新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成25年(2013年) - 教室業績集

平成25年(2013年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Otsuka T,Chang B,Shirai T,Iwaya A,Wada A,Yamanaka N,Okazaki M,on behalf of the SADO-study Working group.Individual risk factors associated with nasopharyngeal colonization with Streptococcus pneumoniae and Haemophilus influenzae: a Japanese birth cohort study.Pediatr Infect Dis J 32: 709-14,2013
  2. Jinguji S,Yoshimura J,Nishiyama K,Aoki H,Nagasaki K,Natsumeda M,Yoneoka Y,Fukuda M,Fujii Y.Factors affecting functional outcomes in long-term survivors of intracranial germinomas: a 20-year experience in a single institution.J Neurosurg Pediatr 11: 454-63,2013
  3. Ikezumi Y,Honda M,Matsuyama T,Ishikura K,Hataya H,Yata N,Nagai T,Fujita N,Ito S,Iijima K,Kaneko T,Uemura O.Establishment of a normal reference value for serum β2 microglobulin in Japanese children: reevaluation of its clinical usefulness.Clin Exp Nephrol 17: 99-105,2013
  4. Otsuka T,Kitami O,Kondo K,Ota H,Oshima S,Tsuchiya A,Shirai T,Fujii K,Nakamure M,Shoji Y,Nakamura H,Masuda Y,Komiyama K,Yoshida K,Ishikawa Y,Iwaya A,Takahashi S,Okazaki M,Hotomi M,Yamanaka N.Incidence survey of acute otitis media in children in Sado Island,,Japan -Sado Otitis Media Study (SADOMS).PLoS One 8: e68711,2013
  5. Takagi M,Piao J,Lin L,Kawaguchi H,Imai C,Ogawa A,Watanabe A,Akiyama K,Kobayashi C,Mori M,Ko K,Sugimoto M,Mizutani S.Autoimmunity and persistent RAS-mutated clones long after the spontaneous regression of JMML.Leukemia.2013 Mar 18. doi: 10.1038/leu.2013.82. [Epub ahead of print]
  6. Ikezumi Y,Suzuki T,Karasawa T,Yamada T,Hasegawa H,Nishimura H,Uchiyama M.Low birthweight and premature birth are risk factors for podocytopenia and focal segmental glomerulosclerosis.Am J Nephrol 38: 149-157,2013
  7. Shoji K,Komuro H,Miyata I,Miyairi I,Saitoh A.Dermatologic Manifestations of Human Parechovirus Type 3 Infection in Neonates and Infants. Pediatr Infect Dis J 32: 233-6,2013
  8. Miyata I,Saitoh A.Detection of enteroviral RNA from preserved umbilical cord.J Clin Virol 56: 358-9,2013
  9. Katsuta T,Shoji K,Watanabe Y,Saitoh A.Treatment of Pyelonephritis Caused by Extended-Spectrum β-Lactamase-Producing Enterobacteriaceae in Children.Pediatr Infect Dis J 32: 417-9,2013
  10. Saitoh A,Nagata S,Saitoh A,Tsukahara Y,Vaida F,Sonobe T, Kamiya H,Naruse T,Murashima S.Perinatal Immunization Education Improves Immunization Rates and Knowledge: A randomized controlled trial.Prev Med 56: 398-405,2013
  11. Fukuda S,Ito S,Oana S,Sakai H,Kato H,Abe J,Ito R,Saitoh A,Takayama JI.Late development of coronary artery abnormalities could be associated with persistence of non-fever symptoms in Kawasaki disease.Pediatr Rheumatol (in press).
  12. Iida T,Fujinaka T,Xu B,Zhang Y,Magdeldin S,Nameta M,Liu Z,Yoshida Y,Yaoita E,Tomizawa S,Saito(h) A,Yamamoto T.Decreased urinary calbindin 1 levels in proteinuric rats and humans with distal nephron segment injuries.Clin Experiment Nephrol (in press)
  13. Otsuka T,Chang B,Wada A,Okazaki M.Molecular epidemiology and serogroup 6 capsular gene evolution of pneumococcal carriage in a Japanese birth cohort study.J Med Microbiol 62: 1868-1875,2013
  14. Oishi T,Ishiwada N,Matsubara K,Nishi J,Chang B,Tamura K,Akeda Y,Ihara T,Nahm MH,Oishi K;Japanese IPD Study Group.Low opsonic activity to the infecting serotype in pediatric patients with invasive pneumococcal disease.Vaccine 31(5): 845-9,2013
  15. Takami S,Mochizuki H,Muramatsu R,Hagiwara S,Arakawa H.Relationship between bronchial hyperresponsiveness and lung function in preschool children with and without asthma.Respirology 18: 682-687,2013
  16. Oishi T,Taguchi T,Nakano,Sudo S,Kuwajima H.The Occurrence of Severe Rotavirus Gastroenteritis in Children under Three Years of Age before and after the Introduction of Rotavirus Vaccine--A Prospective Observational Study in Three Pediatric Clinics in Shibata-City,Niigata Prefecture,Japan.:Jpn J Infect Dis(in press),2013
  17. Tadaaki Abe, Etsuko Tsuda, Aya Miyazaki, Hatsue Ishibashi-Ueda, Osamu Yamada. Clinical characteristics and long-term outcome of acute myocarditis in children. Heart and vessels 2013; 28: 632-638
  18. Tamura M, Hosoya M, Fujita M, Iida T, Amano T, Maeno A, Kataoka T, Otsuka T, Tanaka S, Tomizawa S, Shiroishi T. Overdosage of Hand2 causes limb and heart defects in the human chromosomal disorder partial trisomy distal 4q. Hum Mol Genet. 22: 2471-81, 2013

