業績

2014年

0-IIb型小胄印環細胞癌術後に異時・異所性再発をきたした0-IIb型微小胄印環細胞癌の1例
馬場 洋一郎, 向 克巳, 齋藤 知規, 磯野 功明, 田中 宏樹, 岡野 宏, 佐藤 友博, 松崎 晋平, 村田 哲也, 渡辺 玄
日本消化器病学会雑誌 111(1): 98-104, 2014
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24390264
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/130003383349
J-STAGE:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/111/1/111_98/_article/-char/ja/


Mucin phenotype expression of gastric neuroendocrine neoplasms: analysis of histopathology and carcinogenesis.
Domori K, Nishikura K, Ajioka Y, Aoyagi Y.
Gastric Cancer 17(2): 263-272, 2014
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23828549
Springer:http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10120-013-0281-7


シンポジウム慢性腎不全患者の腹部外科手術と周術期管理 慢性腎不全による血液透析患者における腹部外科手術と周術期管理
若井 俊文, 坂田 純, 高野 可赴, 堅田 朋大, 須藤 翔, 仲野 哲也, 廣瀬 雄己, 小林 隆, 皆川 昌広, 味岡 洋一
腎と透析別冊腎不全外科2014 76: 55-58, 2014
書籍情報: http://www.tokyo-igakusha.co.jp/f/b/show/b01/668/zc01/3.html


隆起型低異型胃腺腫から0-IIc+IIa型高分化型管状腺癌へと変化し,NBI併用拡大内視鏡観察が診断に有用であった1例
齋藤 崇, 豊島 宗厚, 渡邉 玄
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 30(1): 8-14, 2014


浸潤性微小乳頭癌成分をともなった進行胃癌の1例
馬場 洋一郎, 田中 宏樹, 磯野 功明, 齋藤 知規, 向 克巳, 松崎 晋平, 岡野 宏, 田岡 大樹, 村田 哲也, 渡辺 玄
日本消化器病学会雑誌 111(6): 1113-1119, 2014
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24898490
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/130004776834
J-STAGE:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/111/6/111_1113/_article/-char/ja/


Rhabdoid featureを呈したS状結腸未分化癌の1例
馬場 洋一郎, 内山 智子, 濱田 賢司, 石原 禎子, 田中 宏樹, 磯野 功明, 齋藤 知規, 向 克巳, 村田 哲也, 味岡 洋一
日本消化器病学会雑誌 111(7): 1384-1390, 2014
PubMed:>http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24998729
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/130004776846
J-STAGE:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/111/7/111_1384/_article/-char/ja/


High frequency of TP53 but not K-ras gene mutations in Bolivian patients with gallbladder cancer.
Asai T, Loza E, Roig GV, Ajioka Y, Tsuchiya Y, Yamamoto M, Nakamura K.
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention 15(13): 5449-5454, 2014
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25041017


基礎編 手技のコツとポイン 第3章 EMR・ESD手技のコツとピットフォール (A) EMR 8. 病理学的根治度判定
味岡 洋一
症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸EMR・ESD改訂版, 田中信治編集, 羊土社: 94-99, 2014
書籍情報:https://www.yodosha.co.jp/medical/book/9784758110525/index.html


実践編 Case Study : Q&A 第9章 切除標本の病理学的根治度診断の実際
味岡 洋一
症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸EMR・ESD 改訂版, 田中信治編集, 羊土社: 345-355, 2014
書籍情報:https://www.yodosha.co.jp/medical/book/9784758110525/index.html


特集 いわゆる「早期胆嚢癌」に関する問題点を整理する 早期胆嚢癌の病理
永橋 昌幸, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 大橋 拓, 丸山 智宏, 滝沢 一泰, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文, 味岡 洋一
胆と膵 35(9): 801-806, 2014
雑誌情報(医学図書出版):http://www.igakutosho.co.jp/magazine/t_s/2014/zt3509.html


