新潟大学医学部病理組織標本センターのサイトです

サンプル
申込フォーム
ご相談


業務依頼の流れ

病理組織標本センター申込フォームからご依頼ください。担当者から回答いたします。 「依頼内容が専門的でフォームに書くのがちょっと面倒!」という場合は事前の相談も受け付けています。詳しくはこちらをご覧ください。

病理組織標本センター申込フォームまたはメールで依頼を送信

         ↓

依頼内容に応じてセンター担当者から必要書類を送付します


・作業レベル 2・3 (作業レベルはこちらをご参照ください)

担当者から病理組織標本センター依頼票をメール添付でお送りします。必要事項をもれなく記載の上で、pathoc09☆med.niigata-u.ac.jp(☆を@に替えてください)へ返送ください。
内容確認の上、検体持ち込み予定日時について担当者からメールでご連絡します。

・作業レベル 1・4 

病理専門医が直接、染色や解析を担当する「共同研究」に相当します。「共同研究計画書」の提出をお願いしております。詳しくは申込フォームよりお問い合わせください。依頼内容により「共同研究契約書」に署名をしていただく場合があります。

         ↓

お見積

センターの担当者から、見積書を送付いたします。
見積書内容にご同意いただけましたら、検体持込いただく標本センターの場所や日時について担当者からご連絡いたします。

         ↓

病理組織標本センターへ検体の持ち込み・受付

原則として、直接、病理組織標本センターへ検体を持ち込みいただきます。
必要事項記入済の病理組織標本センター依頼票を印刷して、一緒にお持ちください。
当センターでは、未染標本の1.5ml tubeへの直接回収を行う場合のtubeと、免疫染色をご依頼の場合の一次抗体・二次抗体や指定試薬類は、依頼者に持ち込みいただくようお願いしています。一緒にお持ちください。
標本名/標本番号と枝番が、お持ちいただいた検体・サンプルと病理組織標本センター依頼票とで合致していることを、受取り時にその場で確認を行い、受付完了です。


【新潟大学医歯学総合病院病理部のブロックを利用する場合の注意事項】

新潟大学医歯学総合病院病理部に保存されているブロックからの標本作製をご希望の場合は、依頼者が病理部からブロックを借用した上で、標本センターへお持ちください。
病理組織標本センター職員が借用を代理することは、共同研究契約の場合を除き原則禁止していますのでご注意ください。

■遠方からのご依頼の場合

遠方の場合に限り、宅急便等での送付を受け付けます。担当者が不在の場合に検体受取ができない場合がありますので、必ず事前に担当者とメールでご相談の上、到着日時指定を記入して送付ください。
ただし、送付途中における盗難・紛失・破損等については、当センターは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

         ↓

標本作製・染色・解析の実施

当センターにおける染色標本は全例、病理医による染色品質チェックを実施し、安価かつ最高品質の標本をお届けします。

         ↓

報告書・納品書の作成と送付

標本作製や解析が完了しましたら、担当者からメールでご連絡いたします。
2週間以上、センターからの連絡がない場合はpathoc09☆med.niigata-u.ac.jp(☆を@に替えてください)へご連絡ください。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP