------------------
**

新潟大学医学部 : NIIGATA UNIVERSITY

第3内科 : Third Department of Internal Medicine


------------------
[ Asahimachi Campus Home Page ] - [ School of Medicine Home Page ]

* 業績 Bibliographies



1994

  1. Aoyagi Y:Molecular discrimination between alpha-fetoprotein from patients with hepatocellular carcinoma and non-neoplastic liver diseases by their carbohydrate structures(Review). Int J Oncol 4:369-83,1994
  2. Watanabe M, Okoshi S, Tawaraya H, Miyajima T, Shimotori K, Kamimura T, Asakura H, Hepatitis C viral markers in patients who received blood that was positive for hepatitis C virus core antibody, with genetic evidence of hepatitis C virus transmission. Transfusion 34:125-9,1994
  3. Igarashi K, Aoyagi Y, Okoshi S, Yokota T, Mori S, Suda T, Kamimura T, Asakura H, Sequence analysis of the proximal promoter region of the human α-fetoprotein gene in hepatocellular carcinoma. Cancer Letters 76:93-9,1994
  4. Ogata N, Rogar H Miller, Kamal G Ishak, Alessandro R Zanetti, Robert H Purcell, Genetic and biological characterization of two hepatitis B virus variants: A precore mutant implication in fulminant hepatitis and a surface mutant resistant to immunoprophylaxis. Viral Hepatitis and Liver Disease 238-42,1994
  5. Takahashi T, Isemura M, Nakamura T, Matsui S, Oyanagi Y, Asakura H, Immunolocalization of a fibronectin-binding proteoglycan (PG-P1) immunologically related to HSPG2/perlecan in nomal and fibrotic human liver. J Hepatol 21:500-8,1994
  6. Tsukada Y, Motoyama H, Akiyama N, Honma T, Narisawa R, Tsukada K, Aoyagi Y, Asakura H, Gastric mucosal lesions in patients with chronic liver disease. Excepta Medica 12:31-8,1994
  7. Kobayashi M, Watanabe H, Ajioka Y, Honma H, Asakura H, Proliferating cell nuclear antigen/cyclin expression in small adenomas of the large intestine in relation to size and macroscopic appearance. J Gastroentetol 29:139-46,1994
  8. Suda T, Ozawa T, Aoyagi Y, Mori S, Watanabe M, Tsukada Y, Kamimura T, Asakura H, Nutritional support through percutaneous transphepatic internal drainage route in common bile duct cancer. J Gastroenterol Hepatol 9:524-6,1994
