ホーム > 当科について

当科について

当科について

新潟大学整形外科学講座は、大正6年(1917)本邦で4番目に開講し、2017年に100年目を迎える国内有数の伝統教室であります。診療体制は、専門グループ(股関節、膝・スポーツ医学、腫瘍、脊椎・脊髄、リウマチ、手の外科、小児整形、外傷、骨粗鬆症・骨代謝)に分けて広い疾患領域をカバーしています。また、外傷を中心とした運動器疾患のプライマリーケアも行っています。伝統講座ならではの長期経過症例報告などの臨床研究とともに、関節鏡・胸腔鏡などを用いた最小侵襲手術、ナビゲーションサージェリーなど最新の手術療法などの追求も含めて、特定機能病院診療科としての役割を担っています。

1917年10月25日 1917年 新潟大学医学部整形外科開講
初代本島一郎教授就任
日本で第4番目の整形外科教室の誕生。
創成期の日本の整形外科の発展に大きく貢献された。
1929年 第4回日本整形外科学会総会(新潟市)
1941年 第16回日本整形外科学会総会(新潟市)
1945年 1945年 第2代天児民和教授就任
終戦前後の混乱期に、新潟地方の整形外科の捨て石になろうという決意のもと臨床及び研究に大きく力を注ぎ、戦後日本の整形外科発展のため大きく貢献された。
1951年 1951年 第3代河野左宙教授就任
「自然の営みに学ぶもの」
人体のもつ修復能、矯正能について。自然の成長を妨げてはならない。骨構築の自然改構。異物に対する人体の反応とその応用。
1962年 第35回日本整形外科学会総会(新潟市)
1970年 1970年 第4代田島達也教授就任
日本における「手の外科」の先駆者。手術材料、手術器具等の改良試作、手の解剖学を極めながら、手の外科を開拓していった。屈筋腱や末梢神経に関する研究で世界的な業績を上げた。
1987年 第60回日本整形外科学会総会(新潟市)
1989年 1989年 第5代高橋榮明教授就任
骨代謝研究を形態計測から遺伝子レベルまで幅広く発展させた。
骨粗鬆症患者のQOLの研究も進められた。
1997年 第12回日本整形外科基礎学術集会(新潟市)
1999年11月 1999年11月 第6代遠藤直人教授就任
骨、軟骨代謝の分子細胞生物学的研究、生体の修復、再生を教室の大きなテーマと位置づけ精力的に研究を行っている。骨粗鬆症の病態、治療について、研究、臨床面で業績を上げている。