新潟大学大学院医歯学総合研究科

予防医療学分野

2016/4/28更新




研究業績(1972-Present)

Jump:20152014201320122011201020092008200720062005200420032002200120001999199819971996199519941993199219911990198919881987198619851984198319821981198019791978197719761975197419731972

2015

  1. Sugru Yamamoto, Junichiro J. Kazama, Kentaro Omori, Koji Matsuo, Yoshimitsu Takahashi, Kazuko Kawamura, Takayuki Matsuto, Hiroshi Watanabe, Toru Maruyama, Ichiei Narita: Continuous Reduction of Protein-Bound Uraemic Toxins with Improved Oxidative Stress by Using the Oral Charcoal Adsorbent AST-120 in Haemodialysis Patients. SCIENTIFIC REPORTS (5): 2015.
  2. 松戸隆之: 病院情報システムと検査部門システム. 臨床検査 59(3): 210-215, 2015.
  3. 松戸隆之: 最新臨床検査学講座 情報科学, 医歯薬出版: 東京, 2015.
  4. 西川敦, 児玉泰光, 永井孝宏, 田村隆, 高野操, 内山正子, 田邊嘉也, 高木律男: 口腔外科手術における予防的抗菌薬適正使用への取り組み. 環境感染誌 30(6): 405-410, 2015.

2014

  1. Ami Aoki, Hiroshi Moro, Tkayuki Watanabe, Katsuki Asakawa, Satoru Miura, Masato Moriyama, Yoshinari Tanabe, Hiroshi Kagami, Ichiei Narita: A case of severe thrombocytopaenia associated with acute HIV-1 infection. Int J STD AIDS 26(3): 209-11, 2014.doi: 10.1177/0956462414531937. Epub 2014.
  2. Yuka Koike, Tomohiko Ishihara, Tetsutaro Ozawa, Naomi Mezaki, Hiroshi Moro, Takayoshi Shimohata Masatoyo Nishizawa: Cryptococcal meningitis successfully treated with voriconazole and low-dose amphotericin B. Neurology and Clinical Neuroscience 5(2):166-168, 2014.
  3. Kenjiro Shima, Takuro Sakagami, Yoshinari Tanabe, Nobumasa Aoki, Hiroshi Moro, Toshiyuki Koya, Hiroshi Kagamu, Tkashi Hasegawa, Ei-ichi Suzuki, Ichiei Narita: Novel assay to detect increased level of neutralizing anti-interferon gamma autoantibodies in non-tuberculous mycobacterial patients. J Infect Chemother 20(1):52-6, 2014.doi: 10.1016/j.jiac.2013.08.003. Epub 2013 Dec 11.
  4. 茂呂 寛: 感染治療薬. 重要薬マニュアルこの薬が選ばれる理由(伊藤 裕 編), 医学書院: 東京, pp.310-353, 2014.
  5. 冨永 麻理, 生野 寿史, 佐藤 ひとみ, 芹川 武大, 和田 雅樹, 高桑 好一, 茂呂 寛, 吉田 邦彦, 金子 孝之: HIV感染合併双胎妊娠の管理経験 新潟産科婦人科学会会誌 109(1): 29-32, 2014.

2013

  1. 松野容子: 血液生化学検査に及ぼす因子. JOHNS 29(9): 1381-1384, 2013.

2012

  1. Toshinari Aoki, Tsueko Abe, Eiji Yamada, Takayuki Matsuto, Masahiko Okada: Increased LDL susceptibility to oxidation accelerates future carotid artery atherosclerosis. Lipids in Health and Disease, 11: 1-7, 2012.
  2. 松野容子: DMR 臨床検査薬情報担当者 研修テキストⅡ 2012年版(森三樹雄監修, 日本臨床検査薬協会編), 薬事日報社: 東京, pp115-123, 2012.
  3. 星山良樹, 伊藤正行, 松戸隆之, 岡田正彦: eGFRを指標としたシスタチンCの臨床的評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 37(1): 29-33, 2012.
  4. 小林清子, 赤岩靖久, 竹久保賢, 名村理, 吉村宣彦, 丸山弘樹:慢性腎臓病患者における腎動脈狭窄の評価‐超音波検査による評価と有用性‐脈管学52: 47-52, 2012.
  5. 佐藤未来, 伊藤正行, 田中百合子, 高野操, 中村明, 岡田正彦: 自動血球計数装置で白血球数が偽低値を呈した事例:原因についての検討. 日本検査血液学会雑誌 13(1): 56-61, 2012.

2011

  1. Richiro Ishida, Masahiko Okada: Association of Trait Anxiety and Social Desirability with White Blood Cell counts. The Open Psychiatry Journal 5: 1-4, 2011.
  2. Riichiro Ishida, Masahiko Okada: Factors influencing the development of “Purpose in Life” and its relationship to coping with mental stress. Psycology 2(1): 29-34, 2011.
  3. Riichiro Ishida, Tsueko Abe, Masahiko Okada: Firmness of purpose in life significantly influences emotional state and automatic nervous activity. Health 3(8): 507-511, 2011.
  4. Tsueko Abe, Toshinari Aoki, Syogo Yata, Masahiko Okada: Sleep duration is significantly associated with carotid artery atherosclerosis incidence in a Japanese population. Atherosclerosis 217: 509-513, 2011.
  5. Michael A. Grandner, Shawn D. Youngstedt: Sleep duration and cardiometabolic risk Commentary on Abe et al., “Sleep duration is significantly associated with carotid artery atherosclerosis incidence in a Japanese population” Atherosclerosis 217: 324-325, 2011.
  6. Hirokazu Kawai, Minoru Nomoto, Takeshi Suda, Kenya Kamimura Atsunori Tsuchiya, Yasushi Tamura, Masahiko Yano, Masaki Takamura, Masato Igarashi, Toshifumi Wakai, Satoshi Yamagiwa, Yasunobu Matsuda, Shogo Ohkoshi, Isao Kurosaki, Yoshio Shirai, Masahiko Okada, Yutaka Aoyagi: Multicentric occurrence of hepatocellular carcinoma with nonalcoholic steatohepatitis. World J Gastroenterol 3(1): 15-23, 2011.
  7. 岡田正彦: 肥満と脂質異常症ー新しい検査,VLDL中性脂肪を中心にー. 新潟医学会雑誌 125(1): 1-4, 2011.
  8. 岡田正彦: クイックラボー新潟大学医歯学総合病院の取り組みー. Medical Technology 39(3): 226-227, 2011.
  9. 岡田正彦: 国民に役立つ臨床検査ガイドラインとは? 臨床病理 59(5): 491-495, 2011.
  10. 岡田正彦: 臨床検査のガイドラインJSLM2009を読んでみよう. 検査と技術 39(2): 123-129, 2011.
  11. 岡田正彦: 検査医学におけるエビデンスとは? 臨床検査学教育, 印刷中.
  12. 山口惠三, 岡田正彦, 堀川良則: Meropenemを含む各種注射用抗菌薬に対する2009年臨床分離株の感受性サーベイランス. THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 64-2: 53-95, 2011.
  13. 川合弘一, 須田剛士, 上村顕也, 田村康, 五十嵐正人, 野本実, 岡田正彦, 青柳豊: Cryptogenic肝癌と他の非B非C型肝癌の臨床病理学的比較. 消化器内科53(4): 440-446, 2011.
  14. 川合弘一: 肥満と肝疾患ー非アルコール性脂肪性肝炎を中心にー. 新潟医学会雑誌 125(1): 18-21, 2011.
  15. 阿部聡司, 五十嵐正人, 上村顕也, 土屋淳紀, 矢野雅彦, 田村康, 高村昌昭, 川合弘一, 山際訓, 須田剛, 野本実, 青柳豊: 肝動注化学療法、TACEに抵抗性であった多発肝細胞癌に対し、ミリプラチン動注が有効であった1例. 癌の臨床 56(4): 337-342, 2011.
  16. 青柳豊, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士: 肝臓癌の腫瘍マーカー. 成人病と生活習慣病 41(6): 648-653, 2011.
  17. 青柳豊, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士: 外来診療に有用な腫瘍マーカーの知識 腫瘍マーカーの種類と特徴 AFP. 臨牀と研究88(8); 941-944, 2011

2010

  1. Riichiro Ishida, Masahiko Okada: Association of trait anxiety and social deirability with white blood cell counts. Open Psych J 4: 27-30, 2010.
  2. Tsueko Abe, Akiko Tsuda, Syogo Yata, Takayuki Matsuto, Masahiko Okada: Hypertension is a major risk factor for future atherosclerotic changes in the lapanese population. Ann Clin Biochem 47: 118-124, 2010.
  3. Yasushi Tamura, Masato Igarashi, Hirokazu Kawai, Takeshi Suda, Shinnji Satomura, Yutaka Aoyagi: Clinical advantage of highly sensitive on-chip immunoassay for fucosylated fraction of alpha-fetoprotein in patients with hepatocellular carcinoma. Dig Dis sci Published online: 21 April 2010.
  4. Akira Osaki, Tomoyuki Kubota, Takeshi Suda, Masato Igarashi, Keisuke Nagasaki, Atsunori Tsuchiya, Masahiko Yano, Yasushi Tamura, Masaki Takamura, Hirokazu Kawai, Satoshi Yamagiwa, Toru Kikuchi, Minoru Nomoto, Yutaka Aoyagi: Shear wave velocity is a useful marker for managing nonalcoholic steatohepatitis. World J Gastroenterol 16(23): 2918-25, 2010.
  5. Chiba N, Morozumi M, Sunaoshi K, Takahashi S, Takano M, Komori T, Sunakawa K, Ubukata K; IPD Surveillance Study Group. Serotype and antibiotic resistance of isolates from patients with invasive pneumococcal disease in Japan. Epidemiol Infect. 2010 Jan;138(1):61-8.
  6. 岡田正彦: LDLコレステロール、HDLコレステロール. medicina 47(11): 243-244, 2010.
  7. 岡田正彦: 統計データを正しく読み解くポイント. 新潟県臨床検査センター協議会第80回総会・研修会 26-29, 2010.
  8. 岡田正彦: 高齢者診療に必要な検査とデータ判読のポイント. 老年歯科医学 25(2): 97-101, 2010.
  9. 山口高広, 吉田勇, 伊藤善久, 橘峰司, 高橋長一郎, 賀来満夫, 金光敬二, 岡田正彦, 他: 各種抗菌薬に対する2006年臨床分離好気性グラム陽性球菌および嫌気性菌の感受性サーベイランス. THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 63(6): 431-456, 2010.
  10. 吉田勇, 山口高広, 伊藤善久, 橘峰司, 高橋長一郎, 賀来満夫, 金光敬二, 岡田正彦, 他: 各種抗菌薬に対する2006年臨床分離好気性グラム陰性菌の感受性サーベイランス. THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 63(6): 457-479, 2010.
  11. 川合弘一, 五十嵐正人, 須田剛士, 野本実, 岡田正彦, 青柳豊: NASH/NAFLDのすべて NASH/HAFLDの診断・治療:臨床経過Ⅱ:(肝硬変) 臨床栄養 116(2): 699-705, 2010.
  12. 青柳豊, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士: 【肝疾患における血液生化学検査、肝炎ウイルスマーカー、腫瘍マーカーの見方】 腫瘍マーカー AFP濃度、AFP L3分画、PIVKA-II. 肝・胆・膵 60(4): 669-679, 2010.
  13. 須田剛士, 上村顕也, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 青柳豊: 【肝胆膵薬物治療学の進歩 この30年】 肝臓分野 肝癌治療薬 ドキソルビシン(アドリアマイシン)、エピルビシン(ファルモルビシン) 肝・胆・膵 61(6): 1120-1124, 2010.
  14. 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士, 青柳豊 【早期肝細胞癌の診断ストラテジー】 肝細胞癌診断、予後予測における高感度AFP-L3測定法の臨床的有用性. 消化器内科 51(5): 504-510, 2010.
  15. 青柳豊, 須田剛士, 川合弘一, 田村康, 五十嵐正人: 【広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査[第7版] その数値をどう読むか】 腫瘍マーカー α-フェトプロテイン(AFP)、AFP L3分画(フコシル化AFP分画) 日本臨床 68(7): 665-669, 2010.
  16. 高野操, 中村明:検査部の組織運営と人材育成.全国国立大学臨床検査技師会誌 33:28-29, 2010.
  17. 武田宏子: 第20回POC技術セミナーに参加して 機器・試薬33(1): 31-32, 2010.
  18. 齋藤幸, 武田宏子, 保坂安子, 中村明, 中の正明, 鳥谷部真一, 松戸隆之, 岡田正彦: 血漿を用いた自己抗体の有用性 医学検査. 59(5): 46-49, 2010.
  19. 小林清子, 赤岩靖久, 水野幸子, 大原照子, 馬場みや子, 中村明, 笛木百合子, 三間渉, 高野弘基, 岡田正彦: 超音波検査による腎動脈狭窄の評価と有用性ー各種計測値と臨床的背景との相関ー. 超音波検査技術35(6): 641-648, 2010.
  20. 伊藤正行, 佐藤卓, 高野操, 棚橋洋子, 中村明, 小山諭, 岡田正彦: 入院時栄養評価における血漿亜鉛(Zn)値測定の有用性. 栄養ー評価と治療. 26(6): 460-462, 2010.
  21. 青木寿成, 茂呂寛, 古塩奈央, 田村隆, 田邊嘉也, 川合弘一, 松戸隆之, 岡田正彦: 新潟大学医歯学総合病院におけるカンジダ属菌の抗真菌薬感受性および抗真菌薬使用状況. 臨床病理. 58(7): 658-663, 2010.

2009

  1. Masayoshi Masuko, Tatsuo Furukawa, Takashi Abe, Reiko Wada, Soichi Maruyama, Toshiki Kitajima Yasuhiko Shibasaki Ken Toba, Masahiko Okada, Yoshifusa Aizawa: A chronic myeloid leukemia patient with atypical karyotype and BCR-ABL e13a3 transcript caused by complex chromosome rearrangement. Int J Hematol 90: 230-234, 2009.
  2. Takuya Watanabe, Kenji Soga, Haruka Hirono, Katsuhiko Hasegawa, Koichi Shibasaki, Hirokazu Kawai, Yutaka Aoyagi: Features of hepatocellular carcinoma in cases with autoimmune hepatitis and primary biliary cirrhosis.: World J Gastroenterol 15(2): 231-239, 2009.
  3. Takeshi Suda, Kenya Kamimura, Tomoyuki Kubota, Yasushi Tamura, Masato Igarashi, Hirokazu Kawai, Yutaka Aoyagi, Dexi Liu: Progress toward liver-based gene therapy. Hepatol Res. 39(4):325-340, 2009.
  4. 岡田正彦: “がん検診”で寿命は延びるか?-早期発見・早期治療というけれどー. 高木学校通信. 60: 2-3, 2009.
  5. 岡田正彦: 肥満のメカニズムとその影響. TMDC MATE 255: 8-9, 2009.
  6. 岡田正彦: パニック値と検査技師の責務. 新潟県臨床検査センター協議会第78回総会・研修会. 20-21, 2009.
  7. 杉田収, 中野正春, 松戸隆之, 岡田正彦: クメンヒドロペルオキシド/ヘモグロビン・メチレンブルー法における茶とワインの抗酸化反応とその抗酸化能. 臨床病理 57(7): 631-631, 2009.
  8. 松戸隆之: 医学大辞典第2版: 医学書院: 東京, 2009.
  9. 松戸隆之: 生理機能検査. 新版医療情報: 医学・医療編(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編), 篠原出版新社: 東京, pp.287-289, 2009.
  10. 松野容子: 多峰性M蛋白に関する症例. 電気泳動の自動化に関するオープンセミナーQ&A集(電気泳動自動化研究会編), ベックマン・コールスター・バイオメディカル株式会社: 東京, PP.161-162, 2009.
  11. 川合弘一, 青柳豊: 肝細胞癌以外の悪性腫瘍. 消化器研修ノート (永井良三総監修), 診断と治療社: 東京, pp.472-473, 2009.
  12. 川合弘一, 青柳豊: 肝良性腫瘍. 消化器研修ノート (永井良三総監修), 診断と治療社: 東京, pp.474-476, 2009.
  13. 青柳豊, 須田剛士, 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一: 肝癌 基礎・臨床研究のアップデート 肝癌の診断 腫瘍マーカー AFP濃度とL3分画の臨床的意義. 日本臨床67(3): 293-299, 2009.
  14. 田村康, 五十嵐正人, 川合弘一, 須田剛士, 青柳豊: 肝癌バイオマーカー研究の現在 ②血液(血漿・血清)からの探索. The Liver Cancer Journal 1(3): 97-103, 2009.
  15. 笛木百合子, 石井雄士, 桜井信行, 飯野則昭, 後藤眞, 丸山弘樹, 岡田正彦, 昆 美香, 堀内裕紀, 出居真由美, 三井田孝: 慢性透析患者における脂質プロフィールと炎症マーカーの検討. 生物試料分析 32(4): 328-333, 2009.
  16. 尾崎京子: 緊急検査時の感染防止.Medical Technology 37(13): 1371-1376, 2009.
  17. 伊藤正行, 佐藤卓, 高野操, 棚橋洋子, 中村明, 小山諭, 岡田正彦: 入院時栄養評価における血漿亜鉛(Zn)値測定の有用性. 栄養 -評価と治療-26 (6): 20-22, 2009.
  18. 張仁美、田邊嘉也、手塚貴文、茂呂寛、下条文武、田村隆、青木寿成、内山正子、伊藤雅章: 当院における抗MRSA薬の使用状況~TDMと適正使用について~. 新潟医学会雑誌123(3): 118-127, 2009.
  19. 田村隆、青木寿成、内山正子: ICT活動下における耐性緑膿菌の検出状況とカルバペネム系抗菌薬が耐性化に及ぼす影響. 日本環境感染学会誌 24: 337-341, 2009.

2008

  1. Elfi Wardaningsih, Takashi Miida, Utako Seino, Yuriko Fueki, Masayuki Ito, Keisuke Nagasaki, Toru Kikuchi, Makoto Uchiyama, Satoshi Hirayama, Osamu Hanyu, Kazunori Miyake, Masahiko Okada: Low adiponectin state is associated with metabolic abnormalities in obese children, particularly depending on apolipoprotein E phenotype. Ann Clin Biochem 45(5): 496-503, 2008.
  2. Shin-ichi Toyabe, Takayuki Matsuto, Tatsuo Ushiki and Kohei Akazawa: Image database and image analysis of chromosome information. Chromosome Nanoscience and Technology, CRC Press, FL, USA, pp.245-257, 2008.
  3. Riichiro Ishida: Correlations Between Purpose in Life(ikigai) and State Anxiety in Schizoid Temperament with Considerations of Early Life, youth, and adulthood experiences. Acta Med Biol 56(1): 27-32, 2008.
  4. Takashi Miida, Utako Seino, Osamu Miyazaki, Osamu Hanyu, Satoshi Hirayama, Toshikazu Saito, Yuichi Ishikawa, Suguru Akamatsu, Toshimitu Nakano, Katsuyuki Nakajima, Mitsuyo Okazaki, Masahiko Okada: Probucol markedly reduces HDL phospholipids and elevated preβ1-HDL without delayed conversion into α-migrating HDL: Putative role of angiopoietin-like protein 3 in probucol-induced HDL remodeling. Atherosclerosis 200(2): 329-335, 2008.
  5. Hironori Nagasaka, Takashi Miida Kenichi Hirano, Akemi Ota, Tohru Yorifuji, Tomozumi Takatani, Hirokazu Tsukahara, Masaki Takayanagi, Shu-Ping Hui, Kunihiko Kobayashi, and Hitoshi Chiba: Reduced Apolipoprotein E-Rich High-Density Lipoprotein Level at Birth is Restored to the Normal Range in Patients with Familial Hypercholesterolemia in the First Year of Life. J Clin Endocrinol Metab 93(3): 779-783, 2008.
  6. Ritsuko Satoh, Hiroki Tsukada, Yoshinari Tanabe, Yukiko Tamura, Tatsuo Yamamoto, Misao Takano, Kyoko Ozaki, Takashi Tamura, Fumitake Gejyo: An autbreak and isolation of drug-resistant Pseudomonas aeruginosa at Niigata University Hospital, Japan. J infect Chmother 14(8): 325-329, 2008.
  7. 岡田正彦: 元気で長生きには理由がある ほどほど健康学①. ラボ 348: 3, 2008.
  8. 岡田正彦: 元気で長生きには理由がある ほどほど健康学②. ラボ 349: 2-3, 2008.
  9. 岡田正彦: 凍りついた話. 日本医事新報 4372: 103-104, 2008.
  10. 岡田正彦: 元気で長生きには理由がある ほどほど健康学③. ラボ 350: 2-3, 2008.
  11. 岡田正彦: 生活習慣のエビデンスーほどほど健康論. 検査と技術 36(4): 373-374, 2008.
  12. 岡田正彦: VLDL中性脂肪の測定方法と臨床的意義. MEDICAL TECHNOLOGY 36(5): 442-443, 2008.
  13. 岡田正彦: 元気で長生きには理由がある ほどほど健康学④. ラボ 351: 2-3, 2008.
  14. 岡田正彦: 元気で長生きには理由がある ほどほど健康学⑤. ラボ 352: 2-3, 2008.
  15. 岡田正彦: 元気で長生きには理由がある ほどほど健康学(最終回). ラボ 353: 2-3, 2008.
  16. 岡田正彦: 教職員から学生に推薦する本. ほんのこべや 34: 51-52, 2008.
  17. 尾崎京子, 佐藤京子, 青木寿成, 川崎陽子, 阿部佳奈子, 西脇加代子, 中村明, 岡田正彦: UF-1000iを用いた尿検査システムの再構築. 全自動尿中有形成分分析装置UF-1000i CUSTOMER REPORT 運用事例集 pp.6-10, 2008.
  18. 馬場みや子, 中村明: 血中シクロスポリン濃度測定に与える代謝産物の影響ーHPLCによる検討ー. 医学検査 57(11): 1326-1331, 2008.
  19. 田村隆, 青木寿成, 内山正子, 手塚貴文, 田邉嘉也, 外山聡, 佐藤博: 感染症のコントロール不良に対するICTからのアドバイス. 月刊薬事 50(1): 135-142, 2008.