  9. Sato K, Otsuka K, Hasegawa K, Hashimoto S, Abo T, Kamimura T, Asakura H, Increase in the proportion of CD56+T cells in patients with chronic type C hepatitis after treatment with α-interferon. Int Hepatol Communications 2:398-402,1994
  10. Hashikura Y, Makuuchi M, Kawasaki S, Matsunami H, Ikegami T, Nakazawa Y, Kiyosawa K, Ichida T, Successful living-related partial liver transplantation to an adult patient. Lancet 343(8907):1233-4,1994
  11. Tsuchida K, Aoyagi Y, Odani S, Mita T, Isemura M, Isolation of a novel collagenbinding protein from the mushroom, Hypsizigus marmoreus, which inhibits the lewis lung carcinoma cell adhesion to type IV collagen. J Biol Chem 270(4):1481-4,1994
  12. Asakura H, Yoshioka M. Cholera toxin and diarrhea. J Gastroenterol Hepatol 9:186-193, 1994
  13. Asakura H, Honma T, Narisawa R. Endoscopy and Crohn's disease: Endoscopic approach to the pathogenesis of Crohn's disease. Dig Endsc 6(2):205-212, 1994
  14. Zhu Y. Zhang S. Nomoto M. Doria C. Ikoma A. Suzuki T. Hamamoto I. Todo S. Vascular versus luminal flushing for preservation of canine small bowel. Transplantation Proceedings. 26(3):1471-2, 1994.
  15. Ichida T, Katoh M, Hayakawa A, Ito S, Mori S, Sato T, Sugitani S, Sato H, Watanabe M, Asakura H. Therapeutic effect of a CDDP-epirubicin-lipiodol emulsion on advanced hepatocellular carcinoma. Cancer Chemotherapy and Pharmacology 33(suppl): 74-8, 1994.
  16. 上村朝輝、吉田俊明、伊藤信市、田代知子:臨床症状、検査成績と診断 日本臨床 52(1):246-50,1994
  17. 高橋 達、鈴木健司、松井 茂、小柳佳成、成澤林太郎、藤原道夫、朝倉 均:原発性胆汁性硬変(PBC)における胆膵病変 胆と膵 15(3):211-5,1994
  18. 上村朝輝:原発性硬化性胆管炎に対する薬物療法 FOCUS、消化器 1994
  19. 高橋 達、上村朝輝:皮膚の色素異常とかゆみ 内科診断学 150-154, 1994
  20. 高橋 達、上村朝輝:肝臓 内科診断学 1478-518,1994
  21. 高橋 達、上村朝輝:胆嚢と胆道 内科診断学 1518-26,1994
  22. 市田隆文、伊藤信市、上村朝輝:原発性単純性肝硬変UDCA・コルヒチン併用療法 医学と薬学 31(2):285-9,1994
  23. 市田隆文、佐藤知巳、杉谷想一、田中泰樹、波田野徹:肝細胞癌の基礎と臨床−最近の動向−肝細胞癌悪性度の判断、組織形態からみた肝細胞癌の悪性度評価 Karkinos 7(3)223-9,1994
  24. 市田隆文:Kupffer 細胞と細胞骨格 医学のあゆみ 169(6):722-6,1994
  25. 市田隆文、伊藤信市、田代知子:臓器移植 肝胆膵 28(4):275-82,1994
  26. 市田隆文:肝細胞癌 臨床医増刊号 20:430-3,1994
  27. 上村朝輝:超微形態像 消化器病セミナー 54:39-44,1994
  28. 市田隆文、尾崎秀雄、(国立がんセンター中央病院外科)、石川 治(大阪府立成人病センター第一外科)、唐沢英偉(東京女子医科大学消化器放射線科):〔座談会〕肝胆膵悪性腫瘍における集学的治療の評価 28(5):737-51,1994
