新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成26年(2014年) - 教室業績集

平成26年(2014年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Otsuka T,on behalf of the SADO-study Working group.Reply: The effect of antimicrobial use on nasopharyngeal colonization by Streptococcus pneumoniae and Haemophilus influenzae.Pediatr Infect Dis J 33: 228-229,2014
  2. Aizawa Y,Oishi T,Tsukano S,Taguchi T,Saitoh A.Clinical Utility of Loop-Mediated Isothermal Amplification for Rapid Diagnosis of Mycoplasma pneumoniae in Children.J Med Microbiol 63: 248-251,2014
  3. Kudo K,Imai C,Lorenzini P,Kamiya T,Kono K,Davidoff AM,Chng WJ,Campana D.T Lymphocytes Expressing a CD16 Signaling Receptor Exert Antibody-Dependent Cancer Cell Killing.Cancer Res 74: 93-103,2014
  4. Fukami M,Miyado M,Nagasaki K,Shozu M,Ogata T.Aromatase excess syndrome: a rare autosomal dominant disorder leading to pre- or peri-pubertal onset gynecomastia. Pediatr Endocrinol Rev 11: 298-305,2014
  5. Otsuka T,Kirkham C,Johnson A,Jones MM,Murphy TF.Substrate binding protein SBP2 of a putative ABC transporter as a novel vaccine antigen of Moraxella catarrhalis.Infection and Immunity.in press
  6. Mitsui T, Narumi S, Inokuchi M, Nagasaki K, Nakazawa M, Sasaki G, Hasegawa T.Comprehensive Next-Generation Sequencing Analyses of Hypoparathyroidism: Identification of Novel GCM2 Mutations. J Clin Endocrinol Metab. 2014 Aug 19:[Epub ahead of print]
  7. Takagi M, Nagasaki K, Fujiwara I, Ishii T, Amano N, Asakura Y, Muroya K, Hasegawa Y, Adachi M, Hasegawa T. Heterozygous defects in PAX6 gene and congenital hypopituitarism. Eur J Endocrinol. 2014 Oct 23. pii: EJE-14-0255. [Epub ahead of print]
  8. Imamura M, Shook D, Kamiya T, Shimasaki N, Chai SM, Coustan-Smith E, Imai C, Campana D: Autonomous growth and increased cytotoxicity of natural killer cells expressing membrane-bound interleukin-15. Blood. 124(7):1081-8, 2014
  9. T.Torigoe, S.Sato, Y.Nagayama, T.Sato, H.Yamazaki Influence of patent ductus arteriosus and ventilators on electrical velocimetry for measuring cardiac output in very low/low birth weight infants J Perinatol. Accepted 22 Dec 2014. doi:10.1038/jp.2014.245

英文総説

  1. Campana D,Schwarz H,Imai C.4-1BB Chimeric Antigen Receptors.Cancer J 20: 134-40,2014

英文症例報告

  1. Ikezumi Y,Suzuki T,Karasawa T,Kaneko U,Yamada T,Hasegawa H,Nagata M,Saitoh A.Glomerular epithelial cell phenotype in diffuse mesangial sclerosis: A report of two cases with markedly increased urinary podocyte excretion.Human Pathol 45: 1778-1783,2014
  2. Abe Y,Nagasaki K,Watanabe T,Abe T,Fukami M.Association between Compound Heterozygous Mutations of SLC34A3 and Hypercalciuria.Horm Res Paediatr. 2014 Jun 11.[Epub ahead of print]
  3. Ohashi T, Akasaka N, Kobayashi Y, Magara S, kawashima H, Matsumoto N, Saitsu H, Tohyama J. Infantile epileptic encephalopathy with a hyperkinetic movement disorder and hand stereotypies associated with a novel SCN1A mutation. Epileptic Disord 16(2): 208-212, 2014
  4. Akira Kobayashi, Masaki Wada, Touhei Usuda, Takayuki Kaneko, Kinuko Kojima, Tomoko Saitou. Thyroid Function of Asphyxiated Newborns who Received Hypothermia Therapy. Hot Topics in Neonatology, Washington, DC, USA, Dec 7-10, 2014