2007

  1. Takashi Miida, Akihiro Takahashi, Takeshi Ikeuchi: Prevention of stroke and dementia by statin therapy: Experimental and clinical evidence of their pleiotropic effects, Pharmacology & Therapeutics 113(2): 378-393, 2007.
  2. Hironori Nagasaka, Hitoshi Chiba, Shu-Ping Hui, Hazime Takikawa, Takashi Miida, Masaki Takayanagi, Tohru Yorifuji, Makoto Hasegawa, Akemi Ota, Ken-ichi Hirano, Hideaki Kikuchi, Hirokazu Tsukahara, Kunihiko Kobayashi. Depletion of high-density lipoprotein and appearance of triglyceride-rich low-density lipoprotein in a Japanese patient with FIC1 deficiency manifesting benign recurrent intrahepatic cholestasis. Journal of Pediatric Gastroenterology and Nutrition 45(1): 96-105, 2007.
  3. Hironori Nagasaka, Ken-ichi Hirano, Akira Ohtake, Takashi Miida, Tomozumi Takatani, Kei Murayama, Tohru Yorifuji, Kunihiko Kobayashi, Masaki Kanazawa, Atsushi Ogawa, Masaki Takayanagi: Improvements of hypertriglyceridemia and hyperlacticemia in Japanese children with glycogen storage disease type Ia by medium-chain triglyceride milk. European Journal of Pediatrics 166(10): 1009-1016, 2007.
  4. Satoshi Hirayama, Takashi Miida, Osamu Miyazaki, Yoshifusa Aizawa: Preβ1-HDL concentration is a predictor of carotid atherosclerosis in type 2 diabetic patients. Diabetes Care 30(5): 1289-1291, 2007.
  5. Hiroe Sato, Takashi Miida, Yoko Wada, Mitsuya Maruyama, Shuichi Murakami,Hisashi Hasegawa, Takeshi Kuroda, Ichiei Narita, Masaaki Nakano, Fumitake Gejyo: Atherosclerosis is accelerated in patients with long-termwell-controlled Systemic Lupus Erythematosus (SLE). Clin Chim Acta 385(1-2): 35-42, 2007.
  6. Hiroyuki Ebinuma, Takashi Miida, Toshimasa Yamauchi, Yusuke Hada, Kazuo Hara, Naoto Kubota, Takashi Kadowaki. Improved ELISA assay for selective measurements of adiponectin multimers, and identification of adiponectin in human cerebrospinal fluid. Clin Chem 53(8): 1541-1544, 2007.
  7. Osamu Hanyu, Takashi Miida, Keiichiro Kosuge, Takako Ito, Satoshi Soda,Satoshi Hirayama, Elfi Wardaningsih, Yuriko Fueki, Konen Obayashi, YoshifusaAizawa. Preheparin lipoprotein lipase mass is a practical marker of insulin resistance in ambulatory type 2 diabetic patients treated with oral hypoglycemic agents. Clin Chim Acta 384(1-2): 118-123, 2007.
  8. Yuriko Fueki, Takashi Miida, Elfi Wardaningsih, Masayuki Ito, Akira Nakamura, Akihiro Takahashi, Osamu Hanyu,Akiko Tsuda, Hisashi Saito, Hitoshi Hama, Masahiko Okada: Regular alcohol consumption improvesinsulin resistance in healthy Japanese men independent of obesity. Clin Chim Acta 382(1-2): 71-76, 2007
  9. 岡田正彦: 長生きをするために七、眼底検査は何のため?.  KENKO 8: 2-3, 2007.
  10. 岡田正彦: これしかない!試されずみのダイエット. 女性のひろば 342: 98-101, 2007.
  11. 岡田正彦: どこで見分ける?健康情報のうそホント. 女性のひろば 389: 71-73, 2007.
  12. 岡田正彦: メタボに勝つ正しいダイエット. 文芸春秋 85(9): 336-343, 2007.
  13. 岡田正彦: 動かん、大食漢、さっそうと解消. 健康のひりば. 1617: 4, 2007.
  14. 岡田正彦: 動脈硬化症の予防をめざして~メタボリックシンドロームの観点から~. 平成18年度在宅保健師等講習会 7-22, 2007.
  15. 山口惠三、岡田正彦、山崎房子: Meropenemを含む各種注射用抗菌薬に対する2006年臨床分離株の感受性サーベイランス. THE JAPANESE JOURNAL OF ANTIBIOTICS 60-6: 344-377, 2007.
  16. 松戸隆之: 視覚認知機構とロボットビジョン. 新潟市医師会報 439: 1-5, 2007.
  17. 三井田孝: 第101回医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇(医師国家試験問題解説書編集委員会編,第1版), 医学評論社: 東京, pp303-305, pp481-482, pp488-489, p511, 2007.
  18. 三井田孝: 県医よろずQ&A:「高脂血症」と「脂質異常症」の新しい診断基準について. 新潟県医師会報 690: 71-72, 2007.
  19. 三井田孝, 松田和博, 伊藤耐子, 石黒克子, 佐藤 博, 丹治敏英, 吉沢浩志: 平成18年度(第27回)新潟県臨床検査精度管理調査報告-全国データ共有化事業を目前にして-. 新潟県医師会報 687: 65-69, 2007.
  20. 三井田孝、伊藤耐子: HDLコレステロール測定法. 『脂質代謝異常−高脂血症・低脂血症−』日本臨床社 65(7): 159-163, 2007.
  21. 三井田孝、松田和博、伊藤耐子、石黒克子、佐藤 博、丹治敏英、吉沢浩志: 平成18年度(第27回)新潟県臨床検査精度管理調査報告-その2 微生物-. 新潟県医師会報 688: 42-43, 2007.
  22. 平山哲, 三井田孝: 家族性低βリポ蛋白血症. 『脂質代謝異常−高脂血症・低脂血症−』日本臨床社 65(7): 592-596, 2007.
  23. 平山哲, 三井田孝: HDL-CとPreβ-HDL. The Lipid 18(5): 426-433, 2007.
  24. 羽入 修、三井田孝: 第35章 内分泌・代謝疾患. 知っておきたい臨床検査値 (日本薬学会編), 東京化学同人: 東京, pp124-132, 2007.
  25. 馬場みやこ, 高野操, 松村典子, 冨田栄子, 佐久間麻三子, 棚橋洋子, 中村明, 松戸隆之, 岡田正彦: 凝固検査における検体保存温度の影響. 日本臨床検査自動化学会会誌 32(3): 316-319, 2007.
  26. 高野 操: 孵卵器と冷蔵庫の温度管理. 検査と技術. 35: 158-161, 2007.

2006

  1. Richiro Ishida, Masahiko Okada: Effects of a firm purpose in life on anxiety and sympathetic nervous activity caused by emotional stress: assessment by psycho-physiological method. Stress and Health 22: 275-281, 2006.
  2. P.Cao, S.Toyabe, S.Kurashima, M.Okada, K.Akazawa: A modified method of activity-based costing for objectively reducing cost drivers in hospitals. Methods Inf Med 45: 462-469, 2006.
  3. Takashi Miida: The rationale for statin therapy in Alzheimer’s dementia what we know and what we do not.commentary on the topics of atherosclerosis, International AtherosclerosisSociety(http://www.athero.org/comm- index.asp), 2006.
  4. Takashi Miida, Toshiyuki Yamada, Utako Seino, Masayuki Ito, Yuriko Fueki,Akihiro Takahashi, Keiichiro Kosuge, Satoshi Soda, Osamu Hanyu, KonenObayashi, Osamu Miyazaki, Masahiko Okada: Serum amyloid A (SAA)-induced remodeling of CSF-HDL. Biochim Biophys Acta 1761(4): 424-433, 2006.
  5. Keiichiro Kosuge, Tkashi Miida, Akihiro Takahashi, Konen Obayashi, Masayuki Ito, Takako Ito, Satoshi Soda , Kazuyuki Ozaki, Satoshi Hirayama, Osamu Hanyu, Yoshifusa Aizawa, Yuichi Nakamura: estimating the fasting triglyceride concentration from the postprandial HDLcholesterol and apolipoprotein CIII concentrations. Atherosclerosis 184(2): 413-419, 2006.
  6. Kozo Ninomiya, Akihiro Takahashi, Yoshio Fujioka, Yuichi Ishikawa, Mitsuhiro Yokoyama: Transforming growth factor-beta signaling enhances transdifferentiation of macrophages into smooth muscle-like cells. Hypertens Res 29:269-276, 2006.
  7. Hiroshi Okamoto, Yoshio Fujioka, Akihiro Takahashi, Tomosaburo Takahashi, Takahiro Taniguchi, Yuichi Ishikawa, Mitsuhiro Yokoyama: Trichostatin A, an inhibitor of histone deacetylase, inhibits smooth muscle cell proliferation via induction of p21(WAF1). J Atheroscler Thromb 13:183-191, 2006.
  8. Kohei Kamemura, Yoshio Fujioka, Hiroshi Takaishi, Akihiro Takahashi, Takahiro Taniguchi, Yuichi Ishikawa, Mitsuhiro Yokoyama: Chylomicron remnants upregulate CD40 expression via the ERK pathway and a redox-sensitive mechanism in THP-1 cells. Atherosclerosis 187:257-264, 2006.
  9. Ying Zhu, Jian Yao, Yiman Meng, Ayumi Kasai, Nobuhiko Hiramatsu, Kunihiro Hayakawa, Takashi Miida, Masayuki Takeda, Masahiko Okada, Masanori Kitamura: Profiling of functional phosphodiesterase in mesangial cells using a CRE-SEAP-based reporting system. Br J Pharmacol 148(6): 833-844, 2006.
  10. 岡田正彦: 脂質(コレステロール 中性脂肪)減らしはやっぱり食事. 健康のひろば 1560: 4, 2006.
  11. 岡田正彦: 長生きをするために、五検査値は自分でチェック.  KENKO 6: 2-3, 2006.
  12. 岡田正彦: 疾病の予防をめざして、予防医療学の基礎と臨床. 学友会誌 44: 19-20, 2006.
  13. 岡田正彦: 腫瘍マーカーって何? TRIM (トリム)198: 15-22, 2006.
  14. 岡田正彦: 長生きをするために、六心電図でわかること. KENKO 7: 2-3, 2006.
  15. 岡田正彦: 高齢ケアのための臨床検査、肺炎球菌迅速検査と骨代謝マーカーを中心に. 新潟県臨床検査センター協議会第73回総会・研修会論文集: 19-24, 2006.
  16. 岡田正彦、中村明: データマイニングの手法. 日本臨床検査自動化学会会誌 31(2): 200-2002, 2006.
  17. 松戸隆之: 情報科学, 第2版, 医歯薬出版: 東京, pp.1-180, 2006.
  18. 松戸隆之: 臨床検査, 第2版, 医療情報医学・医療編, 日本医療情報学会/篠原出版新社: 東京, pp138-150, 2006.
  19. 三井田孝: コレステロール逆転送系におけるpreβ1-HDLの役割. Medical View Point 27(3): 2, 2006.
  20. 三井田孝: コレステロール(総コレステロール、エステル型コレステロール)最新臨床検査のABC, 日本医師会雑誌特別号 生涯教育シリーズ70(石井裕正、北原光夫、渡辺清明編), S179-180, 2006.
  21. 三井田孝: コレステリルエステル転送蛋白(CETP)最新臨床検査のABC, 日本医師会雑誌特別号 生涯教育シリーズ70(石井裕正、北原光夫、渡辺清明編), S181, 2006.
  22. 三井田孝: HDL-コレステロール 最新臨床検査のABC, 日本医師会雑誌特別号 生涯教育シリーズ70(石井裕正、北原光夫、渡辺清明編), S183, 2006.
  23. 三井田孝: LDL-コレステロール 最新 臨床検査のABC, 日本医師会雑誌特別号 生涯教育シリーズ70(石井裕正、北原光夫、渡辺清明編), S182-183, 2006
  24. 三井田孝: 第100回医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇, 第1版, 医学評論社: 東京, p130,p387, 2006.
  25. 三井田孝: Preβ1-HDL測定による HDL の質的異常の検出. 臨床病理 54(12): 1241-1246, 2006.
  26. 三井田孝: JATへ投稿することのメリット. News & Scope 5: 13-14, 2006.
  27. 三井田孝: 動脈硬化症の病態の解明と診断法の確立をめざして. 臨床化学 35(4): 434-435, 2006.
  28. 三井田孝: 動脈硬化を予防するために受ける検査. ラボ 334: 8, 2006.
  29. 三井田孝、高橋明広: 高脂血症治療薬. 医薬ジャーナル.新薬展望2006 42(suppl1): 463-469, 2006.
  30. 三井田孝、笛木百合子: HDL亜分画と動脈硬化. 臨床化学 35(3): 214-221, 2006 
  31. 三井田孝、松田和博、伊藤耐子、永井正樹、佐藤 博、丹治敏英、薄田芳丸: 平成17年度新潟県臨床検査精度管理調査から. 新潟県医師会報 676: 48-51, 2006.
  32. 棚橋洋子、伊藤正行. 低栄養患者における検査値と身体測定の比較.新潟静脈経腸栄養研究会誌: 2006.
  33. 馬場みやこ、榛沢和彦、山際浩史、水野幸子、高野操、和田玲子、中村明、松戸隆之、岡田正彦: 人工関節手術周術期患者における下肢静脈エコー検査と可溶性フィブリン値との比較. 日本臨床検査自動化学会誌 31(5): 808-812, 2006.
  34. 馬場みや子、富田栄子、佐久間麻三子、高野操、松村典子、棚橋洋子、中村明、 松戸隆之、岡田正彦: 凝固検査における検体の氷冷保存と室温保存の検討. 日本臨床検査自動化学会第38回大会抄録集 31: 496, 2006.
  35. 佐久間麻三子、馬場みや子、高野操、中村明、岡田正彦: 自動分析装置ディメンションRxL-HMによるシクロスポリン高域用・CSAEの基礎的検討. 日本臨床検査自動化学会第38回大会抄録集 31: 519, 2006. 
  36. 伊藤正行、三井田孝、羽入 修、植村順一、大林光念: 糖尿病患者の大血管合併症に対するセロトニントランスポーター遺伝子多型の影響. Medical Technology 34(3): 224-225, 2006.
  37. 青木寿成、三井田孝、松戸隆之、岡田正彦: 治験コーディネーター養成研修に参加して. 臨床病理 54(3): 226-228, 2006.

2005

  1. Masahiko Okada, Tomohiro Saito, Hajime Yoshimura, Yasuhiko Noguchi, Taeko Ito, Hiroko Sasaki, Hitoshi Hama: Surfactant-based homogeneous assay for the Measurement of triglyceride concentrations in VLDL and intermediate-density lipoprotein. Clin Chem 51(10): 1804-1810, 2005.
  2. Ying Zhu, Masahiko Okada, Takayuki Matsuto, Takashi Miida: Prediction of the three-dimensional structure of proteins in the Lipid monolayer on the basis of α-helix bunding. The apolipoprotein B-100 structure. Acta Med. Biol. 53(2): 51-60, 2005.
  3. Takashi Miida, Akihiro Takahashi, Naohito Tanabe, Takeshi Ikeuchi. Can statins really reduce the risk of Alzheimer’s disease and slow its progression? Curr Opin Lipidol. 16(6): 619-623, 2005.
  4. Daisuke Saga, Minoru Sakatsume, Asa Ogawa, Yutaka Tsubata, Yoshikatsu Kaneko, Takeshi Kuroda, Fuminori Sato, Junya Ajiro, Daisuke Kondo, Takashi Miida, Ichiei Narita, Fumitake Gejyo. Bezafibrate suppresses rat anti-glomerular basement membrane crescentic glomerulonephritis. Kidney International 67(5): 1821-1829, 2005.
  5. Satoshi Hirayama, Takashi Miida, Konen Obayashi, Fusako Yamazaki, Miho Yamazaki-Sakurai, Masayuki Ito, Yuji Saito, Osamu Hanyu, Katsunori Suzuki, Yoshifusa Aizawa. Effect of apolipoprotein E (apoE) phonotypes on apoE content of CSF-HDL in children. Clin Chim Acta 356(1-2): 110-116, 2005.
  6. Konen Obayashi, Osamu Hanyu, Takashi Miida, Yukio Ando, Masaaki Nakamura, Ying Zhu, and Masahiko Okada: Circadian rhythm of protein C in human plasma: Useful marker of autonomic function in liver. Clin Auton Res 15: 57-58, 2005.
  7. Taro Yamashita, Yukio Ando, Shoichi Katsuragi, Masaaki Nakamura, Konen Obayashi, Katsuki Haraoka, Mitsuharu Ueda, Sun Xuguo, Sadahisa Okamoto, and Makoto Uchino: Muscular Amyloid Angiopathy with Amyloidgenic Transthyretin Ser50Ile and Tyr114Cys. Muscle Nerve 31: 41-45, 2005.
  8. Yuuko Takahashi, Yoshio Fujioka, Tomosaburo Takahashi, Kojo Domoto, Akihiro Takahashi, Takahiro Taniguchi, Yuichi Ishikawa, Mitsuhiro Yokoyama: Chylomicron remnants regulate early growth response factor-1 in vascular smooth muscle cells. Life Sci 77: 670-682, 2005.
  9. 岡田正彦: 専門医の検査のはなし(21)心電図って何?調べると何が分かるの?. ラボ 312: 8, 2005.
  10. 岡田正彦: 長生きをするために三、肥満解消法.  KENKO 4: 2-3, 2005.
  11. 岡田正彦: 血中酸化LDL濃度. 酸化ストレスナビゲーター(山岸昌一編)、メディカルレビュー社: 東京, pp.192-193, 2005.
  12. 岡田正彦、松戸隆之、三井田孝、 高橋明広: 病院検査部が行うべきコンサルティング業務の実際 動脈硬化性疾患の予防を目指して. 臨床病理 53(8):708-711, 2005.
  13. 岡田正彦: 長生きをするために四、ガンを予防するには KENKO 5: 2-3, 2005.
  14. 岡田正彦: シンボジウムの話題. 自動化検査部門におけるデータマイニング技術の活用. Medical Academy News950: 3, 2005.
  15. 岡田正彦: LDL-コレステロール、HDLコレステロール. medicina 42(12): 254-255, 2005.
  16. 岡田正彦: 心電図って何?調べると何が分かるの?病気と検査のはなし(日本臨床検査専門医会監修)、日本衛生検査所協会: 東京, pp.106-109, 2005.
  17. 岡田正彦: 心電図で不整脈が認められた時. 病気と検査のはなし(日本臨床検査専門医会監修)、日本衛生検査所協会: 東京, pp.172-175, 2005.
  18. 中村明、岡田正彦: 病院機能評価更新に向けての取り組み、検査部での取り組み. 新潟医学会雑誌 119(12): 715-719, 2005.
  19. 山口恵三、岡田正彦、他.: Meropenemを含む各種注射用抗菌薬に対する2004年臨床分離株の感受性サーベイランス. Jpn J Antibiotics 58(6): 655-689, 2005.
  20. 松戸隆之, 赤澤宏平, 鳥谷部真一, 吉野智之, 大谷敏郎, 牛木辰男, 岡田正彦: SNOM/AFMによるFISH画像のノイズ除去法の開発. 第25回医療情報学連合大会論文集, 2005.
  21. 松戸隆之: ニューラルネット. 臨床検査. 1445-1452, 2005.
  22. 三井田孝、平山 哲: 脂質の輸送と蓄積. 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち・総論 (香川靖雄、近藤和雄、石田 均、門脇 孝編, 第1版), 南江堂: 東京, pp.131-133, 2005.
  23. 平山 哲、三井田孝. コレステロールの合成と輸送、蓄積.人体の構造と機能及び疾病の成り立ち・総論(香川靖雄、近藤和雄、石田 均、門脇 孝編,第1版), 南江堂:東京, pp.133-136, 2005.
  24. 三井田孝、小菅恵一朗: 高脂血症治療薬. 医薬ジャーナル(新薬展望2005) 41(1)483-491, 2005.
  25. 小菅 恵一朗、三井田 孝、伊藤 正行、大林 光念、伊藤 崇子、宗田 聡、平山 哲、羽入 修、相澤 義房、中村 裕一: HDLコレステロール、ApoCIIIの随時採血による、空腹時中性脂肪の推定. リポ蛋白研究会誌 33: 3-7, 2005.
  26. 三井田孝: 高脂血症. 新潟医学会雑誌 654(11): 653-657, 2005.
  27. 三井田孝: 大学附属病院検査部の存在意義. JACLaP NEWS 86: 5, 2005.
  28. 三井田孝: Preβ1-HDLの代謝と臨床的意義. 第3回・第4回・第5回Atherosclerosis and Biolipid Conference 講演記録 pp94-109, 2005.
  29. 三井田孝、小菅恵一朗: HDLが異常値を示すときにどう対処するか. Medical Practice 22(7): 1235-1240, 2005.
  30. 三井田孝: 県医よろずQ&A. VLDLレムナント. 新潟県医師会報 660(97): 2005.
  31. 三井田孝: 第99回<再現>医師国家試験問題解説書・一般/臨床編, 第1版, (医師国家試験問題解説書編集委員会編,), 医学評論社: 東京, p172, pp399-401, 2005.
  32. 三井田孝: 高脂血症の診断法. 今月の治療 13(6-7): 57-63, 2005
  33. 三井田孝メタボリックシンドロームの診断基準について. 新潟県医師会報 667: 49-50, 2005.
  34. 三井田孝: 大学附属病院検査部の存在意義.JACLaP NEWS 86: 5, 2005.
  35. 伊藤正行, 大林光念, 三井田孝, 岡田正彦: 糖尿病患者における大血管症合併予防に対するserotonin transporter gene-linked promoter region (5-HTTLPR) 多型解析の有用性. 医学検査 54: 265-268, 2005.
  36. 伊藤正行、大林光念、堀川良則、中村明、三井田孝: 尿中におけるβ2-ミクログロブリンとα1-ミクログロブリンの安定性の検討. 医学検査 54(7): 986-989, 2005.

2004

  1. Masahiko Okada, Takayuki Matsuto, Takashi Miida, Konen Obayashi, Ying Zhu, and Yuriko Fueki: Lipid analyses for the management of vascular diseases. J. Atheroscler Thromb 11(4): 190-199, 2004.
  2. Osamu Sugita, Nobuhito Ishizawa, Takayuki Matsuto, Masahiko Okada, Norihiko Kayahara: A new method of measuring the antioxidant activity of polyphenols using cumene hydroperoxide.  Ann Clin Biochem 41: 72-77, 2004.
  3. Takashi Miida, Bo Zhang, Konen Obayashi, Utako Seino, Ying Zhu, Takako Ito, Yuichi Nakamura, Masahiko Okada, Keijiro Saku. T13M mutation of lecithin-cholesterol acyltransferase gene causes fish-eye disease. Clin Chim Acta 343(1-2): 201-208, 2004.
  4. Takashi Miida, Konen Obayashi, Utako Seino, Ying Zhu, Takako Ito, Keiichiro Kosuge, Satoshi Hirayama, Osamu Hanyu, Yuichi Nakamura, Toshio Yamaguchi, Takashi Tsuda, Yuji Saito, Osamu Miyazaki, Yasushi Nakamura, Masahiko Okada: LCAT-dependent conversion rate is a determinant of plasma preß1-HDL concentration in healthy Japanese. Clin Chim Acta 350: 107-114, 2004.
  5. Takashi Miida, Satoshi Hirayama, Yuichi Nakamura: Cholesterol-independent effects of statins and its new therapeutic targets: ischemic stroke and dementia. J. Atheroscler Thromb 11( 5): 253-264, 2004
  6. Osamu Hanyu, Takashi Miida, Konen Obayashi, Tomoo Ikarashi T, Satoshi Soda, Susumu Kaneko, Satoshi Hirayama, Katsunori Suzuki, Yuichi Nakamura , Keiichi Yamatani, Yoshifusa Aizawa.: Lipoprotein Lipase (LPL) mass in pre-heparin serum reflects insulin sensitivity. Atherosclerosis. 174(2): 385-390, 2004.
  7. Konen Obayashi, Yukio Ando, Masaaki Nakamura, Taro Yamashita, Mitsuharu Ueda, Katsuki Haraoka, Hisayasu Terazaki, Makoto Uchino: Near-infrared spectrophotoscopy in assessment of autonomic dysfunction. Neurology 63: 164-166, 2004.
  8. Konen Obayashi, Yukio Ando, Takashi Miida, Masaaki Nakamura, Taro Yamashita, Mitsuharu Ueda, Katsuki Haraoka, HIsayasu Terazaki, Masahiko Okada: Macroscopic assesment of skin venules in patients with familial amyloidotic polyneuropathy (FAP) using near-infrared spectrophotoscopy:As a markerof autonomic dysfunction. Amyloid and Amyloidosis. In:Gilles G editor. CRC Press: 334-336, 2004.
  9. Taro Yamashita, Yukio Ando, Masaaki Nakamura, Konen Obayashi, HisayasuTerazaki, Katsuki Haraoka, Xuguo Sun, Mitsuharu Ueda, Makoto Uchino: Inhibitory effect of α-tocopherol on methylmercury-induced oxidativestress. Environ Health Prev Med 9: 111-117, 2004.
  10. 岡田正彦: 長生きをするために一、コレステロールを下げる方法  KENKO 2: 2-3, 2004.
  11. 岡田正彦: 長生きをするために二、血圧を下げる方法. KENKO 3: 2-3, 2004.
  12. 松戸隆之、岡田正彦: 地域医療・遠隔医療. 医療情報医学・医療編(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編), 篠原出版新社:東京, pp.51-52, 2004.
  13. 松戸隆之.: 臨床検査. 医療情報:医学・医療編(日本医療情報学会医療情報技師育成部会編), 篠原出版新社:東京, pp.134-145, 2004.
  14. 赤澤宏平、松戸隆之.: 動物染色体画像のデータベース化と情報解析ツールの開発.染色体ナノデバイス研究会資料集2003: 95-105, 2004.
  15. 三井田孝、張 波、伊藤崇子、朔啓二郎: Preβ1-HDLの成熟障害を認めた魚眼病の一例. The Lipid. 15( 4): 399-404, 2004.
  16. 村井丈寛、荒井勝光、生越 章、羽入忠正、三井田孝、山田俊幸.: フェノフィブラートによる2次性アミロイドーシスの抑制. 新潟医学会雑誌 117(9): 497-501, 2003.
  17. 三井田孝.: 臨床検査におけるエラーの原因とその対策. 新潟医学会雑誌117(12): 701-703, 2003.
  18. 中村裕一、三井田孝、浅見 直、相澤義房: コレスチミドが著効したβ-シトステロール血症の一例. The Lipid. 15(1): 80-84, 2004.
  19. 三井田孝: 第98回<再現>医師国家試験問題解説書・一般/必修篇(医師国家試験問題解説書編集委員会編,第1版),医学評論社: 東京,p29, pp96-97, 2004.
  20. 三井田孝: 第98回<再現>医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇(医師国家試験問題解説書編集委員会編,第1版), 医学評論社: 東京,p447, 2004.
  21. 三井田孝、伊藤耐子、今井恵美子、永井正樹、不二崎順二、青柳孝一、薄田芳丸.臨床検査の標準化に必要な3つの問題点-検査データを共有化するために克服すべき最後のハードルとは?-. 新潟県医師会652: 4-7, 2004.
  22. 三井田孝. HDL亜分画からみたコレステロール逆転送系. 新潟県医師会報657: 2-4, 2004.
  23. 中村裕一、三井田孝. レムナントとその臨床的意義. 血液・尿化学検査、免疫学的検査-その数値をどう読むか-, 第6版, , 日本臨床社:東京,pp.22-25, 2004.
  24. 大林光念、岡田正彦: 予防医学に化学がいかに関与しているか. 化学ー基礎からQOLを高める化学まで第2章健康と化学(杉田収編)、ヌーベルヒロカワ: 東京,pp.13-24, 2004.
  25. 大林光念、岡田正彦: 化学ー基礎からQOLを高める化学まで第10章疾病と化学(杉田収編)、病との闘いに化学がいかに関与しているか. ヌーベルヒロカワ: 東京,pp.111-123, 2004.
  26. 大林光念: 新たなる自律神経機能検査法の考案と臨床への応用. 新潟県医師会報 656: 2-5, 2004.
  27. 安東由喜雄、大林光念: 新しい自律神経機能検査法による病態解析の実際. 臨床病理 587-594, 2004.
  28. 今村重洋、山下太郎、安東由喜雄、大林光念、内野誠、田北智裕、小出達也、箕田修治 : 脈波伝播速度による Duchenne 型筋ジストロフィー患者の循環動態の評価. 平成15年度厚生労働省精神・神経疾患研究依託費による研究報告集 106, 2004.
  29. 石田利一郎、岡田正彦、坂東武彦: 人生目的とストレス負荷における自律神経機能の関係:映像刺激による評価. 新潟医学会雑誌118(7):333-339, 2004.
  30. 石田利一郎、岡田正彦、坂東武彦: ストレッサーに対する適応についての心理生理学的分析と青少年期教育への寄与. 自律神経41(4):419-422, 2004.
  31. 高野操, 和田玲子, 堀川良則, 馬場みや子, 尾崎京子: 凝固検査における検体遠心時間の検討. 新潟県臨床衛生検査技師会誌44(4): 11, 2004.

2003

  1. Pengyu Cao, Masao Hashiba, Kouhei Akazawa, Tomoko Yamakawa, Takayuki Matsuto.: An integrated medical image database and retrieval system using a web application server. Int J Med Inform 71: 51-55, 2003.
  2. Takashi Miida, Osamu Miyazaki, Osamu Hanyu, Yuichi Nakamura, Satoshi Hirayama, Ichiei Narita, Fumitake Gejyo, Isei Ei, Kazuyuki Tasaki, Yutaka Kohda, Takashi Ohta, Syogo Yata, Isamu Fukamachi,  Masahiko Okada: LCAT-dependent conversion of preβ1-HDL into α-mgrating HDL is severely delayed in hemodialysis patients. J Am Soc Nephrol. 14:732-738, 2003.
  3. Takashi Miida, Osamu Miyazaki, Yasushi Nakamura, Satoshi Hirayama, Osamu Hanyu, Isamu Fukamachi, and Masahiko Okada: Analytical performance of a sandwich enzyme immunoassay for preβ1-HDL in stabilized plasma. J Lipid Res 44:645-650, 2003.
  4. Seitaro Maruyama, Kiminori Kato, Makoto Kodama, Yuji Okura, Satoru Hirono, Koichi Fuse, Haruo Hanawa, Osamu Nakagawa, Mikio Nakazawa, Takashi Miida, Eisin Yaoita, Tadashi Yamamoto, Ikuo Inoue, Yoshifusa Aizawa. FR167653 suppresses the progression of experimental autoimmune myocarditis. Mol Cell Biochem 246(1-2):39-44, 2003.
  5. Taku Matsubara, Takaharu Ishibashi, Tomoyuki Hori, Kazuyuki Ozaki, Tohru Mezaki, Keiichi Tsuchida, Akimitsu Nasuno, Kaname Kubota, Takayuki Tanaka, Takashi Miida, Yoshifusa Aizawa, Matomo Nishio. Association between coronary endothelial dysfunction and local inflammation of atherosclerotic coronary arteries. Mol Cell Biochem 249(1-2): 67-73, 2003.
  6. Tohru Mezaki, Taku Matsubara, Tomoyuki Hori, Kohtarou Higuchi, Akira Nakamura, Iwao Nakagawa, Shunsuke Imai, Kazuyuki Ozaki, Keiichi Tuchida, Akimitsu Nasuno, Takayuki Tanaka, Kaname Kubota, Masahiko Nakano, Takashi Miida, Yoshifusa Aizawa. Plasma levels of soluble thrombomodulin, C-reactive protein and serum amyloid A protein in the atherosclerotic coronary circulation. Jpn. Heart J. 44(5): 601-612, 2003.
  7. 岡田正彦: 午後の随想ー日本語はむずかしいー.新潟県臨床検査センター協議会第66回総会・研修会報告書 15-24, 2003.
  8. 岡田正彦: 「夜明け前」を迎えた電子カルテ.新医療 343:65-67, 2003.
  9. 岡田正彦: がんの血液診断:将来に向けての新しい展開.新潟医学会雑誌117(7):331-351, 2003.
  10. 岡田正彦: 医学科研究棟改修Ⅰ期工事終了.有壬だより31:1, 2003.
  11. 岡田正彦: 豊かに年齢を重ねる:自然に生きる. 新潟大学公開講座エイジング. 2003.
  12. 岡田正彦: TBSラジオ番組サイエンス・サイトーク. 2002年3月2日、9日放送、インターネット掲載.
  13. 岡田正彦: 過激なタイトル、まじめな内容. ほんのこべや24:60-64、2003.
  14. 岡田正彦: SARSについて考えるー感染症の危機管理ー.新潟市歯だより155:15, 2003.
  15. 松戸隆之.: 地域医療・遠隔医療.日本医療情報学会医療情報技師育成事業医療情報技師育成テキスト,2003  
  16. 松戸隆之、岡田正彦: 地域医療・遠隔医療.日本医療情報学会医療情報技師平成15年度講習会テキスト医学・医療系p.35, 2003.
  17. 杉田収,石澤信人,中野正春,松戸隆之,岡田正彦.: クメインヒドロペルオキシド/ヘモグロビン・メチレンブルー法による緑茶・紅茶の抗酸化能.臨床病理,51(9):859-863,2003.
  18. 三井田孝: HDL亜分画ではどれが本当の善玉ですか?フィブラート系薬剤Q&A.(寺本民生編),医薬ジャーナル社:東京,pp.89-99, 2002.
  19. 三井田孝: HDL,高脂血症ナビゲーター第1版(山田信博、石橋俊、代田浩之編)、メジカルビュー社:東京、pp.112-113, 2003.
  20. 三井田孝: 高脂血症の臨床, ダイナミックメディシン3第1版(斎藤康, 下条文武編), 西村書店: 新潟, pp.XIII-136-137, 2003.
  21. 三井田孝: 黄色腫, ダイナミックメディシン3第1版(斎藤康, 下条文武編), 西村書店: 新潟, pp.XIII-136-138, 2003.
  22. 三井田孝: 第97回<再現>医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇,(医師国家試験問題解説書編集委員会編),医学評論社:東京、p.78, 2003.
  23. 三井田孝: 第97回<再現>医師国家試験問題解説書・必修篇,(医師国家試験問題解説書編集委員会編),医学評論社:東京,pp.82-83, 別12, 2003.
  24. 三井田孝: 高脂血症.Rp. 2(3): 207, 2003. 
  25. 三井田孝: 高血圧症を合併した中等度高コレステロール血症の女性患者.Rp. 2(3): 208-209, 2003.
  26. 三井田孝: マルチプルリスクファクター症候群に伴う高TG血症の中年男性.Rp.2(3): 236-237, 2003.
  27. 三井田孝: 処方の教室まとめ.Rp.2(3): 265, 2003.
  28. 三井田孝: Preβ1-HDLのイムノアッセイ. リポ蛋白研究会誌30: 38-39, 2003.
  29. 三井田孝: 臨床検査におけるエラーの原因とその対策. 新潟医学会雑誌117(12): 701-703, 2003.
  30. 羽入 修、三井田孝: 高脂血症の種類と診断のための検査法.『内科診療Q&A』.(永野 充、原田 尚、藤澤 冽、永野志朗編) , 六法出版社:東京, 37pp.966-969, 2003.
  31. 平山 哲、三井田孝: 高コレステロール血症の処方の読み方・とらえ方.Rp.2(3): 211-223, 2003.
  32. 中村裕一、三井田孝: 高トリグリセライド血症の処方の読み方・とらえ方.Rp.2(3): 238-247, 2003.
  33. 加藤公則、三井田孝、丸山誠太郎、相澤義房: 高尿酸血症を合併したIIb型高脂血症に対するフェノフィブラート(リパンチル)の使用経験.Progress in Medicine. 23(1): 251-253, 2003.
  34. 丸山誠太郎、加藤公則、小玉 誠、西川 尚、渡辺律雄、林 学、吉田 剛、塙 晴雄、相澤義房、中川 理、三井田孝、仲澤幹: 実験的自己免疫性心筋炎ラットに対するセリバスタチンの効果.新潟医学会雑誌.117(1): 26-33, 2003.
  35. 嶋川 淳、伊藤耐子、佐々木弘子、菅原芳秋、小山正樹、三井田孝、柴崎浩一: 高感度CRP測定試薬の性能評価と基準範囲および関連因子について.日本臨床検査自動化学会会誌.28(3): 173-178, 2003.
  36. 中村裕一、三井田孝、羽入 修、笹川康夫、鈴木 薫、相澤義房: 高脂血症診療における低比重リポ蛋白コレステロールの評価についての実態調査.J Cardiol.42,(6):261-268, 2003.
  37. 村井丈寛、荒井勝光、生越 章、羽入忠正、三井田孝、山田俊幸: フェノフィブラートによる2次性アミロイドーシスの抑制.新潟医学会雑誌117(9): 497-501, 2003.
  38. 大林光念、内野誠: 耳鼻咽喉科医に必要な神経疾患の知識5.免疫異常Ⅱ.神経ベーチェット病 JOHNS 19:11-13, 2003
  39. 安東由喜雄,大林光念.: 神経難病における自律神経障害の病態解析と治療.第67回熊本県神経難病研究会抄録集:22-23,2003.
  40. 中村政明、本宮善恢、笹田景子、原岡克樹、山下太郎、大林光念、安東由喜雄: 維持透析患者における Extracellular Superoxide Dismutase(EC-SOD) 遺伝子多型の検討. 奈良県医師会透析部会誌. 8:43-47, 2003.
  41. 大林光念: アミロイド関節症、医学大辞典.(伊藤正男、井村裕夫、高久史磨編)、医学書院:東京,p.51, 2003.
  42. 宇山英一郎、大林光念、安東由喜雄、内藤誠: 胃電図を用いた長期経過SMON患者の胃運動機能の評価.厚生科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)スモンに関する調査研究班平成14年度研究報告書:109-111, 2003.
  43. 原岡克樹、安東由喜雄、大林光念、佐々木裕: 全身性アミロイドーシスの消化器症状と消化管自律神経機能評価.自律神経40:122-128, 2003.
  44. 安東由喜雄、中村政明、山下太郎、大林光念、植田光晴、原岡克樹、山村研一、前田秀一郎、永原俊一、佐野明彦: 家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の遺伝子治療ーsingle-stranded oligonucleotide(SSOs)による検討.厚生科学研究費補助金(特定疾患対策研究事業)アミロイドーシスに関する調査研究班平成14年度研究報告書:66-68, 2003.
  45. 棚橋洋子、中村明、岡田正彦: 自動分析装置ディメンションRxL-HMによるフレックスカートリッジ シクロスポリンCSAの基礎的検討.医学と薬学49(3):485-491, 2003.
  46. 尾崎京子.: インフルエンザ桿菌.ダイナミックメディシン5(斉藤康,下条文武編),西村書店:新潟,pp.(17-)69~70,2003.
  47. 高野操.: 臨床検査Q&A尿培養検.Medical Technology 31(1):107-108, 2003.

 

 

 


2002

  1. Tomoo Ando, Akira Tanaka, Sadahumi Fukasaku, Ristuko Takada, Masahiko Okada, Kazuhiko Ukai, Kazuhiko Shizuka, Hiroshi Oyamada, Haruo Toda, Tomokazu Taniyama, Tomoaki Usui Makoto Yoshizawa, Tooru Kiryu, Mineo Takagi, Shinya Saida, Takehiko Bando: Pupillary and cardiovascular responses to a video movie in senior human subjects. Auton Neurosc 97: 129-135, 2002.
  2. Takashi Miida, Yuichi Nakamura, Toru Mezaki, Osamu Hanyu, Seitaro Maruyama, Yoshinori Horikawa, Sachiko Izawa, Yukio Yamada, Hiroshi Matsui, Masahiko Okada: LDL-cholesterol and HDL-cholesterol decrease during the day. Ann Clin Biochem 39:241-249, 2002.
  3. Seitaro Maruyama, Kiminori Kato, Makoto Kodama, Satoru Hirono, Koichi Fuse, Osamu Nakagawa, Mikio Nakazawa, Takashi Miida, Kenichi Watanabe, Tadashi Yamamoto, Yoshifusa Aizawa: Fenofibrate, a peroxisome proliferator-activated receptor α activator, suppresses experimental autoimmune myocarditis by stimulating the interleukin-10 pathway in rats. J Atheroscler Thromb 9(2):87-92, 2002.
  4. Takahiro Murai,Toshiyuki Ymada,Takashi Mida,Katsumitsu Arai,Naoto Endo, and Tadamasa Hanyu:Fenofibrate inhibits reactive amyloidosis in mice. Arthritis & Rheumatism 46(6):1683-1688, 2002.
  5. 岡田正彦: 酸化変性LDLの臨床的意義と測定法. 臨床病理(日本臨床検査医学会誌) 50(3): 248-253, 2002.
  6. 岡田正彦: 検査結果でわかること14 心電図で不整脈が認められた時. ラボ:平成14年5月1日号, pp.6
  7. 岡田正彦: 臨床検査情報学の将来展望. 臨床病理(日本臨床検査医学会誌) 50:691-693, 2002
  8. 岡田正彦: 動脈硬化症の診断プロトコル.Medical Technology(臨床検査学雑誌). 30(10):1122-1128, 2002.
  9. 岡田正彦, 松戸隆之, 三井田孝, 稲野浩一: 新潟大学医学部における検査医学教育. Lab.Clin.Pract. 20(2):123-147, 2002.
  10. 岡田正彦: 正常値の舞台裏. 新潟県臨床検査センター協議会(第64回総会・研修会報告書):2002
  11. 岡田正彦: タバコのけむり. JACLaP NEWS 68:2002.
  12. 岡田正彦: 医学科研究棟改修工事始まる.有壬だより 29:2002
  13. 岡田正彦: ITが開く新時代.新潟日報:2002年2月20日号
  14. 松戸隆之: 電子カルテの導入と臨床検査. 愛媛県臨床衛生検査技師会法人化10周年記念誌ー明日の医療に貢献する臨床検査ー: 139-141,愛媛県臨床衛生検査技師会. 2002.
  15. 松戸隆之:情報科学概論・検査機器総論の解答、解説2003年度版 臨床検査技師国家試験問題集. 医歯薬出版, 2002.
  16. 北村康男,鈴木一也,斉藤俊弘,小松原秀一,松戸隆之:Free/total PSA ratio.日本臨床,60(suppl 11),112-116,2002.
  17. 三井田孝:第96回<再現>医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇.(医師国家試験問題解説書編集委員会編),医学評論社:東京,pp.528,602-603, 2002.
  18. 三井田孝, 中村裕一: スクリーニング検査, 高脂血症診療ガイダンス(寺本民生, 山田信博編),  メジカルビュー社: 東京, pp.167-169, 2002
  19. 中村裕一, 三井田孝: 原発性高脂血症の診断のプロセス, 高脂血症診療ガイダンス(寺本民生, 山田信博編),  メジカルビュー社: 東京, pp.170-172, 2002
  20. 三井田孝, 中村裕一: 遺伝因子によって発症する高脂血症, 高脂血症診療ガイダンス(寺本民生, 山田信博編),  メジカルビュー社: 東京, pp.173-175, 2002
  21. 三井田孝, 中村裕一: 家族性Ⅲ型高脂血症の治療, 高脂血症診療ガイダンス(寺本民生, 山田信博編), メジカルビュー社: 東京, pp.190-191, 2002
  22. 三井田孝:Preβ1-HDLの代謝と血中濃度の臨床的意義,高脂血症と動脈硬化.(馬渕宏編),医歯薬出版:東京,pp.184-188, 2002.
  23. 三井田孝: Pre-ß1-HDLの生成機構とその臨床的意義. The Lipid: 13(1):60-67, 2002
  24. 三井田孝: ABCA-1と治療. 内科 89(5): 887-891, 2002
  25. 三井田孝: HDLの働き(逆転送から). Progress in medicine: 22(4)919-924, 2002
  26. 三井田孝: 健康集団で認められる高HDL血症. 検査と技術: 30(11):1258-1260, 2002 
  27. 三井田孝: 高トリグリセライド血症患者におけるベザフィブラートのHDL増加機序. Therapeutic Research 23(6): 1128-1134, 2002.
  28. 三井田孝: 高コレステロール血症の診療に空腹時採血は必須か? 治療学36(5): 494-495, 2002.
  29. 三井田孝: 高脂血症の診断と治療. 柏崎市刈羽郡医師会報 396: 1-4, 2002.
  30. 三井田孝: HDL亜分画ではどれが本当の善玉ですか? フィブラート系薬剤Q&A.(寺本民生編), 医薬ジャーナル社:東京,pp.98-99, 2002.
  31. 羽入 修、五十嵐智雄、宗田 聡、丸山誠太郎、戸谷真紀、金子 晋、鈴木克典、中川 理、相沢義房、三井田孝: インスリン抵抗性の指標としてのヘパリン静注前血清リポ蛋白リパーゼ量の検討. リポ蛋白研究会誌 26: 24-27, 2001.
  32. 目崎 享、松原 琢、掘 知行、今井俊介、中川 巌、尾崎和幸、畑田勝治、那須野暁光、田中孝幸、久保田要、相沢義房、三井田孝: Plasma levels of serum amyloid A protein and suluble thrombomodulin in the coronary circulation of the patients with coronary artery disease. リポ蛋白研究会誌 26: 28-29, 2001.
  33. 丸山誠太郎、加藤公則、小玉 誠、仲澤幹雄、塙 晴雄、大倉裕二、廣野暁、塩野方明、山浦正幸、布施公一、伊藤正洋、太刀川仁、吉田剛、林学、阿部 暁、馬 梅蕾、上村 宗、中川 理、樋口宗史、三井田孝、山本格、渡辺賢一、相澤義房: 実験的自己免疫性心筋炎ラットに対するフェノフィブレート(PPARα活性化薬)の効果. 心筋の構造と代謝-2000 23: 33-38, 2001.
  34. 黒澤弘美, 和田玲子, 尾崎京子, 井沢幸子, 坂井智子, 堀川良則, 中村明, 岡田正彦: N-アッセイTIAニットーボーIgG,IgA, IgM, C3, C4-SH(E)の基礎的検討. 医療と検査機器・試薬 25(2): 159-165, 2002.