英文総説

英文症例報告

  1. Yamaguchi R,Kato F,Hasegawa T,Katsumata N,Fukami M,Matsui T,Nagasaki K,Ogata T.A novel homozygous mutation of the nicotinamide nucleotide transhydrogenase gene in a Japanese patient with familial glucocorticoid deficiency.Endocr J.2013 Mar 9.in press
  2. Jinguji S,Fukuda M,Nagasaki K,Fujii Y.A Pineal Region Germ Cell Tumor With Rapid Enlargement After a Long-term Follow-up: Case Report.Neurosurgery 72: E687-93,2013
  3. Torigoe T,Sato S,Kikuchi C,Kanazawa H.Anomalous Origin of the Left Coronary Artery from the Proper Sinus with Acute Angulation and an Intramural Segment.Congenit Heart Dis.2013 Mar 1.
  4. Nagasaki K,Tsuchiya S,Saitoh A,Ogata T,Fukami M.Neuromuscular symptoms in a patient with familial pseudohypoparathyroidism type Ib diagnosed by methylation-specific multiplex ligation-dependent probe amplification.Endocr J 60: 231-236,2013
  5. Torigoe T,Sato S,Kanazawa H.Percutaneous transluminal pulmonary valvuloplasty in a child with tricuspid atresia,ventricular septal defect,and severe pulmonary valve stenosis:Usefulness of the femoral artery approach.Catheter Cardiovasc Interv.2013 Sep 13.[Epub ahead of print]
  6. Shihara D,Miyado M,Nakabayashi K,Shozu M,Ogata T,Nagasaki K,Fukami M.Aromatase excess syndrome in a family with upstream deletion of CYP19A1.Clin Endocrinol (Oxf).2013 Sep 18 doi: 10.1111/cen.12329
  7. Kasahara Y,Iwabuchi H,Takachi T,Hosokai R,Yoshida S,Imamura M,Watanabe A,Umezu H,Hotta T,Ogose A,Imai C. Alveolar rhabdomyosarcoma after treatment of osteosarcoma.Pediatr Int 55: 527-30,2013
  8. Nagasaki K,Asami T,Sato H,Ogawa Y,Kikuchi T,Saitoh A,Ogata T,Fukami M.Long-term follow-up study for a patient with Floating-Harbor syndrome due to a hotspot SRCAP mutation.Am J Med Genet A.2013 Dec 20.[Epub ahead of print]

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

  1. Ikezumi Y.Mechanism of nephritis: Macrophage as a therapeutic target for childhood chronic glomerulonephritis.In: Continuous Professional Development: Current Issues in Pediatric Nephrology.The 11th Korea-Japan Pediatric Nephrology Seminar:Seoul,Korea,April 6-7,2013

(3)一般講演

  1. Otsuka T.Novel vaccine antigen of Moraxella catarrhalis for preventing otitis media.113th General meeting,American Society for Microbiology [Abstract: E-1892]:Denver,USA,May 18-21,2013
  2. Nagasaki K.A study of iodine organification in transient hypothyroidism with biallelic DUOX2 mutations: Organification defect is not an invariable feature.9th Joint Meeting of Paediatric Endocrinology,Milan,Italy,Sep 19-22,2013
  3. Ikezumi Y,Suzuki T,Yamada T,Hasegawa H,Nikolic-Paterson DJ,Saitoh A.Contrasting roles for M1 and M2 type macrophages in childhood IgA nephropathy.2013 Annual Meeting of American Society of Nephrology,Atlanta,GA,USA,Nov 6-10,2013
  4. Kobayash A.Thyroid Function of Asphyxiated Newborns Received Hypothermia Therapy.Ⅺ World Congress of Perinatal Medicine,Moscow,Jun 19-22,2013
  5. Sato H.Two cases of maternal uniparental disomy of chromosome 14 presenting with scoliosis during growth hormone therapy.9th Joint Meeting of Pediatric Endocrinology,Milan,Italy,Sep 19-22,2013

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 長崎啓祐.成長ホルモン分泌不全性低身長症.いつどのようにしてその治療を打ち切る―エキスパートに聞く―.小児科 54.金原出版,東京: pp107-112,2013
  2. 池住洋平.薬物中毒.小児急性血液浄化療法ハンドブック(伊藤秀一,和田尚弘編集).東京医学社,東京: pp196-203,2013
  3. 長崎啓祐.新生児マス・スクリーニングTSH高値.ワンランク上の小児の内分泌疾患Q&A もうこわくない!苦手意識を克服!(長谷川奉延編集),総合医学社,東京: pp1095-1101,2013
  4. 池住洋平,貝藤裕史,近藤秀治.小児CKDの診断.日本腎臓学会編 エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013.東京医学社,東京: pp163-167,2013
  5. 池住洋平,田中征治.一般療法:予防接種・感染予防.日本小児腎臓病学会編 小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2013.診断と治療社,東京: pp70-75,2013
  6. 小林玲,和田雅樹.ケースで学ぶ新生児輸液療法 呼吸不全に対する水分管理と輸液療法.新生児輸液管理なるほどQ&A.メディカ出版,大阪: pp274-78,2013
  7. 長崎啓祐.甲状腺の発生と胎児期・新生児期の甲状腺機能.甲状腺疾患診療マニュアル改訂第2版.診断と治療社,東京: pp10-13,2013
  8. 長崎啓祐.マススクリーニング.甲状腺疾患診療マニュアル改訂第2版.診断と治療社,東京: pp100-101,2013

和文原著

和文総説

  1. 菊池透.小児生活習慣病健診.小児内科 45: 552-556,2013
  2. 池住洋平.負荷試験の実際2013:カプトプリル負荷試験.小児内科 45:959-965,2013
  3. 長崎啓祐.負荷試験の実際2013:TRH負荷試験.小児内科 45:809-811,2013
  4. 長崎啓祐.負荷試験の実際2013:重炭酸ナトリウム負荷試験.小児内科 45: 857-858,2013
  5. 大塚岳人,菖蒲川由郷,藤井小弥太,石和田稔彦,岡崎実.インフルエンザ菌b型侵淫地域への介入成果と問題点.日本小児科学会雑誌 117:66-70,2013
  6. 大塚岳人.健常小児における肺炎球菌保菌とその危険因子~佐渡島出生コホート研究(SADO-study)~.Infectious Agents Surveillance Report (IASR) 34:57-58,2013
  7. 相澤悠太,大石智洋.小児感染症Q&A 市中感染型MRSAと院内感染型MRSAにおける,その違いと日本での現状について教えてください.up-to-date子どもの感染症 1: 28-29,2013
  8. 今井千速.微小残存病変を用いた急性リンパ性白血病治療戦略.小児内科 45: 1134-1136,2013
  9. 長崎啓祐.甲状腺疾患に対する画像検査.小児科 54: 1097-1103,2013
  10. 相澤悠太,大石智洋.抗菌薬使用の注意点.小児科診療 76: 1411-1415,2013
  11. 池住洋平.症例でみる水電解質異常.低カリウム血症:腎血管性高血圧.小児内科 45: 1617-1620,2013
  12. 長崎啓祐.低身長児のみかた、考え方~低身長症の診療における初期対応について~.新潟県小児科医会会報 52: 2-7,2013
  13. 相澤悠太,齋藤昭彦.副鼻腔炎.medicina 50: 430-434,2013
  14. 今井千速.ヒトNK 細胞の体外増幅と遺伝子改変~難治性白血病・がんの征圧に向けて.日本小児血液・がん学会雑誌 50: 341-349,2013
  15. 池住洋平.平成24年度学校腎臓病検診について.新潟市医師会報510: 23-32,2013
  16. 長崎啓祐.偽性副甲状腺機能低下症に対する分子遺伝学的解析のアルゴリズムの作成.新潟医学会雑誌 No.765 別冊: 1-3,2013

