業績・研究発表

2002年以降(邦文)

■著書

青栁 豊,肝胆膵疾患,腫瘍マーカーと測定意義,新臨床内科学第8版,高久史麿,尾形悦郎,黒川清,矢崎義雄,監修,医学書院,p817-821,2002.

五十嵐正人,青栁 豊,コリンエステラーゼ,透析患者の検査値の読み方,監修:黒川清,p89-90, 2002 日本メディカルセンター 

和栗暢生,青栁 豊,ZTT,TTT,透析患者の検査値の読み方,監修:黒川清,p94-95, 2002日本メディカルセンター

黒岩敬,青栁 豊,ビリルビン,透析患者の検査値の読み方,監修:黒川清, p90-93, 2002日本メディカルセンター

渡辺庄治,野本実,市田隆文,青栁 豊,原発性胆汁性肝硬変に対するウルソ・ベザフィブラート併用療法,原発性胆汁性肝硬変-病態診断,治療,予後-,監修:市田文弘,編集:上村朝輝,中外医学社,42-49,2003.

山田尚志,野本実,市田隆文,青栁 豊,原発性胆汁性肝硬変における悪性腫瘍の合併について,原発性胆汁性肝硬変-病態診断,治療,予後-,監修:市田文弘,編集:上村朝輝,中外医学社,68-74,2003.

青栁 豊,須田 剛 肝炎における血清α―フェトpロテイン(AFP)値,内科診療Q&A,1028-1033,2003,編者:永野允・原田尚・藤澤洌・永野志朗,六法出版.川合弘一,須田 剛士,青栁 豊,急性膵炎,編著:畠山勝義,静脈経腸栄養ハンドブック,中外医学社,217-223,2003,

見田有作,須田 剛士,青栁 豊,慢性膵炎,編著:畠山勝義,静脈経腸栄養ハンドブック,中外医学社,224-229,2003.

須田 剛士、五十川 修、横田 隆司、川合 弘一、見田 有作、和栗 暢生、五十嵐 正人、小林 眞、福原 康夫、青栁 豊. 総説、新潟県医師会報、肝細胞癌へのテロメア維持機構の関与と、その臨床応用. 2004, 646:1-7.

須田 剛士,青栁 豊,肝嚢胞,消化器病診療―良きインフォームド・コンセントにむけて,監修:財団法人日本消化器病学会,編集:「消化器病診療」編集委員会,医学書院,198-200,2004.

川合弘一,青栁 豊,薬剤性肝障害を疑った場合,どのように対応すべきか?,そこが知りたい精神科薬物療法Q&A,編者:染矢俊幸,下田和孝,渡部雄一郎,星和書店,261-262, 2005.

青栁 豊,腫瘍マーカーの読み方,消化器疾患診療実践ガイド診断編-検査編-検体検査,編者:千葉勉,井廻道夫,文光堂,52-55,2005.

青栁豊, 窪田智之【広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査 その数値をどう読むか】 腫瘍マーカー 肝癌の腫瘍マーカー 日本臨床(0047-1852)63巻増刊8 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(4) Page625-628(2005.08)

青栁豊, 五十嵐正人, 田村康 【消化器疾患 state of arts II.肝・胆・膵】 診断法をめぐる最近の進歩 腫瘍マーカー 肝細胞癌の腫瘍マーカー 医学のあゆみ 別冊消化器疾患 Ver.3 Page273-277 (2006.10)

山際訓, 松田康伸, 青栁豊 肝臓 肝細胞癌の病態と診断 Annual Review消化器2006巻 Page276-282(2006.01)

青栁 豊,検査値のみかた,改訂3版,α-フェトプロテイン,AFP L3分画(フコシル化AFP分画),編者:中井利昭(代表),尾崎由基男,小室一成,小田原雅人,野村文夫,中外医学社,666-672,2006.

高橋由明, 青栁豊, 須田剛士, 小谷昌司, 福本学 肝細胞がんの発生と進展に関係する遺伝子の解析 大和証券ヘルス財団研究業績集29号 Page74-79(2006.03)

青栁 豊,検査値のみかた,改訂3版,PIVKA-Ⅱ,編者:中井利昭(代表),尾崎由基男,小室一成,小田原雅人,野村文夫,中外医学社,735-738,2006.