2001

  1. Masahiko Okada, Hiroshi Matsui, Yasuki Ito, Akira Fujiwara: Direct measurement of HDL cholesterol. Method eliminating apolipoprotein E-rich particles. J Clin Lab Ana 15: 223-229, 2001.
  2. Masahiko Okada, Riichiro Ishida: Direct measurement of low-density-lipoprotein cholesterol is more effective than total cholesterol for the purpose of lipoprotein screening. Prev Med 32: 224-229, 2001.
  3. Riichiro Ishida, Masahiko Okada: Endurance training in young subjects: Effects on the autonomic nervous system. Acta Medica et Biologica 49(2): 53-60, 2001.
  4. Motohiko Kimura, Yoshihiko Tomita, Tomoyuki Imai, Toshihiro Saito, Akiyoshi Katagiri, Yukie O-hara-Mikami, Takayuki Matsuto, Kota Takahashi: Significance of serum amyloid A on the prognosis in patients with renal cell carcinoma. Cancer 92(8): 2072-2075, 2001.
  5. Minoru Sakatsume, Moritoshi Kadomura, Iku Sakata, Naofumi Imai, Daisuke Kondo, Yutaka Osawa, Hisaki Shimada, Mitsuhiro Ueno, Takashi Miida, Shinichi Nishi, Masaki Akazawa, Fumitake Gejyo: Novel glomerular lipoprotein deposits associated with apolipoprotein E2 homozygosity. Kidney International 59(5): 1911-1918, 2001.
  6. Osamu. Miyazaki, Junji. Kobayashi, Isamu. Fukamachi, Takashi. Miida, Hideki. Bujo, Yasushi. Saito: A new sandwich enzyme immunoassay for measurement of plasma pre-β1-HDL levels. J Lipid Res 41(12): 2083-2088, 2000.
  7. Kouiti Taira, Hideki Bujo, Satoshi Hirayama, Hiroyuki Yamazaki, Tatsuro Kanaki, Kazuo Takahashi, I. Ishii, Takashi Miida, Wolfgang Johann Schneider, Yasushi Saito: LR11, A Mosaic LDL receptor family member, mediates the uptake of apo E-rich lipoproteins in vitro. Arterioscler Thromb Vasc Biol 21(9): 1501-1506, 2001.
  8. Kuniko Okumura-Noji, Kanna Sasai, Renli Zhan, Hitoshi Kawaguchi, Haruhiko Maruyama, Toyohiro Tada, Hikaru Takahashi, Mitsuyo Okazaki, Takashi Miida, N. Sakuma, Genjiro Kimura, Nobuo Ohta, Shinji Yokoyama: Cholesteryl ester transfer protein-deficiency causes slow egg embryonation of Shistosoma japonicum. Biochem Biophys Res Commun 286(2): 305-310, 2001.
  9. H. Takahashi, T. Furukawa, S. Hashimoto, N. Suzuki, T. Kuroha, F. Yamazaki, K. Inano, M. Takahashi, Y. Aizawa, T. Koike: Contribution of TNF-alpha and IL-10 gene polymorphisms to graft-versus-host disease following allo-hematopoietic stem cell transplantation. Bone Marrow Transplant 26: 1317-1323, 2001.
  10. Tatsuo Furukawa, Shigeo Hashimoto, Kouichi Inano, Fusako Yamazaki, Hiroko Takeda, Toshio Kakihara, Toshio Yano, Takashi Abe, Wataru Higuchi, Ken Toba, Miida Takahashi, Tadashi Koike, Yoshifusa Aizawa: Analysis of chimerism in patients with hematologic malignancies after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Rinsho Ketsueki 42: 488-495, 2001.
  11. 岡田正彦: 臨床検査の再構築.新医療 314: 92-94, 2001.
  12. 岡田正彦: コレステロールエステル転送蛋白(CETP). 高脂血症(上巻). 日本臨床 59, 増刊号 2, : 236-239, 2001.
  13. 岡田正彦: 高脂血症. 現代医療 33(7): 182-186, 2001.
  14. 岡田正彦: 検体搬送システム, 臨床検査便覧, 月刊新医療: 東京, pp. 43-45, 2001.
  15. 岡田正彦: “改革”の時代へ発想を転換し挑む. Medical Academy News 801: 2-3, 2001.
  16. 岡田正彦: 新世紀の臨床検査を考える. The Medical & Test Journal 787: 3, 2001.
  17. 岡田正彦: 日本臨床検査自動化学会第33回大会開催にあたって. 病院新聞 1700: 1, 2001.
  18. 岡田正彦: 序文「測定技術と臨床応用」の発刊にあたって. SAA文献集: 1-4, 2001.
  19. 岡田正彦: 長生きのためのIT活用. 日本歯科産業学会誌 15(2): 5-6, 2001.
  20. 和田玲子, 松戸隆之, 松井朝子, 桜井美穂, 三井田孝, 浅見恵子, 星山真理, 中村茂樹, 岡田正彦: 髄液中化学成分14項目の基準範囲の設定. 臨床化学 30(2): 100-105, 2001.
  21. 中静真, 木竜徹, 石井邦夫, 岡田正彦: 心電図等の遠隔監視と在宅診断及び疾病予防支援のための情報通信技術に関する研究, 高度医療資源共有のための高機能情報通信システムの開発・研究成果報告書: pp. 71-74, 2001.
  22. 池本秀雄, 岡田正彦, 尾崎京子 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1999年). Jap. J. Antibio. 54(7): 331-364, 2001.
  23. 黒澤弘美, 和田玲子, 稲野浩一, 中村明, 岡田正彦: 高速凝固真空採血管が生化学測定値に及ぼす影響について. 日本臨床検査自動化学会会誌 26(5): 651-654, 2001.
  24. 石田利一郎, 岡田正彦: 多変量解析による身体的トレーニング量と自律神経機能との関係: よりよい健康指標をめざして. 臨床病理(日本臨床検査医学会誌) 49(11): 1162-1165, 2001.
  25. 武田宏子, 稲野浩一, 山崎房子, 古川達雄, 岡田正彦: ABI PRISMTM310 Genetic Analyzer (GeneScan 法)を用いたSTRキメリズム解析の有用性. 日本検査血液学会雑誌 2(3): 255-260, 2001.
  26. 松戸隆之: ITによる遠隔治療. 日本歯科産業学会誌: 15(2),60-65, 2001
  27. 三井田孝: 高脂血症. プライマリケア/主要疾患・症候群(改訂3版, 伊東 洋、庄司進一監修, 東京, 医学評論社), 173-176, 215-216, 2000.
  28. 三井田孝: コレステロールが高いと言われた時に受ける検査, ここが知りたい!病気と検査のはなし(河野均也監修 第1版), 日本衛生検査所協会: 東京, pp. 85-87, 2001.
  29. 三井田孝: HDLの疫学について, トリグリセライド、HDLと動脈硬化(山本章編, 第1版), フジメディカル出版: 東京, pp. 74-82, 2001.
  30. 三井田孝: 第95回<再現>医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇(医師国家試験問題解説書編集委員会編, 第1版), 医学評論社: 東京, p. 65, 2001.
  31. 三井田孝: コレステロール逆転送系の分子機構. 日本臨床 59, 増刊号 2, 高脂血症(上巻) 50: 463-467, 2001.
  32. 張波, 三井田孝, 朔啓二郎: Pre-ß HDL. 日本臨床 59, 増刊号 2, 高脂血症(上巻) 50: 80-85, 2001.
  33. 三井田孝, 中村治雄: HDL-コレステロールとそのみかた. Geriatric Medicine 39(3): 485-496, 2001.
  34. 三井田孝, 高口功, 加藤正人, 外立美津江, 中川智, 安井浩美, 西沢清: ICカード時代に必要不可欠な臨床検査の標準化ーアルカリホスファターゼの標準化の場合ー. 新潟県医師会報 613: 86-89, 2001.
  35. 三井田孝: 高脂血症治療薬の使用法, 保険診療のてびき(改訂第3版), 新潟県医師会: 新潟, pp. 64-67, 2001.
  36. 三井田孝: 大規模介入試験からみた高脂血症と動脈硬化. 現代医療 33(12): 3061-3067, 2001.
  37. 三井田孝: Pre-ß1-HDL: 動脈硬化のマーカーとしての可能性. 循環器科50(5): 417-424, 2001.
  38. 三井田孝: 健診における脂質検査の意義. TRIM information magagine 181: 16-19, 2001.
  39. 三井田孝: 高脂血症. 桑の実 32: 1, 2001.
  40. 三井田孝: 各種病態におけるHDL亜分画の変化. The Medical & Test Journal 785: 20, 2001.
  41. 羽入修,五十嵐智雄,宗田聡,丸山誠太郎,戸谷真紀,金子晋,鈴木克典,中川理,相沢義房,三井田孝.:インスリン抵抗性の指標としてのヘパリン静注前血清リポ蛋白リパ-ゼ量の検討.:リポ蛋白研究会誌.26:24-27, 2001
  42. 目崎享,松原琢,堀智行,今井俊介,中川巌,尾崎和幸,畑田勝治,那須野暁光,田中孝幸,久保田要,相沢義房,三井田孝.:Plasma levels of serum amyloid A protein and suluble thrombomodulin in the coronary circulation of the patients with coronary artery disease.リポ蛋白研究会誌.26:28-29, 2001.
  43. 丸山誠太郎,加藤公則,小玉誠,仲澤幹雄,塙晴雄,大倉祐二,廣野暁,塩野方明,山浦正幸,布施公一,伊藤正洋,太刀川仁,吉田剛,林学,阿部暁,馬梅蕾,上村宗,中川理,樋口宗史,三井田孝,山本格,渡辺賢一,相澤義房.実験的自己免疫性心筋炎ラットに対するフェノフィブレート(PPARα活性化薬)の効果.心筋の構造と代謝-2000 23:33-38, 2001.
  44. 尾崎京子: 嫌気性菌検査法の見直し-労力・経済性・臨床への貢献度-嫌気性菌検査の経済性.日本嫌気性菌感染症研究31: 36-40、2001.


2000

  1. Masahiko Okada, Takashi Miida, Hitoshi Hama, Shogo Yata, Takao Sunaga, Akiko Tsuda, Hisashi Saito: Possible risk factors of carotid artery atherosclerosis in the Japanese population: A primary prevention study in non-diabetic subjects. Int Med 39(5): 362-368, 2000.
  2. Masahiko Okada, Takashi Miida, Akira Fujiwara, Noriyoshi Inomata: Autoantibodies against oxidized low-density lipoprotein correlate with Achilles tendon xanthoma. Clin Chem Lab Med 38(6): 501-506, 2000.
  3. Takumi Kurabayashi, Masahiko Okada, Kenichi Tanaka: Eicosapentaenoic acid effect on hyperlipidemia in menopausal Japanese women. Obst Gyne 96(4): 521-528, 2000.
  4. Masao Hashiba, Takayuki Matsuto, Futoshi Arai, Tomoko Yamakawa, Kouhei Akazawa: Accessing endoscopic images for remote conference and diagnosis using WWW server with a secure socket layer. J Med Sys 24(6): 333-338, 2000.
  5. M. Hashiba, K. Inagawa, T. Matsuto, A. Motonaga, T. Yamakawa, K. Akazawa: Application of the RealAudio package to computerized medical lectures. Med Inform 25(4): 239-245, 2000.
  6. Takashi Miida, Kazuyuki Ozaki, Toru Murakami, Takayuki Kashiwa, Toru Yamadera, Takashi Tsuda, Koichi Inano, Masahiko Okada: Preß1 high-density lipoprotein (preß1-HDL) concentration can change with low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-C) concentration independent of cholesteryl ester transfer protein (CETP). Clin Chim Acta 292: 69-80, 2000.
  7. Takashi Miida, Katsuyuki Sakai, Kazuyuki Ozaki, Yuichi Nakamura, Toshio Yamaguchi, Takashi Tsuda, Takayuki Kashiwa, Toru Murakami, Koichi Inano, Masahiko Okada: Bezafibrate increases preß1-HDL at the expense of HDL2 in hypertriglyceriemia. Arterioscler. Thromb. Vasc Biol 20(11): 2428-2433, 2000.
  8. O. Miyazaki, J. Kobayashi, I. Fukamachi, T. Miida, H. Bujo, Y. Saito: A new sandwich enzyme immunoassay for measurement of plasma pre-ß1-HDL levels. J Lipid Res 41(12): 2083-2088, 2000.
  9. Koichi Inano, Isao Suetake, Takayuki Ueda, Yasuko Miyake, Masahiko Nakamura, Masahiko Okada, Shoji Tajima: Maintenance-type DNA methyltransferase is highly expressed in post-mitotic neurons and localized in the cytoplasmic compartment. J Biochem 128(2): 315-321, 2000.
  10. Koichi Inano, Shizuo Tezuka, Takashi Miida, Masahiko Okada: Capillary isotachophoretic analysis of serum lipoproteins using a carrier ampholyte as spacer ion. Ann Clin Biochem 37: 708-716, 2000.
  11. Masahiro Ito, Hidenobu Takahashi, Koichi Fuse, Satoru Hirono, Takashi Washizuka, Kiminori Kato, Fusako Yamazaki, Koichi Inano, Tatsuo Fukukawa, Makoto Komada, Yoshifusa Aizawa: Polymorohisms of tumor necrosis factor-α and interleukin-10genes in Japanese patients with idiopathic dilated cardiomyopathy. Jap Heart J 41(2): 183-191, 2000.
  12. 岡田正彦(編著): 生理機能検査機器, 生体計測の機器とシステム, コロナ社: 東京, 2000.
  13. 岡田正彦(編著): 臨床検査情報学, 臨床病理刊行会: 東京, 2000.
  14. 岡田正彦: 医療情報システムの21世紀への提言. 第46回全国国立大学病院中央検査部会議議事録 : 61-64, 2000.
  15. 岡田正彦: 小型LDLの生成機序. 日本医事新報 3971: 90-91, 2000.
  16. 岡田正彦: LDLの酸化と動脈硬化の診断・治療. 新豊北医師会報 423: 2-3, 2000.
  17. 岡田正彦: IT時代の検査システム. The Medical & Test Journal 746: 12, 2000.
  18. 岡田正彦: 「老齢者の検査値-血清脂質」のみどころ聞きどころ. The Medical & Test Journal 754: 8, 2000.
  19. 斎藤恒, 村田英寛, 安部津江子, 天野由美子, 小池三千代, 岡田正彦: 水俣病と動脈硬化. 医学評論 102: 27-35, 2000.
  20. 馬場みや子, 松井朝子, 岡田正彦: エミット2000シクロスポリンアッセイによる全血中シクロスポリン濃度測定法の検討. 新薬と臨床 49(3): 128-133, 2000.
  21. 山崎房子, 稲野浩一, 古川達雄, 橋本誠雄, 相澤義房, 岡田正彦: 骨髄移植後のキメリズム解析におけるSTRの応用. 臨床検査 44(3): 327-330, 2000.
  22. 佐々木弘子, 安井浩美, 中栄正隆, 柴崎浩一, 伊藤耐子, 稲野浩一, 三井田孝, 岡田正彦: 各リポ蛋白分画に対する反応性を中心にして. 日本臨床検査自動化学会会誌 25(2): 97-103, 2000.
  23. 池本秀雄, 岡田正彦, 尾崎京子 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1998年). The Japanese Journal of Antibiotics 53(5): 261-298, 2000.
  24. 牧野秀夫, 前田義信, 中山純, 佐々木秀明, 石井郁夫, 岡田正彦, 伊藤栄一,大井裕, 三富暁美: 病院内学校教育における臨場感体験型教育シ0ステムー実用的遠隔授業システムと通信技術の検討ー. 「在宅医療とME技術」研究会研究報告集 9(1): 13-16, 2000.
  25. 星山真理, 岩田実, 山田朋子, 岡田正彦: 変性LDLに対する自己抗体と頚動脈内膜肥厚度の関連. 糖尿病 43(11): 941-948, 2000.
  26. 松戸隆之: 臨床検査学講座情報科学, 医師薬出版: 東京, 2000.
  27. 松戸隆之: 非線形モデリングによる心拍変動の予測可能性. 日本臨床生理学会雑誌 30(5): 251-253, 2000.
  28. 松戸隆之, 羽柴正夫, 岡田正彦: 非線形自己回帰モデルによる心拍数変動のモデリング. 医療情報学 20(Suppl. 2): 600-601, 2000.
  29. 松戸隆之: 体表面積の算出法. 日本医事新報 3979: 135, 2000.
  30. 松戸隆之: 平成12年度第2回臨床検査技師模擬試験問題. 医歯薬出版: 東京, 2000.
  31. 三井田孝: 高脂血症, 救急医療・外来診療(伊東洋, 庄司進一監修, 第2版), 医学評論社: 東京, pp.104-107, 2000.
  32. 三井田孝: AFCAPS/TexCAPS. DATA UPDATE 循環系 (山口徹, 日和田邦男, 斎藤康編, 第2版), 先端医学社: 東京, pp. 268-269, 2000.
  33. 三井田孝: 第94回医師国家試験問題解説書 (医師国家試験問題解説書編集委員会編, 第1版), 医学評論社: 東京, pp. 138, 2000.
  34. 三井田孝: 脂質代謝異常 (高脂血症), 臨床薬物治療薬(市田文弘, 黒岩幸雄監修, 医療薬学研究協議会編, 第1版), アークメディア: 東京, pp. 616-620, 2000.
  35. 尾崎和幸, 三井田孝, 中村裕一, 山添優, 相澤義房: 高トリグリセライド血症患者におけるBezafibrateのレムナント代謝改善効果. 心臓 32(8): 627-630, 2000.
  36. 三井田孝: コレスチミド. 臨床と薬物治療 19(4): 284-285, 2000.
  37. 三井田孝: アポ蛋白の測定意義. 臨床栄養 96(1): 358-362, 2000.
  38. 佐々木弘子, 安井浩美, 白井彰, 三井田孝: HDL-C直接法の反応特性におよぼす血清蛋白成分の影響. リポ蛋白研究会誌 23: 19-22, 2000.
  39. 三井田孝: HDLの臨床. リポ蛋白研究会誌 23: 23-26, 2000.
  40. 三井田孝: 高脂血症の薬物療法. 薬局 51(8): 1832-1842, 2000.
  41. 衛藤雅昭, 斎藤恵美子, 加来浩平, 佐々木弘子, 三井田孝: LDLコレステロール測定法の問題点ーFriedewald式による方法と直接法との比較およびIDLの影響. リポ蛋白研究会誌 24: 39-42, 2000.
  42. 三井田孝: 高脂血症. プライマリケア/主要疾患・症候群(伊藤洋, 庄司進一監修, 改訂3版), 医学評論社: 東京, pp. 173-176, pp. 215-216, 2000.
  43. 中村明, 岡田正彦: 患者データを用いる精度管理. 医学情報学 20(Suppl. 2): 72-74, 2000.


1999

  1. Masahiko Okada: Conference report: 12th Fall Conference of the Japanese Society of Medical Electronics and Biological Engineering(JSMBE). IFMBE News 36: 6-7, 1999.
  2. Takashi Miida, Fusako Yamazaki, Miho Sakurai, Reiko Wada, Tohru Yamadera, Katsuhisa Asami, Mari Hoshiyama, Atsushi Tanaka, Koichi Inano, Masahiko Okada: The apolipoprotein E content of HDL in cerebrospinal fluid is higher in children than in adults. Clin Chem 45(8): 1294-1296, 1999.
  3. Takashi Miida, Toshiyuki Yamada, Toru Yamadera, Kazuyuki Ozaki, Koichi Inano, Masahiko Okada: Serum amyloid A protein generates pre ß1 high-density lipoprotein from α-migrating high-density lipoprotein. Biochemistry 38(51): 16958-16962, 1999.
  4. 岡田正彦: 臨床検査ひとくちメモ-最近、LDLコレステロールという新しい検査ができましたが、脂質検査の基本を整理して教えてください-. モダンメディア 45(2): 27-29, 1999.
  5. 岡田正彦: 心電図,脈波伝播速度と自律神経機能の診断. 心身医学 39(1): 61-66,1999.
  6. 岡田正彦: 平成10年度甲信越支部報告. 医用電子と生体工学 37(1): 102-103, 1999.
  7. 岡田正彦: 採血事故と対策. 日本医事新報 3917: 102-103, 1999.
  8. 岡田正彦: LDL-コレステロール試薬研究会. Progress in Medicine 19(5): 177-203, 1999.
  9. 岡田正彦: 第12回日本エム・イー秋季大会開催される. 日本ME学会雑誌 13(5): p. 73, 1999.
  10. 岡田正彦: 脂質検査を整理する―動脈硬化症の診断と予防―. 第58回新潟県臨床検査センター協議会溝演集: 18-24, 1999.
  11. 岡田正彦: 情報開示とカルテの電子化. にいがた勤務医ニュース 59, 1999.
  12. 岡田正彦: 組織のトップ. 日本ME学会雑誌 13(8): 46, 1999.
  13. 岡田正彦: 診療前検査における迅速測定の有用性. The Medical & Test Journal 708, 1999.
  14. 岡田正彦: 心電図のコンピュータ解析. 臨床検査 43(12): 1498-1501, 1999.
  15. 岡田正彦: LDLコレステロール, HDLコレステロール. Medicina 36(11): 374-377
  16. 岡田正彦: 編集後記. 臨床病理 47(12): 1194, 1999.
  17. 八幡哲郎, 倉林工, 富田雅俊, 本多晃, 田中憲一, 稲野浩一, 三井田孝, 岡田正彦.: 閉経後女性の高HDL血症におけるCETP遺伝子異常に関する検討. 日本更年期医学会雑誌 7(1): 13-18, 1999.
  18. 山田洋子, 石澤信人, 杉田収, 松戸隆之, 岡田正彦: 市販飲料中の抗酸化能の比較. 新潟県立看護短期大学紀要 5: 81-87, 1999.
  19. 松戸隆之: 医療情報 複雑系の科学. Lab. Clin. Pract. 16(2): 83-86, 1999.
  20. 松戸隆之: 診療支援システムの効率化を目指した臨床検査データベース構築の方法論. 日本臨床 57: 31-34, 1999.
  21. 松戸隆之, 羽柴正夫, 岡田正彦: ニューラル・ネットワークによる確率密度分布の推定. 第19回医療情報学連合大会論文集: 572-573, 1999.
  22. 羽柴正夫, 松戸隆之, 新井太, 石田修, 山川智子, 赤澤宏平: インターネットを使った地域医療連携における内視鏡画像の共有. 第19回医療情報学連合大会論文集: 712-713, 1999.
  23. 三井田孝: 高脂血症, 救急医療・外来診療(伊東洋, 庄司進一, 第1版), 医学評論社: 東京, pp. 97-100, 1999.
  24. 三井田孝: 高脂血症治療薬. 私の選んだ常備薬―My Personal Drugs―(ミクス編, 第1版), ミクス: 東京, pp. 200-201, 1999.
  25. 三井田孝: 第93回医師国家試験問題解説書(医師国家試験問題解説書編集委員会編, 第1版), 医学評論社: 東京, pp. 134-135, 165-167, 231-233, 1999.
  26. 三井田孝: レムナントとその臨床的意義. 血液・尿化学検査, 免疫学的検査―その数値をどう読むか―(諏訪庸夫, 第5版), 日本臨床社: 東京, pp. 9-12, 1999.
  27. 三井田孝, 高橋芳右, 宮西邦夫, 動脈硬化成因治療研究会.: 新潟県における高脂血症診療の実態調査. 心臓 31(8): 577-583, 1999.
  28. 三井田孝: 日常診療における脂質・リポ蛋白検査. 新潟医学会雑誌 112(12): 755-758, 1999.
  29. 三井田孝: 高脂血症に対する検査法について. 新潟県医師会報 594: 52-54, 1999.
  30. 三井田孝: 動脈硬化を合併しやすい高トリグリセライド血症の診断と治療. 塩釜医師会会報 25(17): 13-14, 1999.
  31. 三井田孝:コレステロールが高いと言われた時に受ける検査. ラボ 247: 6, 1999.
  32. 三井田孝: 高脂血症治療薬剤適正選択のために-特集にあたって-. 臨床と薬物治療 18(9): 773, 1999.
  33. 稲野浩一, 三井田孝: 保険診療で実施可能な検査. 臨床と薬物治療 18(9): 777-781, 1999.
  34. 尾崎京子: 抗酸菌の染色. 検査と技術 27(1): 19-25, 1999.
  35. 尾崎京子, 高野操: 血液培養からviridans atreptococci を分離した症例の臨床細菌学的検討. 日本臨床微生物学雑誌 9(3), 1999.
  36. 池本秀夫, 岡田正彦, 尾崎京子: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1997年). The Japanese Journal of Antibiotics 52(5): 353-397, 1997.
  37. 高野操: 微生物検査の基礎技術研修会を終えて. 新潟県臨床衛生検査技師会誌 39(6): 356, 1999.
  38. 馬場みや子, 松井朝子: AxSYMアナライザーによるシクロスポリン測定法の検討. 医学検査 48: 1121-1125, 1999.
  39. 石田利一郎, 岡田正彦: 健康増進におけるスポーツの意義―持久走と自立神経機能との関係について―. 医用電子と生体工学 37(4): 26, 1999.
  40. 李康, 岡田正彦: 動脈硬化症のコンピュータ・シミュレーションモデル―第一報, リポ蛋白量の予測計算―. 医用電子と生体工学 37(4): 26, 1999.