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

  1. Otsuka T.Antisense molecules against nontypeable Haemophilus influenzae for preventing otitis media.114th general meeting,American Society for Microbiology [Abstract: A-2437]: Boston,USA,May17-20,2014
  2. Aizawa Y. Role of Maternal Antibodies in Human Parechovirus Type 3 Infection in Young Infants.ID week 2014 [Abstract: 45981]: Philadelphia, USA, October 8-12, 2014
  3. Nagasaki K, Saito T, Takagi M, Hasegawa T, Nishimura G. Criteria of Radiological Diagnosis for Neonates with Hypochondroplasia. Eighth Asia Pacific Endocrine Society Scientific Meeting,Darwin, Australia, Oct 30, 2014
  4. Ikezumi Y. Pro-inflammatory CD11c+CD68+ mononuclear phagocytes promote glomerular injury in lupus nephritis. 2014 Annual Meeting of American Society of Nephrology, Philadelphia, Pennsylvania, USA, Nov 12-16, 2014
  5. Ozawa J, Ohno S, Itoh H, Makiyama T, Horie M. Young long QT syndrome patients with KCNH2 mutations have late onset but severe symptoms. AHA Scientific Sessions 2014 [Abstract 16509]: Chicago, IL, U.S.A., November 15-19, 2014
  6. Sakiko Yoshida, Emily Tuscano, Connie Duong, Joseph Tuscano and Noriko Satake. Efficacy of an Anti-CD22 Antibody-Monomethyl Auristatin E Conjugate in a Preclinical Xenograft Model of Precursor B Cell Acute Lymphoblastic Leukemia. 56th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition [Poster Abstracts 971]: San Francisco, CA, USA, December 6-9, 2014

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 池住洋平.小児の急性腎炎症候群.今日の治療指針2014(福井次矢,高木誠,小室一成総編集).医学書院,東京: 1275-1276,2014
  2. 長崎啓祐.成長障害 最新がん薬物療法学ーがん薬物療法の最新知見ーV抗悪性腫瘍薬の副作用とその対策.日本臨床72巻 増刊号,日本臨床社,大阪: 585-588,2014
  3. 池住洋平.小児の治療指針 腎実質性高血圧・腎血管性高血圧.小児科診療77巻増刊号,診断と治療社,東京: 716-718,2014
  4. 相澤悠太,齋藤昭彦.ヒトパレコウイルス 臨床医のための呼吸器・消化管ウイルス感染症.診断と治療社,東京:16-20,2014
  5. 池住洋平, 他.小児慢性腎臓患者への予防接種.日本小児感染症学会 編.小児の臓器移植および免疫不全状態における予防接種ガイドライン2014.協和企画:東京:70-76, 2014
  6. 星名潤、長谷川久弥.周産期感染症2014 新生児肺炎.周産期医学44巻増刊号,東京医学社,東京: 570-573,2014

和文原著

  1. 相澤悠太, 鈴木優子, 渡邉香奈子, 大石智洋, 齋藤昭彦. 新潟県におけるヒトパレコウイルス3型感染症の患者報告の急増. IASR 35: 220,2014
  2. 長崎啓祐, 深見真紀. 遺伝性女性化乳房症に対するアロマターゼ阻害剤治療の有効性の検討.成長科学協会 研究年報 第37号 平成25年度: 137-141,2014

和文総説

  1. 池住洋平.子どもの高血圧とその対策:子どもから防ぐ成人病・生活習慣病.成人病と生活習慣病 44: 46-52,2014
  2. 相澤悠太,齋藤昭彦.BCG接種時期変更の背景と目的.感染症内科 2: 73-76,2014
  3. 池住洋平.ナトリウム・カリウム:小児の臨床栄養エビデンスとトピックス.臨床栄養別冊 JCNセレクト 9: 199-204,2014
  4. 菊池透,小川洋平.小児・思春期2型糖尿病の捕捉の現状と課題.小児科臨床 67: 209-216,2014
  5. 相澤悠太,大石智洋,齋藤昭彦.感染症ケースカンファレンス:Ⅰ.初級編 発熱と活気不良を主訴とした11か月男児.小児科診療 77: 476-480,2014
  6. 相澤悠太,大石智洋.百日咳の検査・診断法.感染症内科 2: 351-356,2014
  7. 池住洋平.平成25年度学校腎臓病検診について.新潟市医師会報 520: 25-34,2014
  8. 池住洋平.CKDと血圧管理.血圧 21:32-36,2014
  9. 小林悠,遠山潤.学童期のてんかん.チャイルドヘルス 17 (6): 17-21. 2014
  10. 池住洋平.平成26年度学校腎臓病検診について.新潟市医師会報 523:26-35,2014

和文症例報告

  1. 山田剛史,池住洋平,鈴木俊明,長谷川博也,齋藤昭彦.肉眼的血尿を契機に発見されたossifying renal rumor of infancyの男児例.日本小児腎臓病学会誌 27: 25-29,2014
  2. 長谷川博也,池住洋平,鈴木俊明,金子詩子,山田剛史,齋藤昭彦.心電図異常で発見され、低カリウム血症による失神が疑われた腎血管性高血圧の一例.日本小児高血圧研究会誌 11: 21-25,2014
  3. 山崎肇,永山善久,佐藤尚.肺低形成が軽度であったPena-Shokeir症候群(Ⅰ型)の極低出生体重児の1例. 日本周産期・新生児医学会雑誌50:1095-1098, 2014
  4. 小松原孝夫, 小澤淳一,長崎 啓祐. 橋本病からBasedow病を発症し治療に難渋した1例. 日本小児科学会雑誌. 118(12): 1732-1737, 2014
  5. 小林玲、庄司圭介、丸山茂、須田昌司. 胆汁うっ滞と血小板減少で発症した新生児甲状腺機能亢進症の1例. 日本周産期・新生児医学会雑誌50 : 1073-1076, 2014
  6. 小林玲、沼田修、小野塚淳哉、田中雅人、田中篤、遠藤彦聖、大橋伯、渡辺健一、目黒茂樹、皆川雄介、中林大器、村山有美. 新生児の低体温療法~赤ちゃんの脳を護るためにできること~. 長岡赤十字病院医学雑誌27 : 9-12, 2014
  7. 小林玲、白井崇準、金子孝之、小嶋絹子、臼田東平、和田雅樹. 一過性高インスリン血性低血糖症に対してジアゾキシド投与と空腹試験を行った3例. 日本未熟児新生児学会雑誌26 : 94-98, 2014
  8. 小松原孝夫, 小澤淳一,長崎 啓祐. 橋本病からBasedow病を発症し治療に難渋した1例. 日本小児科学会雑誌. 118(12): 1732-1737, 2014
  9. 星名潤,馬場恵史,林雅子,大野武,齋藤なか,吉田宏,伊藤末志.縦隔血腫を起こした新生児血友病の1例.鶴岡市立荘内病院医学雑誌 24: 65-69,2014

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐.脳腫瘍術後内分泌学フォローアップ症例から学ぶ take home message「小児科の立場から」.第87回日本内分泌学会学術集会,福岡,2014.4.25
  2. 長崎啓祐.偽性副甲状腺機能低下症とその類縁疾患アップデート.岡山小児内分泌フォーラム,岡山,2014.5.23
  3. 長崎啓祐.先天性甲状腺機能低下症〜Past,Present,and Future〜.第2回中国四国若手内分泌の会,高松,2014.5.31
  4. 池住洋平.ターゲットを考えた小児慢性糸球体腎炎の治療:なぜIgA腎症に免疫抑制薬は効くのか.第15回徳島県小児膠原病・腎疾患談話会,徳島,2014.6.18
  5. 池住洋平. 慢性糸球体腎炎の進展におけるマクロファージの関与とその制御. 盛岡地区腎疾患セミナー, 盛岡, 2014.8.29
  6. 池住洋平.慢性糸球体腎炎の治療ターゲットを求めて.第49回近畿小児腎臓病研究会.大阪.2014.10.11.
  7. 相澤悠太.【Young Investigator Award受賞演題】乳児期早期のヒトパレコウイルス3型感染症における移行抗体の役割. 第46回日本小児感染症学会, 東京, 2014.10.18
  8. 長崎啓祐. 成長ホルモン分泌不全症と代謝異常症、NASHとの関わりについて. 第5回新潟NASH研究会, 新潟市, 2014.11.20

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐.偽性副甲状腺機能低下症とその類縁疾患における分子基盤のUpdate.Update3 小児:小児内分泌代謝Update.第23回臨床内分泌代謝Update,名古屋,2014.1.24
  2. 長崎啓祐.小児の糖代謝異常 糖代謝診療の現在と近未来 汎下垂体機能低下症に伴う低血糖の診療.nordiscience forum 2014,京都,2014.6.7
  3. 長崎啓祐.分野別Update:甲状腺疾患.第48回日本小児内分泌学会学術集会,浜松,2014.9.26
  4. 長崎啓祐.偽性副甲状腺機能低下症の病因と病態:Update 7 副甲状腺/Ca:副甲状腺と骨代謝Update. 第24回臨床内分泌代謝Update,大宮,2014.11.29

(3)一般講演

  1. 吉成裕紀,長崎啓祐.VHL遺伝子変異を同定した家族性褐色細胞腫の小児例.第23回臨床内分泌代謝Update.名古屋,2014.1.24
  2. 長崎啓祐.本邦における21水酸化酵素欠損症の治療の現状~診断・治療のガイドライン改訂版の作成~.第87回日本内分泌学会学術集会,福岡,2014.4.26
  3. 池住洋平.ループス腎炎の組織障害におけるM1、M2型活性化マクロファージの対照的機能に関する検討.第49回日本小児腎臓病学会,秋田,2014.6.6
  4. 長谷川博也.周期性嘔吐症を発症し、バルプロ酸とフェノバルビタールの併用療法が効果的であった幼児腹膜透析患者の一例.第49回日本小児腎臓病学会,秋田,2014.6.6
  5. 中林大器.急性脳症様の症状から診断に至った高インスリン性低血糖症の1例.第49回新潟小児内分泌談話会,新潟,2014.6.13
  6. 村井英四郎,佐藤英利.持続血糖測定モニタリングを用いた高インスリン血性低血糖症に対するジアゾキシドの中止時期の検討.第49回新潟小児内分泌談話会,新潟,2014.6.13
  7. 相澤悠太.ヒトパレコウイルス3型感染症による早産児の無呼吸発作.第55回日本臨床ウイルス学会,札幌,2014.6.15
  8. 池住洋平.小児ループス腎炎におけるM1、M2型マクロファージの対照的な機能の検討.第57回日本腎臓学会総会,横浜,2014.7.6
  9. 山崎肇.肺低形成が軽度であったPena-Shokeir症候群(Ⅰ型)の極低出生体重児の1例.第50回日本周産期・新生児医学会,浦安,2014.7.14
  10. 山崎肇.新生児期以降も生存しているPena-Shokeir症候群(Ⅰ型)の極低出生体重児の1例.第26回新潟周産母子研究会,新潟,2014.7.26
  11. 長崎啓祐.新潟県マススクリーニングにおける低出生体重児のTSH遅発上昇を伴う先天性甲状腺機能低下症の検討.第41回日本マス・スクリーニング学会,広島,2014.8.22
  12. 長崎啓祐、志原大蔵、佐藤英利、小川洋平、宮戸真美、深見真紀. 遺伝性女性化乳房症に対するアロマターゼ阻害剤治療の検討.第48回日本小児内分泌学会学術集会,浜松,2014.9.27
  13. 笠原靖史. 慢性髄膜脳炎を合併したX連鎖無ガンマグロブリン血症に対する脳室内免疫グロブリン投与.第29回新潟血液免疫研究会, 新潟市, 2014.2.14
  14. 笠原靖史. 治療抵抗性の肛門周囲原発胞巣型横紋筋肉腫に対しWT1ペプチドワクチンを施行中の一例.第38回小児血液腫瘍症例検討会, 東京都板橋区, 2014.10.11
  15. 笠原靖史. 慢性髄膜脳炎と脳梗塞を合併したX連鎖無ガンマグロブリン血症に対する脳室内免疫グロブリン治療の成功例.第56回日本小児血液・がん学会学術集会, 岡山市, 2014.11.28
  16. 額賀俊介.腹部超音波で腸管壁の肥厚を認めた乳児消化管アレルギーの一例.第166回上越小児科医会,上越,2014.3.4
  17. 額賀俊介,土谷修一,山口正浩.ステロイドが有効であった自己免疫性大脳基底核脳炎の一例,第117回日本小児科学会学術集会,名古屋,2014.4.13
  18. 佐藤英利,小児中枢性尿崩症に対するデスモプレシン経鼻製剤から経口製剤への切り替えの検討.第117回日本小児科学会学術集会,名古屋,2014.4.11
  19. 佐藤英利,福島第一原発事故後の新潟県新生児マス・スクリーニングTSH高値精査対象者の変動の検討,日本小児科学会新潟地方会,新潟,2014.5.173
  20. 佐藤英利,VHL遺伝子変異を同定した家族性褐色細胞腫の小児例.第18回小児分子内分泌セミナー,北海道,2014.7.5
  21. 佐藤英利,正所性甲状腺を有する先天性甲状腺機能低下症スクリーニング陽性例に対する初回レボチロキシン投与量の検討,第41回日本マス・スクリーニング学会,広島,2014.8.22
  22. 佐藤英利,正所性甲状腺を有する先天性甲状腺機能低下症スクリーニング陽性例に対する初回レボチロキシン投与量の検討,第48回日本小児内分泌学会,浜松,2014.9.26
