スタッフ紹介

近藤 英作(教授)

プロフィール

  • 岡山大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科(病理系専攻)修了。
  • 1993〜1995年 Harvard大学医学部附属Dana-Farber Cancer Institute博士研究員
  • 1996〜1997年 Harvard大学医学部細胞生物学部門客員研究員
  • 1999〜2009年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病理学分野(腫瘍病理)助手、講師、准教授歴任
  • 2009年11月〜 愛知県がんセンター研究所腫瘍病理学部部長。(医博・病理専門医)
  • 2010年〜2014年 名古屋大学医学部連携大学院客員教授(健康社会医学疫学分野)兼任。
  • 2014年11月から新潟大学大学院医歯学総合研究科分子細胞病理学分野(医学部実験病理学講座)主任教授。日本癌学会評議員、日本病理学会評議員、日本がん分子標的治療学会評議員。米国癌学会(AACR)アクティブメンバー。

主要研究テーマ

  1. がん細胞・組織の性状に関する分子病理学的研究。(固形がんおよび血液腫瘍などにおける細胞増殖制御機構の分子病理学的解析など)
  2. 腫瘍標的用細胞膜透過ペプチドの開発とその医療技術への応用研究。とくに、難治性がん(消化器がん、呼吸器がん、グリオーマ、血液腫瘍など多種類)を対象とした制がんの分子標的診断学・治療学に向けた細胞膜透過ペプチドを応用した新しい医療技術開発研究。
  3. 病理組織の解析による新規マーカー分子探索や分子発現の特徴の解析研究。
  4. 悪性腫瘍におけるがん幹細胞の動態や細胞生物学的特徴の研究。

メッセージ

研究とは必ずしも平坦な道を歩むわけではありません。山あり谷ありです。そうしたハードルをひとつひとつ越えていくのは、明晰な頭脳よりもむしろ粘り強さによる地道な努力です。しかし、そうした努力のあとに得られる成果に対する充実感は、頑張った本人のみが知る喜びなのです。 皆さんも力を合せて病理学研究に携わることによって、例え小さくても新しいオリジナルの発見をして、患者さんと共に生きる社会に貢献する喜びを味わってみませんか?

  • ラボのアルバム
  • 共同研究
  • 新潟大学医学部
  • 新潟医学会
  • 文部科学省科学研究費
  • 科学技術振興機構(JST)
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)