1998

  1. Masahiko Okada, Hiroshi Matsui Yasuki Ito, Akira Fujiwara, Koichi Inano: Low-density lipoprotein cholesterol can be chemically measured: A new superior method. J Lab Clin Med 132(3): 195-201, 1998.
  2. Masahiko Okada, Mari Hoshiyama: Authors' reply to letter to the editor, oxidation of LDL cholesterol. Ann Clini Biochem 34: 1-2, 1998.
  3. Riichiro Ishida, Masahiko Okada: Effects of physical traininng on heart rate variability and blood cell counts in healthy adults. Acta Med Biol 46: 139-146, 1998.
  4. Mihoko Okada, M. Takaba, S. Kaihara, Masahiko Okada: Formal representation of summary tables for health care statistical database management. Compu Biomed Res 31: 426-450, 1998.
  5. Takashi Miida, Hideaki Otsuka, Atsushi Tsuchiya, Masahiko Okada: Plasma lipoprotein profiles change significantly during cardiac catheterization. Clin Chem 44(3): 517-521, 1998.
  6. Takashi Miida, Toshio Yamaguchi, Tsuda T, Okada M: High preß1-HDL levels in hypercholesterolemia are maintained by probucol but reduced by a low-cholesterol diet. Atherosclerosis 138: 129-134, 1998.
  7. T. Ohyama, H. Tsujibayashi, H. Tagashira, K. Inano, T. Ueda, Y. Hirota, K. Hashimoto: Suppression of electrophoretic anomaly of bent DNA segments by the structural property that causes rapid migration. Nuc Acids Res 26(21):4811-4817, 1998.
  8. 岡田正彦: 臨床予防医学の確立をめざして. 第8回日本臨床検査医会春季大会 日本臨床病理学会臨床検査情報学専門部会 第16回学術集会プログラム集: 20-21, 1998.
  9. 岡田正彦: 新しい検査SAAと炎症の診断. 新潟県医師会報 576: 52-53, 1998.
  10. 岡田正彦: 血沈の2時間値はいらない!. 内科総合誌 15: 866, 1998.
  11. 岡田正彦: 外部精度管理. 実践臨床検査医学, 文光堂: 東京, p. 50, 1998.
  12. 岡田正彦: 薬物動態の情報処理. 医療情報学第3巻, 医療情報学会: 東京, pp. 84-85, 1998.
  13. 岡田正彦: 総コレステロールはもういらない-LDLコレステロールの測定法と日常検査としての意義-. 日本臨床検査自動化学会会誌 23: 177-182, 1998.
  14. 岡田正彦: 「πとØ進化のリズムとメロディ」って何?. 新潟県医師会報 580: 24, 1998.
  15. 岡田正彦: LDLコレステロールの実用的測定法. Progress in Medicine 18: 53-56, 1998.
  16. 岡田正彦: 第8回日本臨床検査医会春季大会に参加して. Japanese Association of Clinical Laboratory Physicians 41: 2, 1998.
  17. 岡田正彦: 遠隔医療の時代と新しい工学技術. Medical Academy News 698: 16, 1998.
  18. 岡田正彦: 平成9年度甲信越支部報告. 医用電子と生体工学 36: 62-64, 1998.
  19. 岡田正彦: 編集後記. 臨床病理 46: 620, 1998.
  20. 岡田正彦: 消化管の一般検査. 内科学書 2: 1556-1558, 1998.
  21. 岡田正彦: 臨床予防医学の確立をめざして. Laboratory and Clinical Practice 16: 125-126, 1998.
  22. 岡田正彦: 医療におけるマルチメディア. 新潟医学会雑誌 112: 380, 1998.
  23. 岡田正彦: 臨床検査システム. エンサイクロペディア電子情報通信ハンドブック, 914, 1998.
  24. 岡田正彦, 松戸隆之: 治療情報の選択. 治療のしかた(田村康二編), 医歯薬出版: 東京, pp. 75-79, 1998.
  25. 岡田正彦, 中村明, 松戸隆之: 臨床検査情報システム 過去の評価と今後への期待. 臨床検査 42: 621-626, 1998.
  26. 岡田正彦, 中村治雄, 馬渕宏, 芳野原, 清島満, 石川俊次, 川野辺重之, 梶波康二, 長谷川俊雄, 佐々木弘子, 三井田孝: LDLコレステロール測定試薬(LDL-EX)の基本性能評価. Progress in Medicine 18: 139-145, 1998.
  27. 杉田収, 中野正春, 松戸隆之, 三井田孝, 岡田正彦: クメンヒドロペルオキシドを用いたヒト血漿抗酸化能の測定. 臨床病理 46: 271-276, 1998.
  28. 小林千春, 朝比奈利憲, 藤原明, 松井寛史, 岡田正彦: 臨床検体でのHDLコレステロール市販試薬キットの検討. 医学と薬学 39: 831-834, 1998.
  29. 池本秀雄, 岡田正彦, 尾崎京子 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1996年). The Japanese Journal of Antibiotics 51: 440, 1998.
  30. 佐々木弘子, 安井浩美, 中栄正隆, 柴崎浩一, 岡田正彦: LDLコレステロール測定用試薬の特異性の検討. 生物資料分析 21: 367-372, 1998.
  31. 石沢信人, 杉田収, 中野正春, 松戸隆之, 岡田正彦: ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化能. 新潟県立看護短期大学紀要 4: 127-133, 1998.
  32. 松戸隆之: インターネットが役立つか. 臨床化学 27: 107-108, 1998.
  33. 松戸隆之: インターネットの医療応用とセキュリティ. 新潟県臨床衛生検査技師会誌 38: 44-47, 1998.
  34. 松戸隆之, 羽柴正夫, 岡田正彦: ニューラルネットワークによるノイズ学習の効果. 第18回医療情報学連合大会論文集: 190-191, 1998.
  35. 松戸隆之, 木竜徹, 山口勝己, 羽柴正夫, 岡田正彦: 在宅医療のための心電図遠隔モニタリング・システム. 第2回遠隔医療研究会論文集: 9-10, 1998.
  36. 松戸隆之, 稲野浩一, 三井田孝, 岡田正彦: 心拍数変動および脈派伝播速度による糖尿病性自律神経障害の評価. 臨床病理 46: 1037-1042, 1998.
  37. 松戸隆之, 中村明, 松井朝子, 岡田正彦: 新潟大学臨床検査室の現状. 機器・システムガイド: 28-29, 1998.
  38. 三井田孝: Dorr. DATA UPDATE循環系(山口徹, 日和田邦男, 斎藤康編), 先端医学社: 東京, pp. 268-269, 1998.
  39. 三井田孝, 山田幸男, 渡辺賢一, 福田陽司, 臼杵靖晃, 稲野浩一, 岡田正彦: 糖尿病患者におけるレムナント様リポ蛋白(RLP)の日内変動と食後高脂血症の診断における意義. 臨床病理 46: 133-138, 1998.
  40. 三井田孝: コレステロール逆転送系におけるPreß-HDLの役割と各種病態における血中濃度の変化. 動脈硬化 26: 69-73, 1998.
  41. 三井田孝, 伊藤耐子, 金子拓司: なぜできないγ-GTPの標準化!(施設間差解消によるメリット). 新潟県医師会報 580: 46-48, 1998.
  42. 三井田孝: 私の選んだ常備薬(高脂血症治療薬). 臨床と薬物治療 17: 1207, 1998.
  43. 三井田孝: 高コレステロール血症の最近の考え方. 新潟県医師会報 583: 63-64, 1998.
  44. 三井田孝: 実験の魅力. にいがた勤務医ニュース 54: 1, 1998.
  45. 三井田孝: HDLのconversionに影響する因子. KISSEIKUR 16: 17-18, 1998.
  46. 稲野浩一: 予防医学的見地から見たCommon diseaseにおける遺伝子診断の現状.第541回新潟医学会集: 1-8, 1998.
  47. 中村明, 馬場みや子, 松戸隆之, 岡田正彦: 検査情報のフィードバック: 検査ハンドブックとインターネットの活用. 臨床病理 46: 1103-1110, 1998.
  48. 伊藤薫, 伊藤雅章, 尾崎京子, 田中正明: 24時間風呂の関与が疑われるMycobacterium avium 皮膚感染症の母子例. 皮膚病診療 20: 703-706, 1998.
  49. 馬場みや子: インターネットを利用した臨床医への検査情報サービス. 検査と技術 26: 784, 1998.
  50. 馬場みや子: 臨床家への検査情報サービス. The Medical & Test Journal 631: 15, 1998.
  51. 馬場みや子, 松井朝子, 松戸隆之, 岡田正彦: 臨床家への検査サービス. 医学検査 47: 1001-1005, 1998.
  52. 武田弘子, 稲浩一: 遺伝子検査導入と問題点. 新潟県遺伝子診断検査研究会第6回学術集会: 6, 1998.
  53. 川崎洋子, 浅井亜紀子, 黒澤浩美: 常光・全自動電気頴道装置(CET8000)の病態解析システムについて. 新潟県臨床化学研究班セミナー 1-5, 1998.


1997

  1. Masahiko Okada, Takayuki Matsuto, Takashi Miida, Koichi Inano: Differences in the effects of cytokines on the expression of adhesion molecules in endothelial cells. Ann Med Interne 148(2): 125-129, 1977.
  2. Masahiko Okada, Yasuki Ttoh, Koichi Inano, Takashi Miida, Takayuki Matsuto: Structural changes in oxidative modification of low-density lipoprotein: investigation using lipid peroxidation products, surface charge, and spectrophotometric patterns. Ann Clin Biochem 34: 173-178, 1997.
  3. Takashi Miida, Koichi Inano, Toshio Yamaguchi, Takashi Tsuda, Masahiko Okada: Lpa-I levels do not reflect preß1-HDL levels in human plasma. Atherosclerosis 133: 221-226, 1997.
  4. Toshiyuki Yamada, Takashi Miida: Serum amyloid A remains at physiological concentrations in coronary atherosclerosis. Clin Chem 43(1): 193, 1997.
  5. Toshiyuki Yamada, Takashi Miida, Tetsuji Yamaguchi, Yoshihisa Itoh: Effect of serum amyloid A on cellular affinity of Low density lipoprotein. Eur J Clin Chem Clin Biochem 35(6): 421-426, 1997.
  6. T. Asami, Koichi Inano, Takashi Miida, T. Kikuchi, M. Uchiyama: Two families of Low occulocerebrorenal syndrome with elevated serum HDL levels and CETP gene mutation. Acta Ped. 86: 41-46, 1997.
  7. 岡田正彦:病気の予防と脂質検査. HDL‐EXセミナー講演集: 2-3, 1997.
  8. 岡田正彦:予防的医療の展望. 日本醫事新報 3819: 6-11, 1997.
  9. 岡田正彦:高脂血症における臨床検査の役割. 検査と技術 25(2): 173-176, 1997.
  10. 岡田正彦:酸化LDLとその血中自己抗体. Medical Practice 14(4): 618-619, 1997.
  11. 岡田正彦:第8回日本臨床病理学会関東・甲信越支部総会司会のことば-心と医療の問題-. 臨床病理 45(1): 1-2, 1997.
  12. 岡田正彦:細胞生物学とコンピュータ-特集号の編集にあたって-. 医療情報学 17(3): 383, 1997.
  13. 岡田正彦:遺伝子, タンパク, 細胞の情報処理機構. 医療情報学 17(3): 385-394, 1997.
  14. 岡田正彦:平成8年度甲信越支部報告. 医用電子と生体工学 35(2): 87-89, 1997.
  15. 岡田正彦:情報ハイウエー時代と臨床検査. LAB‐TOPICS 18(4): 1-3, 1997.
  16. 岡田正彦:小粒子HDL, 特異的に選択する測定法開発-CDCのヘパリン・マンガン法と良好な相関-The Medical & Test Journal 583: 7, 1997.
  17. 岡田正彦:検査システムも普及型の時代へ. The Medical & Test Journal 592: 16, 1997.
  18. 岡田正彦:LDLコレステロール汎用自動分析装置で直接測定可能に. The Medical & Test Journal 601: 7, 1997.
  19. 岡田正彦:遠隔診療時代における役割. 第44回全国国立大学病院中央検査部会議議事録 : 57-58, 1997.
  20. 岡田正彦、中村明:即時報告をめざした検査室の設計指針:採血から結果出力まで. 医器学 67(12): 575-579, 1997.
  21. 神辺眞之、岡田正彦:臨床検査情報の国際的標準化をめざして-臨床検査情報学専門部会講演会司会のまとめ-. 臨床病理 45(6): 557-558, 1997.
  22. 岡田正彦, 尾崎京子:呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1995年). The Japanese Joural of Antibiotics 50(5): 421-459, 1997.
  23. 月橋こずえ, 中村亨弥, 木竜徹, 岡田正彦, 斉藤義明:インターネット技術で実現する日常生活での生理データのモニタリングシステム.信学技報: 35-42, 1997.
  24. 神辺眞之, 伊東盛夫, 川口秀明, 岡田正彦:臨床生理検査の現状と将来像. 臨床病理 45(12): 1145-1150, 1997.
  25. 松戸隆之:複雑系の科学と医学. 臨床病理 45(12): 1145-1150, 1997.
  26. 松戸隆之:検査データの保存. 検査と技術 25(8): 673-674, 1997.
  27. 松戸隆之, 羽柴正夫, 岡田正彦:ニューラルネットワークによる心拍力学系の同定. 第17回医療情報学連合大会論文集: 340-341, 1997.
  28. 羽柴正夫, 松戸隆之, 稲川久美子, 田宮洋一:インターネット上の静止画と音声による医学教材作成の試み. 第17回医療情報学連合大会論文集: 882-883, 1997.
  29. 三井田孝:HDL亜分画 (LpA‐IとPreß1‐HDL). 臨床検査 41(9): 1068-1070, 1997.
  30. 三井田孝:HDLの臨床について. 新潟県臨床検査センター協議会. 第54回協議会・研修会抄資料: 13-19, 1997.
  31. 三井田孝, 稲野浩一:HDLのconversionにおけるコレステリルエステル転送蛋白およびリパーゼの役割について. 公益信託臨床病理学研究振興基金研究報告書 10: 22, 1997.
  32. 稲野浩一, 三井田孝, 岡田正彦:高HDL‐C血症における血清apo E‐rich HDL‐C値について. 臨床病理 45(9): 903-907, 1997.
  33. 稲野浩一:ストレス蛋白質の代謝と診断への応用について. Lab. Clin. Pract. 15(1): 17-21, 1997.
  34. 石田利一郎, 岡田正彦:スポーツにおけるトレーニング効果判定を目的とした心拍変動のスペクトル解析. 臨床病理 45(7): 685-688, 1997
  35. 中村明, 松井朝子, 岡田正彦:高速総合臨床検査処理システムの開発と評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 22(6): 871-875, 1997.
  36. 高野操:微生物検査研究班. 新潟県臨床衛生検査技師会誌 37(5): 224-225, 1997.
  37. 武田宏子, 秋野和華子, 堀川義則, 佐藤京子, 松井朝子, 岡田正彦:非特異反応発生率を改善した「メディエースTPLA」の有用性. 臨床検査機器・試薬 20(6): 889-893, 1997.
  38. 井沢幸子, 岡田正彦, 松井寛史, 堀田優子, 濱斉:サンプルの混濁による乖離の問題を回避した新しいHDLコレステロール直接法の開発. 医学と薬学 37(6): 1385-1388, 1997.
  39. 馬場みや子, 松井朝子, 中村明, 岡田正彦:臨床家との検査情報の交流. 医学検査 47(6): 43-47, 1997.


1996

  1. Masahiko Okada, Takayuki Matsuto, Shuuichi Satoh, Shuuichi Igarashi, Miyako Baba, Osamu Sugita, Mihoko Okada: Role of pulse wave velocity for assessing autonomic nervous system activities in reference to heart rate variability. Med Inf 21(1): 81-90, 1996.
  2. Masahiko Okada: Internet revolutions: present and future of laboratory data communication within and between hospitals, Proceedings of the 7th Asian-Pacific Congress of Clinical Biochemistry: 61-63, 1996.
  3. Masahiko Okada, Osamu Sugita, Takayuki Matsuto, Takashi Miida, Koichi Inano: Endothelial cell damage: the effects of mechanical forces produced by flow division. Cell Eng. 1(4): 183-187, 1996.
  4. Minoru Fukuda, Tetsuya Moroda, Shinichi Toyabe, Tsuneo Iiai, Yasuyuki Kawachi, Hiromi Takahashi-Iwanaga, Toshihiko Iwanaga, Masahiko Okada, Toru Abo: Granulocytosis induced by increasing sympathetic nerve activity contributes to the incidence of acute appendicitis. Biomed Res 17(2): 171-181, 1996.
  5. Takashi Miida, Yuichi Nakamura, Masahiko Okada: Development of coronary atherosclerosis in asymptomatic heterozygous patients with familial hypercholestrolemia. J Cardiol 28(2): 71-77, 1996.
  6. Takashi Miida, Yuichi Nakamura, Koichi Inano, Takayuki Matsuto, Toshio Yamaguchi, Takashi Tsuda, Masahiko Okada: Pre ß1-high-density lipoprotein increases in coronary artery disease. Clin Chem 42(12): 1992-1995, 1996.
  7. Toshiyuki Yamada, Takashi Miida, Yoshihisa Itoh, Tadashi Kawai, Merrill D Benson: Characterization of serum amyloid A4 as a plasma apolipoprotein. Clin Chim Acta 251: 105-112, 1996.
  8. 岡田正彦: 動脈硬化症の予防指針.日本医事新報 3744: 123, 1996.
  9. 岡田正彦: 検査結果報告の迅速化をめざして. 新医療 254: 82-85, 1996.
  10. 岡田正彦: 新しい癌マーカー「ガストリン放出ペプチド前駆体」について. 新潟県医師会雑誌 552: 51-52, 1996.
  11. 岡田正彦: 生体の情報処理機構, 医療情報学 第1巻, 日本医療情報学会:東京, pp. 25-31, 1996.
  12. 岡田正彦: 細胞接着分子の発現に着目した動脈硬化症の促進因子について. 新潟医学会雑誌 110(6): 213-215, 1996.
  13. 岡田正彦: くすりはほんとうに効くのか. 新潟県医師会雑誌 553: 9-10, 1996.
  14. 岡田正彦: 迅速な検査結果報告システムを構築. The Medical & Test Journal 530: 3, 1996.
  15. 岡田正彦: ポイントは結果報告の迅速化. The Medical & Test Journal 537: 13, 1996.
  16. 岡田正彦: 巻頭言. 第8回日本臨床病理学会関東甲信越支部総会抄録集: 1-2, 1996.
  17. 岡田正彦, 松戸隆之, 松井朝子, 中村明, 馬場みや子: 中央採血室の運用と評価. 新医療 263: 137-139, 1996.
  18. 岡田正彦, 羽柴正夫: 新潟大学医学部学士会有壬インターネットサービス開始にあたって. 新潟県医師会報 560: 39-43, 1996.
  19. 池本秀雄, 渡辺一巧, 森健, 岡田正彦 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1992年). The Japanese Journal of Antibiotics 49(1): 34-70, 1996.
  20. 池本秀雄, 渡辺一巧, 森健, 岡田正彦 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1993年). The Japanese Journal of Antibiotics 49(2): 107-143, 1996.
  21. 池本秀雄, 渡辺一巧, 森健, 岡田正彦 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1994年). The Japanese Journal of Antibiotics 49(5): 419-455, 1996.
  22. 松戸隆之, 松井朝子, 中村明, 馬場みや子, 岡田正彦, 羽柴正夫: 検査システムと連動した中央採血室システムの構築. 1995年度全国国立大学医療情報部連絡会議シンポジウム: 155-156, 1996.
  23. 松戸隆之,岡田正彦: 在宅医療のための心電図遠隔モニタリングシステムの開発. 第16回医療情報学連合大会論文集: 686-687, 1996.
  24. 松戸隆之: 検査データの新しい解析法-非線形最適化法による基準範囲の計算法と電気泳動の定量について-. 第14回日本臨床化学会甲信越支部総会抄録集: 6-9, 1996.
  25. 松戸隆之: カオスとフラクタル, 医療情報学, 日本医療情報学会, (有)ネットワーク発行(第1巻): 東京, pp. 82-87, 1996.
  26. 羽柴正夫, 松戸隆之, 富樫信安, 坂田繁雄, 加藤雄司, 清野 暁:学内LANを経由したUMIN接続システムへの変更. 平成7年度国立大学附属病院医療情報処理部門連絡会議総会医療情報システムシンポジウム演題論文集: 90-91, 1996.
  27. 羽柴正夫, 堀川 揚, 江口郁代, 松戸隆之, 青池郁夫, 鈴木 靖: 在宅患者の診療支援システムの実験的構築. 第16回医療情報学連合大会論文集: 684-685, 1996.
  28. 三井田孝, 佐々木弘子, 佐藤京子, 牧野優子, 小奈幸子, 矢貫恒一, 稲野浩一, 中村裕一, 岡田正彦: TCとHD-Cの体位による変化と日内変動についての検討. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)44(9): 860-864, 1996.
  29. 三井田孝, 稲野浩一, 中村裕一, 松戸隆之, 星山真理, 金子兼三, 岡田正彦: コレステリルエステル転送蛋白(CEPT)欠損症におけるHDL亜分画異常の検討. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)44(9): 865-870, 1996.
  30. 三井田孝: コレステロール逆転送系と高HDL血症について. 新潟県医師会報 555: 2-7, 1996.
  31. 三井田孝: HDLの質的異常-非変性二次元電気泳動法による解析-. Molecular Medicine 33(11): 1315-1316, 1996.
  32. 三井田孝, 中村裕一: 著名な腱黄色腫を呈した正脂血症患者の一例, 脂質の臨床ー脂質代謝異常症例集ー(秦葭哉, 板倉弘重, 斎藤 康, 寺本民生編), 脂質代謝異常症例検討会 (第3巻): 東京, pp. 253-259, 1996.
  33. 三井田孝: 高脂血症の話, おおえやま 87(6): 8, 1996.
  34. 稲野浩一, 三井田孝, 松戸隆之, 岡田正彦: 非RI発色法を用いたPCR-SSCP法の日常遺伝子検査法としての有用性. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)44(1): 90-92, 1996.
  35. 稲野浩一, 手塚静雄, 三井田孝, 岡田正彦: キャピラリー電気泳動によるリポタンパク質の分析. 第14回日本臨床化学会甲信越支部総会抄録集: 16-18, 1996.
  36. 杉田収, 中野正春, 関谷伸一, 佐藤一範, 岡田正彦: 上越市の水道水. 新潟県立看護短期大学紀要 1: 1-8, 1996.
  37. 杉田収, 中野正春, 関谷伸一, 佐藤一範, 岡田正彦: 化学発光による新しい水質検査法. 新潟県立看護短期大学紀要 1: 9-12, 1996.
  38. 飯吉令枝, 杉田 収, 佐々木美佐子, 丸山雄一郎, 佐藤一範, 稲野浩一: 血液透析患者における高血清アルミニウム値とその原因. 新潟県立看護短期大学紀要 2: 27-31, 1996.