和文症例報告

  1. 林雅子,佐藤英利,小川洋平,長崎啓祐,菊池透,内山聖,齋藤昭彦.チアマゾール内服により多発性関節炎を発症した小児バセドウ病の2例.日本小児科学会雑誌 117: 773-777,2013
  2. 羽深理恵,鈴木俊明,長谷川博也,唐澤環,金子詩子,池住洋平,大橋伯,赤坂紀幸,遠山潤,西尾久英,齋藤昭彦.劇症肝不全を発症した脊髄性筋委縮症の1例.日本小児科学会雑誌 117: 1031-1036,2013
  3. 相澤悠太,井埜晴義,加藤智治,磯部賢諭.喘鳴を反復し呼吸窮迫を契機に発見された横隔膜挙上症の1例.小児科臨床 66: 1775-1780,2013
  4. 馬場恵史,林雅子,大野武,星名潤,齋藤なか,吉田宏,伊藤末志,長谷川博也,山田剛史,唐澤環,金子詩子,鈴木俊明,池住洋平,齋藤昭彦.腎静脈レニンサンプリングにより診断されたAsk-Upmark症候群の一例.小児高血圧研究会誌 10: 27-31,2013
  5. 伊藤由美,河野恵美子,吉田一浩,今井直史,山崎裕幸,中川由紀,齋藤和英,唐澤環,鈴木俊明,池住洋平,齋藤昭彦,高橋公太,成田一衛.抗体関連型拒絶反応の克服に向けて C4d陽性の抗体関連型拒絶反応の1例.今日の移植 26: 188-194,2013
  6. 馬場恵史,下妻大毅,黒沢大樹,佐々木直,加藤智治,添野愛基,鳥越司,小野塚淳哉,沼田修,鳥越克己.救命し得たインフルエンザB感染症による鋳型気管支炎の2例.日本小児科学会雑誌 117: 365,2013
  7. 佐藤英利.O脚の男児から判明したX染色体優性低リン血症性くる病の一家系.日本内分泌学会雑誌 89: 55-57,2013

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐.先天性甲状腺機能低下症-Past, Present, and Future-(招待講演).第34回北海道小児内分泌研究会,札幌,2013
  2. 菊池透.やってみたくなる肥満診療(特別講演).第3回かながわ小児内分泌代謝研究会,東京,2013
  3. 長崎啓祐.意外と難しい?ビタミンD欠乏性くる病の診断(特別講演).第16回新潟小児整形外科研究会,新潟,2013
  4. 池住洋平.小児のありふれた腎疾患-病態から考える治療と管理-.第532回長野市小児科集団会,長野,2013.4.17
  5. 菊池透.小児期からの生活習慣病予防の意義と実際(特別講演).第46回上越糖尿病内分泌研究会,上越,2013.5.23
  6. 菊池透.小児期からはじめる小児生活習慣病予防戦略(特別講演).平成25年度青森県小児保健協会夏期懇談会 青森県こどもの健康を考える会,弘前,2013.6.8
  7. 長崎啓祐.小児に広がるビタミンD欠乏性.第12回新潟骨・関節フォーラム,新潟,2013
  8. 池住洋平.小児のありふれた腎疾患診療(特別講演).第10回南大阪小児腎カンファレンス,堺市,2013.7.20
  9. 今井千速.抗CD19キメラ型受容体とNK細胞体外増幅法の開発(特別講演).第26回東北BMT研究会,仙台,2013.7.20
  10. 長崎啓祐.ヨードにまつわる小児甲状腺疾患のup date(招待講演).第3回沖縄県小児内分泌講演会,那覇,2013.7.27
  11. 池住洋平.活性化マクロファージをターゲットとしたループス腎炎治療(特別講演).第23回九州・山口ループス腎炎治療研究会,福岡,2013.8.3
  12. 小川洋平.1型糖尿病の子供たちを知ってますか(特別講演).第60回日本小児保健協会学術集会,東京,2013.9.28
  13. 菊池透.小児の生活習慣病への疫学的アプローチ(特別講演).新潟小児科・内科合同セミナー,新潟,2013.10.1
  14. 菊池透.胎児~乳幼児期から始める生活習慣病予防戦略(教育講演).第38回東日本小児科学会,埼玉,2013.11.23
  15. 菊池透.肥満に至る成長の軌跡(特別講演).札幌小児内分泌検討会,札幌,2013.11.29
  16. 長崎啓祐.ヨードにまつわる小児甲状腺疾患 Up To Date(招待講演).第6回熊本内分泌ベーシックカンファレンス,熊本,2013.12.7
  17. 長崎啓祐.母体要因による胎児新生児期甲状腺疾患(招待講演).第6回若手医師のための長崎小児内分泌談話会,長崎,2013.12.6