青栁 豊,須田 剛士,腫瘍マーカー,新しい診断と治療のABC,肝癌,編集:坪内博仁,最新医学社,56-64,2007.

青栁 豊, 須田剛士, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一 【肝癌 基礎・臨床研究のアップデート】 肝癌の診断 腫瘍マーカー AFP濃度とL3分画の臨床的意義 日本臨床2009 67巻増刊号3 肝癌 Page293-299.

上村顕也, 須田剛士, 青栁 豊 【肝・胆道系症候群(第2版) その他の肝・胆道系疾患を含めて】 肝臓編 肝細胞癌以外の肝腫瘍 肝類上皮血管内皮腫 日本臨床 2010;別冊肝・胆道系症候群II Page225-228.

塩路和彦, 冨樫忠之, 成澤林太郎, 青栁 豊 【肝・胆道系症候群(第2版) その他の肝・胆道系疾患を含めて】 肝臓編 肝細胞癌以外の肝腫瘍 肝門部胆管癌 日本臨床 2010 別冊肝・胆道系症候群II Page216-219.

青栁 豊, 須田剛士, 川合弘一, 田村康, 五十嵐正人 【広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査[第7版] その数値をどう読むか】 腫瘍マーカー α-フェトプロテイン(AFP)、AFP L3分画(フコシル化AFP分画) 日本臨床 2010 68巻増刊号7 広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査(4) Page665-669.

■原著

青栁 豊,見田有作,日本臨床検査自動化学会第33回大会シンポジウムⅣ記録 凝固,線溶検査を整理する-肝疾患における凝固検査の役割-,日本臨床検査自動化学会会誌,27,No 2, 135-138, 2002.

上村顕也、小林正明、森茂紀、柳沢善計、小杉伸一、大橋泰博、佐藤攻、木村格平、野本実、加村毅、硬化型肝細胞癌の初期画像所見を確認しえた1例、消化器画像、4、473-478、2002.

青栁 豊 癌化における血清糖蛋白糖鎖変異の臨床的意義とそのmolecular basis,アルファフェトプロテインのフコシル化糖鎖変異を中心に,新潟医学会雑誌,117,605-611,2003.

高橋 達,栗田 聡,大越 章吾,青栁 豊,インターフェロン著効後も肝機能異常が続き,組織学的に非アルコール性脂肪性肝炎と診断したC型慢性肝炎の1例.肝臓,44:552-558, 2003.

上村顕也,高橋達,山本幹,山際訓,本間照,野本実,江部佑輔,青栁 豊,血管肉腫全身転移の1例,日本消化器病学会雑誌,101,183-187,2004.

大越章吾,鈴木健太,山際訓,渡辺雅史,市田隆文,青栁 豊他,C型慢性肝炎に対するコンセンサスIFNの効果および安全性の評価,医学と薬学,52巻2号:231-238,2004.

上村顕也,高橋達,山本幹,佐藤明人,市田隆文,野本実,青栁 豊,胆管細胞癌を合併した自己免疫性肝炎の1剖検例,肝臓,45,313-319,2004.

橋本哲,本間照,舗道芳徳,丹羽恵子,小林正明,杉村一仁,野本実,青栁 豊,谷達夫,岡本春彦,畠山勝義,味岡洋一. 梨状筋膿瘍を合併したCrohn病の一例,ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease, 20(2) : 139-145, 2004.

矢野雅彦,松田庚申,三浦隆義,大嶋智子,福原康夫,本間信之,小林眞,五十嵐正人,玄田拓哉,和栗暢夫,川合弘一,山際訓,青栁 豊,セクタ型超音波探触子により腹腔鏡下ラジオ波焼灼術(LRFA)が可能であった表在性肝細胞癌の1例,Endoscopic Forum for digestive disease,20,151-157,2004.

見田有作,青栁 豊,C型肝炎から肝癌へ,肝癌撲滅を目指して,肝細胞癌の血清学的診断,新潟医学会雑誌,119,385-390,2005.