1995

  1. Masahiko Okada, Osamu Sugita, Takashi Miida, Takayuki Matsuto, Koichi Inano: Effects of modified low density lipoprotein and hypoxia on the expression of endothelial leukocyte adhesion molecule-1, Eur J Med (La Presse Medicale), 24(10): 483-488, 1995.
  2. Satoshi Kimura, Osamu Sugita, Takayuki Matsuto, Masahiko Okada, Yasuyuki Igarashi: HPLC application for phosphoinositides analyses of A431 cells and human platelets, Acta Med Biol 43(1): 59-62, 1995.
  3. Osamu Sugita, Yae Tomiyama, Takayuki Matsuto, Masahiko Okada, Fumitake Gejo, Masaaki Arakawa, S.Takahashi, Y.Watazu, N.Kaneda: A new enzymatic method for the determination of inulin. Ann Clin Biochem 32: 561 -565, 1995.
  4. Takayuki Nemoto, Tomonori Matsuzaka, Minoru Ota, Yuko Ohara-Nemoto, Masaru Kaneko, Tsuneyoshi Horigome, Koichi Inano: Kinship between self -oligomerizing and the estrogen receptor interacting activities of the 90- kDa heat shock protein, Steroid Biochem (Life Sci Ady ): 59-67, 1995.
  5. 岡田正彦: 糖尿病における末梢神経障害の評価. 新潟医学会雑誌 109(1): 14-16, 1995.
  6. 岡田正彦: 検査情報の付加価値論. アイビー 6(2): 21-23, 1995.
  7. 岡田正彦: 腫瘍マーカーの意義と読み方. 新潟県がん検診研究会誌 6: 1-18, 1995.
  8. 藍紅星, 岡田正彦, 岡田美保子, 松戸隆之: PROLOGによる医療技術職員スケジュール管理法の実現. 医療情報学 15(1): 1-7, 1995.
  9. 池本秀雄, 渡辺一巧, 森健, 岡田正彦 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1990年). The Japanese Journal of Antibiotics 48(8): 887-920, 1995.
  10. 池本秀雄, 渡辺一巧, 森健, 岡田正彦 他: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について(1991年). The Japanese Journal of Antibiotics 48(8): 965-998, 1995.
  11. 松戸隆之, 羽柴正夫, 岡田正彦: 時間推論を行う診断支援システムについて. 第15回医療情報学連合大会論文集: 189-192, 1995.
  12. 三井田孝, 中村裕一, 岡田正彦: 虚血性心疾患発症からみた家族性高コレステロール血症に対する薬物療法の効果. 心臓 27(12): 1070-1076, 1995.
  13. 三井田孝: HDLによるコレステロールの逆転送系について. Laboratory and Clinical Practice13(2): 74-76, 1995.
  14. 三井田孝: 平成6年度(第15回臨床精度管理調査結果報告. 総評2同報告書: 130-134, 1995.
  15. 三井田孝: FHヘテロ接合体のIHD一次, 二次予防に薬物療法が有効(学会記事). Medical Tribune 28(51): 8, 1995.
  16. 内山博英, 三井田孝, 五十嵐一雅, 津田晶子, 伊藤正毅, 柴田昭: Ⅱ型糖尿病の経過中に著明な高トリグリセライド血症を認めた一例. 脂質の臨床-脂質代謝異常症例集-1: 65-74, 1995.
  17. 和田光一, 斉藤泰晴, 石塚康夫, 尾崎京子, 荒川正昭: ムーコル症. 検査と技術 23(3): 176-181, 1995.


1994

  1. Masahiko Okada, Takayuki Matsuto, Osamu Sugita, Satoshi Kimura, Hideaki Matsumoto, Tokuhiro Okada: A simple method to measure red blood cell deformability by centrifugation, Eur J Med (La Presse Medicale), 23(35): 1613-1615, 1994.
  2. Masahiko Okada, Osamu Sugita, Takashi Miida, Yuko Makino, Noriko Komoro: Endothelial cell responses to controlled pulsatile flow at the bifurcation of a model vessel, 16th Annual International Conference of the IEEE/EMBS 1: 291-292, 1994.
  3. Toshiyuki Yadada, Toshihiko Kakihara, Fumitake Gejyo, Masahiko Okada: A monoclonal antibody recognizing apolipoprotein E peptides in systemic amyloid deposits, Ann Clin Lab 24(3): 1994.
  4. Kouichi Inano, Sylvia W. Curtis, Kenneth S. Korach, Saburo Omata, Tsuneyoshi Horigome: Heat shock protein 90 strongly stimulates the binding of purified estrogen receptor to its responsive element, J Biochem 116(4): 759-766, 1994.
  5. Toshiyuki Yamada, Barbara Kluve-Beckerman, William M. Kuster, Juris J. Liepnieks, Merrill D. Benson: Measurement of serum amyloid A4(SAA4): its constitutive presence in serum, Int. J Exp Clin Invest 1: 114-118, 1994.
  6. Toshiyuki Yamada, Barbara Kluve-Beckerman, Juris J. Liepnieks, Merrill D. Benson: Fibril formation from recombinant human serum amyloid A, Amyloid: Biochimica et Biophysica Acta 1266: 323-329, 1994.
  7. 岡田正彦, 杉田収, 山田俊幸, 松戸隆之: 動脈硬化症診断のための血管モデルの構築と計測技術の研究開発. 中谷電子計測技術振興財団年報 8: 16-19, 1994.
  8. 岡田正彦: 動脈硬化症の発生機序解明と予防をめざして. 治療 76: 118-119, 1994.
  9. 岡田正彦: 腫瘍マーカー, 内科診断学, 西村書店: 新潟, pp. 840-842, 1994.
  10. 岡田正彦: 血管障害と検査, ベッドサイド検査医学(櫻川信男、岡田正彦編), 考古堂: 新潟, pp. 183-197, 1994.
  11. 岡田正彦, 渋谷明江: 病気を予防するためのスポーツ. 平成6年新潟大学医学部公開講座講義概要: 34-40, 1994.
  12. 岡田正彦: 動脈硬化症の早期発見. 新潟核医学懇話会記録集 17: 1-2, 1994.
  13. 岡田正彦: 腫瘍マーカーの臨床的意義. 新潟医学会雑誌 108(5): 337-357, 1994.
  14. 岡田正彦: 新しい病院像と臨床検査システム(総論). The Medical & Test Journal 436: 4, 1994.
  15. 岡田正彦: これからの「機器と試薬」のあり方. Medical Academy News 559: 29, 1994.
  16. 岡田正彦, 菅野剛史: 検査データと情報ネットワークへの期待. 第14回医療情報学連合大会論文集: 80-81, 1994.
  17. 三井田孝: 動脈硬化進展防止とコレステロール逆転送系. 治療 76: 120-121, 1994.
  18. 三井田孝: リポ蛋白代謝について-動脈硬化症との関連から-. 臨床化学研究セミナー: 10-17, 1994.
  19. 三井田孝: 肥満と心臓病にならないために. 平成6年度新潟大学医学部公開講座-老年期をいきいきとすごすためにテキスト-: 16-21, 1994.
  20. 三井田孝: 冠動脈疾患を合併した家族性コレステロール血症患者の治療経験. 新潟県医師会生涯教育講座: 3-4, 1994.
  21. 武田宏子, 山田俊幸, 松井朝子, 中村明, 岡田正彦: 全自動ラテックス凝集ヘフェロメトリーによる血清アミロイドA蛋白の測定. 日本臨床検査自動化学会誌 19(1): 23-27, 1994.
  22. 木村 聡, 岡田正彦: 特種な酵素活性(蛋白関係), 内科診断学, 西村書店: 新潟, pp. 823-825, 1994.
  23. 松戸隆之, 杉田収, 中村明, 木村聡, 岡田正彦: 非線型最小二乗法を用いた正常値の計算法. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)42(1),: 89-93, 1994.
  24. 松戸隆之: 正常値と計量診断学-計量診断の方法-. ベッドサイド検査医学: 426-434, 1996.
  25. 香坂隆夫, 岡田正彦 他: ラテックス凝集免疫測定法による血清アミロイドA(SAA)測定の臨床的検討. 医学と薬学 31(5): 1191-1210, 1994.
  26. 五十嵐秀一, 長場章, 関聡, 中野雄一, 岡田正彦, 松戸隆之: めまい患者の自律神経機能-心電図RR間隔の動的評価について-. 耳鼻臨床 87(5): 611-617, 1994.
  27. 杉田収, 富山八重, 松戸隆之, 岡田正彦, 下条文武, 荒川正昭, 高橋正光, 渡津吉史, 兼田喜明: イヌリンの酵素的測定法. 臨床化学 23(2): 164-169, 1994.
  28. 山田俊幸: 米国インディア大学キャンパス内 Wishard Memorial Hospital. 臨床検査 39(2): 231-233, 1994.
  29. 高野操, 尾崎京子: 全国各地での分離された肺炎球菌の疫学的研究. 感染症学雑誌 68(11): 1339-1351, 1994.
  30. 松村典子, 林理恵, 大原照子, 阿部静, 山田俊幸: アレルゲン特異IgE抗体測定系「CAP RAST FEIA」システムの基礎的検討. 医学検査 40(9): 1585-1590, 1994.


1993

  1. Masahiko Okada, Osamu Sugita, Yuko Makino, Takayuki Matsuto: Lan Hongxing: A system for generating pulsatile flow and shear stress to investigate cultured vascular cell functions, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEEEngineering in Medicine and Biology Society 15, IEEE Press: New York, pp. 922-923, 1993.
  2. Mihoko Okada, Myles O'Brien, Masahiko Okada: IntroStat: a Hypertext-based electronic textbook to introduce fundamental methods of biomedical statistics, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, 15, IEEE Press: New York, pp. 634-635, 1993.
  3. Toshiyuki Yamada, Yasuhiro Nomata, Osamu Sugita, Masahiko Okada: A rapid method for measuring serum amyloid A protein by latex agglutination nephelometric immunoassay, Ann Clin Biochem 30: 72-76, 1993.
  4. Toshiyuki Yamada, Osamu Sugita, Masahiko Okada, Takayuki Matsuto: Use of chemiluminescent acridinium ester label for cellular uptake assay of low density lipoprotein, Ann Clin Biochem 30: 490-491, 1993.
  5. Tetsuo Nakayama, Satomi Sonoda, Takashi Urano, Toshiyuki Yamada, Masahiko Okada: Monitoring both serum amyloid protein A and C-rective protein as inflammatory markers in infection diseases. Clin Chem 39(2): 293-297, 1993.
  6. Hiroyuki Miwata, Toshiyuki Yamada, Masahiko Okada, Toyoichiro Kudo, Hiroshi Kimura, Tsuneo Morishima: Serum amyloid A protein in acute viral infections. Arch Dis Child 68: 210-214, 1993.
  7. Mikihiko Kawano, Takashi Miida, Christopher J. Fielding, Phoebe E. Fielding: Quantitation of prebeta-HDL dependent and specific components of the total efflux of cellular cholesterol and phospholipid. Biochemistry 32: 5025-5028, 1993.
  8. 岡田正彦: 血管障害の発生メカニズムを推理する. 新潟医学会雑誌 107(6): 479-482, 1993.
  9. 岡田正彦: 21世紀の病院システム化への提言. 第7回日本臨床検査自動化学会春季セミナー論文集: 6-7, 1993.
  10. 岡田正彦: 21世紀の病院システム. The Medical & Test Journal 356: 7, 1993.
  11. 岡田正彦: 赤血球変形能の簡易測定法. 臨床検査 37(3): 329-330, 1993.
  12. 岡田正彦: 21世紀の臨床検査-予防医学を中心として-. 新潟県臨床検査センター協議会第46回総会・研修会報告: 13-17, 1993.
  13. 岡田正彦: 病院システムにおける自動化の意義と将来展望. 日本臨床検査自動化学会会誌 18(6): 725-726, 1993.
  14. 岡田正彦: 診断支援システムの価値と実際. 臨床検査情報システム研究班東北地区研修会資料集: 4-8, 1993.
  15. 岡田正彦: 実用性重視, 新世代の検査室オートメーション. The Medical & Test Journal 379: 9, 1993.
  16. 岡田正彦: 日常診療における検査の選び方と読み方. 日本医師会生涯教育講座講義資料: 3, 1993.
  17. 岡田正彦: 県医よろずQ&A、早期癌の新しい診断法について. 新潟県医師会雑誌 525: 61-62, 1993.
  18. 岡田正彦: 検査部所属医師を中心とする予防医学のための診療科の新設. 第40回全国国立大学中央検査部会議議事録: 71-74, 1993.
  19. 松戸隆之, 岡田正彦: 初期診療における検査の意義. 日本医師会生涯教育講座講義資料: 4-12, 1993.
  20. 松戸隆之, 杉田 収, 木村 聡, 山田俊幸, 岡田正彦: 非線型最小二乗法による血清蛋白分画の定量法. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 41(6): 691-697, 1993.
  21. 松戸隆之, 岡田正彦: 関係表現に基ずく医療情報の記述. 第13回医療情報学連合大会論文集: 283-286, 1993.
  22. 松戸隆之, 岡田正彦: 制約に基ずく知識表現と時間推論. 医療情報学 13(1): 27-34, 1993.
  23. 松戸隆之: 電気泳動法への情報科学からのアプローチ. Laboratory and Clinical Practice 11(1): 23-25, 1993.
  24. 杉田収: 平成4年度(13回)臨床検査精度管理調査結果報告書. 新潟県環境保健部・新潟県医師会: 161-166, 1993.
  25. 杉田収: 血清酵素の諸問題. 日常診療における検査の選び方と読み方: 14-32, 1993.
  26. 杉田収: アミラーゼアイソザイムで特異な泳動像を呈した症例. 臨床検査 37(5): 539-542, 1993.
  27. 杉田収: 蛋白質成分(2)尿中蛋白. 検査と技術 21(5): 61-63, 1993.
  28. 杉田 収, 岡田正彦, 木村 聡, 松戸隆之: ヒト血清過酸化脂質の定量法. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 41(8): 914-917, 1993.
  29. 木村 聡, 斎藤大造, 箱守仙一郎, 松戸隆之, 杉田 収, 姫路由香里, 赤松 節, 岡田正彦: モノクローナル抗体の組合わせによる喀痰細胞の糖鎖抗原の検討. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 41(6): 649-654, 1993.
  30. 松田信義, 岡田正彦: 臨床検査情報システムの現状, 課題及び展望. 第13回医療情報学連合大会論文集: 86-87, 1993.
  31. 河合忠, 岡田正彦: 新しく開発された炎症マーカー-血清アミロイドA(SAA)蛋白の測定と臨床的意義-. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 41(補冊): 415, 1993.
  32. 北添康弘, 岡田正彦 他: 日本医療情報学会設立10周年記念座談会. 医療情報学 13(2): 143-165, 1993.
  33. 大塚英明, 藤田聡, 三井田孝, 内藤昭貴, 土谷厚: 核医学的に経過を追ったstunned myocardiumの1例. 新潟核医学懇話会記録集 16: 41-44, 1993.
  34. 尾崎京子: 分離状況と薬剤感受性. 新潟医学会雑誌 107(8): 675-681, 1993.
  35. 尾崎京子, 高野操, 小柳典子, 和田光一: 血液および血管留置カテーテル分離菌の検討. 日本臨床微生物学雑誌 3(1): 65, 1993.
  36. 高野操, 尾崎京子, 小柳典子, 関根昌江: MRSA鑑別培地によるMRSAの判定. 新潟県臨床衛生検査技師会誌32(2): 44, 1993.


1992

  1. Mihoko Okada, Masahiko Okada, Hideo Tohma, Akinori, Hisashige, Tetsuo Kawamura, Koji Yamamoto: A study on appropriate allocation of comedical staff in hospital, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Press: New York, pp.1150-1151, 1992.
  2. Osamu Sugita, Toshiyuki Yamada, Masahiko Okada, Kunio Takeuchi: Reference values of serum and urine creatinine, and of creatinine clearnace by a new enzymatic method. Ann Clin Biochem 29: 523-528, 1992.
  3. Osamu Sugita, Toshiyuki Yamada, Takayuki Matsuto, Masahiko Okada: Preparation of LDL from dextran-sulfate cellulose column after plasmapheresis, Progress in Clinical Biochemistry. Excerpta Medica: Tokyo, pp. 467-468, 1992.
  4. T. Miida, M. Kawano, C.J. Fielding, P.E. Fielding: Regulation of the concentration of preß high-density lipoprotein in normal plasma by cell membranes and lecithin-cholesterol acyltranferase activity. Biochemistry 31(45): 11112-11117, 1992.
  5. Kouichi Inano, Takehiko Inano, Saburo Omata, Tsuneyoshi Horigome: In Vitro formation of estrogen receptor-heat shock protein 90 complexes. J Biochem 112(4): 535-540, 1992.
  6. Satoshi Kimura, Shigeyuki Kawa, Fugiang Ruan, Mohammad Nisar, Yoshito Sadahira, Sen-Itiroh Hakomori, Yasuyuki Igarashi: Effect of sphingosine and its N-methyl derivatives on oxidative burst, phagokinetic activity, and trans-endothelial migration of human neutrophils Biochemical Pharmacology 44(8): 1858-1595, 1992.
  7. 岡田正彦, 松戸隆之, 杉田 収, 山田俊幸: 心拍数および脈波伝播速度による心血管系自律神経機能の診断. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 40(6): 655-659, 1992.
  8. 岡田正彦: 臨床検査システムの評価. 医療とコンピュータ 5(1): 25-29, 1992.
  9. 岡田正彦: 予測診断のための方法と正常値. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 40(8): 837-839, 1992.
  10. 岡田正彦: 第18回日本臨床化学会冬期セミナー報告. 日本臨床化学会だより 6: 3, 1992.
  11. 藍 紅星, 岡田正彦, 岡田美保子: 職員配置スケジューリングアルゴリズムの検討. 1992年Prolog産業応用シンポジウム論文集: 11-14, 1992.
  12. 藍 紅星, 岡田正彦, 岡田美保子: 職員配置スケジューリングアルゴリズムに関する研究. 第12回医療情報学連合大会論文集: 827-830, 1992.
  13. 松戸隆之, 岡田正彦: 制約に基ずく医学知識表現言語. 第12回医療情報学連合大会論文集: 153-156, 1992.
  14. 松戸隆之: 神経回路網モデルと知識処理を融合した波形認識技術の開発. 臨床病理学研究振興基金奨励金報告書: 1-10, 1992.
  15. 岡田美保子, 岡田正彦: ハイパーテキストに基ずいた初等確率・統計のための教科書の概念と評価. 第12回医療情報学連合大会論文集: 437-438, 1992.
  16. 三輪田博介, 山田俊幸, 岡田正彦, 安藤嘉浩, 工藤豊一郎, 木村宏, 後藤泰浩, 森島恒雄: ウイルス感染症における serum smyloid A の臨床的意義. 医学のあゆみ 161: 215-216, 1992.
  17. 杉田収: タンパク電気泳動. Medical Technology 20(5): 405-412, 1992.
  18. 杉田収: アミラーゼ. 検査と技術 20(6): 129-132, 1992.
  19. 杉田収: その他の酵素. 検査と技術 20(6): 135-138, 1992.
  20. 杉田収: 平成3年度(第12回)臨床検査精度管理調査結果報告書. 新潟県環境保健部・新潟県医師会: 91-95, 1992.
  21. 西堀真弘, 松戸隆之, 椎名晋一: ユーザーフレンドリーな医療情報システムの開発. 医療情報学 11(3): 149-162, 1992.
  22. 小熊伊保, 本間由佳: プロテインC測定法の比較検討、新潟県臨床衛生検査技師会誌 32(185): 51-56, 1992.
  23. 本間由佳, 小熊伊保: プロテインCと凝固線溶因子の比較検討、新潟県臨床衛生検査技師会誌 32(185): 57-59, 1992.
  24. 尾崎京子: 尿沈査成績と塗抹検査法. 検査と技術 20(6): 271-274, 1992.
  25. 木村聡: 海外に学ぶ臨床検査の新しい動き(4)私の場合. 第2回日本臨床検査医会春季大会記録 10(2): 169-170, 1992.
  26. 木村聡: 学会レビュー. 第2回アジア臨床病理学会及び第9回日韓合同臨床病理学会議 20(11): 1123, 1992.