付録 SM浸潤実測法の実際とポイント
味岡 洋一
症例で身につける消化器内視鏡シリーズ 大腸腫瘍診断 改訂版, 田中信治編集, 羊土社: 297, 2014
書籍情報:https://www.yodosha.co.jp/medical/book/9784758110532/index.html


食道扁平上皮癌の粘膜固有層浸潤について-粘膜内連続圧排性下方進展は浸潤か否か-
池上 喜久夫
新潟医学会雑誌 128(9): 425-434, 2014
新潟大学学術リポジトリ:http://hdl.handle.net/10191/27353
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/40020305482


日本食道学会拡大内視鏡分類と深達度 深達度診断におけるB2血管の意義
竹内 学, 橋本 哲, 小林 正明, 渡辺 玄, 水野 研一, 佐藤 祐一, 味岡 洋一, 青柳 豊
胃と腸 49(2): 164-172, 2014
Medical Finder:http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1403114069


家族性大腸腺腫症に発生したHelicobacter pylori 陰性胃型早期胃癌の1例
高橋 祥史, 竹内 学, 渡辺 玄, 小林 正明, 佐藤 祐一, 味岡 洋一, 青柳 豊
胃と腸 49(6): 915-920, 2014
Medical Finder:http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1403114182


表面型表層拡大型食道癌の深達度診断 内視鏡の立場から
竹内 学, 橋本 哲, 小林 正明, 渡辺 玄, 水野 研一, 佐藤 祐一, 味岡 洋一, 青柳 豊
胃と腸 49(8): 1157-1163, 2014
Medical Finder:http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1403114225


表在型Barrett食道腺癌の範囲限界-拡大観察の有用性と限界-
竹内 学, 渡辺 玄, 小林 正明, 佐藤 祐一, 味岡 洋一, 青柳 豊
消化器内視鏡 26(4): 555-563, 2014
雑誌情報(東京医学社):http://www.tokyo-igakusha.co.jp/f/b/show/b01/669/zc01/2.html


大腸癌におけるS-100免疫組織化学により診断される神経侵襲の臨床的意義
木戸 知紀
新潟医学会雑誌 128(4): 167-176, 2014
新潟大学学術リポジトリ:http://hdl.handle.net/10191/27365
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/40020152723


微小転移の検出 (特集 大腸癌の最新治療 : 治癒に向けた最先端研究) ? (臨床研究)
島田 能史, 味岡 洋一, 若井 俊文
日本臨床 72(1): 89-94, 2014
PubMed:>http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24597354
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/40019920585


潰瘍性大腸炎の発癌背景粘膜における粘液形質変化
須田 和敬
新潟医学会雑誌 128(2): 83-89, 2014
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/40020113265


胃癌に対するESD/EMRガイドライン
小野 裕之, 八尾 建史, 藤城 光弘, 小田 一郎, 二村 聡, 矢作 直久, 飯石 浩康, 岡 政志, 味岡 洋一, 一瀬 雅夫, 松井 敏幸
日本消化器内視鏡学会雑誌 56(2): 310-323, 2014
CiNii:
http://ci.nii.ac.jp/naid/130003395967

J-STAGE:https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/56/2/56_310/_article/-char/ja/


大腸ESD/EMRガイドライン
田中 信治, 樫田 博史, 斎藤 豊, 矢作 直久, 山野 泰穂, 斎藤 彰一, 久部 高司, 八尾 隆史, 渡邊 昌彦, 吉田 雅博, 工藤 進英, 鶴田 修, 杉原 健一, 渡邉 聡明, 斉藤 裕輔, 五十嵐 正広, 豊永 高史, 味岡 洋一, 一瀬 雅夫, 松井 敏幸, 杉田 昭, 菅野 健太郎, 藤本 一眞, 田尻 久雄
日本消化器内視鏡学会雑誌 56(4): 1598-1617, 2014
CiNii:
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004555325

J-STAGE:https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/56/4/56_1598/_article/-char/ja/