  23. 長崎啓祐,佐藤英利,小川洋平,浅見直, 齋藤昭彦.新潟県マススクリーニングにおける低出生体重児のTSH遅発上昇を伴う先天性甲状腺機能低下症の検討. 第57回日本甲状腺学会学術集会,大阪市, 2014.11.14
  24. 西崎淑美.先天性低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症に合併した停留精巣に対する遺伝子組換えヒトFSH治療の検討.第48回日本小児内分泌学会学術集会,浜松,2014.9.26
  25. 額賀愛. 当院における頭部MRI撮像症例の検討.第157回上越小児科医会,上越,2014.5.13
  26. 額賀愛.意識障害を主訴に救急受診した1歳8ヶ月女児の一例.第154回上越小児科医会,上越,2013.7.9
  27. 額賀愛.当科で経験した乳幼児自己免疫性好中球減少症の臨床像.第213回新潟地方会,新潟,2013.5.11
  28. 小林玲. ハイドロコルチゾンの投与方法が極低出生体重児の3歳時発達予後に与える影響~ステロイドの使い方を考える~. 第8回新生児内分泌研究会、京都市、2014
  29. 小林玲. ハイドロコルチゾンの投与方法が極低出生体重児の3歳時発達予後に与える影響~ステロイドの使い方を考える~. 第26回新潟周産母子研究会、新潟市、2014
  30. 小林玲. ハイドロコルチゾンの投与方法が極低出生体重児の3歳時発達予後に与える影響. 第50回日本周産期・新生児医学会、浦安市、2014
  31. 小林玲. 低体温療法を行った新生児仮死児における内大脳静脈血流測定の意義. 第50回日本周産期・新生児医学会、浦安市、2014
  32. 小林玲. 低体温療法を施行した新生児仮死12例の検討. 第216回新潟地方会、新潟市、2014
  33. 田中岳.生存退院し得た周産期型低フォスファターゼ症の1例,第59回日本未熟児新生児学会・学術集会,松山,2014.11.11
  34. 田中岳.低フォスファターゼ症の新たな治療戦略,新潟新生児懇話会,新潟,2014.6.20
  35. 庄司圭介.セレウス菌感染症を発症した超低出生体重児の1例.第218回日本小児科学会新潟地方会,新潟,2014.12.13
  36. 庄司圭介.最近当科で経験した気管食道奇形の2例.第31回庄内周産期懇話会,鶴岡,2014.11.1
  37. 庄司圭介.塩酸リトドリンと硫酸マグネシウムの母体長期投与により、出生後心機能低下、高カリウム血症をきたした新生児の1例.第26回新潟周産母子研究会,新潟,2014.7.26
  38. 庄司圭介.SCN2Aに変異を認めた、新生児期発症のリドカイン依存性てんかんの1例.第50回日本周産期・新生児医学会,浦安,2014.7.14
  39. 大橋伯.当科通院中のてんかん患者における運転免許取得についての調査.第48回日本てんかん学会学術集会,東京,2014
  40. 長崎啓祐. 遺伝性女性化乳房症に対するアロマターゼ阻害剤治療.第100回新潟内分泌代謝同好会,新潟市,2014.12.6
  41. 今村勝.インターフェロン、サリドマイド、プロプラノロールが無効で治療に苦慮しているびまん性肺リンパ管腫症の1例.第56回日本小児血液・がん学会学術集会,岡山,2014.11
  42. 今村勝.「造血細胞移植時の感染症対策」.日本血液製剤機構・社内教育講演,新潟,2014.9.16
  43. 馬場 恵史.学校心臓病検診を契機に発見された無症候のQT延長症候群(LQTS) 患者への遺伝子検査.第19回日本小児心電学会学術集会.札幌.2014.11.29
  44. 小林悠.Rombencephalosynapsisを呈したGómez-López-Hernández症候群の画像所見,第47回新潟小児神経学研究会,新潟市.2014
  45. 小林悠.Gómez-López-Hernández症候群の一例.第56回日本小児神経学会総会,浜松市,2014
  46. 小川洋平.新潟市における小児2型糖尿病の発症頻度の推移 -新潟市学校糖尿病検診の結果より- 第43回新潟糖尿病談話会,新潟市,2014.2.15
  47. 小川洋平.新潟市学校糖尿病検診に基づく小児2型糖尿病の実態. 第57回日本糖尿病学会学術集会,大阪市, 2014.5.24
  48. 小川洋平.新潟小児糖尿病コホート2012年調査中間報告.第47回新潟小児内分泌談話会,新潟市,2014.6.13
  49. 小川洋平.新潟市学校糖尿病検診からわかる小児2型糖尿病の実態. 第217回日本小児科学会新潟地方会,新潟市, 2014.8.30
  50. 小川洋平.新潟県における1型糖尿病診療のトランジションの現状.第48回日本小児内分泌学会学術集会,浜松市,2014.9.27
  51. 小川洋平.持続皮下インスリン注入療法を導入した1型糖尿病幼児2例.第25回新潟糖尿病臨床研究会,新潟市,2014.10.18
  52. 布施理子,阿部裕樹.KATPチャネルABCC8遺伝子にpaternal monoallelic mutationを認めた先天性高インスリン血症の一例.第217回日本小児科学会新潟地方会,新潟,2014.8.30
  53. 宮野ゆり恵, 脳症を合併した急性巣状細菌性腎炎(acute focal bacterial nephritis:AFBN)の3例, 第218回日本小児科学会新潟地方会. 新潟, 2014.12.13
  54. 宮野ゆり恵, ネフローゼ症候群に罹患した骨形成不全症の一例, 阿賀北小児科臨床研究会. 阿賀北, 2014.11.19
  55. 相馬規子.家族性高コレステロール血症の姉妹例.阿賀北小児科臨床研究会,新潟,2014.11.19
  56. 相馬規子.姉が甲状腺機能亢進症を合併した家族性高コレステロール血症の姉妹例.第28回日本小児脂質研究会,千葉,2014.11.2
  57. 相馬規子.片側性の痙攣で発症したHHV-6脳症の1例. 阿賀北小児科臨床研究会,新潟,2014.7.16
  58. 澤野堅太郎,当院における救急搬送患者の内訳(平成25年1月から12月まで),中越小児臨床研究会,長岡,2014
  59. 澤野堅太郎,当科におけるマイコプラズマ感染症の検討,阿賀北小児科臨床研究会,新発田,2014
  60. 澤野堅太郎,幼児期マイコプラズマ感染症の入院例,阿賀北小児科臨床研究会,新発田,2014
  61. 長谷川博也.抗菌薬治療に反応せず経皮的腎瘻造設術を行った膿腎症の2乳児例.第66回北日本小児科学会,旭川,2014
  62. 相澤悠太. 2014年における新潟県でのヒトパレコウイルス3型感染症の流行. 第218回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2014.12.13
  63. 細貝亮介. ドナーKIRハプロタイプBはATG不使用同種造血幹細胞移植において重症急性GVHDの危険因子となる可能性がある. 第36回日本造血細胞移植学会総会, 沖縄, 2014
  64. 細貝亮介. 1カ月健診時の顔色不良を契機に発見されたDiamond-Blackfan貧血の一例. 第49回新潟血液同好会総会, 新潟, 2014
  65. 細貝亮介. 同種骨髄移植から15年後、剖検にてドナー由来びまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した一例. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会, 岡山, 2014
  66. 田嶋直哉. この離島(しま)に生まれて~佐渡総合病院の小児リハビリテーションの現在と未来~. 第218回日本小児科学会新潟地方会,新潟,2014
  67. 田嶋直哉. その肌の向こうに~佐渡総合病院小児科でのアトピー性皮膚炎診療の実際~. 新潟大学小児科アレルギーブートキャンプ,新潟,2014
  68. 田嶋直哉. 小児期発症の多発血管炎性肉芽腫症(GPA)の1例. 第117回日本小児科学会学術集会, 愛知・名古屋, 2014
  69. 田嶋直哉. 最近の当院での小児アレルギー診療について~アトピー性皮膚炎と食物アレルギー~. 第197回佐渡市医学歯学集談会, 新潟・佐渡, 2014
  70. 阿部忠朗. Preexcitationを伴う心筋壁肥厚が主病変であったグリコーゲン蓄積症の2例. 第23回日本小児心筋疾患学会学術集会. 大阪府, 2014
  71. 阿部忠朗. 小児循環器医がみる胸部X線写真. 第21回KSKS. 吹田市, 2014
  72. 阿部忠朗. 小児拘束型心筋症の病理組織所見. 第50回日本小児循環器学会総会・学術集会. 岡山県, 2014
  73. 阿部忠朗. 青年期・成人期Fontan術後患者に対するカテーテル治療. 第25回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会. 長野県, 2014
  74. 小松原孝夫. 出生直後に重症低血糖を呈した糖原病Ⅰa型の兄妹例. 第216回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2014.5.17
  75. 小松原孝夫. 当園における重症児(者)に対するRufinamideの使用経験. 第40回日本重症心身障害学会, 京都, 2014.9.27
  76. 小松原孝夫. 当園における人工呼吸器管理例ケースの在宅支援. 第18回日本小児神経学会甲信越地方会, 長野, 2014.10.26
  77. 古寺一樹. 抗菌薬により一時的改善を繰り返したランゲルハンス細胞組織球症の1例, 第216回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2014.5.17
  78. 泉田亮平. 小児のバンコマイシン治療薬物モニタリング(TDM: Therapeutic Drug Monitoring)の現状. 第46回小児感染症学会, 北海道, 2014
  79. 井口英幸. 当院でのスキンケア教育入院の取り組みについて. 第218回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2014.12.13
  80. 星名潤. 喉頭軟化症237例の検討~全体症例の検討~.第59回日本未熟児新生児学会,松山市,2014