1991

  1. Masahiko Okada: A method to evaluate arterial pulse wave velocity by age and blood pressure. J Clin Comput 10(1): 1-20, 1991.
  2. Masahiko Okada, Mihoko Okada: The pursuit of a portable clinical data base system written by FORTRAN, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, IEEE Press: New York, pp.1212-1213, 1991.
  3. Masahiko Okada: Usefulness of daily patients data for monitoring laboratory test results, Quality Control in the Clinical Laboraotry '91, Excerpta Medica: Tokyo, pp.289-300, 1991.
  4. Phoebe E. Fielding, Takashi Miida, Christopher J. Fielding: Metabolism of low-density lipoprotein free cholesterol by human plasma lecithin-cholesterol acyltransferase. Biochemistry 30(35): 8551-8557, 1991.
  5. Masahide Yamamoto, Yoshiaki Takahashi, Kouichi Inano, Tsuneyoshi Horigome, Hiroshi Sugano: Characterization of the hydrophobic region of heat shock protein 90 J Biochem 110(1): 141-145, 1991.
  6. Tomomi Kuwana, Osamu Sugita, Minoru Yakata: Sugar chain heterogeneity of bone and liver alkaline phosphatase in serum. Enzyme 45: 63-66, 1991.
  7. Hirofumi Okoshi, Sen-itiroh Hakomori, Mohammad Nisar, Qinghong Zhou, Satoshi Kimura, et al: Cell membrane signaling as target in cancer therpy II: inhibitory effect of N,N,N-trimethylsphingosine on metastatic potential of murine B16 melanoma cell line through blocking of tumor cell-dependent platelet aggregation. Cancer Research 51(15): 6019-6024, 1991.
  8. S. Kimura, D. Saitou, A. Singhal, S. Hakomori: Diagnostic and prognostic significance for early stage lung cancer by cytological sputum examination with anti-carbohydrate monoclonal anti-bodies. Glycoconjugate Journal 8(3): 178, 1991.
  9. 岡田正彦: 臨床検査学の潮流を探る. 臨床検査 35(1): 97, 1991.
  10. 岡田正彦: 血管障害の予測と予防. 新潟医学会雑誌 105(4): 235-239, 1991.
  11. 岡田正彦: 検査システムのインテリジェント化-患者データの有効利用をめざして. 新医療 194: 40-45, 1991.
  12. 岡田正彦: 第10回医療情報連合大会印象記. 日本診療録管理学会誌 3(1): 73-75, 1991.
  13. 岡田正彦: 生理機能検査における自動解析の動向. Laboratory and Clinical Practice 9(1): 18-19, 1991.
  14. 岡田正彦: 心電図のコンピュータ処理に関する最近の話題. 新潟県臨床検査センター協議会第42回総会・研修会報告: 18-22, 1991.
  15. 岡田正彦: 新しい医療機器の具備すべき条件-心電図解析装置. 保健通信 423: 35-37, 1991.
  16. 岡田正彦: コンピュータ・ネットワークと病院情報システム. 新潟医学会雑誌 105(10): 669-672, 1991.
  17. 岡田正彦: 明日の検査技師に望む-技術革新と検査室の対応. 検査と技術 19(11): 903-904, 1991.
  18. 岡田正彦: 検査医学のこれから. 学士会々報 55: 8-9, 1991.
  19. 岡田正彦: 検査診断学について. 新潟大学医学部学友会誌 29: 19-20, 1991.
  20. 岡田正彦, 松戸隆之, 岡田美保子: 心電図R-R間隔, 脈波伝播速度のスペクトル解析とその応用. 第11回医療情報学連合大会論文集: 243-244, 1991.
  21. 松戸隆之, 岡田正彦: 状況意味論による医学の知識と推論課程の解析. 第11回医療情報学連合大会論文集: 97-98, 1991.
  22. 松戸隆之: 病態別重回帰分析による偶発誤差検出法に関する研究. 第6回(平成3年度)臨床検査精度管理奨励会報告書: 19-22, 1991.
  23. 松戸隆之: 発熱・意識障害・けいれんをきたした症例. よくわかる臨床検査診断: 208-214, 1991.
  24. 杉田 収, 高田 章, 山田俊幸, 岡田正彦, 屋形 稔: 健常者の正確度を考慮した血清コレステロール値. 臨床病理 39(7): 758-764, 1991.
  25. 杉田 収, 和田玲子, 松井朝子, 橋本尚士, 広川恵子, 屋形 稔, 岡田正彦: 小児血清酵素活性9項目の基準値. 臨床化学 20(2): 59-66, 1991.
  26. 杉田収: 尿酵素. Medical Technology 19(1): 5-10, 1991.
  27. 杉田収: 生体化学成分からみた加齢変化. 平成2年度科学研究補助金(一般研究B)研究成果報告書: 1991.
  28. 杉田収: ドーパミンß水酸化酵素(DBH). 今日の検査指針第2版: 665, 1991.
  29. 杉田収: a-ヒドロキシ酪酸デビドロゲナーゼ(a-HDB). 今日の検査指針第2版: 756, 1991.
  30. 杉田収: ß-グルクロニダーゼ(ß-GL). 今日の検査指針第2版: 757, 1991.
  31. 屋形稔, 山田俊幸: アミロイドーシスに関連した諸検査 血液, 尿性化学的検査. 日本臨床 49(4): 77-82, 1991.
  32. 山田俊幸: 血清アミロイドAタンパク(SAA)の臨床的意義. メディヤサークル 36(1): 9-14, 1991.
  33. 山田俊幸: アミロイドA(SAA). 今日の検査指針第2版: 531, 1991.
  34. 山田俊幸: C反応性蛋白(CRP). 今日の検査指針第2版: 750, 1991.
  35. 山田俊幸: a1-アンチトリプシン(a1-AT). 今日の検査指針第2版: 756, 1991.
  36. 山田俊幸: a2-HSグリコプロテイン. 今日の検査指針第2版: 757, 1991.
  37. 山田俊幸, 帆刈恵, 武田宏子, 横堀明美, 八幡哲子, 松井朝子, 屋形稔: 全自動EIAシステムAIA-1200によるAFP, CEA, およびß2-microglobulinの測定. 日本臨床検査自動化学会会誌 16(1): 33-37, 1991.
  38. 山田俊幸: Serum amyloid A Proteinの迅速定量法と臨床的意義に関する研究. 新潟医学会雑誌 105(6): 372-379, 1991.
  39. 木村聡, 斎藤大造, 木村格平, 屋形稔, 箱守仙一郎: 糖鎖抗原特異的モノクローナル抗体による肺癌組織切片の病理学的検討. 臨床病理 39(7): 765-772, 1991.
  40. 松井朝子, 佐藤京子, 中村明 :全自動酵素免疫測定システムを用いたTSHとプロラクチン測定の評価. 医学検査 40(11): 82-86, 1991.
  41. 高野操, 尾崎京子, 小柳典子: 血液培養検査装置バクテックシステム(BACTEC NR730)の検討. 第56回新潟県臨床衛生検査技師会一般演題抄録 31(2): 43-44, 1991.
  42. 尾崎京子 他: 呼吸器感染患者分離菌の薬剤受性について(1998年). The Japanese Journal of Antibiotics 44(7): 770-798, 1991.
  43. 尾崎京子 他:最近のMRSAに対する各種抗菌剤の抗菌力. 新潟医学会雑誌 105(2): 133, 1991.
  44. 高田章, 青木繭子, 杉田収, 屋形稔: クレアチニン酵素法(クレアチニナーゼ・クレアチナーゼ・ザルコシンオキシダーゼ)・ペルオキシダーゼによるクレアチニン・クリアランスの基準値. 臨床検査機器・試薬 14(4): 619-623, 1991.
  45. 椎名晋一, 岡田正彦 他: 医療用光カードのフォーマット統一に関する研究. 平成2年度科学研究費補助金(総合研究A)研究成果報告書: 1-343, 1991.
  46. 小野塚豊, 佐藤勇, 浅見直, 堺薫, 三井田孝, 篠宮正樹: 家族性高コレステロール血症(type IIa homozygote)に対するLDL吸着療法(apheresis)の効果. 小児科 32: 1047-1052, 1991.


1990

  1. Masahiko Okada: Arterial pulse wave velocity as a meausre of cardiovascular stress, proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, IEEE Press: New York, pp. 550-551, 1990.
  2. Masahiko Okada: Method for quality control of laboratory tests using histograms of daily patient data. J Clin Comput 18(5)&(6): 120-129, 1990.
  3. Kazuo Hikosaka, Takayuki Matsuto, et al: Three regions in the anterior bank of the caudal superior temporal sulcus of the macaque monkey, Vision, Memory, and the Temporal. Lobe: 347-353, 1990.
  4. Takayuki Matsuto, et al: Laboratory test scheduling based on constraint propagation. Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 12(3): 1990.
  5. Kouichi Inano, Makoto Haino, Masaomi Iwasaki, Naomi Ono, Tsuneyoshi Horigome, Hiroshi Sugano: Reconstitution of the 9S estrogen receptor with heat shokck protein 90. FEBS Letters 267(1): 157-159, 1990.
  6. Tomomi Kuwana, Sidney B. Rosalki: Intestinal variant alkaline phosphatase in plasma in disease. Clinical Chemistry 36(11): 1918-1921, 1990.
  7. 岡田正彦, 屋形稔: 検査医学情報システムの論理とその展開. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)臨時増刊 83: 152-158, 1990.
  8. 岡田正彦, 屋形稔: 多変量解析にもとずいた新しい正常値の概念について. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)臨時増刊 83: 22-30, 1990.
  9. 岡田正彦: 臨床検査におけるエキスパートシステムの動向. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)臨時増刊 84: 81-88, 1990.
  10. 岡田正彦: 医療情報処理の今日・これから. 第34回日本臨床病理学会九州地方会総会論文集: 23-24, 1990.
  11. 岡田正彦: 臨床予防医学と情報処理の諸技術. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 38(12): 1317-1322, 1990.
  12. 岡田正彦: 地域保健におけるデータ解析の考え方. 口腔衛生学会雑誌 40(5): 708-709, 1990.
  13. 岡田正彦: 第11回IEEE医用工学部門国際会議報告. 中谷電子計測技術振興財団年報 4: 81-82, 1990.
  14. 岡田正彦: 臨床検査の再評論. 新潟市医師会報 236: 1, 1990.
  15. 岡田正彦, 岡田美保子: 脈波伝播速度のゆらぎの定量化について. 第10回医療情報学連合大会論文集: 525-528, 1990.
  16. 岡田美保子, 岡田正彦: 初等確率・統計の学習を支援するハイパーテキストの試作. 第10回医療情報学連合大会論文集: 269-270, 1990.
  17. 屋形稔, 岡田正彦: 検査データの管理と医の倫理について. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)臨時増刊 83: 5-10, 1990.
  18. 臨床検査技師教育評価研究会(岡田正彦, 分担執筆): 卒前・総合実力養成講座-国家試験への対応-. MEDICAL TECHNOLOGY 18(11): 1077-1086, 1990.
  19. 椎名晋一, 岡田正彦 他: 文部省科学研究費補助金総合研究(A)による医療用光カード・ファイル・フォーマット統一に関する研究. 第1回日本医療光カード研究会論文集: 11-18, 1990.
  20. 松戸隆之 他: 光カードによる個人別検査情報管理の実際. 臨床病理 38(12): 1334-1340, 1990.
  21. 西堀眞弘, 松戸隆之 他: ユーザーインターフェイス機能に優れたリアルタイム精度管理システムの開発. 臨床病理 38(総会号): 295, 1990.
  22. 須賀龍治, 松戸隆之 他: Body box による鼻呼吸時肺気量分画の検討. 臨床病理 38(総会号): 295, 1990.
  23. 飯野潤子, 松戸隆之 他: Body box による総肺気量測定における肺気量位の影響-特に健常者について-. 臨床病理 38(総会号): 295, 1990.
  24. 椎名晋一, 松戸隆之 他: 光カードの医療用データベース・ファイル・フォーマット. 第9回医療情報学連合大会: 621-624, 1990.
  25. 松戸隆之 他: 医療用光カード・システムのマン・マシン・インターフェイス. 第9回医療情報学連合大会: 681-682, 1990.
  26. 松戸隆之 他 :光カードへの画像情報の記録. 第1回日本医療用光カード研究会論文集 2: 43-46, 1990.
  27. 松戸隆之 他: 病院間での情報共有を目的とした検査データ記述言語. 第10回医療情報学連合大会: 433-434, 1990.
  28. 椎名晋一, 松戸隆之 他: 中国における臨床検査データベース標準化に関する共同研究. 第10回医療情報学連合大会: 435-436, 1990.
  29. 西堀眞弘, 松戸隆之 他: 医療情報システムのユーザーインターフェイス-高性能ワークステーションの採用によるユーザーインターフェイス機能改善の試み-. 第10回医療情報学連合大会: 775-778, 1990.
  30. 杉田収: 骨性ALPアイソザイムの解釈. 検査と技術 18(3): 249-252, 1990.
  31. 杉田収: アイソザイム. 外科 52(12): 1990.
  32. 杉田収: N-アセチルグルコサミニダーゼ. 日本臨床 48(増刊号): 480-485, 1990.
  33. 杉田収, 和田玲子, 桑名友美, 屋形稔 他: レクチン親和電気泳動法による健常者の骨型・肝型アルカリホスファターゼアイソエンザイムの加齢変化. 臨床化学 19: 374-380, 1990.
  34. 桑名友美, 杉田収: 血清アルカリホスファターの肝型アイソザイムと骨型アイソザイムの分別定量による加齢変化と臨床応用. 新潟医学会雑誌 104(8): 644-649, 1990.
  35. 屋形稔, 山田俊幸: 炎症マーカー・アミロイド前駆体としての血清アミロイド蛋白A. 医学のあゆみ 152(2): 81-84, 1990.
  36. 山田俊幸, 杉田収, 屋形稔: 化学発光免疫測定によるCK-MBタンパク量定量の基礎的, 臨床的評価. 臨床検査機器・試薬 13(1): 60-66, 1990.
  37. 山田俊幸: 血清アミロイドA蛋白(SAA)アイソタイプの定量的分析. 臨床病理 38(2): 183-187, 1990.
  38. 山田俊幸: 血清アミロイドA(SAA)蛋白. 臨床病理 38(3): 249-254, 1990.
  39. 松井朝子, 杉田収, 屋形稔: ペルオキシターゼを用いたEnzyme Immunoassay でのフェノールによるアジ化ナトリウム阻害の回避. 臨床化学 19(1): 64-71, 1990.
  40. 井朝子, 山田俊幸, 杉田収, 屋形稔: 全自動酵素免疫測定システムによる前立腺酸性ホスファターゼと前立腺特異抗原の測定-その基礎的・臨床的検討-. 臨床病理 38(6): 693-698, 1990.
  41. 島田馨編, 尾崎京子 他: 菌が検出されたときの抗生物質の選択と使用法の実際, 感染症と抗生物質の使いかた(改訂新版), 文光堂: pp. 82-83, 1990.
  42. 池本秀雄, 屋形稔, 尾崎京子: 呼吸器感染症患者分離菌の薬剤感受性について. The Japanese Journal of Antibiotics 43(1): 147-180, 1990.
  43. 和田光一, 尾崎京子 他: メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する各種抗菌剤の抗菌力及びコアグラーゼ型別に伴うアミノ酸糖体系薬剤の抗菌力の差の検討-1982年から1986年までの分離株と最近6ヶ月間の分離株との比較. The Japanese Journal of Antibiotics 43(2): 219-227, 1990.
  44. 横堀明美, 武田宏子, 大原照子, 松井朝子, 山田俊幸, 屋形稔: 全自動EIAシステムAIA1200による血清IgE測定の基礎的検討. 臨床検査機器・試薬 13(3): 493-498, 1990.
  45. 林理恵, 大原照子, 阿部静, 松村典子, 山田俊幸, 屋形稔: Behring Nephelometer Analyzer による血中IgE測定の基礎検討. 臨床検査機器・試薬 13(3): 487-492, 1990.
  46. 後藤元, 屋形稔 他: 本邦におけるofloxacin 耐性菌の現況-1986年から1988年にかけての分離状況と他の抗菌薬に対する感受性. Chemotherapy 38(1): 1-8, 1990.


1989

  1. Masahiko Okada, Mihoko Okada: Knowledge representation and compilation for symptom-disease-test relationships, IEEE Trans. Biomed Eng 36(5): 547-551, 1989.
  2. Masahiko Okada, Minoru Yakata: A method for representing knowledge in laboratory medicine and its application, Proceedings og the 2nd International Federation for Medical and Biological Engineering pan Pacific Symposium. The Australian Federation for Medical & Biological Engineering: Melbourne, pp. 110-111, 1989.
  3. Masahiko Okada, Mihoko Okada and Minoru Yakata: Decomposition of age curves of cancer-mortality rate, MEDINFO 89 (Proceedings of the Sixth World Conference on Medical Informatics. North-Holland: Amsterdam, pp. 765-769, 1989.
  4. Masahiko Okada, Mihoko Okada, Minoru Yakata: Evaluation of arterial pulse wave velocity on the basis of multivariate analysis, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Press: New York, pp. 136-137, 1989.
  5. Masahiko Okada, Minoru Yakata: A new concept for the interpretation of blood chemistry on the basis of stability of measurements. J Clin Comput 18(1): 14-26, 1989.
  6. Stanley M. Finkelstein, Peter L. N. Kerkhof, Masahiko Okada: Guest editorial, Medical Applications of Artificial Intelligence and Information Systems. IEEE Trans Biomed Eng. 36(5): 501-502, 1989.
  7. Tomomi Kuwana, Osamu Sugita, Masahiko Okada, Minoru Yakata: A combined lectin precipitation method for differentiating modified bone alkaline phosphatase in serum. Clin Chim Acta 185(2): 211-212, 1989.
  8. 岡田正彦, 屋形稔: 脈波伝播速度の正常値と加齢変化. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 37(2): 215-218, 1989.
  9. 岡田正彦: 情報処理技術による正常値の見直しと診断論理の確立. 臨床病理学研究振興会研究報告書 7: 2-15, 1989.
  10. 岡田正彦, 屋形稔: 医療データの長期運用に適したファイル構造について. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 9(1): 13-20, 1989.
  11. 岡田正彦, 屋形稔: 臨床検査の精度管理における患者データの有用性について. 新潟医学会雑誌 103(1): 54-58, 1989.
  12. 岡田正彦: 医療と数理モデル. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 9(3): 245, 1989.
  13. 岡田正彦: 医療におけるモデリングの各種技法とその意義について. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 9(3): 247-254, 1989.
  14. 岡田正彦, 中村明, 岡田美保子: 患者データを利用した臨床検査精度管理法の再検討. 第9回医療情報学連合大会論文集: 105-108, 1989.
  15. 屋形稔, 岡田正彦: 臨床検査の正常値とその考え方. medicin 26(10): 2090-2091, 1989.


1988

  1. Masahiko Okada, Taku Nakajima, Noriyuki Eizuka, Yoshiaki Saitoh, Minoru Yakata: Isochronal map of chest wall vibration with cardiokymography Comput. Meth. Prog. biomed 26(2): 105-114, 1988.
  2. Masahiko Okada: Possible determinants of pulse-wave velocities in vivo, IEEE Trans. Biomed Eng BME-35(5): 357-361, 1988.
  3. Masahiko Okada, Mihoko Okada, Minoru Yakata: A discrimination value of serum lipid level on the basis of healthy and diseased persons. Med Inform 13(2): 81-92, 1988.
  4. Mihoko Okada, Masahiko Okada: Prolog-based system for nursing staff scheduling implemented on a personal computer, Comput. Biomed Res 21(1): 53-63. 1988.
  5. Mihoko Okada, Masahiko Okada: A new appoach to the nurse scheduling problem, Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Press: New York, pp. 1446-1447, 1988.
  6. 岡田正彦: 情報科学による検査診断学体系の確立. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 36(4): 418-419, 1988.
  7. 岡田正彦: データベースを活用した正常値の見直しについて. 臨床病理(日本臨床病理学会誌)臨時増刊 77: 84-90, 1988.
  8. 岡田正彦, 屋形稔: 光電容積脈波を利用した動脈硬化度測定システムの試作. 昭和62年度科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書: 1-7, 1988.
  9. 岡田正彦, 岡田美保子, 屋形稔: 検査医学における知識の記述法について. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 8(2): 193-196, 1988.
  10. 岡田正彦, 屋形稔: 光電容積脈波を利用した動脈の硬さの測定. 病態生理 7(6): 480-484, 1988.
  11. 岡田正彦, 屋形稔: 検査データの変動に着目した正常値の推定法. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 36(10): 1205-1028, 1988.
  12. 岡田正彦, 木村明, 小林貞雄: 地域における病歴管理の統一をめざして, 第1報 病名のコード化. メジカルレコード(日本診療録管理学会誌) 14(2): 4-8, 1988.
  13. 岡田正彦、岡田美保子: 臨床検査データの揺らぎと正常値について. 第8回医療情報学連合大会論文集: 241-244, 1988.
  14. 岡田正彦: ストレスを計る. 新潟県医師会報 465: 2-8, 1988.
  15. 屋形稔, 岡田正彦: 医学部における学生教育の将来像. Laboratory and Clinical Practice 6(2): 53-56, 1988.
  16. 松井光一, 岡田正彦, 大窪彦人, 白倉春雄: 新潟大学病院における入院診療録管理システムと標準書式による統計表の出力. 昭和62年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議シンポジウム論文集: 35-38, 1988.
  17. 木村聡, 岡田正彦, 屋形稔: 悪性腫瘍の診断における線形判別関数の有用性. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 36(8): 913-917, 1988.
  18. 岡田美保子, 岡田正彦: 医用データベースにおけるナル値に関する一考察. 第8回医療情報学連合大会論文集: 611-612, 1988.


1987

  1. Satoshi Kimura, Masahiko Okada: Multivariate prediction of pathological atate with laboratpry test results, Proceedings of Symposium of the Clinical Pathology Committee of the Pathological Society of the Republic of China, The Clinical Pathology Committee of the Pathological Society of the Republic of China: Taipei, pp. 26-28, 1987.
  2. 岡田正彦: コンピュータ・シミュレーションによる医学データの解析. 新潟医学会雑誌 101(4): 215-219, 1987.
  3. 岡田正彦, 屋形稔: 各種疾患を考慮した血清脂質の正常値について. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 35(5): 561-564, 1987.
  4. 岡田正彦, 屋形稔: コンピュータによる検査診断学教育システム. 昭和61年度医学教育研究助成研究成果報告書: 1-9, 1987.
  5. 岡田正彦, 屋形稔:前胸壁の振動解析.Ⅲ.等時間線分布図による検討. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 35(6): 703-706, 1987.
  6. 岡田正彦, 岡田美保子: シミュレーションのよる癌死亡率曲線の解析. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 25(1): 29-34, 1987.
  7. 岡田正彦, 屋形稔: 脈波伝播速度の診断的価値について. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 35(10): 1163-1165, 1987.
  8. 岡田正彦, 屋形稔: 臨床検査医学教育システムの検討. メディカル・パソコン 2(7): 731-736, 1987.
  9. 岡田正彦, 大山芳郎: 学校心臓検針のデータ管理と長期観察. 循環器情報処理 1: 156-160, 1987.
  10. 岡田正彦, 岡田美保子: 臨床検査教育のための知識表現について. 第7回医療情報学連合大会論文集: 421-424, 1987.
  11. 松井一光, 岡田正彦, 大窪彦人, 佐藤誠: 新潟大学医学部附属病院における外来カルテ管理システムの導入. 昭和61年度国立大学附属病院情報処理部門連絡会議シンポジウム論文集: 11-15, 1987.
  12. 開原成充, 入江五郎, 大槻昌夫, 紀伊国献三, 里村洋一, 大橋靖雄, 岡田正彦 他: 教育病院における情報学(臨床統計、診療録管理を含む)のあり方に関する基礎的研究、昭和61年度科学研究費補助金(総合研究(A))研究成果報告書: 1-35, 1987.
  13. 岡田美保子, 岡田正彦: ナーススケジューリングシステム. 第2回日本ME学会秋期大会論文集: 92-93, 1987.
  14. 須藤道子, 藤崎直美, 岡田正彦, 荒川正昭, 木村明: 国際疾病分類(ICD-9)による病名のコード化に伴う問題点. メジカルレコード(日本診療録管理学会誌) 12(3): 82-84, 1987.
  15. 岡田美保子, 岡田正彦, 永井肇, 石北理香: Prologによる病棟看護勤務計画作成支援システム. 第7回医療情報学連合大会論文集: 569-572, 1987.
  16. 藤崎直美, 松井一光, 須藤道子, 岡田正彦, 荒川正昭: 新潟大学病院における入院診療中央管理システムについて. メジカルレコード(日本診療録管理学会誌) 13(3): 35-38, 1987.
  17. 松井一光, 荒川正昭, 岡田正彦, 大窪彦人, 堀内ミエ :電動棚と検索表示ランプ付固定棚の利用経験. メジカルレコード(日本臨床録管理学会誌) 13(3): 53-57, 1987.


