新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室だより 平成22年(2010年) - 教室について

平成22年(2010年) 小児科学教室の近況

今年は異常な猛暑と、突然の涼しい秋の訪れに体調を崩される方も多いようですが、新仁会の諸先生方にはお変わりなくご健勝のこととお慶び申し上げます。恒例となっておりますが、平成22年度の教室近況についてご報告させて頂きます。

教室人事

 諸先生方には、内山聖先生の病院長就任のニュースは早くから伝わっていることかと思いますが、内山先生にはしばらく小児科教授をご兼任頂き、平成22年度4月の時点で小児科教室人事は、内山教授、小林准教授、以下講師3名(菊池透(S63)、和田雅樹(H4)、池住洋平(H5))、助教6名(今井千速(H5)、鈴木博(H5)、鈴木俊明(H6)、長谷川聡(H7)、長崎啓介(H7)、臼田東平(H9))、特任助教3名(今村勝(H9)、唐澤 環(H10))、小川洋平(H11)(地域医療講座))、医員11名(金子詩子(H10)、岩渕晴子(H11)、吉田咲子(H12)、羽二生尚訓(H12)、鳥越司(H13)、金子孝之(H13)、小林玲(H13)、長谷川博也(H14)、細貝亮介(H15)、庄司圭介(H15)、小澤淳一(H19)、そしてレジデント1名(橋本聖子(H22))の26名でスタートしました。

 国内外研修も引き続き盛んで、以下の6名が国内留学、1名が国外留学を行っています。

 山田剛史(H13)が小児総合医療センターに小児腎臓病の研修に、斉藤朋子(H14)が新生児医療の研修のため神奈川県立こども医療センターに出向しております。小柳貴人(H15)はアレルギーの研修のために、加藤智治(H15)は小児呼吸器の研修のため、それぞれ群馬大学小児科、成育医療センター呼吸器科に出向しております。また、庄司康寛(H20)が長野こども病院に小児救急医療(PICU)の研修に出向しております。根岸潤(H14)は国立循環器病センターで引き続き2年目の研修を行っており、阿部忠朗(H13)は、同センターでの2年間の研修を終了し、長岡赤十字病院で勤務しています。高見暁(H9)が、群馬大学小児科での2年間のアレルギーに関する研修を終え、昨年秋から新潟医療センター(旧小針病院)で勤務しています。基礎教室では、山口正浩(H14)が公衆衛生学教室で4年目の研究を行っております。国外留学では、内山聡(H13)が4月からチューリッヒ大学病院感染症科(スイス)に移動し引き続き感染症学に関する基礎研究を行っています。また、若杉里美さん、稲月真由美さん、今泉景子さんの3名に医局秘書として引き続き医局の事務関連の仕事に従事して頂いております。

教室運営

 平成22年度の教室内各係は、総括医長;池住洋平、新仁会係;小林武弘、病棟長;今井千速、外来医長・渉外係(新人勧誘係);長崎啓祐、地方会・経理係;鈴木博、出張係;臼田東平、学務係;和田雅樹・今村勝、研修医係;鈴木俊明、学生・BST係;長谷川聡です。診療グループは、以下の構成となっています。( )は専門外来の曜日です。腎(月、火、水、金);池住、鈴木俊明、唐沢、長谷川博也。血液(月、木);今井、今村、岩渕、吉田、細貝。循環器(月、水、金);鈴木博、長谷川聡、羽二生、鳥越、小澤。内分泌代謝糖尿病(月、火、水、金);菊池、長崎、小川。免疫・アレルギー(木);鳥谷部、金子。遺伝(火);小林。新生児(火、木);和田、臼田、金子、小林。詳しくは教室のホームページ(http://www.med.niigata-u.ac.jp/ped/welcome.html)をご参照下さい。入院に関する御相談は病棟長にご一報頂きたくお願い致します。

 地域医療の病病連携が叫ばれる昨今ですが、難しい患者さんや診療方針の決定などに困っている患者さんなどおりましたら、いつでも各診療グループのメンバーに御相談下さい。

平成22年度の文部科学省科学研究費は4件(小林、池住、今井、鈴木俊明)が採択されました。年々、科学研究費を始め、研究費の取得が困難な時代になって参りました。このような状況の中、新仁会の諸先生方からは平成21年度349万円の御寄附を賜りました。

 上述させて頂いた若い先生方の研究をはじめ、医局員によります臨床研究・基礎研究など広く大変有意義に役立たせて頂いております。また、本年度は、当教室主催の日本小児保健学会が行われ、運営資金として100万円を新仁会のご寄附から使わせて頂きました。この紙面をお借りして心から御礼申し上げます。誠にありがとうございました。教室員の業績につきましては教室ホームページにて公開しておりますので、ご参照ください。また、今回は別項で当教室内の研究内容についてまとめましたので、併せて御一読頂ければ幸いです。