合志聡,小林正明,大嶋智子,黒岩敬,鈴木健司,本間照,青栁 豊,Helicobacter pylori陰性のNSAIDs潰瘍に合併したDouble pyrolusの一例,Gastroenterological Endoscopy47:2535-2541,2005.

石川雅浩, 内田日高, 玉木徹, 山本正信, 五十嵐正人, 須田剛士, 青栁 豊 CTAPからの様々な血管特徴抽出のための一手法 医用画像情報学会雑誌 2005;22:210-219.

須田剛士,五十嵐正人,青栁 豊,C型肝炎から肝癌へ,肝癌撲滅を目指して,新潟県における肝細胞癌の撲滅をめざして,新潟医学会雑誌,119,416-422,2005.

相澤義房,青栁 豊 司会,生活習慣病:臓器障害と治療のEBM,新潟県における肝細胞癌の撲滅をめざして,新潟医学会雑誌,119,641-662,2005.

塚田健一郎,宮林千春,古川浩一,寺尾ゆみ子,窪田芳樹,綱島勝正,青栁 豊.上部消化管内視鏡検査後に,一過性全健忘を来した3症例,Gastroenterological Endoscopy48:1215-1220,2006.

合志 聡,小林正明,青栁 豊,経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)後の長期栄養管理,栄養評価と治療 23:590-593,2006.

佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 H.pylori感染における鉄吸収抑制ホルモンhepcidinの産生についての検討 日本ヘリコバクター学会誌 2006;7:36-38.

岡宏充, 兼藤努, 廣野玄, 五十嵐正人, 小林正明, 大越章吾, 小方則夫, 青栁豊 検査値の読み方 発症前より経過を追うことができたB型劇症肝炎の1例 HBVウイルスマーカーと病態について 臨床消化器内科 2006;21:1687-1692.

山際訓, 富山智香子, 渡部久実, 市田隆文, 松田康伸, 高村昌昭, 本田穣, 佐藤好信, 青栁 豊 生体肝移植症例における肝内樹状細胞の経時的検討 消化器と免疫 2006;42:146-149.

河内裕介, 鈴木健司, 塙孝泰, 米山博之, 河内裕, 韓基東, 清水不二雄, 青栁 豊 マウスDSS腸炎に対するHGF遺伝子投与経路の検討 消化器と免疫2006;42:81-84.

塙孝泰,大越章吾,青木洋平,竹内学,山際訓,松田康伸,野本実,青栁 豊,比較的若年の女性に起こった肝静脈閉塞症の一例,臨床消化器内科,21,1197-1202,2006,日本メディカルセンター.

宮澤智徳, 岡本春彦, 谷達夫, 飯合恒夫, 畠山勝義, 本間照, 杉村一仁, 青栁 豊 虫垂瘻からのステロイドantedrug注入療法を施行した潰瘍性大腸炎の3例 日本大腸肛門病学会雑誌 2006;59:203-207.

上村顕也, 山本幹, 須田剛士, 高橋達, 野本実, 櫻田淳子, 青栁 豊腹膜播種と著明な脈管内発育傾向を呈した肝類上皮血管内皮腫の1例 肝臓 2008;49:14-21

石川雅浩, 内田日高, 前田義信, 山本正信, 五十嵐正人, 須田剛士, 野本実, 青栁 豊CTAP画像中の門脈構造解析に基づいた肝線維化推定法 医用画像情報学会雑誌2007;23;130-135.

孫暁梅, 鈴木健司, 河内裕介, VeeraveeduThanikachalam Punniyakoti, SureshPalaniyandi Selvaraj, 藤井庄人, 馬梅蕾, 河内裕, 細野正道, 朝倉均, 青栁 豊, 渡辺賢一 実験腸炎における肥満細胞の役割 消化器と免疫2007;43:107-111

河内裕介, 鈴木健司, 孫暁梅, 米山博之, 河内裕, 韓基東, 清水不二雄, 青栁 豊 内視鏡を用いたラットDSS腸炎に対するHGF遺伝子導入の試み 消化器と免疫2007;43:98-101.

森田慎一,松田康伸,大嶋智子,窪田智之,河内裕介,小林真,野本実,青栁 豊. 腹部リンパセツ節転移を中心に再発をきたした肝細胞癌の一例,日本消化器病学会雑誌 2009;106:397-404.

