後期臨床研修案内

研修目標

内科認定医、がん治療認定医、がん薬物療法専門医取得を目標とする。

同時に、可能な限り大学院に入学し、医学博士を取得する。

研修内容

日本臨床腫瘍学会で定めた「がん薬物療法専門医のための研究カリキュラム」に則った研修を行う。当科の研修上の最大の特徴として、消化器・呼吸器のみならず、乳癌、原発不明癌などの症例も数多く担当できることが挙げられる。以下に具体的な研修内容を挙げる。

  1. 胃癌、食道癌、大腸癌、胆道癌、乳癌、膵臓癌、肺癌、原発不明癌の化学療法を主治医として経験する。
  2. 化学療法を受ける患者の全身状態を把握し、有害事象に対応し、臓器障害を含めた状態に合わせた化学療法の修正を行う。
  3. がんのインフォームドコンセントや、終末期医療を主治医として経験する。
  4. 臨床試験に分担者として参加し、症例の登録および治療を行い、症例報告書の作成を行う。
  5. がん疼通治療と緩和医療の概念を理解し実践する。
  6. 手技として中心静脈カテーテル挿入、CVポート挿入、胸腔穿刺、腹腔穿刺、腰椎穿刺、骨髄穿刺・生検の経験を積む。