新入医局員

 平成22年度は10名の新入局がありました。入局者名および現在の専門研修病院は以下の通りです。伊藤裕貴(新大卒、現立川綜合病院)、金子昌弘(独協医大卒、現長岡赤十字病院)、小松原孝夫(新大卒、現鶴岡荘内病院)、佐藤紘一(埼玉医大卒、現新潟市民病院)、田中岳(帝京大卒、現県立中央病院)、橋本聖子(埼玉医大卒、現新潟大学病院)、林雅子(川崎医大卒、現長岡中央病院)、山中崇之(新大卒、現県立新発田病院)、入月浩美(新大卒、現産・育休中。秋から県立新発田病院勤務予定)、羽深理恵(新大卒、現産・育休中、秋から県立中央病院勤務予定)。いずれの先生もバイタリティあふれる面々で、今後の活躍を期待しております。諸先生方におかれましては、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

 また、女性の入局も非常に増えて参りました。私どもも、子育て支援など、女性に優しい医局づくりを心がけたいと思っております。新潟県内でも多くの施設で女性支援体制の整備が進められていると伺っております。こちらに関しても引き続きご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

新潟大学小児科運動部の活動

 本年の運動会は、昨年に引き続き新潟大附属小学校の校庭を借りて開催されました。相変わらず飲酒、バーベキューは禁止という条件付の開催でありましたが、昨年このために参加を見送った当科最大のライバル、外科学教室は、例年通りの参加予定であるとの情報が早くから伝わり、私どもも入念な準備を行いました。特に今年は小児科プログラムCの研修医1年久保選手を筆頭に、学生時代にマラソン全国レベルで名を馳せたメンバーなど、昨年度もよりさらに強力な新研修医の若い力を加え、悲願の総合優勝をかけて挑みました。その結果マラソン若手の部では、実に1位、2位、5位、7位、10位を小児科が占めるという快挙を成し遂げました。さらに、運動会の得点のカギをにぎるリレー競技では、一般男子、壮年男子、女子に出場した小児科3チームのうち2チームが優勝するという、ミラクル(ミラクル)な勝利が連続し、その結果、実に78年ぶりの運動会総合優勝を勝ち取ることができました。思い起こしますと、長い苦難の道のりでありました。今大会も含め、幾多の医局員が負傷したことか知れません。この日の夜、医局員みな感涙にむせぶ打ち上げ会が盛大に取り行われましたことを御報告致します。

 この運動会にも関連病院の諸先輩方から毎年色々な形でご支援を頂いております。また、ひとえに若手選手の参加を快く容認頂きました諸先生方のご協力のお陰と思っております。教室員一同心から感謝申し上げます。

                

新潟大学小児科野球部の活動

 昨年北日本小児科学会の野球大会で優勝した我が小児科チームは、当科を主幹校として、本年7月31日に新発田市五十公野球場で開催した全国大会に参加しました。九州ブロック優勝の久留米大学小児科チーム、中部ブロック優勝の名古屋大学小児科チームおよび、北日本ブロック準優勝の福島県立医大小児科チームとの4チームの間で猛暑の中試合が行われ、見事に優勝を果たし、実に小児科野球全国大会4連覇を果たすことができました。この度の全国大会には、同窓会諸先輩はじめ多くの異先生方から暖かい御援助を頂きました。月岡温泉ホテル華法で行われた懇親会も大変盛況利に終わることが出来ました。この紙面をお借りして改めて御礼を申し上げます。

 これまでの小児科野球部の主力メンバーの高齢化が目立ち、本年のような猛暑の中での戦いには苦戦する傾向にあります。野球部は若い力を引き続き待ち望んでおりますので、我こそはと思われる方は是非お声掛けください。

平成23年度に向けて

 平成22年度の最も大きな出来事は、ご存知のように内山聖先生が、病院長に就任されたことです。内山先生は病院長に専任されることから、6月付で当小児科教室教授の公募が始まりました。内山教授就任後、毎年多くの小児科医が当教室に入局しており、全国で小児科医不足が騒がれる中、新潟県内の小児科医数は徐々に増えて参りました。しかしながら、新潟の県土は広く、まだまだ多くの県内外の病院から小児科医の派遣を依頼されております。私どもは、引き続き「夢の叶う医局」をモット-に引き続き当教室への入局者を増やすべく努力したいと考えております。この方針は、H23年度以降の新教授体制下でも変わらないことを確信しております。

小児科医局員のご勧誘のご協力を含めまして、諸先生方の物心にわたります教室へのご援助に深謝します。今後とも何とぞ変わらぬご支援をお願い申し上げます。

 末筆となりましたが、諸先生方のご健康とますますのご活躍をお祈り申し上げます。

(池住洋平 記 平成5年入局)