河合裕子, 孫暁梅, 鈴木健司, 河内裕介, 横山純二, 北澤侑恵, 斉藤翼, 大根田輝, 熊谷さやか, 串田良裕, 細野正道, 丸山弘樹, 渡辺賢一, 松田康伸, 青栁 豊 DSS腸炎におけるplasmid-IL-10注腸治療効果の検討 2009:消化器と免疫;45;144-148.

佐藤良平, 若井俊文, 金子和弘, 井上真, 白井良夫, 畠山勝義, 塩路和彦, 成澤林太郎, 青栁 豊, 味岡洋一,新潟医学会雑誌2009;123:128-134.

松澤純, 夏井正明, 早川雅人, 姉崎一弥, 杉山幹也, 渡辺雅史, 味岡洋一, 阿部聡司, 玄田拓哉, 青栁 豊 腸重積を繰り返し、外科切除を行った回腸原発悪性リンパ腫の1例,田中由佳里, 本間照, 岩永明人, ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 2009;25:50-56

佐藤祐一,横山純二, 竹内学, 小林正明, 青栁 豊, 成澤林太郎, 土田恵美子, 本間照, 味岡洋一 胃MALTリンパ腫に対するHelicobacter pylori除菌治療後の長期予後 IgH再構成検査併用の有用性についてHelicobacter Research 2009;13:276-279.

佐藤俊大,小林正明, 五十川正人, 竹内学, 成澤林太郎, 青栁 豊, 加藤卓, 味岡洋一, 栁雅彦, 高橋達 内視鏡的に治療した食道カルチノイドの1例Gastroenterological Endoscopy 2009;51:3078-3084.

竹内学, 小林正明, 味岡洋一, 高橋弘道, 青木洋平, 矢野雅彦, 佐藤明人, 橋本哲, 大越章吾, 成澤林太郎, 青栁 豊 【食道小扁平上皮癌の診断】 最大径4mmの深達度pT1a-MM食道小細胞型内分泌細胞癌の1例 胃と腸 2009;44:1759-1766.

土屋淳紀, 劇症肝炎に対する再生医学の現実性-内科医の立場で-肝胆膵2009 Sep;59(3):469-476

野々村頼子, 孫暁梅, 鈴木健司, 大坪亜矢, 遠藤悠, 河内裕介, 横山純二, 串田良裕, 大根田輝, 細野正道, 丸山弘樹, 渡辺賢一, 松田康伸, 青栁 豊, 慢性DSS腸炎に対するPlasmid-IL-10注腸治療効果の検討 消化器と免疫, 2010;46:140-144.

孫暁梅, 鈴木健司, 河内裕介, 横山純二, 串田良裕, 細野正道, 渡辺賢一, 永田昌毅, 青栁 豊, 任旭 実験腸炎におけるトラニラストの治療効果のメカニズムに関する解析, 消化器と免疫 2010;46:175-179.

横山恒, 横山純二, 河内裕介, 成澤林太郎, 青栁 豊 EVLおよびEIS後に早期再発をきたした食道静脈瘤症例の検討 CTによる傍食道静脈の評価と早期再発との関連 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2010;16:104-109.

橋本哲, 小林正明, 味岡洋一, 竹内学, 岡宏光, 高野明人, 堂森浩二, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 治療に難渋した胃前庭部毛細血管拡張症に対しESDを施行した1例 Gastroenterological Endoscopy 2010;52:3290-3295.

竹内学, 小林正明, 笹本龍太, 橋本哲, 佐藤祐一, 渡辺玄, 成澤林太郎, 味岡洋一, 青栁 豊 食道癌化学放射線療法後の局所遺残再発に対しESDにて一括完全切除可能であった1例 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 2010;26:151-156.

佐藤祐一, 岩渕三哉, 竹内学, 小林正明, 横山純二, 成澤林太郎, 青栁 豊, 西倉健, 味岡洋一 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行した胃カルチノイド腫瘍の1例 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 2010;26;157-161.