公開講座,その他の講演

  1. 長崎啓祐.新潟県におけるSGA性低身長症の現状.新潟小児内分泌合同カンファ,新潟,2014.7.17
  2. 今井千速.「がん・白血病を持つこどもの診断・治療・生活管理」.東北がんプロフェッショナル養成推進プラン・市民公開講座,新潟,2014.2.11
  3. 今井千速.「小児がん治療の現状」.協和発酵キリン・社内教育講演,新潟,2014.5.20
  4. 佐藤英利,治療開始時期の決定に難渋した21水酸化酵素欠損症の男児例.第15回都立小児内分泌セミナー,東京,2014.6.14
  5. 佐藤英利,性分化異常症への初期対応.佐渡小児内分泌カンファレンス.佐渡市,2014.7.18
  6. 佐藤英利,性分化疾患の初期対応,第14回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2014.10.11
  7. 佐藤英利,多飲の家族歴を有する多飲多尿の5歳男児,第14回新潟小児内分泌セミナー,新潟,2014.10.11
  8. 佐藤英利,成長曲線で見るこどもの病気,第8回長野県東信地区小児臨床談話会,長野,2014.11.8
  9. 小川洋平. 小児糖尿病. 新潟糖尿病療養指導士育成のための学習会2014, 新潟市, 2014.10.19
  10.  

その他

  1. 長崎啓祐. みんなの診察室:夜尿症 新潟日報 2014.4.16
  2. 長崎啓祐.ヒューマトロープポケットガイド 監修長崎啓祐 2014.07
  3. 長崎啓祐.子どもの成長と健康状態 身長を記録してチェック assh新潟版 p.21, 2014/12/11
  4. 長崎啓祐. :日本甲状腺学会 バーチャル臨床甲状腺カレッジ 特別講座23 日本での先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニング( http://www.thyroid-college.jp)
  5.