療技術の開発、肝硬変や消化管狭窄に対して新たな生体材料や細胞を用いた再生医療、新たな抗がん剤や治療法の開発応用をしていく必要があります。高度な癌治療を行う上で、癌患者に最後までおいしくご飯を食べて頂く工夫(サルコペニア対策)など、消化、吸収、代謝の原点に返り診療、研究を行う必要があるかと思います。研究テーマは、”難治進行性消化器疾患に対する診断と治療法開発”、今診断のつかない "Undiagnosed Disease"をゲノム科学、細胞生物学を駆使し診断治療法を開発していくことです。そのため基礎研究チームは、脂肪化解析チーム、線維化・再生解析チーム、癌化解析チーム、免疫チーム、低侵襲機器開発チームにわけ、臨床研究チームは、消化管グループ(上部サブチーム、下部サブチーム)、 肝胆膵グループ(肝臓サブチーム、胆膵サブチーム)他、横断的臨床研究解析チームとして、門脈圧亢進症解析チーム、尿のプロテオミクス解析チーム、内臓脂肪、骨格筋、腹水解析チーム、腸内細菌、腸内センサー解析チーム、消化器血流動態解析 解析チーム、POEM(消化器運動)解析チーム、魚沼基幹病院に代謝研究チーム、Interventional Gastroenterology 解析チームを新たに作り、みんなで分野を超えて、次世代の診断・治療法の開発を進めていきます。

 新たに教室のロゴマーク”Sun Ship”を作りました。これからの消化器病学では、すべての消化器臓器を診ること、その臓器ネットワークが大事であると考え作ったマークです。新潟大学のスクールカラーは緑色なので、その反対色のエルメスオレンジを真ん中の色に使っています。色にコントラストをつけた関係でヨット(Ship)のようになっており、土台に第3内科のⅢをいれています。同門会の諸先生に支えて頂き、日本海から世界にこぎ出すという意味もこめています。Sun ShipのSunは”太陽”、”第3内科のⅢ”です。このマークが全国、世界にたなびけば、教室と教室員が活躍していることになるのではないかと考えています。
 私は柔道を大学時代にやっており、医師としての診療技術の習得には、武道の習得と同じように“守破離”ということが重要と考えています。 先生方もご存じのとおり「守」は、まず基本に忠実に学び、基本を会得すること(基本を守る)。次に「破」で、基本を習得したのち、それを応用して、自分の型を身につける(基本を破る)「離」は、「守」「破」から離れて、自由な形を新たに創造することです(基本から離れる)。これを踏まえて教室員に話しているのは、(守)とは、地域を診る中で消化器内科医として必要な基本を取得する(すべての消化器疾患を診る型を作る)。(破)とは、英知を結集し新潟大学発の次世代治療を開発する(高い専門性を確保し、新しい診断、治療法を開発する)。(離)は、教室から、全国、世界に羽ばたく人材を育成することと話しています。一方で、これからのリーダーは幅広い知識と深い専門性、柔軟な思考と実行力を備えることが重要と考えています。すなわち”Clinician-Scientist“の育成が必要です。教室には大きな可能性をもった教室員が多数おり、同門会には、豊かな経験と愛情をお持ちの諸先輩の先生方がいらっしゃいます。この恵まれた環境の中で、私としては様々な機会を作り、みんなで”聞思修”の知恵を得るよう教室を運営していき、将来国内外から新潟大学に多くの人材が学びに集まるようして行きたいと考えています。最後になりますが、豊かな経験に裏打ちされた診療ができる総合消化器内科医、Clinician-Scientistを目指している若い先生、研修医、学生諸君、新たに我々と”Sun Ship“に乗り、新しい消化器病学の開拓に船出していきましょう。

新潟大学大学院医歯学総合研究科
消化器内科学分野 教授
寺井 崇二

同門会の皆様へ