大越章吾, 森田慎一, 田中由佳里, 矢野雅彦, 竹内学, 高橋弘道, 池田晴夫, 山際訓, 松田康伸, 野本実, 青栁 豊 ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法中HCV RNAの陰性化にもかかわらず肝機能障害が継続し組織学的に肝硬変への進展が確認されたC型慢性肝炎の1例 日本消化器病学会雑誌2011;108;267-274.

阿部聡司, 五十嵐正人, 上村顕也, 土屋淳紀, 矢野雅彦, 田村康, 高村昌昭, 川合弘一, 山際訓, 須田剛, 野本実, 青栁 豊 肝動注化学療法、TACEに抵抗性であった多発肝細胞癌に対し、ミリプラチン動注が有効であった1例 癌の臨床2011;56:337-342.

■総説

青栁 豊,AFPとL3分画,肝胆膵,44,721-730,2002,アークメディア.

青栁 豊,私の処方,肝性脳症,臨床と研究,大道学館出版部,79, 689-690, 2002.

鈴木栄一,伊藤雅章,青栁 豊,布施一郎,田中恵子,内藤眞,山本正治,OSCEにおける評価の妥当性と信頼性についての検討-新潟大学医学部第1回OSCEを実施して-,医学教育,34:37-44,2003.

青栁 豊,見田有作,黒岩敬,五十嵐正人,小林眞,福原康夫,和栗暢夫,川合弘一,須田剛士,どう読むか肝機能障害,検査値の読み方,腫瘍マーカー,臨床と研究,80:241-246. 2003.

青栁 豊,見田有作,須田剛士.肝細胞癌診断法の進歩,腫瘍マーカー,Mebio 20:96-100,2003.

本間照,岩松宏,杉村一仁,小林正明,佐々木俊也,米山靖,佐藤祐一,松澤純,鈴木裕,竹内学,東谷正来,青栁 豊,長期経過例からみた腸型Behcet病と単純潰瘍の病態,胃と腸,38:173-181,2003.

青栁 豊,肝細胞癌撲滅の戦略 新潟県医師会報 綜説 No.6371-5,2003.

青栁 豊,須田剛士.AFP L3分画,内科キーワード2003,内科91:1086,2003.

青栁 豊,須田剛士.PIVKA-Ⅱ,内科キーワード2003,内科91:1087,2003.

川合弘一,青栁 豊, 薬物療法 Q & A,薬剤性肝障害を疑った場合,どのように対応すべきか? 臨床精神薬理 6(7):919-920,2003.星和書店

青栁 豊,見田有作,須田剛士,肝細胞癌の血液診断,コンセンサス癌治療 2(3):128-129,2003.へるす出版.

青栁 豊,肝がん撲滅をめざして,新潟県成人予防協会会報 No. 64, 6, 2004. 石井裕正,澤部紀雄,青栁 豊,野澤志朗,今井浩三,腫瘍マーカー,その診断的意義と今後の展望(座談会),日本医師会雑誌 131(5):591-606,2004.

青栁 豊,腫瘍マーカー,その診断的意義と今後の展望,α-フェトプロテイン(AFP)L3分画,日本医師会雑誌 131(5):607-610,2004.

青栁 豊,肝炎ウイルス検診の意義,肝細胞癌撲滅を目指して,新潟市医師会報 396:2-9,2004.

伊藤信市,大越章吾,三木 巌,伊藤知子,若林博人,青栁 豊,HBe抗原陰性B型慢性肝炎に対するラミブジンの治療成績とHBV genotypeの関連性,臨床消化器内科 19:495-500,2004.日本メディカルセンター.

青栁 豊,B型肝炎既往と肝癌の可能性,日本医事新報,質疑応答内科, 4185:92,2004.

須田 剛士,大越章吾,青栁 豊,ウイルス性肝炎(下)―基礎.臨床のシンポーⅢ.D型肝炎ウイルス(HDV),D型肝炎ウイルスマーカーとその検出法,HDV-RNAの検出,日本臨床62巻増刊号8,416-419,2004.

青栁 豊,見田 有作,須田 剛士,肝癌早期発見,腫瘍マーカー,臨床と研究81(8):1282-1286,2004.大道学館出版部

青栁 豊,肝癌の腫瘍マーカー,労働衛生管理 16:45-52, 2005.

