尿定性検査

項目  基準値 測定法、その他
比重 1.005〜1.020 屈折率法 *:大量のアスコルビン酸の存在で偽陰性となることがある

**:SH基を有する薬剤で偽陽性となる
(グルタチオン製剤、ブシラミン等)
淡黄色〜黄褐色 試験紙法
pH 6.0位
糖定性 (−)*
蛋白定性 (−)
潜血反応 (−)*,**
ケトン体 (−)**
ビリリビン (−)*
ウロビリノーゲン normal
亜硝酸塩 (−)*
白血球 (−)
濁度 (−) 比色法(透過光)
沈渣   Sysmex UF‐1000i にて測定
ただし、以下のものは鏡検(×400)
  尿蛋白定性 2+以上
  尿潜血    3+

  UF‐1000i で判別困難な成分
    ・尿細管上皮細胞など
    ・内容物のある円柱など
  赤血球 5個以下/HPF
  白血球 5個以下/HPF
  扁平上皮 少数認められる場合がある
  結 晶 少数認められる場合がある
  硝子円 少数認められる場合がある
HPF:high power field
鏡検×400
LPF:
low power field
鏡検×100
WF:Whole field
全視