部署の紹介

西11階病棟 内科(腎・呼吸器・一般)

西11階病棟は、腎・膠原病内科、呼吸器・感染症内科の病棟です。


病棟では、継続教育の推進を掲げ、肺癌や様々な要因を伴う呼吸不全の患者看護、慢性腎不全や膠原病の患者看護においてスタッフが専門性を発揮できるように、教育係を中心に病棟学習会を計画的に開催したり、院内外の学習環境を活用し、互いに知識や看護実践力を高め合っています。また、適切に酸素療法や腎代替療法などの受療行動がとれるよう一人ひとりの患者さんに合わせ方法を工夫しながら療養指導を行っています。


私たちは、患者さんが治療に専念し、さらに一人ひとりが自分の疾患に向き合いセルフケア能力を引き出せるような支援を心がけています。


部署の特性を活かして様々な学習会を企画・開催し、互いに学びあっています!

パートナーシップ・ナーシングによる協働や業務の補完は定着しており、メンバー同士で常に意見交換を行っています。また、医師はじめ薬剤師、栄養士、理学療法士、MSWなど職種間の連携は活発で、在宅療養支援、終末期医療、倫理事例の検討、看護リフレクション等様々なカンファレンスを医療チームで行っています。


カンファレンス
パートナーシップ・ナーシング