青栁 豊,肝細胞癌の腫瘍マーカー,“アルファフェトプロテイン(AFP)”その量から質への評価の変遷,Frontiers in Gastroenterology 10:14-29, 2005.

高橋達,青栁 豊,特集:NASHとASHの肝表面像,ASHの肝表面像―NASHとの異同―,消化器内視鏡 17:49-61, 2005.

青栁 豊,窪田智之,肝癌の腫瘍マーカー,広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査-その数値をどう読むか-,日本臨床 63巻 増刊号8,625-628, 2005.

須田剛士,小林眞,青栁 豊,VI 肝臓,6 HCCの病態と診断 Annual Review 消化器,280-289,2005,編集:戸田剛太郎,税所宏光,寺野彰,幕内雅敏 中外医学社 川合弘一,五十嵐正人,青栁 豊,肝硬変,肝腫瘍,内科学レビュー,監修:酒井紀,早川弘一,西崎統,小林祥泰,福井次矢,総合医学社,109-115,2005.

青栁 豊,肝細胞癌の腫瘍マーカー,1. AFPとL3分画,臨床検査49,1211-1217,2005.

青栁 豊,肝腫瘍マーカー,臨床と研究83(2):193-198,2006.大道学館出版部

山際 訓,松田康伸,青栁 豊,VI 肝臓,5 肝細胞癌の病態と診断 Annual Review 消化器,276-282,2006,編集:戸田剛太郎,税所宏光,寺野彰,幕内雅敏 中外医学社

青栁 豊 腫瘍マーカーの診断と予後推定のおける意義,AFP,AFP L3分画,臨床消化器内科 増刊号 21:157-164,2006,日本メディカルセンター

栗田聡, 大越章吾, 矢野雅彦, 山崎和秀, 鈴木健太, 青木洋平, 青栁豊 p16遺伝子CpG islandのメチル化頻度を指数とした肝高発癌状態の評価 新潟県医師会報 2006;680;9-10.

青栁豊 【肝機能検査値 その上手な読み方】 検査値の読み方 肝腫瘍マーカー 臨牀と研究 2006;83:193-198.

成澤林太郎,青栁 豊,新薬展望,治療薬における最近の新薬の位置づけ,消化器治療薬, 医薬ジャーナル 43:252-256,2007.

杉村一仁, 本間照, 朝倉均, 横山純二, 小林正明, 月岡恵, 青栁 豊【炎症性腸疾患に対する免疫抑制療法の効果と有用性】 難治性潰瘍性大腸炎に対する血球除去緩解導入療法後6-MP緩解維持投与の効果と問題点 消化器科 2007;45:364-369.

竹内学, 小林正明, 小山恒男, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 【いま、食道胃接合部が熱い】 食道胃境界部癌 Barrett食道表在癌の内視鏡診断および内視鏡治療 消化器内視鏡 2007;19:1468-1476.

山際訓, 塩路和彦, 青栁 豊 【診断ピットフォール 症例から学ぶ】 消化器 かゆみ 黄疸を認めなくてもかゆみを伴うことが多い慢性進行性肝障害がある 内科 2007;99:1162-1165.

山際訓, 塩路和彦, 青栁 豊 【診断ピットフォール 症例から学ぶ】 消化器 かゆみ かゆみを生じる黄疸の原因となるがステロイドが有効であり、悪性腫瘍との鑑別に注意すべき膵・胆管炎がある 内科 2007;99:1159-1161.

山際訓, 塩路和彦, 青栁 豊 【診断ピットフォール 症例から学ぶ】 消化器 かゆみ 肝胆膵領域の悪性腫瘍ではかゆみが初発症状となることがある 内科 2007;99:1156-1158.

佐藤祐一, 橋本哲, 佐藤明人, 横山恒, 冨樫忠之, 河内裕介, 塩路和彦, 横山純二, 竹内学, 小林正明, 成澤林太郎, 青栁 豊 【H.pylori感染と上部消化器疾患】 除菌を巡る諸問題 LVFX、MINOを用いたH.pylori除菌治療 消化器医学 2008;6:66-70.

