最新情報

当科について

当科について

新潟大学整形外科学講座は、大正6年(1917)本邦で4番目に開講し、2017年に100年目を迎える国内有数の伝統教室であります。診療体制は、専門グループ(股関節、膝・スポーツ医学、腫瘍、脊椎・脊髄、リウマチ、手の外科、小児整形、外傷、骨粗鬆症・骨代謝)に分けて広い疾患領域をカバーしています。また、外傷を中心とした運動器疾患のプライマリーケアも行っています。伝統講座ならではの長期経過症例報告などの臨床研究とともに、関節鏡・胸腔鏡などを用いた最小侵襲手術、ナビゲーションサージェリーなど最新の手術療法などの追求も含めて、特定機能病院診療科としての役割を担っています。

研修・入局案内

世界で通用する整形外科医を目指して

世界で通用する
整形外科医を目指して

当教室は日本で4番目に古い整形外科教室で、本年開講90周年を迎えました。
医学をはじめ科学に進歩は必須のものですが、性急に目新しさだけ求めると報道されているような倫理観に欠けた医療行為になりかねません。
歴史や伝統の上に、新たなことに挑戦することが重要と考えます。我々はこの歴史ある教室に誇りを持って研修、臨床、研究を行っております。
皆さんも是非、仲間になってください。お待ちしています。

当教室は日本で4番目に古い整形外科教室で、本年開講90周年を迎えました。
医学をはじめ科学に進歩は必須のものですが、性急に目新しさだけ求めると報道されているような倫理観に欠けた医療行為になりかねません。
歴史や伝統の上に、新たなことに挑戦することが重要と考えます。我々はこの歴史ある教室に誇りを持って研修、臨床、研究を行っております。
皆さんも是非、仲間になってください。
お待ちしています。

医局員紹介

医局員紹介