  29. 成澤林太郎:グラフ早期大腸癌典型例(Case 11 Type Uc) Dig Endosc 6(2):158-62,1994
  30. 本間 照、林 俊一、味岡洋一、小林正明、佐藤玲子、吉田鉄郎、吉田英毅、鈴木 裕、塚田芳久、成澤林太郎、朝倉 均、山口正康:主題症例アフタ様病原のみの Crohn 病の経過観察例肛門周囲膿瘍を伴う腸管アフタ病変から3年後終末回腸に典型的な縦走潰瘍と狭窄像を呈した Ch Crohn 病の一例 胃と腸 29(6):534-40,1994
  31. 本間 照、渡辺英伸、成澤林太郎、赤松泰次、味岡洋一、小林正明、塚田芳久、石田基成、鈴木 東、朝倉 均:主題症例アフタ様病変のみの Crohn 病の経過観察例アフタ様病変の状態で8年間経過観察中の Crohn 病の一例 胃と腸 29(6):561-6,1994
  32. 市田隆文:血管カテーテルを用いた肝細胞癌の治療 新潟医学会雑誌 108(2):124-31,1994
  33. 上村朝輝、桑名謙治、原田 武:C型慢性肝炎の予後に影響を与える因子 Medical Practice 11(7):1256-7,1994
  34. 吉田俊明、早川晃史、伊藤信市、上村朝輝、朝倉 均、石原 清:自己免疫疾患の新しい病態 3) 原発性胆汁性肝硬変 新潟医学会雑誌 108(3):185-9,1994
  35. 古川浩一、成澤林太郎、本間 照、新井 太、塚田芳久、上村朝輝、朝倉 均、植木 匡、白井良夫、田中乙雄、岩渕三哉、小林正明、渡辺英伸:特異な内視鏡像を呈し術前深達度診断に苦慮した Borrmann I 型 胃癌の一例 胃と腸 29(10):1053-8,1994
  36. 市田隆文、佐藤和巳、伊藤信市、杉谷想一、田代知子、田中泰樹、原田 武、小柳佳成、五十川 修、松井 茂、内藤 彰、桑名謙治、森 茂紀、早川晃史、渡辺雅史、横田 剛、銅治康之、斎藤 敦、五十嵐健太郎、畑 耕治郎、朝倉 均:肝細胞癌に対する治療法の選択と成績 肝胆膵 29(2):355-9,1994
  37. 本間 照、朝倉 均:膠原病の腸病変 臨床消化器内科 19(12):1853-61,1994
  38. 市田隆文、浪久利彦(順天堂大学)、森 道夫(札幌医科大学病理)、上野隆登(久留米大学第2内科)、岡上 武(京都府立医科大学第3内科):〔座談会〕肝病変と肝細胞骨格 肝胆膵 29(3):561-75,1994
  39. 市田隆文、他:外科的肝生検を実施したが慢性非化膿性破壊性胆管炎の所見を欠き、かつ抗糸粒体抗体陰性で診断に難渋した Sjogren 症候群合併PBCの一例 日本内科学会雑誌 83(4):112-4,1994
  40. 高橋 達、大越章吾、上村朝輝、朝倉 均、清水マチ子:発症前の経過を観察し得た自己免疫性肝炎の一例 肝臓 35:682-8,1994
  41. 市田隆文、五十川 修、加藤 仁、吉村秀太郎:肝細胞癌に対するリピオドールTAE療法 Jpn J Cancer Clin 40:1484-9,1994
  42. 古川浩一、成澤林太郎、新井 太、夏井正明、本間 照、塚田芳久、上村朝輝、朝倉 均、藍沢喜久雄、田中乙雄:上部消化管異物の内視鏡的摘出例の検討 ENDOSCOPIC FORUM 10:187-191,1994
  43. 本間 照、成澤林太郎、塚田芳久、朝倉 均:膠原病血管炎での腸病変 日本臨床 別冊187-91,1994
  44. 高橋 達、桑名謙治、伊藤信市、内藤 彰、田代知子、佐藤和巳、松井 茂、五十川 修、上村朝輝:病理組織学的にみた腹腔鏡の存在意義 消化器内視鏡 6:1729-34,1994
  45. 市田隆文:肝細胞癌の早期発見と内視鏡的治療戦略 新潟県医師会報 別冊1:10,1994
  46. 原田 篤、成澤林太郎、本山展隆、五十川 修、原田 武、新井 太、古川浩一、吉田英毅、森 茂紀、阿部 実、塚田芳久、上村朝輝、朝倉 均、渡辺英伸、小林和人:山田IV型の形態を呈した Stomal Polypoid Hypertrophic Gastritis の一例 ENDOSCOPIC FORUM 10:252-6,1994
  47. 青柳 豊:消化器癌の腫瘍マーカーアルファフェトプロテインを中心に 新潟医学会雑誌 108(5):337-41,1994
  48. 古川浩一、高橋 達、新井 太、小柳佳成、松井 茂、佐藤祐一、高橋 光、朝倉 均、松島網治:胃潰瘍周囲粘膜生検組織にをけるILー6およびILー8mRNA発見に関する in situ hybridization 法を用いた検討 細胞内遺伝子導入と消化器疾患ー分子消化器病学研究会第2回浜名湖シンポジウムー 96-101,1994
  49. 横田 剛:肝細胞癌患者血清におけるトランスフェリン糖鎖変異に関する研究、特にアルファフェトプロテイン糖鎖との関連について 肝臓 35(8),1994
  50. 古川浩一、小池雅彦、広瀬慎一、遠藤次彦:内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)が奏功した急性閉塞性化膿性胆管炎のJ例 Endoscopic Forum for Digestive Disease 10(2):153-158,1994