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐.妊娠と甲状腺疾患:母体に関連した新生児甲状腺機能異常.第86回日本内分泌学会学術集会,仙台,2013
  2. 池住洋平.The kidney in multi-organ systemic disease in Japanese children: 低出生体重児におけるネフロン形成異常と腎疾患.第63回日本腎臓学会学術総会,東京,2013.5.11
  3. 池住洋平.「腎疾患ガイドライン:専門的利用法と今後の課題」.CKD診療ガイドライン2013:小児CKDの診断.第48回日本小児腎臓病学会学術集会,徳島,2013.6.28
  4. 池住洋平.マクロファージをターゲットとした慢性糸球体腎炎の治療戦略.第28回新潟腎シンポジウム,新潟,2013.8.23
  5. 菊池透.小児のメタボリックシンドロームでの血圧測定の意義.第27回日本小児脂質研究会,福井,2013.11.10

(3)一般講演

  1. 馬場悠美.SHOXエンハンサー領域に微小欠失を同定したTurner徴候を認める46,XX女児の1例.第22回臨床内分泌代謝Update,埼玉,2013
  2. 佐藤英利.O脚の男児から判明したX染色体優性低リン血症性くる病の一家系.第22回臨床内分泌代謝Update,埼玉,2013
  3. 黒沢大樹.131I内用療法後のバセドウ病母体から出生した新生児甲状腺機能亢進症の兄妹例.第4回信越・北関東小児内分泌セミナー,長野,2013
  4. 申将守.当院で治療を行った小児がん経験者男性の性腺機能障害についての検討.第4回信越・北関東小児内分泌セミナー,長野,2013
  5. 長崎啓祐.症例のその後:低身長を伴った短指症A4型.第4回信越・北関東小児内分泌セミナー,長野,2013
  6. 長崎啓祐.SRCAP変異を同定した日本人Floating-Harbor症候群の縦断的な骨年令の検討.第36回日本小児遺伝学会学術集会,広島,2013
  7. 加藤智治.小児気道狭窄の評価における動画記録併用、仰臥位喉頭ファイバースコピーの有用性.第116回日本小児科学会学術集会,広島市,2013
  8. 長崎啓祐.Beckwith-Wiedemann症候群に偽性副甲状腺機能低下症Ib型を合併したmultiple maternal hypomethylation syndromeの一例.第86回日本内分泌学会学術集会,仙台,2013.4.26
  9. 長崎啓祐.プラダー・ヴィリー症候群との鑑別を要した1p36欠失症候群の1例.第47回新潟小児内分泌談話会,新潟,2013.6.14
  10. 相澤悠太.GBS(血清型Ia)による菌血症, Late, Late-Onsetの1例.第2回新潟小児臨床感染症勉強会,新潟,2013
  11. 長崎啓祐.新潟県マススクリーニングで発見された21水酸化酵素欠損症における包括的なCYP21A2解析の検討.第17回小児分子内分泌研究会,札幌,2013
  12. 長崎啓祐.新潟県マススクリーニングで発見された21水酸化酵素欠損症における包括的なCYP21A2解析の検討.第40回日本マス・スクリーニング学会,大阪,2013
  13. 佐藤英利.福島第一原発事故後の新潟県新生児マス・スクリーニングTSH高値精査対象者の変動の検討.第40回日本マス・スクリーニング学会,大阪,2013
  14. 小川洋平.新潟県における小児期発症1型糖尿病の実態と、新潟小児糖尿病キャンプ.新潟小児科・内科合同セミナー,新潟,2013.10.1
  15. 菊池透.小児生活習慣病健診および肥満検診の事後指導としての家族ぐるみの家庭体重腹囲血圧測定の有用性.第34回日本肥満学会,東京,2013.10.12
  16. 菊池透.小児肥満におけるDUALSCANによる内臓脂肪面積測定の試み.第34回日本肥満学会,東京,2013.10.12
  17. 長崎啓祐.本邦における21水酸化酵素欠損症の治療の現状~治療指針改訂へ向けて~.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013.10.10
  18. 長崎啓祐.先天性甲状腺機能低下症に対する次世代シークエンサーを用いたターゲットシークエンス解析.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013.10.11
  19. 齋藤朋子.新生児期の骨盤部レントゲン所見による軟骨低形成症の早期診断の検討.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013.10.12
  20. 申将守.当院で治療を行った小児がん経験者男性の性腺機能障害についての検討.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013.10.11
  21. 入月浩美.低身長を契機に診断したTRPS1遺伝子変異を有するTrichorhinophalangeal症候群の1例.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013.10.12
