------------------

**

新潟大学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野
DIVISION OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, GRADUATE SCHOOL OF MEDICAL AND DENTAL SCIENCES, NIIGATA UNIVERSITY

(旧第3内科) : (Formerly Third Department of Internal Medicine)

 


[ Asahimachi Campus Home Page ] - [ School of Medicine Home Page ]

------------------

青柳 豊 教授 Professor and Chairman, Yutaka Aoyagi, M.D.

 

 

·         新潟大学大学院医歯学総合研究科,消化器内科学分野の紹介と就任のご挨拶

第三内科学教室は消化器肝臓病を専攻とする内科学講座として,初代教授,市田文弘先生が昭和四十一年に開講されました.そののち,昭和六十三年から二代教授として,朝倉均先生が本年三月末までご担当になり,私が平成十四年十一月一日付けで代三代の教授としての発令を受けました.当科もすでに,開講以来三十六年あまりを経過したこととなります.この間,両先生は,肝臓病ならびに消化器病の研究および診療の発展に寄与されました.また,発足当初わずかであった当科の関連病院数も,現在では,新潟県のみならず近隣の福島,埼玉などを含め五十にならんとしています.さらに,同門からも日本歯科大学新潟歯学部附属病院,県立新発田病院,厚生連長岡中央総合病院,済生会新潟第二病院などの主要な県内医療機関の病院長,副院長を輩出することが出来るようになりました.これもひとえに,同門会諸兄の御努力と医学部学士会の諸先輩方の暖かい御指導ならびに御鞭撻によるものと感謝致しております.
 一方,新潟大学医学部も,山本医学部長をはじめとする多くの先生方の御尽力により平成十三年度より医歯学総合研究科の大学院大学として発足することが出来ました.当科も消化器内科学分野をはじめとし,肝臓病学分野,消化器病態修復学分野,国際消化器感染病学分野を受け持つ教室として新しいスタートを切りました.しかしながら,今後大学院大学にふさわしい研究の維持に当たって,研究費の確保ならびに優秀な人材の育成など多くの問題があると考えられます.さらに,今,国立大学医学部ならびに附属病院におきましては独立行政法人化,教育改革,医療制度改革,卒後臨床研修の必須化など数多くの問題を抱えております.加えて,県下の医療機関における消化器肝臓病医の充足につきましても,皆ざまのご希望にそっていないのが現状であると認識致しております.
 このような中での就任となるわけですが,築かれた教室の伝統を継承しつつ,教室員とともに,本学ならびに第三内科学教室の発展を期し,教育,診療,研究と地域医療の充実に精一杯努力する所存でございます.
今後とも,より一層のご指導とご鞭撻をたまわりますよう御願い申しあげます.

平成十四年十一月一日

新潟大学大学院医歯学総合研究科,分子細胞医学専攻,細胞機能講座,消化器内科学分野(第三内科)

青柳 豊



·         略歴

青柳 豊(アオヤギ ユタカ)
  新潟大学大学院医歯学総合研究科,分子細胞医学専攻,細胞機能講座,消化器内科学分野(第三内科)教授
昭和23年12月7日生まれ(新潟市)
昭和48年新潟大学医学部卒業,
昭和54年同大学院生理系生化学修了,医学博士.
昭和55年10月 新潟大学医学部助手 第三内科
昭和60年 3月 同講師
平成 6年 9月 同助教授
平成13年4月 新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞医学専攻,遺伝子制御講座,肝臓病学分野(第三内科)助教授
平成14年11月1日 現職

新潟県特定疾患対策協議会委員
Member of New York Academy of Science.
Member of International Society for Oncodevelopmental Biology and Medicine.
Member of International Association for the Study of the Liver
Member of Asian Pacific Association for the Study of the Liver
Glycoconjugate Journal(1994-2000)常任論文審査委員

日本肝臓学会評議員,指導医
日本消化器病学会評議員,指導医
日本内科学会指導医,

所属学会: 日本内科学会,日本肝臓学会,日本消化器病学会, 日本癌学会,日本内視鏡学会,日本消化吸収学会, 日本消化器免疫学会

昭和57年度新潟県医師会学術奨励賞受賞
昭和62年度日本肝臓学会研究奨励賞受賞

主要研究テーマ:消化器肝臓病学,肝細胞癌の腫瘍マーカー,特にαーフェトプロテインの臨床生化学的研究,癌化における糖鎖変異に関する研究,肝性脳症の治療
趣味:音楽鑑賞(Mozart).読書(漱石),コールサインJF0CKQ,

·         業績目録

英文

 

著書

 

原著

 

総説

 

症例報告

 

 

邦文

 

著書

 

原著

 

総説

 

症例報告

 

INDEX


第三内科ホームページへ戻る