Intraductal papillary mucinous neoplasmを契機に発見されたinvasive micropapillary carcinoma成分をともなった膵癌の1例
田中 宏樹, 馬場 洋一郎, 松崎 晋平, 磯野 功明, 佐瀬 友博, 岡野 宏, 斉藤 知規, 向 克巳, 金兒 博司, 渡辺 玄
日本消化器病学会雑誌 111(11): 2149-2156, 2014
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25373376
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/130004704552
J-STAGE:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/111/11/111_2149/_article/-char/ja/


ステロイド内服中に発症した続発性結核性腹膜炎の1例
森本 悠太, 平野 謙一郎, 田中 修二, 仲丸 司, 渡辺 佳緒里, 渡辺 玄, 味岡 洋一
新潟医学会雑誌 128(11): 603-608, 2014
CiNii:http://ci.nii.ac.jp/naid/40020403115


後腹膜脂肪肉腫の2切除例
中嶌 雄高, 福成 博幸, 加藤 智敬, 吉野 潤, 岡島 千怜, 設楽 兼司, 林 哲二, 渡邉 玄, 味岡 洋一
癌と化学療法 41(12):2468-2471, 2014
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25731560


Assessment of gastric phenotypes using magnifying narrow-band imaging for differentiation of gastric carcinomas from adenomas.
Kobayashi M, Hashimoto S, Nishikura K, Mizuno K, Takeuchi M, Ajioka Y.
Gastroenterol Res Pract. 2014:2014:274301.
doi 10.1155/2014/274301 [ Epub 2014 Oct 13]
PubMed:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25371671


Clinical significance of perineural invasion diagnosed by immunohistochemistry with anti-S100 antibody in Stage I-III colorectal cancer.
Nakano M, Yagi R, Tajima Y, Okamura T, Nakano M, Nagahashi M, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi SI, Wakai T, Ajioka Y.
Surg Today 2014 Dec 13 [ Epub ahead of print]
PubMed:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25502403


Intestinal metaplasia in Barrett's oesophagus may be an epiphenomenon rather than a pre-neoplastic condition, and CDX2-positive cardiac-type epithelium is associated with minute Barrett's tumour.
Watanabe G, Ajioka Y, Takeuchi M, Annenkov A, Kato T, Watanabe K, Tani Y, Ikegami K, Yokota Y, Fukuda M.
Histopathology. 2014 Jul 5. [Epub ahead of print]
PubMed:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25040564


Practical utility and objectivity: does evaluation of peritoneal elastic laminal invasion in colorectal cancer overcome these contrary problems?
Kojima M, Shimazaki H, Iwaya K, Kage M, Akiba J, Ohkura Y, Horiguchi S, Shomori K, Kushima R, Ajioka Y, Nomura S, Ochiai A.
Am J Surg Pathol. 2014 Jan;38(1):144-5
PubMed:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24335645


Characterization of perineural invasion as a component of colorectal cancer staging.
Ueno H, Shirouzu K, Eishi Y, Yamada K, Kusumi T, Kushima R, Ikegami M, Murata A, Okuno K, Sato T, Ajioka Y, Ochiai A, Shimazaki H, Nakamura T, Kawachi H, Kojima M, Akagi Y, Sugihara K; Study Group for Perineural Invasion projected by the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR).
Am J Surg Pathol. 2013 Oct;37(10):1542-9
PubMed:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24025524c


Histogenesis and prognostic value of myenteric spread in colorectal cancer: a Japanese multi-institutional study.
Ueno H, Shirouzu K, Shimazaki H, Kawachi H, Eishi Y, Ajioka Y, Okuno K, Yamada K, Sato T, Kusumi T, Kushima R, Ikegami M, Kojima M, Ochiai A, Murata A, Akagi Y, Nakamura T, Sugihara K; Study Group for Perineural Invasion projected by the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR).
J Gastroenterol. 2014 Mar;49(3):400-7
PubMed:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23677446

ページのトップへ戻る