スタッフ紹介

近藤 英作(教授)

プロフィール

  • 岡山大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科(病理系専攻)修了。
  • 1993〜1995年 Harvard大学医学部附属Dana-Farber Cancer Institute博士研究員
  • 1996〜1997年 Harvard大学医学部細胞生物学部門客員研究員
  • 1999〜2009年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病理学分野(腫瘍病理)助手、講師、准教授歴任
  • 2009年11月〜 愛知県がんセンター研究所腫瘍病理学部部長。(医博・病理専門医)
  • 2010年〜2014年 名古屋大学医学部連携大学院客員教授(健康社会医学疫学分野)兼任。
  • 2014年11月から新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞病理学分野(医学部実験病理学講座)主任教授。日本癌学会評議員、日本病理学会評議員、日本がん分子標的治療学会評議員。米国癌学会(AACR)アクティブメンバー。

主要研究テーマ

  1. がん細胞・組織の性状に関する分子病理学的研究。(固形がんおよび血液腫瘍などにおける細胞増殖制御機構の分子病理学的解析など)
  2. 腫瘍標的用細胞膜透過ペプチドの開発とその医療技術への応用研究。とくに、難治性がん(消化器がん、呼吸器がん、グリオーマ、血液腫瘍など多種類)を対象とした制がんの分子標的診断学・治療学に向けた細胞膜透過ペプチドを応用した新しい医療技術開発研究。
  3. 病理組織の解析による新規マーカー分子探索や分子発現の特徴の解析研究。
  4. 悪性腫瘍におけるがん幹細胞の動態や細胞生物学的特徴の研究。

メッセージ

研究とは必ずしも平坦な道を歩むわけではありません。山あり谷ありです。そうしたハードルをひとつひとつ越えていくのは、明晰な頭脳よりもむしろ粘り強さによる地道な努力です。しかし、そうした努力のあとに得られる成果に対する充実感は、頑張った本人のみが知る喜びなのです。 皆さんも力を合せて病理学研究に携わることによって、例え小さくても新しいオリジナルの発見をして、患者さんと共に生きる社会に貢献する喜びを味わってみませんか?

長谷川 剛(特任教授)

プロフィール

  • 1987年 浜松医科大学卒業
  • 1991年 新潟大学大学院医学研究科 博士課程修了(医学博士)
  • 新潟大学医学部付属病院 医員を経て、1993年 新潟大学 文部教官助手
  • 1999年 同講師、2005年 同助教授、2007年〜 同准教授(改変に伴う)現在に至る。
  • 2015年 新潟大学医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター特任教授、現在に至る。
  • 日本病理学会認定病理専門医、日本リンパ網内系学会評議員。

主要研究テーマ

  1. 胎生造血
  2. マクロファージ関連疾患
  3. 核内受容体

メッセージ

患者病理組織を対象とした症例解析に力を注いでいます。学生さんや若者大好きです!病理学の面白さが伝わる様な講義および研究や症例報告を心掛けていきます!

齋藤 憲(准教授)

プロフィール

  • 中央大学理工学部卒業、埼玉大学理工学研究科修了(理博)。
  • 1998年より理化学研究所生体物理化学研究室にジュニア・リサーチ・アソシエイト、研究員として勤務。
  • 第一製薬株式会社創薬開拓研究所(標的研究グループ)、三菱化学生命科学研究所(脳梗塞研究グループ)、琉球大学医学部分子細胞生理学講座、愛知県がんセンター研究所常勤研究員を経て、2015年3月より新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞病理学分野助教。
  • 2015年9月より新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞病理学分野准教授、現在に至る。

主要研究テーマ

  1. 機能性ペプチドを用いた医療技術の開発研究。
  2. 肺がんにおける分子標的薬の作用機序と耐性の機構の研究。
  3. 新しい制がん分子の探索、がんにおけるその作用と応用の研究。

メッセージ

がん研究のみならず医療を支える新しいバイオツールの開発に日々頑張っています。
医療に携わる多くの方々と協力し、明るい未来を築き上げることに使命感と喜びをもって今後も頑張っていきます。(^^)/

飯岡 英和(助教)