  51. 小方則夫:D型肝炎 新臨床肝臓病 市田文弘、市田隆文編 メディカルレビュー社、1994, pp81-86
  52. 新谷奈保子、中島常隆、中久保 史、成田祐士、永井仁志、平尾 豊、渡辺正弘、横山和正、滝澤英昭、朝倉 均:デキストラン硫酸投与によるラット大腸炎に対するγ-グロブリンの治療効果 日本消化器病学会雑誌 91:1936-1945, 1994
  53. 朝倉 均:NSAIDSと炎症性大腸疾患 G.I.Research 2:673-677, 1994
  54. 朝倉 均、船越和博、杉村一仁:潰瘍性大腸炎のT細胞レセプターとサイトカイン産生細胞 -免疫組織学的・遺伝学的解析の現況 病態生理 13(7):566-568, 1994
  55. 朝倉 均:感染性腸炎 医学と薬学 32(1):29-33, 1994
  56. 朝倉 均:炎症性腸疾患と関節症状 日本医師会雑誌 112(8):1049-1052, 1994
  57. 朝倉 均:便秘・下痢治療の最近の話題 Focus消化器 4:180-184, 1994
  58. 朝倉 均:炎症性腸疾患 内科 73(6):1184-1188, 1994
  59. 朝倉 均:消化不良症と便秘・下痢症 薬局 45(1):229-231, 1994
  60. 高橋芳右、ほか:播種性血管内凝固症候群に対するメシル酸ガベキサートの治療効果 -新潟県多施設共同研究成績- 現代医療 26:1713-1729, 1994
  61. 朝倉 均:炎症性腸疾患 臨床と研究 71(1):31-35, 1994
  62. 朝倉 均:盲係蹄症候群 別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.6 667-670, 1994
  63. 朝倉 均:Menetrier病 別冊日本臨床領域別症候群シリーズNo.5 271-273, 1994
  64. 市田文弘、市田隆文編:新臨床肝臓病 日本メディカルセンター、東京、1994
  65. 市田文弘、川村 正:正常肝 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P11-15
  66. 小方則夫、畠山重秋、上村朝輝:D型肝炎 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P81-86
  67. 市田隆文、原田 武、伊藤信市:原発性胆汁性肝硬変 U. 症候性原発性胆汁性肝硬変-成人間生体部分肝移植例 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P160-177
  68. 市田隆文、新井 太:肝腫瘍 T. 早期肝細胞癌 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P197-217
  69. 市田隆文、佐藤知巳、杉谷想一:肝腫瘍 進行性肝細胞癌 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P218-233
  70. 宮際 幹、市田隆文、市田文弘:糖原病 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P361-370
  71. 古川博之、野本 実、藤堂 省:肝移植 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P429-443
  72. 藤堂 省、古川博之、野本 実:異種肝移植 新臨床肝臓病(市田文弘、市田隆文編) 日本メディカルセンター、東京、1994、P453-463
  73. 松田康伸、中村敏一 肝細胞増殖因子(HGF)による肝再生調節 Bioclinina 9:243-249, 1994


業績の目次へ TOP 1994年の業績の最初へ

BackHOME  旭町ホームページに戻る
----------------------
Third Department of Internal Medicine,
NIIGATA UNIVERSITY School of Medicine
1-757 Asahimachi-dori, Niigata city, 951-8122, JAPAN

This WWW Page is maintained by 高橋 達
Email comments, questions or suggestions to : Email comments, questions or suggestions to : torutoru@med.niigata-u.ac.jp


This page last changed : April 16, 2002
URL: http://www.med.niigata-u.ac.jp/in3/in3welj.html