食道,乳頭延長

Barrett粘膜口側にみられた重層扁平上皮です.乳頭の密度増加・延長がみられます.
一般に,乳頭が上皮層の表層側1/3に達すると「延長している」と評価します.
乳頭の延長は,逆流性食道炎の組織学的指標の一つですが,非特異的な変化です.


Esophagus
Squamous epithelium
Elongation of papillae / Papillary elongation
Reflux esophagitis
Gastroesophageal reflux disease (GERD)
Histology
Pathology
Histopathology


病理標本ギャラリー トップページへ戻る

ページのトップへ戻る