プロフィール

  • 近畿大学農学部卒業、岐阜大学農学研究科修了、総合研究大学院大学生命科学研究科修了(理博)
  • 2005-2007年 基礎生物学研究所研究員
  • 2007-2009年 米国ケースウェスタンリザーブ大学リサーチスカラー
  • 2009-2012年 バージニア大学リサーチアソシエート
  • 2009-2010年 学振特別研究員PD
  • 2012-2015年 愛知医科大学先端医学研究センター助教
  • 2015年4月より新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞病理学分野助教

主要研究テーマ

  1. 細胞極性制御因子の腫瘍生物学的解析。
  2. 細胞膜透過ペプチドを利用した医療技術の開発。

メッセージ

たとえ直接的ではなくとも、医療現場に少しでも貢献できるような生物学的発見を目標に精進します。

植木 雄志(大学院生)

プロフィール

・新潟大学医学部医学科卒業。
・2003年 新潟大学医学部 耳鼻咽喉科学講座入局
・2009~2011年 癌研究会有明病院 頭頚科レジデント
・2014~2015年 新潟県立がんセンター新潟病院 頭頸部外科医長
・2015年10月より新潟大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科からの大学院生として、分子細胞病理学分野で研究活動に従事。
・日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本癌治療学会がん治療認定医、日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医。

主要研究テーマ

頭頸部癌における分子病理学的研究

メッセージ

「少しでも誰かの役に立つ」ことを願って、努力していきたいと思います!

藤崎 俊哉(大学院生)

プロフィール

・宮崎大学医学部医学科卒業。
・2014年4月~2016年3月 新潟市民病院 初期研修医
・2016年4月 新潟大学医歯学総合病院 呼吸器・感染症内科入局
・2016年4月~9月 新潟県立中央病院 内科
・2016年10月~2017年3月 魚沼基幹病院 呼吸器・感染症内科
・2017年4月より新潟大学医学部呼吸器・感染症内科からの大学院生として、分子細胞病理学分野で研究活動に従事。

 

主要研究テーマ

発癌に関与する遺伝子やタンパク質の解析

メッセージ

肺癌診療の難しさを実感し、この度本研究室で癌の基礎研究をする機会を頂きました。精一杯頑張らせて頂きます。

横山侑輔(大学院生)

プロフィール

・新潟大学医学部医学科卒業

・2012年4月    新潟大学医学部 耳鼻咽喉科学講座入局

・2017年        日本耳鼻咽喉科学会専門医取得

・2018年4月〜  新潟大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科からの大学院生として、分子細胞病理学分野で研究活動に従事

主要研究テーマ

癌に発現する遺伝子およびタンパク質の機能解析

メッセージ

少しでも患者さんのためになるよう、真摯な気持ちで研究に取り組んでいきたいと思います。

Vaniamin Ivanov (ベニヤミン イワノフ)(大学院生)

プロフィール

Graduated Krasnoyarsk State Medical University, Faculty of Medicine in 2017

主要研究テーマ

Fundamental molecular biology and pathophysiology of cancer

メッセージ

I have a chance to make fundamental research just after graduation, so I’ll do my best!

Olga Razvina(オリガ ラズヴィナ)

プロフィール

  • 極東医科大学を卒業後、内科で研修。
  • 2009年から2014年に新潟大学大学院医歯学総合研究科・分子細胞医学専攻・分子細胞病理学分野で博士号を取得。
  • 2015年1月から、新潟大学医歯学総合研究科・世界展開力統括センターの特任助教に就任。

主要研究テーマ

  1. 炎症機序
  2. 好中球、マクロファージにおけるgranular component

メッセージ

これからさらに有能な科学者になるための新たな知識と技術の習得を目指していきます。

佐藤 友昭(技術補佐員)

メッセージ

静岡県浜松市から来ました。宜しくお願い致します。

鷲見 典子(技術補佐員)

メッセージ

4月から勤務です。研究補助を担当します。これまでのスキルを活かしてラボの皆様のためお役にたてるよう精一杯頑張って参りたいと存じます。

田辺 ミチ子(技術補佐員)

メッセージ

医局事務を担当しています。よろしくお願いします。

上石 明里沙(秘書)

メッセージ

皆様に気持ちよく過ごして頂けるよう、何事にも誠実に取り組みたいと思います。

客員研究員

内藤 眞 (新潟大学名誉教授)
八神淑英 (新潟医療専門学校教授)

  • ラボのアルバム
  • 共同研究
  • 新潟大学医学部
  • 新潟医学会
  • 文部科学省科学研究費
  • 科学技術振興機構(JST)
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)