  22. 佐々木直.AVP分泌不全を認めた家族性の多飲多尿の1例.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013.10.12
  23. 菊池透.家族性高コレステロール血症における酸化LDLの検討.第27回日本小児脂質研究会,福井,2013.11.9
  24. 長崎啓祐.SLC26A4とDUOX2のヘテロ接合性変異を認めた甲状腺ホルモン合成障害による先天性甲状腺機能低下症の1例.第56回日本甲状腺学会学術集会,和歌山,2013.11.15
  25. 大橋伯.午前中のふらつきから診断に至ったグルコーストランスポーター1異常症の1例.第17回日本小児神経学会甲信越地方会,柏崎,2013
  26. 西崎淑美.重症アトピー性皮膚炎に合併する電解質異常についての検討.第98回新潟内分泌代謝同好会,新潟,2013.12.7
  27. 三浦雅樹.ルフィナミドが有効であったLennox-Gastaut症候群の3例.第35回新潟てんかん懇話会,新潟,2013
  28. 三浦雅樹.長岡療育園における超・準超重症児(者)への在宅支援の現状と問題点について.第17回日本小児神経学会甲信越地方会,柏崎,2013.11.17
  29. 三浦雅樹.新規抗てんかん薬導入後の当園入所者のてんかん治療についての検討.第47回日本てんかん学会学術集会,北九州,2013
  30. 三浦雅樹.反応の乏しい重症心身障害児者への聴覚刺激に対するABRと近赤外線スペクトログラフィーとの比較.第39回日本重症心身障害学会学術集会,宇都宮,2013
  31. 三浦雅樹.肺内パーカッションベンチレータ療法に伴う合併症の検討.第55回日本小児神経学会学術集会,大分,2013
  32. 三浦雅樹.経管栄養剤変更後にフェニトイン血中濃度の著明な低下を来した症例.第44回新潟小児神経学研究会,新潟,2013.3.9
  33. 三浦雅樹.ルフィナミドが有効であったLennox-Gastaut症候群の3例.第35回新潟てんかん懇話会,新潟,2013
  34. 田嶋直哉.「子を産み、育てやすい島」を目指して~重症新生児仮死の1例にみる当院の新生児搬送の課題.第65回北日本小児科学会,仙台,2013.9.22
  35. 小林玲.若手医師企画1 次世代を担う私たちはこう思う「出生前診断」.第49回日本周産期新生児医学会,横浜,2013.7.15
  36. 小林玲.低体温療法を施行した新生児仮死12例の検討.第25回周産母子研究会,新潟,2013.7.27
  37. 小林玲.母体への硫酸マグネシウム長期投与が原因と思われた一過性副甲状腺機能低下症の新生児例.第7回新生児内分泌研究会,東京,2013.9.1
  38. 田嶋直哉.佐渡市の新生児聴覚スクリーニング検査の現状について.第215回日本小児科学会新潟地方会,新潟,2013.12.14
  39. 笠原靖史.一過性の免疫グロブリン著増を伴うB-LPDを発症したウサギATG治療後の再生不良性貧血の一例.第75回日本血液学会学術集会,札幌,2013
  40. 笠原靖史.超大量メソトレキセート療法の毒性発現機序:高サイトカイン血症の介在の可能性.第55回日本小児血液・がん学会学術集会,福岡,2013
  41. 笠原靖史.Chronic Meningoencephalitis Complicating with X-linked Agammaglobulinemia Treated by Intraventricular Immunoglobulin Therapy.重症難治性感染症に関するシンポジュウム,新潟,2013
  42. 笠原靖史.先天性血球貪食性リンパ組織球症の乳児例に対する軽減前処置(Flu+Bu+Mel)臍帯血移植.同種造血幹細胞移植研究会,新潟,2013
  43. 泉理恵.尿細管障害のためにバルプロ酸を中止後、長期過程の中で尿細管障害が再発した重症心身障害児の1例.第35回新潟てんかん懇話会,新潟,2013.11.23
  44. 遠山潤.トピラマートが有効であった頭頂葉てんかんの1例.第35回新潟てんかん懇話会,新潟,2013.11.23
  45. 星名潤.小顎による中下咽頭腔狭窄に対し経鼻持続陽圧(n-CPAP)を要した二絨毛膜二羊膜双胎(DDtwin)の1例.第58回日本未熟児新生児学会,金沢,2013.12.1
  46. 庄司圭介.妊娠中母体にアンギオテンシン2受容体拮抗薬が投与され、胎児発育不全、低血圧、腎不全を呈した1例.第58回日本未熟児新生児学会,金沢,2013.11.30
  47. 大野武.歩行時の不随意運動が疑われる3歳女児例.第18回小児神経症例検討会(蔵王セミナー),上山,2013.2.9
  48. 入月浩美.新潟県におけるタンデムマス法を用いた新生児スクリーニング導入後の現況.第215回日本小児科学会新潟地方会,新潟,2013.12.14
  49. 長谷川博也.心電図異常で発見され、低カリウム血症による失神を認めた腎血管性高血圧の一例.第20回日本小児高血圧研究会,大阪,2013.9.15
  50. 山崎肇.当院における胎便関連性イレウスを発症した新生児の検討.第25回新潟周産母子研究会,新潟市,2013
  51. 山崎肇.当院における胎便関連性イレウスを発症した新生児の臨床的検討.第58回日本未熟児新生児学会,金沢市,2013
