部署の紹介

放射線部

放射線部は中央診療部門に位置付けられ、放射線診断科・放射線治療科からなっています。私たち看護師は、血管撮影室・CT室・透視室・放射線治療室など、いろいろな部門で勤務しています。検査・治療における安全・安楽のため、他職種(医師・放射線技師・臨床工学技師)とチーム連携を図り、対応しています。


放射線診断科

エックス線・CT・MRI・透視・血管撮影・PET-CTなどがあります。


放射線診断科

看護師は、診療の介助だけでなく、異常がないかの観察や局所麻酔下で行なわれるカテーテル検査や治療を受ける患者さんの訴えを親身になって傾聴し、臨機応変に対応しています。


放射線治療科

放射線科外来・放射線治療があります。


放射線治療室

放射線に対する専門知識を活用し、治療開始前に患者さんの照射部位に応じてオリエンテーションを行います。


また、連日にわたって照射を受ける患者さんに対し、日々変化する状態に細かく対応しています。