部署の紹介

東5階病棟 精神科

東5階病棟(精神科)では、大学病院における精神科看護の役割を担うため、スタッフ全員が専門性の高い看護を実践できることを目指しています。


部署で整備した精神科ラダーを活用することで、経験年数に応じてスキルアップができる環境が整っています。定期的に自分たちの行ってきた看護を振り返る「リフレクション」という学習会を開催し、日々の看護実践を通してよりよい看護ができるよう励んでいます。


平成26年度よりパートナーシップ(PNS)制度を導入し、スタッフが互いに協力しあうことで、より質の高い看護ケアが提供できるよう努めています。


精神科ラダーは内容も充実しています!

また、治療の場を病院から患者様・ご家族様の意向に沿った自宅などの場所へとスムーズに移行できるよう、心理教育や退院支援を多職種と連携して積極的に開催しています。 DVD体操、レクリエーション(書道や折り紙、カラオケ)を開催することで、患者様ひとりひとりが療養生活を充実できるように、コミュニケーションを重視した看護を提供しています。