  52. 佐藤英利.Healing stageのビタミンD欠乏性くる病の4例.第116回日本小児科学会学術集会,広島,2013
  53. 佐藤英利.著明な色素沈着を契機に診断した副腎白質ジストロフィーの5歳男児.新潟内分泌代謝同好会,新潟,2013
  54. 佐藤英利.著明な色素沈着を契機に診断した副腎白質ジストロフィーの5歳男児.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2013
  55. 佐藤英利.女性化乳房、思春期早発症を呈した小児副腎皮質腫瘍の1例.新潟内分泌代謝同好会,新潟,2013
  56. 眞柄慎一.タクロリムスが有効だった小児重症筋無力症の一例.第215回日本小児科学会新潟地方会,新潟,2013.12.14
  57. 眞柄慎一.ミオクロニー脱力発作を伴うてんかん18例の臨床的検討.第47回日本てんかん学会総会,北九州,2013,10
  58. 眞柄慎一.Leigh脳症19例のMR画像及び神経生理学的検査の検討.第55回小児神経学会総会,大分,2013.5
  59. 眞柄慎一.インフルエンザワクチン接種後に異常姿勢・運動機能障害が出現し、変動する有痛性筋収縮を呈する女児.第18回小児神経症例検討会(蔵王セミナー),山形,2013.2
  60. 相馬規子.腹痛を主訴に受診した急性対炎の2例.第215回日本小児科学会新潟地方会 ,新潟,2013.12.14
  61. 相馬規子.血便が持続した3か月男児例. 阿賀北小児科臨床研究会,新潟,2013.11.20
  62. 相馬規子.最近当科で経験した急性膵炎の2例. 阿賀北小児科臨床研究会,新潟,2013.9.18
  63. 相馬規子.当科におけるヒト・メタニューモウイルス感染症の経験. 阿賀北小児科臨床研究会,新潟,2013.7.17
  64. 小川洋平.生活習慣病予防を視野にいれた学校糖尿病検診システムの試み. 第60日本小児保健協会学術集会,東京都渋谷区,2013/9/27
  65. 小川洋平.新潟県における小児期発症1型糖尿病の実態と、新潟小児糖尿病キャンプ. 新潟小児科・内科合同セミナー,新潟市,2013/10/11
  66. 小川洋平.新潟市学校糖尿病検診に基づく小児2型糖尿病と境界型糖尿病の発見率の推移.第47回日本小児内分泌学会学術集会,東京都台東区,2013/10/11
  67. 澤野堅太郎,複雑型熱性けいれんが疑われたが左片麻痺をきたした一例,中越小児臨床研究会,長岡,2013
  68. 澤野堅太郎,幽門狭窄を伴う十二指腸壁肥厚を契機に発見されたバーキットリンパ腫の1例,日本小児科学会新潟地方会,新潟,2013
  69. 田嶋直哉.重症新生児仮死の1例. 佐渡小児科医会,新潟・佐渡,2013
  70. 田嶋直哉.子どもの”肌”を診よう! ~明日からの診療のために~. 第1回新潟大学小児科アレルギーブートキャンプ,新潟,2013
  71. 田嶋直哉.佐渡総合病院における小児救急搬送の実情について. 第27回日本小児救急医学会学術集会,沖縄,2013
  72. 田嶋直哉.不整脈右室源性心筋症が疑われる1例. 佐渡小児科医会,新潟・佐渡,2013
  73. 田嶋直哉.小児期発症のWegener肉芽腫症の1例. 佐渡小児医療懇話会,新潟・佐渡,2013
  74. 阿部忠朗. 小児拘束型心筋症の病理組織所見. 第35回心筋生検研究会. 東京都, 2013
  75. 阿部忠朗. 小児拘束型心筋症の病理組織所見. 第22回日本小児心筋疾患学会学術集会. 大阪府, 2013
  76. 阿部忠朗. 冠動脈障害を合併した川崎病遠隔期患者における99mTc-tetrofosmin心筋血流シンチグラム所見と心室性期外収縮の頻度. 第33回日本川崎病学会・学術集会. 富山県, 2013
  77. 阿部忠朗. 心筋症の今までとこれから. 第20回KSKS. 吹田市, 2013
  78. 阿部忠朗. 小児期に発症した急性心筋炎の長期予後. 第49回日本小児循環器学会総会・学術集会. 東京都, 2013
  79. 阿部忠朗. 冠動脈障害を合併した川崎病遠隔期患者における99mTc-tetrofosmin心筋血流シンチグラム所見と非持続性心室頻拍との関連. 第23回日本心臓核医学会総会・学術大会. 東京都, 2013
  80. 阿部忠朗. 小児閉塞性肥大型心筋症術後遠隔期に致死性不整脈が出現した2例. 第116回日本小児科学会学術集会. 広島県, 2013
  81. 阿部忠朗. The effect of transcatheter vascular embolization with detachable micro coil. 第24回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会. 愛媛県, 2013
  82. 泉田亮平. テタニー症状を契機に診断したPHP IBの1例. 第213回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2013
  83. 目黒茂樹. SSRIを含めた薬物療法と認知行動療法を行っている強迫性障害の症例. 第3回静岡児童精神医学カンファレンス,静岡市,2013
  84. 目黒茂樹. いじめを苦に自殺企図にいたった症例. 第15回日本小児精神医学研究会教育セミナー,松本市,2013

