部署の紹介

外来 2・3階

外来2階 内科外来(臓器別10診療科)と3階(産科婦人科、泌尿器科、小児科、小児外科、皮膚科、麻酔科)を担当しています。


外来2階 内科外来

内科外来では、各診察室での診療の補助、処置室でのケア、療養指導を行っています。


看護師は、各診察室で患者様の安全と待ち時間に配慮しながら、診察がスムーズに進行するように外来診療の補助をしています。


内科外来処置室では、治療に必要な検査、点滴、注射などをその方のADL(日常生活動作)を考慮して対応しています。また、診断に必要な検査には、検査用紙や実際の物品を用いて分かりやすい説明を心掛けています。

外来2階 内科外来
内科外来処置室

療養指導外来では、自己管理が必要な方に対して、内科外来処置室奥の療養指導室で、個別指導を行っています。


支援の内容は、主に糖尿病、フットケア、睡眠時無呼吸症候群、造血幹細胞移植、関節リウマチ、多発性硬化症、禁煙など多岐にわたっており、慢性疾患看護専門看護師、糖尿病療養指導士など各専門分野の資格や研修を受けた看護師が担当します。その方の療養上の課題をともに考え、自己管理技術の習得を援助し、その人らしい生活が送れるように支援しています。


療養指導外来

外来3階 産科婦人科外来

産科婦人科外来では、産科、婦人科外来の他に、女性ヘルスケア・特殊不妊・不育・不妊内分泌といった専門外来に分かれて診療を行っています。看護師は内診時の介助や治療に応じた注射・点滴などを行うほかに、婦人科外来では患者さんの生活スタイルに合わせた療養上の相談や支援を行い、病棟と週1回のカンファレンスを行うことで継続看護につなげています。産科外来では、妊娠期・出産・育児を安心して行えるように助産師が個々に応じた保健指導を行っています。


産科指導室

産科指導室


皮膚科外来

皮膚科外来では、一般的な皮膚疾患、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、皮膚腫瘍、乾癬などの患者様が来院されます。看護師は主に診療介助、皮膚生検、光線療法の介助、パッチテストの検査介助を行っています。その中でも、個々のライフスタイルに合わせた軟膏処置や指導、自己注射の指導に力を入れています。

軟膏処置車

軟膏処置車

パッチテスト準備

パッチテスト準備


小児科・小児外科外来

小児外来では、小児科・小児外科で構成されており、各専門外来に分かれて診療を行っています。


看護師は、身体計測、診察の介助、安全に採血・点滴・エコー等の検査が受けられるように観察と介助を行っています。また在宅医療を受けている患者さんに対しては、安心して療養できるよう相談を受け、必要な援助や指導を行っています。現在は、成長ホルモンや性ホルモン補充の為の自己注射、経管栄養、糖尿病や生活習慣病に対する療養指導、栄養面も含めた胃瘻管理、浣腸、在宅CV管理等の患者指導に重点を置いています。在宅医療を受けている患者さんが、社会とのつながりを持って生活できるよう、地域との連携をはかっています。忙しい業務に追われるだけでなく、患者さんとその家族とのコミュニケーションを通して信頼関係の形成に努め、様々な疾患を抱えて自宅や社会生活を送る患者さんと家族の悩みや問題に寄りそうように心がけて日々看護しています。

プレイルーム

プレイルーム

自己注射指導の人形

自己注射指導の人形


泌尿器科外来

泌尿器科外来では、腎・副腎・膀胱・尿器系の疾患患者さんを対象としています。腎移植の移植施設としても多くの実績があり、外来で移植前・移植後の管理を行っています。


看護師は、フォーレ管理、自己導尿、腎瘻管理などの指導を行っています。患者さんの生活に合わせて物品選択や在宅での使用方法の相談、尿の性状に合わせ、水分の摂り方の指導、陰部の汚染や発疹や表皮剥離などがあれば、保清の方法やカテーテルの固定方法などの指導を行います。外出のためのウロバックの選択など相談にのる機会も多いです。診察や処置の介助の時に患者さんの状況を判断し、必要な指導・相談を適時に行えるように心がけています。


自己管理が困難な場合でも、状況に応じて家族の協力や訪問看護へ依頼し在宅で安心して生活できるように、社会資源の利用など医師と相談し対応しています。


移植コーディネーターの看護師は、外来で移植前からの生活指導(食事指導・禁煙指導など)、入院前から退院後の検査データの確認や服薬指導、生活指導も行っています。

尿バック類

尿バック類

各種カテーテル

各種カテーテル


麻酔科外来

麻酔科外来は、ペイン外来と術前外来があります。ペイン外来は様々な痛みを伴う疾患の患者さんの痛みや症状の軽減、緩和を図る治療を行っています。看護師は、主に点滴の管理、神経ブロックの介助や処置後の観察をしています。処置に伴う副作用で、血圧低下、一時的に歩行困難になった方へのケアも実施しています。術前外来では、周手術期として手術を受ける患者さんの術前状態の把握や麻酔についての説明を行っています。


ペインクリニック処置室

ペインクリニック処置室