1986

  1. Masahiko Okada, Satoshi Kimura, Mihoko Okada: Estimation of arterial pulse wave velocities in frequency domain: method and clinical considerations. Med Biol Eng. Comput. 24(3): 255-260, 1986.
  2. Masahiko Okada, Mihoko Okada: Portable file management system in FORTRAN ・ Ⅱ. The input/output routine for free-format text, Comput. Meth. Prog Biomed 22(2): 199-207, 1986.
  3. Masahiko Okada, Mihoko Okada: An algorithm to manage variable-length records for highiy portable clinical data base systems, Comput. Biomed Res 19(3): 244-236, 1986.
  4. Masahiko Okada, Mihoko Okada: An evaluation of data items for the fiking system of a gastric cancer screening project. Med Inform 11(2): 177-183, 1986.
  5. Mihok Okada, Masahiko Okada: Information management of drug-drug interactions based on foemal representation, IEEE Trans. Syst Man Cybern CMC-16(3): 358-364, 1986.
  6. 岡田正彦, 屋形稔: 臨床医学と人工知能. 薬の知識 37(1): 10-11, 1986.
  7. 岡田正彦, 屋形稔: 脈波伝播速度の新しい計測法の開発. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 34(2): 121-124, 1986.
  8. 岡田正彦, 屋形稔: 前胸壁の振動解析Ⅱ・再現性の検討. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 34(10): 1208-1212, 1986.
  9. 岡田正彦: 甲信越支部におけるME. 第1回日本ME学会秋期大会論文集: 30-31, 1986.
  10. 岡田正彦, 岡田美保子: 癌による年齢別死亡率のシミュレーション・モデル. 第6回医療情報学連合大会論文集: 333-334, 1986.
  11. 岡田正彦, 岡田美保子: 患者データ管理のための可変長レコード操作法について. 医用電子と生体工学(異本ME学会誌) 24(7): 535-536, 1986.
  12. 岡田美保子, 岡田正彦, 森田八重子: 病棟看護勤務計画の自動作成ーパソコンPrologによるアプローチ. メディカルパソコン 1(2): 197-202, 1986.
  13. 岡田美保子, 岡田正彦, 森田八重子: Prologによる看護勤務計画自動作成の試み. 第6回医療情報学連合大会論文集: 483-484, 1986.
  14. 中村明, 杉田収, 屋形稔, 岡田正彦: “新潟大学病院における臨床検査システムの現況と今後の課題”, 臨床検査室のシステム化, 東広社: 東京, pp. 114-122, 1986.
  15. 岡田美保子, 岡田正彦: 病歴データベースにおける個人別データ項目の一管理方式. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 24(7): 530-534, 1986.


1985

  1. Masahiko Okada, Mihoko Okada: An algorithm to count the number of repeated patient data entries with B tree, Comput. Biomed Res 18(2): 121-124, 1985.
  2. Masahiko Okada: Storage volume of computer tomography images can be reduced by a factor of five, Comput. Meth Prog Biomed 20(2): 151-157, 1985.
  3. Masahiko Okada: Noise evaluation and filter design in CT images, IEEE Trans. Biomed Eng BME-32(9): 713-719, 1985.
  4. Masahiko Okada: A program to measure time intervals between R wave peaks in real-time mode, Comput. Meth Prog Biomed 20(3): 235-240, 1985.
  5. Mihoko Okada, Masahiko Okada: A microcomputer-based device for quntitative analysis of alternate pronation and supination of forearms. J Clin Eng 10(2): 157-169, 1985.
  6. 岡田正彦: 新潟市における胃集団検診データの5年間の集計結果について. 新潟市医師会報 170: 13-16, 1985.
  7. 岡田正彦, 岡田美保子, 熱田修, 渡部義一, 長谷川敏之: 胃癌のスクリーニングに問診票は有用か. 医学のあゆみ 134(5): 389-390, 1985.
  8. 岡田正彦, 岡田美保子: 医療データベース構築のためのFORTRANによるB木ファイルに実現. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 5(2): 164-167, 1985.
  9. 岡田正彦, 岡田美保子: 波形の実時間認識と手法とその限界についての考察. 第5回医療情報学連合大会論文集: 415-418, 1985.
  10. 岡田美保子, 岡田正彦: 医療品相互作用知識の表現形式. 日本医療情報学会・医療コンサルテーション研究会資料集: 71-72, 1985.
  11. 木村聡, 岡田正彦, 屋形稔: 指尖脈波および生化学的諸検査値による血管弾性の加令変化の推定. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 13(9): 1051-1055, 1985.
  12. 岡田美保子, 岡田正彦: 形式表現に基づいた医療品相互作用知識の記述方法. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 23(5): 329-333, 1985.


1984

  1. Masahiko Okada, Mihoko Okada, Minoru Yakata: Portable file management system in FORTRAN, Comput. Prog Biomed 19(1): 47-51, 1984.
  2. Masahiko Okada, Taku Nakajima, Noriyuki Eizuka, Mihoko Okada, Yoshiaki Saito, Kohji Tamura: Computer Animation of chest wall vibration. J Clin Comput 13(1): 16-24, 1984.
  3. Mihoko Okada, Masahiko Okada: The pursuit of a total data processing system free of language and programming Comput. Biomed Res 17(3): 193-207, 1984.
  4. 岡田正彦, 岡田美保子: CT画像の圧縮、医学のあゆみ 128(7): 436-437, 1984.
  5. 岡田正彦, 岡田美保子: 頭部CT画像圧縮と新しいコード化法. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 21(特別号): 730-731, 1984.
  6. 岡田正彦, 屋形稔: 前胸壁の振動解析I. 正常例の検討. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 32(4): 181-185, 1984.
  7. 岡田正彦, 屋形稔: 心房細動における R-R 間隔の確率的性質について. 臨床病理(日本臨床病理学会誌) 32(9): 1021-1024, 1984.
  8. 岡田正彦, 岡田美保子: FORTRAN77 による可搬性の高いファイルハンドラーの構成法. 第4回医療情報学連合大会論文集、pp. 296-299. 1984.
  9. 岡田美保子、岡田正彦、神田武政、丸山直滋、白川健一:前腕回内回外運動のコンピュータ分析-規則性の評価を中心として-. 最新医学 39(2): 413-418, 1984.
  10. 岡田美保子, 岡田正彦: マイクロコンピュータを内蔵した両手変換運動分析装置の試作. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 4(1): 25-29, 1984.
  11. 中島拓, 藤田基, 岡田正彦, 岡田美保子, 斎藤義明, 田村康二: 胸壁面振動の三次元アニメーション表示法の開発. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 21(特別号): 644-645, 1984.
  12. 岡田美保子, 岡田正彦: 文型式で記述された薬剤情報の管理・検索技術の開発. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 21(特別号): 916-917, 1984.
  13. 斎藤義明, 木竜徹, 牧野秀夫, 田村康二, 岡田正彦: Cardiomoveograph (心臓壁動態記録図)システムの研究. 昭和58年度科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書: 1-27, 1984.
  14. 岡田美保子, 岡田正彦: 文を単位とする医薬品情報の処理方法. 新潟大学情報処理センター年報 2: 53-58, 1984.
  15. 屋形稔, 岡田正彦, 中村明: 新潟大学病院における臨床検査情報システム, 臨床検査とコンピュータ(河合忠ほか編), 医典社: 東京, pp. 137-142, 1984.
  16. 岡田美保子, 神田武政, 岡田正彦: 両手回内回外運動分析装置 DIADOCHO-ANALYZER の試作. 第4回医療情報学連合大会論文集: 698-699, 1984.


1983

  1. Masahiko Okada: Measurement of speech patterns in neurological disease. Med Biol Eng Comput 21(2): 145-148, 1983.
  2. Masashiko Okada, Mihoko Okada: Is it possible to make a diagnosis in an ambulance? Jap J Med 22(1): 21-25, 1983.
  3. Masahiko Okada: A method for estimating renal functions based on the radioisotope renogram Comput Biomed Res 16(3): 218-233, 1983.
  4. Masahiko Okada, Mihoko Okada, Minoru Yakata: Scoring method for diagnosis of methylmercury poisoning. J Clin Comput 12(3): 64-76, 1983.
  5. Mihoko Okada, Masahiko Okada: A method for quantification of alternate pronation and supination of forearms. Comput Biomed Res 16(1): 59-78, 1983.
  6. 岡田正彦, 屋形稔: 救急車のための診断補助システム. 薬の知識 34(45): 18-19, 1983.
  7. 岡田正彦, 岡田美保子: 会話型病歴管理システム FLXFL-II の機能拡張と技術評価. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 21(特別号): 334-335, 1983.
  8. 岡田正彦, 岡田美保子: わが国における救急医療情報システムの現状と問題点. 情報処理(情報処理学会誌) 24(6): 886-888, 1983.
  9. 岡田正彦, 屋形稔: 臨床検査の選択-真の相関とみかけの相関-. 薬の知識 34(9): 18-19, 1983.
  10. 岡田正彦, 岡田美保子, 中村明: 医療データ管理の諸問題と FORTRAN. 電子通信学会技術研究報告 83(148)MBE83-41: 39-46, 1983.
  11. 岡田正彦: 医療情報学の最近の進歩, 救急医療情報システム. 医療情報学(日本医療情報学会誌) 3(3): 133-135, 1983.
  12. 岡田正彦, 岡田美保子: 救急医療情報システムにおける新しい試み. 第3回医療情報学連合大会論文集: 275-276, 1983.
  13. 岡田美保子, 岡田正彦: プログラミング不用の医療用データ処理システム FLXFL. 新潟大学情報処理センター年報 1: 33-42, 1983.
  14. 岡田美保子, 岡田正彦: 会話型病歴管理システム-FLXFL-の利用状況と問題点. 第6回病歴データベース研究会資料集: 1-9, 1983.
  15. 岡田美保子, 岡田正彦, 白川健一, 神田武政: 交換運動障害定量化の試み. 第3回医療情報学連合大会論文集: 459-460, 1983.
  16. 岡田美保子, 岡田正彦: 文章を含んだ医薬品情報の一管理方式. 第7回病歴データベース研究会資料集: 1-7, 1983.


1982

  1. Masahiko Okada, Mihoko Okada: "Emergency medical care information system: Present and future", in Applications of Computers inMedicine, Ed. M. D. Schwarz, IEEE Press: New York, pp. 224-233,1982.
  2. Masahiko Okada: Chest wall maps of heart sounds and murmurs. Comput Biomed Res 15(3): 281-294, 1982.
  3. Masahiko Okada, Naoshige Maruyama: Software system for real-time discrimination of multiunit nerve impulses. Comput Prog Biomed 14(12): 157-168, 1982.
  4. Masahiko Okada, Mihoko Okada: Hospital selection algorithm for emergency patients. J Clin Comput 11(3): 122-135, 1982.
  5. Mihoko Okada, Masahiko Okada: Microcomputer Software for a facile intellignet terminal. Journal of General Education Department, Niigata University 13: 157-168, 1982.
  6. Kohji Tamura, Masahiko Okada: Three dimensional graphic display of cardiac motion abnormalities in myocardial infarction. Computers in Cardiology (Proceedings of the Computers in Cardiology), IEEE Press: New York, pp. 417-420, 1982.
  7. 岡田正彦, 岡田美保子: 多変量解析を使ってみよう(1)予測の問題. 新潟大学情報処理センターニュース 9(1): 2-7, 1982.
  8. 岡田正彦, 岡田美保子: 救急医療情報システムにおける医療機関選択の一方法. 情報処理(情報処理学会誌) 23(1): 337-343, 1982.
  9. 岡田正彦: 医薬品情報のための文章のコード化規則と復元アルゴリズム. 情報処理(情報処理学会誌) 23(2): 211-214, 1982.
  10. 岡田正彦, 室岡寛: 体表面における心音分布図の作製法とその応用. 日本臨床生理学会誌 12(1): 29-32, 1982.
  11. 岡田正彦: これからの集団検診データ管理. 新潟市医師会報 138: 25-27, 1982.
  12. 岡田正彦, 岡田美保子: 多変量解析を使ってみよう(3)相関の問題. 新潟大学情報処理センターニュース 9(3): 9-12, 1982.
  13. 岡田正彦, 岡田美保子: 臨床診断のためのデータ項目選択-相関重みつきエントロピーの応用. 第2回医療情報学連合大会論文集: 159-162, 1982.
  14. 岡田正彦, 岡田美保子: 多変量解析を使ってみよう(4)圧縮の問題. 新潟大学情報処理センターニュース 9(4): 9-12, 1982.
  15. 岡田美保子, 岡田正彦: 多編量解析を使ってみよう(2)分類の問題. 新潟大学情報処理センターニュース 9(2): 3-7, 1982.
  16. 岡田美保子, 岡田正彦: プログラミング不用の病歴管理・分析システム(FLXFL). DECUS News 2(1): 6-7, 1982.
  17. 岡田美保子, 岡田正彦: 変換運動反復試験の客観的評価法. 電子通信学会技術研究報告 82(137) MBE82-31: 47-54, 1982.
  18. 岡田美保子, 岡田正彦: 医学向きデータ管理・分析システム. 第2回医療情報学連合大会論文集: 357-360, 1982.


1981

  1. Masahiko Okada, Mihoko Okada, Naoshige Maruyama, Masao Okada: A new intelligent terminal for clinical computer network. Med Biol Eng Comput 19(3): 257-261, 1981.
  2. Masahiko Okada, Naoshige Maruyama: Software system for real-time discrimination of multi-unit nerve impulses. Comput Prog Biomed 14(12): 157-164, 1981.
  3. Mihoko Okada, Masahiko Okada: An interactive system for programming free data management and analysis: FLXFL-II, Progress in Health Monitoring (Proceedings of the International Conference on Automatic Multiphasic Health Testing and Services). Excerpta Medica: Amsterdam, pp. 353-361, 1981.
  4. 岡田正彦, 岡田正雄: 救急患者初期診断のためのデータ選択. 最新医学 36(7): 1455-1459, 1981.
  5. 岡田正彦, 柴木充朗: CT像における雑音の性質と強度について. 最新医学 36(9): 1828-2832, 1981.
  6. 岡田正彦, 白川健一: 水俣病症度判定のための計算票. 最新医学 36(11): 2257-2261, 1981.
  7. 岡田正彦: 体表面心音分布図, 画像診断 1(4): 452-455, 1981.
  8. 岡田正彦: マルチユニット神経活動電位からの単一ユニット実時間検出法について. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 19(4): 284-285, 1981.
  9. 岡田正彦: 音声入力装置の試作. 新潟大学情報処理センターニュース 8(2): 4-5, 1981.
  10. 岡田正彦, 岡田美保子, 丸山直滋: 最近開発したPDP-12ソフトウエア(11), 新潟大学脳研究所業績集XIV: 9, 1981.
  11. 岡田美保子, 岡田正彦: 医療用端末のためのマイクロコンピュータ・ソフトウエアシステム, 情報処理(情報処理学会誌) 22(4): 383-390, 1981.
  12. 荒井裕, 渡辺賢一, 小沢武文, 柴田昭, 斎藤義明, 牧野秀夫, 岡田正彦: 心内膜表面心電図の周波数分析との比較によるQRS波高値と slew rate 測定の意義についての検討. 第5回心臓ペーシング研究会プロシーデイングス: 119-200, 1981.


1980

  1. Masahiko Okada, Mihoko Okada, Takato Ooi: Applications of the new computer terminal in the medical environment. MEDINFO 80 (Proceedings of the Third World Conference on Medical Informatics), North-Holland. Amsterdam, pp. 1353, 1980.
  2. Kohji Tmura, Nobuo Furukawa, Yutaka Arai, Hiroshi Murooka, Yoshiaki Saito, Masahiko Okada: Detection of regional cardiac wall-motion abnormalities in myocardial infarction by cardiac wall kymography. Jap Heart J 21(5): 621-632, 1980.
  3. Mihoko Okada, Masahiko Okada: The decentralized software organization in the medical information system - A new microcomputer software for clinical staffs, MEDINFO 80 (Proceedings of the Third World Conference on Medical Informatics). North-Holland, Amsterdam, pp. 728-732, 1980.
  4. 岡田正彦, 熱田修, 渡部義一, 北村正人, 岡田美保子: 新潟市における胃集団検診データベース. 新潟県医師会報 368: 2-8, 1980.
  5. 岡田正彦, 丸山直滋; 画像解析技術の現状と未来. 新潟医学会雑誌 94(12): 795-799, 1980.
  6. 岡田正彦: コンピュータトモグラフィの雑音消去法についての考察. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 18(6): 441-442, 1980.
  7. 岡田正彦, 岡田美保子, 丸山直滋: 最近開発したPDP-12ソフトウエア(10). 新潟大学脳研究所業績集XIII: 10, 1980.
  8. 神田武政, 岡田正彦, 白川健一, 川瀬康裕, 平原弘雄, 豊島至, 椿忠雄: 音声包絡線による小脳性構語障害の定量分析. 最新医学 35(2): 241-247, 1980.
  9. 田村康二, 荒井裕, 岡田正彦, 斎藤義明:Modified Cardiokymograhy による心臓壁異常運動の検討. 脈波(日本脈波学会誌) 10(1): 23-26, 1980.
  10. 荒井裕, 筒井牧子, 田村康二, 斎藤義明, 岡田正彦, 岡田美保子, 丸山直滋: カルデイオキモグラフィーによる心臓壁の運動についての検討. 新潟医学会雑誌 94(12): 811-814, 1980.


1979

  1. Masahiko Okada: A digital filter for the QRS complex detection, IEEE Trans. Biomed Eng BME-26 12: 700-703, 1979.
  2. Mihoko Okada, Masahiko Okada: Conversational file processing system FLXFL (FleXible File) for nonprogrammers. Comput Biomed Res 12(4): 335-349, 1979.
  3. 岡田正彦, 神田武政: 音声の計測とその臨床応用. 医学の歩み 111(7): 458-460, 1979.
  4. 岡田正彦, 岡田美保子: 医療用インテリジェント端末の開発. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 17(6): 448-449, 1979.
  5. 岡田正彦, 丸山直滋: 最近開発したPDP-12ソフトウエア(9). 新潟大学脳研究所業績集XII: 10, 1979.
  6. 丸山直滋, 岡田正彦, 白川健一, 斉藤美恵子, 岡田美保子 :水俣病患者における症度の客観的評価法の検討-その方法と問題点-文部省特定研究「難病」班, 難病の発症機構に関する基礎的研究.昭和54年度研究業績集: 322, 1979.
  7. 椿忠雄, 白川健一, 神田武政, 星野恵子, 岡田正彦, 岡田美保子, 斉藤美恵子 :協調運動の定量分析と計量診断法の確立についての研究. 日本公衆衛生協会報告書: 57-71, 1979.
  8. 丸山直滋, 神田武政, 岡田正彦, 白川健一: 水俣病における指鼻試験の三次元記録法と定量分析の試み. 昭和53年度文部省班会議報告書: 404-407, 1979.
  9. 神田武政, 岡田正彦, 丸山直滋, 白川健一: 空間運動の三次元記録法の試み. 神経内科 10(1): 76-78, 1979.
  10. 神田武政, 岡田正彦: 構音障害の定量分析. 臨床脳波 21(7): 441-446, 1979.


1978

  1. Masahiko Okada: A method for clinical data reduction based on "weighted entropy", IEEE Trans. Biomed Eng BME-25(5): 462-467, 1978.
  2. 岡田正彦, 丸山直滋: 最近開発したPDP-12ソフトウエア(8). 新潟大学脳研究所業績集XI: 8, 1978.
  3. 神田武政, 広田紘一, 白川健一, 椿忠雄, 岡田正彦, 丸山直滋, 岡田美保子, 近藤喜太郎: 協調運動障害の定量分析-Diadocho Kinesia, articulation および fingertapping test について-. 厚生省特定疾患昭和52年度研究業績集: 105-110, 1978.
  4. 椿忠雄, 白川健一, 広田紘一, 神田武政, 岡田正彦, 岡田美保子, 丸山直滋: 水俣病患者にみられる協調運動障害の定量的解析. 日本公衆衛生協会報告書: 12-32, 1978.
  5. 椿忠雄, 白川健一, 岡田正彦: 脱髄性疾患の髄液所見と主要神経症の分析-多発性硬化症全国奨励調査成績の資料による-. 厚生省特定疾患1977年度研究報告書: 113-116, 1978.
  6. 岡田美保子, 神田武政, 丸山直滋, 白川健一, 岡田正彦: Diadochokinesia test の定量分析. 神経内科 9(1): 70-72, 1978.


1977

  1. Masahiko Okada, Naoshige Maruyama, Takemasa Kanda, Ken-ichi Shirakawa, Tadashi Katagiri: Medical data base system with an ability of automated diagnosis. Comput Prog Biomed 7(3): 163-170, 1977.
  2. 岡田正彦, 神田武政, 丸山直滋, 白川健一, 片桐忠, 椿忠雄: 多発性硬化症とその類縁疾患の計算機診断. 神経内科 6(2): 121-128, 1977.
  3. 岡田正彦, 椿忠雄, 神田武政: 日米両国における多発性硬化症とDevic病の病像分析. 神経内科 7(2): 132-137, 1977.
  4. 丸山直滋, 岡田正彦: 最近開発したPDP-12ソフトウエア(7). 新潟大学脳研究所業績集X: 1, 1977.


1976

  1. Masahiko Okada: 3-Dimensional graphic display of electrocardiograms. Jpn Circul J 40(3): 167-175, 1976.
  2. 岡田正彦, 神田武政, 丸山直滋, 椿忠雄: 判別関数による日本のMSとDevic病および米国のMSの症候の異同について. 厚生省特定疾患1975年度研究報告書: 18-23, 1976.
  3. 岡田正彦, 神田武政, 丸山直滋, 椿忠雄: 偏相関係数によるMSとDevic病の病像分析. 厚生省特定疾患1975年度研究報告書: 15-17, 1976.
  4. 岡田正彦, 丸山直滋: 最近開発したPDP-12ソフトウェア(6). 新潟大学脳研究所業績集IX 2: 1976.
  5. 岡田敏夫, 岡田正彦: レノグラムのシミュレーションモデルによる腎機能評価. 核医学(日本核医学会誌) 13(2): 111-122, 1976.
  6. 神田武政, 岡田正彦, 白川健一, 丸山直滋, 片桐忠, 椿忠雄: 最大尤度法を用いた多発性硬化症の電算機診断の試み. 厚生省特定疾患1975年度研究報告書: 8-14, 1976.
  7. 岡田美保子, 神田武政, 白川健一, 岡田正彦, 丸山直滋: 上肢変換運動試験(diadochokinesia test)の記録および定量分析. 文部省特定疾患昭和51年度研究業績: 386-387, 1976.


1975

  1. 岡田正彦, 岡田正雄: シミュレーションによる救急医療システムの解析. 医学のあゆみ 93(8): 329-333, 1975.
  2. 岡田正彦: 不整脈自動監視ソフトウェアのための基礎的検討. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 13(6): 356-359, 1975.


1974

  1. 岡田正彦: 学習する診断機械, 新潟大学情報処理センターニュース 1(2): 5-6, 1974.
  2. 岡田正彦: 医療情報処理. 新潟市医師会報 39: 2-3, 1974.
  3. 岡田正彦: ”LEARNING MACHINE”によるレノグラムパターン認識. 医用電子と生体工学(日本ME学会誌) 12(2): 60-68, 1974.


1973

  1. 松岡松三, 桜川信男, 岡田正彦: 自己免疫性溶血性貧血. 臨床と研究 50(6): 1625-1630, 1973.
  2. 岡田正雄, 岡田正彦: 医学におけるコンピュータの応用-その現状および将来の展望-. 新潟県医師会報 279: 4-8, 1973.


1972

  1. 岡田正彦: 心電図の自動診断(電算機による生体情報処理). 新潟医学会雑誌 86(10): 434-440, 1972.


TOPへ