太田宏信, 塩路和彦, 丸山弦, 渡辺孝治, 相場恒男, 馬場靖幸, 関慶一, 栁雅彦, 飯利孝雄, 石塚基成, 五十川修, 中村厚夫, 夏井正明, 古川浩一, 鈴木裕, 坂内均, 本山展隆, 森茂紀, 青栁 豊 Stage IV膵癌に対するGemcitabineの治療成績とStage IVb症例の予後規定因子に関する検討 新潟県内多施設アンケート調査 癌と化学療法 2008;35:2357-2361.

竹内学, 小山恒男, 小林正明, 佐藤明人, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁豊 【ESD 食道・大腸への展開】 食道ESDの偶発症とその予防・対策 消化器内視鏡 2008;20:313-320.

本間照, 新井太, 小林正明, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 【遺伝性大腸疾患の最近の話題】 ポリポーシスの最近の話題 Cowden病 臨床消化器内科 2008;23;1317-1323.

本間照, 横山純二, 塩路和彦, 米山靖, 青栁 豊 【当直医のための消化器救急診療マニュアル】 下部消化管疾患が疑われる場合の検査・治療の進め方 薬剤性腸炎が疑われる場合の対応 偽膜性腸炎を含む 消化器内視鏡 2008;20;877-881.

竹内学, 小林正明, 佐藤明人, 橋本哲, 佐藤祐一, 渡辺玄, 成澤林太郎, 青栁 豊【最新の食道・胃腫瘍性病変の内視鏡治療 エキスパートからの提案】 食道癌 フォローアップの工夫とコツ 私はこう行う 遺残・再発例にどう対応するか(ESDの有用性) 消化器の臨床 2008;11:154-158.

田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士, 青栁 豊 肝癌バイオマーカー研究の現在 血液(血漿・血清)からの探索 The Liver Cancer Journal 2009;1:97-103.

小林正明, 佐藤祐一, 上村顕也, 成澤林太郎, 関根厚雄, 青栁 豊 味岡洋一, 渡辺英伸 【collagenous colitisの現況と新知見】 胃・十二指腸におけるcollagenous colitis類似病変の特徴 胃と腸 2009;44:2019-2028.

上村博輝, 山際訓, 青栁 豊 肝癌に対する腫瘍免疫 新潟県医師会報 2009;716:8-9.

竹内学, 小林正明, 橋本哲, 成澤林太郎, 青栁 豊 ESDの実際 [食道ESD]手技の基本と困難例克服のコツ 消化器の臨床 2009;12:556-562.

横山純二, 渡辺和彦, 味岡洋一, 本間照, 松沢純, 小林正明, 河内裕介, 青栁 豊【潰瘍性大腸炎の初期病変とその進展・経過】 潰瘍性大腸炎の初期病変 臨床的特徴と進展様式胃と腸 2009;44:1523-1533.

青栁 豊, 須田剛士 【肝細胞癌の治療2009~2011】 肝細胞癌の血液診断 コンセンサス癌治療 2009;8:131-133.

佐藤祐一, 竹内学, 横山純二, 小林正明, 成澤林太郎, 青栁 豊 【貧血 日常診療に即したとらえ方】 Helicobacter pyloriと貧血 成人病と生活習慣病 2009;39:817-820.

小林正明, 成澤林太郎, 佐藤祐一, 竹内学, 橋本哲, 青栁 豊 【胃癌の発生と進展機序からみた診断と治療】 EMR/ESD後の異時性胃癌に対する治療戦略 消化器科 2009;48:536-541.

竹内学, 小林正明, 味岡洋一, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 【早期胃癌2009】 特殊な成り立ちの早期胃癌 粘膜下嚢胞由来の癌 胃と腸 2009;44:736-743.

竹内学, 小林正明, 小山恒男, 佐藤明人, 橋本哲, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊【食道扁平上皮癌に対するESDの適応と実際】 食道扁平上皮癌に対するESDの適応と実際 食道ESDの偶発症 胃と腸 2009;44:384-393.

横山純二, 本田穣, 河内裕介, 小林正明, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 【アトラス消化管感染症】 臓器別にみた消化管感染症 大腸 放線菌症 消化器内視鏡 2009;21:481-484.

