後期研修について

卒後研修プログラム|消化器胃腸内科コース‎

後期研修の特色

消化器疾患は患者数が非常に多く、しかも診断・治療に高度な専門性が必要とされるため、消化器内科医の社会的需要は極めて高くあります。当研修コースは消化管疾患を対象にした消化器内科の育成にとどまらず、将来にわたり専門領域の情報交換・学習の場を提供することをめざしています。大学病院施設の最大の特色は、消化器病・消化器内視鏡・肝臓病認定専門医の取得が可能であるだけでなく、臨床・基礎研究による学位取得や海外留学を含めたバリエーションの多い研修コースを個人の希望に合わせて提供できることにあります。

近年の消化器病領域の治療手技の発展は目覚ましいものがあり、当研修コースでは内科全般の基本的手技の習得はもちろんのこと、専門医としての高度レベルの治療手技(内視鏡的粘膜下層剥離術、超音波内視鏡下腫瘍穿刺 etc.)を各人が等しく習得できるシステムが確立されています。また他大学病院や県外の内視鏡センター施設との交流も盛んであり、希望により国内留学による内視鏡技術の研鑽も可能です。

研修プログラム概略

卒後 Aコース Bコース Cコース Dコース
1年目 臨床研修
2年目
3年目 一般内科・消化器内科研修(関連病院)
4年目 消化器内科中期研修(第三内科医員) 消化器内科実地研修
(大学院・関連病院)
5年目 基礎研究(基礎教室大学院) 臨床研究
(第三内科学教室大学院)
6年目
7年目 消化器内科後期研修(第三内科医員)
8年目 消化管研究
(第三内科医員)
内視鏡専門指導医研修
(大学・関連病院)
消化器内科後期研修
(第三内科医員)
9~10年目 各自の希望により研修コースを振り替え・続行可能

■研修プログラムのコンセプト

当研修コースは、学問的志向・人生設計に基づいた希望に沿うようバリエーションを持たせて組まれています。実際の医療現場では肝臓・消化管が連動して病態を示す場合が多いため、研修期間前半(卒後3-4年目)は消化器内科に必要な幅広い知識の獲得をめざし、後半(卒後5年目以降)は個人の希望に合わせたプログラムが用意されています。

■研修プログラム前半

後期研修1年目(卒後3年目)は、消化器疾患のみならず他領域の内科診療の経験を積むことも目的として、関連病院施設で臨床研修を行います。卒後4年目は第3内科医員として当院における最先端レベルの診断・治療手技を習得します。各々異なる施設で前期研修を行ってきた同期の医師達が交流を深め得ることは当施設の大きな利点であり、進むべき専門分野を決定できる重要な研修期間でもあります。

■研修プログラム後半

【Aコース】(消化管疾患研究)
卒後5-6年目に学内外基礎研究室や第3内科学教室の大学院生として基礎研究を行い、学位取得が可能です。
卒後7年目は第3内科医員として内視鏡手技の研鑽を行い、卒後8年目以降は臨床・基礎研究に従事します。

【Bコース】(内視鏡臨床)
Aコース同様に卒後5-6年目に学内外基礎研究室や第3内科学教室の大学院生として基礎研究を行い、学位取得が可能です。
卒後7年目は第3内科医員として内視鏡手技の研鑽を行い、卒後8年目以降は内視鏡専門指導医として前期研修医の指導に従事します。

【Cコース】(臨床大学院)
卒後5-7年目に第3内科大学院で肝・消化管の別なく希望する消化器疾患の臨床研究を行い、卒後8年目は幅広い分野に習熟した消化器内科指導医として従事します。

【Dコース】(消化器臨床医)
地方病院での診療行為を早くから希望する個人に適応した研修を行う目的で、大学病院で適宜研修を行いながら、希望する関連病院を中心に臨床研修を行います。

卒後9-10年目以降は、各自の希望により研修コースの変更あるいは更なる続行が可能です。

リバーカンファランス例会のお知らせ医局員・同門会会員限定ページ先輩からのメッセージ
新潟大学大学院医歯学総合研究科 消化器内科学分野
〒951-8510
新潟県新潟市中央区旭町通1番町757番地
新潟大学医学部 第三内科交通アクセスTEL:025-227-2207(第三内科医局図書室)
FAX:025-227-0776
00