公開講座,その他の講演

  1. 長崎啓祐.偽性副甲状腺機能低下症およびその周辺疾患.TTT meeting in 丸の内,東京,2013
  2. 菊池透.低身長診療の心得.第17回新潟県女性薬剤師会研修会,長岡,2013
  3. 今井千速.小児・思春期白血病に対する治療戦略の現状.サノフィ社内講演会,新潟,2013.6.11
  4. 長崎啓祐.教科書には載っていない低身長の診療のコツ.旧三市中蒲小児科医会研究会,新潟,2013.7.31
  5. 長崎啓祐.乳児型低フォスファターゼ症に対するアスフォターゼα補充療法の治療成績.HPP study group meeting,大阪,2013
  6. 中牟礼道秀.バセドウ病母体から出生した児の管理について.第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  7. 佐藤英利.小児科医によるバセドウ病合併母体の管理について(症例解説).第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  8. 小林玲.新潟大学における甲状腺機能異常母体から出生した児の管理指針.第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  9. 額賀俊介.早朝空腹時に低血糖を繰り返した1歳男児例.第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  10. 入月浩美.ピボキシル基含有抗菌薬使用に関連した二次性カルニチン欠乏症.第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  11. 馬場悠美.低血糖の鑑別診断~最低限検査すべき項目は?~.第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  12. 阿部裕樹.ケトン性低血糖症でいいですか?(症例解説).第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  13. 長崎啓祐.臨床遺伝学のすすめ:アレイCGH検査について.第13回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2013.9.14
  14. 長崎啓祐.低身長の初期対応.平成25年第4回コアレクチャー,新潟,2013.11.9
  15. 長崎啓祐.偶然みつかった検査値異常(ALP高値).平成25年第4回コアレクチャー,新潟,2013.11.9
  16. 菊池透.1型糖尿病治療の進歩~ゴールは近づいている~.第7回北九州ヤングDMの会,北九州,2013.12.1
  17. Sato H.Two cases of maternal uniparental disomy of chromosome 14 presenting with scoliosis during growth hormone therapy.Henning Andersen Education Program 2013,Copenhagen,Denmark,Nov 28,2013

その他

  1. 長崎啓祐.子どもの身長を記録して成長と健康状態をチェック!トキっ子ラウンジ vol.30 2013-2014 12-1月号,p20-21,2013
  2. 長崎啓祐.教えてクマせんせい!治療中のFAQ. 成長障害、低身長のお子様のための相談室.Nordicae.http://www.nordicare.jp/sp/faq/treatment.html,2013
  3. 長崎啓祐.グングンクイズ growing vol.42 2013秋冬号,p14-15,2013