本間照, 味岡洋一, 岩永明人, 田中由佳里, 早川雅人, 野澤優次郎, 五十嵐聡, 青栁 豊【アトラス消化管感染症】 臓器別にみた消化管感染症 大腸 サイトメガロウイルス腸炎 潰瘍性大腸炎に合併した例を中心に 消化器内視鏡 2009;21:471-477.

須田剛士, 上村顕也, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 青栁 豊【肝胆膵薬物治療学の進歩 この30年】 肝臓分野 肝癌治療薬 ドキソルビシン(アドリアマイシン)、エピルビシン(ファルモルビシン) 肝・胆・膵 2010;61:1120-1124.

田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士, 青栁 豊 【早期肝細胞癌の診断ストラテジー】 肝細胞癌診断、予後予測における高感度AFP-L3測定法の臨床的有用性 消化器内科 2010;51:504-510.

高村昌昭, 青栁 豊 肝胆道系悪性腫瘍におけるLI-カドヘリンの役割と腫瘍マーカーとしての可能性 新潟県医師会報 2010;727:5-6.

竹内学, 小林正明, 塩路和彦, 富樫忠之, 橋本哲, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊【救命・救急と内視鏡】 医原性偶発症 EMR・ESDの偶発症に対する内視鏡の役割 十二指腸 消化器内視鏡 2010;22:1561-1568

竹内学, 小林正明, 橋本哲, 成澤林太郎, 青栁 豊 【見落とすな、早期咽頭・食道癌】 食道癌スクリーニングでのピットフォールとその対策 消化器内視鏡 2010;22:984-988.

竹内学, 小林正明, 橋本哲, 成澤林太郎, 青栁 豊 【拡大内視鏡はどこまで必要か?】 食道内視鏡 専門病院の立場から 臨床消化器内科 2010;25:1105-1112.

川合弘一, 五十嵐正人, 須田剛士, 野本実, 岡田正彦, 青栁 豊 【NASH/NAFLDのすべて 成因から栄養療法まで】 NASH/NAFLDの診断・治療 臨床経過 肝硬変 臨床栄養 2010;116:699-705.

小林正明, 竹内学, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 【やっぱり大切、基本手技】 上部消化管[診断] 生検の基本手技 消化器内視鏡 2010;22:470-472.

竹内学, 橋本哲, 小林正明, 佐藤祐一, 成澤林太郎, 青栁 豊 手技の解説 ステロイド局注による食道ESD後の狭窄予防 臨床消化器内科 2010;25:749-752.

佐藤祐一, 小林正明, 竹内学, 横山純二, 成澤林太郎, 青栁 豊, 味岡洋一 【H.pylori除菌後に発見された胃癌】 H.pylori除菌後発見胃癌の臨床的特徴 消化器内科 2010; 50:24-28.

青栁 豊, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士 【肝疾患における血液生化学検査、肝炎ウイルスマーカー、腫瘍マーカーの見方】 腫瘍マーカー AFP濃度、AFP L3分画、PIVKA-II 肝・胆・膵 2010;60:669-679.

小林正明, 竹内学, 橋本哲, 佐藤明人, 成澤林太郎, 青栁 豊, 味岡洋一 【早期胃癌のIIb進展範囲診断】 内視鏡による早期胃癌のIIb進展範囲診断 NBI(narrow band imaging)拡大内視鏡の立場から 胃と腸 2010;45:123-131.

竹内学, 小林正明, 橋本哲, 成澤林太郎, 青栁 豊 【内視鏡時の穿孔と対応】 内視鏡的治療時の穿孔と対策 食道 臨床消化器内科 2010;25:169-174.

上村顕也、須田剛士、青栁豊. 肝類上皮血管内皮腫. 日本臨床 肝・胆道系症候群(第2版) 2010;14;225-228.

川合弘一. 肥満と肝疾患ー非アルコール性脂肪性肝炎を中心にー. 新潟医学会雑誌125(1); 18-21: 2011

リバーカンファランス例会のお知らせ医局員・同門会会員限定ページ先輩からのメッセージ
新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野
〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通1番町757番地
新潟大学医学部 第三内科交通アクセスTEL:025-227-2207(第三内科医局図書室)
FAX:025-227-0776
00