新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成27年(2015年) - 教室業績集

平成27年(2015年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Kashimada K, Ishii T, Nagasaki K, Ono M, Tajima T, Yokota I, Hasegawa Y. Clinical, biochemical, and genetic features of non-classical 21-hydroxylase deficiency in Japanese children. Endocr J. 2015 Jan 21. [Epub ahead of print]
  2. Ikezumi Y, Suzuki T, Yamada T, Hasegawa H, Kaneko U, Hara M, Yanagihara T, Nikolic-Paterson DJ, Saitoh A. Alternatively activated macrophages in the pathogenesis of chronic kidney allograft injury. Pediatric Nephrol 30: 1007-1017, 2015
  3. M. Kon, E. Suzuki, V.C. Dung, Y. Hasegawa, T. Mitsui, K. Muroya, K. Ueoka,N. Igarashi, K. Nagasaki, Y. Oto, T. Hamajima, K. Yoshino, M. Igarashi,Y. Kato-Fukui, K. Nakabayashi, K. Hayashi, K. Hata, Y. Matsubara, K. Moriya,T. Ogata, K. Nonomura, and M. Fukami. Molecular basis of non-syndromic hypospadias: systematic mutation screening and genome-wide copy-number analysis of 62 patients. Hum. Reprod. (2015) 30 (3): 499-506 first published online January 20, 2015 doi:10.1093/humrep/deu364/li>
  4. Ikezumi Y, Uemura O, Nagai T, Ishikura K, Ito S, Hataya H, Fujita N, Akioka Y, Kaneko T, Iijima K, Honda M. Beta-2 microglobulin-based equation forestimating glomerular filtration rates in Japanese children and adolescents.Clin Exp Nephrol 19: 450-457, 2015
  5. Mass Screening Committee, Japanese Society for Pediatric Endocrinology, and Japanese Society for Mass Screening, Tomohiro Ishii, Makoto Anzo, Masanori Adachi, Kazumichi Onigata, Satoshi Kusuda, Keisuke Nagasaki, Shohei Harada, Reiko Horikawa, Masanori Minagawa, Kanshi Minamitani, Haruo Mizuno, Yuji Yamakami, Masaru Fukushi, Toshihiro Tajima. Guidelines for diagnosis and treatment of 21-hydroxylase deficiency (2014 revision). Clinical Pediatric Endocrinology Vol24:p77-105, 2015
  6. Mass Screening Committee, Japanese Society for Pediatric Endocrinology, and Japanese Society for Mass Screening, Keisuke Nagasaki, Kanshi Minamitani, Makoto Anzo, Masanori Adachi, Tomohiro Ishii, Kazumichi Onigata, Satoshi Kusuda, Shohei Harada, Reiko Horikawa, Masanori Minagawa, Haruo Mizuno, Yuji Yamakami, Masaru Fukushi, Toshihiro Tajima. Guidelines for Mass Screening of Congenital Hypothyroidism (2014 revision) vol24:p107-133, 2015
  7. Saitoh A, Aizawa Y, Sato I, Hirano H, Sakai T, Mori M. Skin Thickness in Young Infants and Adolescents: Applications for Intradermal Vaccination. Vaccine 33: 3384-3391, 2015
  8. Aizawa Y, Yamanaka T, Watanabe K, Oishi T, Saitoh A. Asymptomatic Children Might Transmit Human Parechovirus Type 3 to Neonates and Young Infants. J Clin Virol 70: 105-108, 2015
  9. Aizawa Y, Watanabe K, Oishi T, Hirano H, Hasegawa I, Saitoh A. Role of Maternal Antibodies in Infants with Severe Diseases Related to Human Parechovirus Type 3. Emerg Infect Dis 21:1966-1972, 2015
  10. Takachi T, Takahashi M, Takahashi-Yoshita M, Higuchi M, Obata M, Mishima Y, Okuda S, Tanaka Y, Matsuoka M, Saitoh A, Green PL, Fujii M. Human T-cell leukemia virus type 1 Tax oncoprotein represses the expression of the BCL11B tumor suppressor in T-cells. Cancer Sci. 106(4):461-5, 2015

英文総説

  1. Kaku Y, Ohtsuka Y, Komatsu Y, Ohta T, Nagai T, Kaito H, Kondo S, Ikezumi Y, Tanaka S, Matsumoto S, Sako M, Tsuruga K, Nakanishi K, Kamei K, Saito H, Fujinaga S, Hamasaki Y, Chikamoto H, Ishikura K, Iijima K. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: general therapy. Clin Exp Nephrol 19:34-53, 2015
  2. Ishikura K, Matsumoto S, Sako M, Tsuruga K, Nakanishi K, Kamei K, Saito H, Fujinaga S, Hamasaki Y, Chikamoto H, Ohtsuka Y, Komatsu Y, Ohta T, Nagai T, Kaito H, Kondo S, Ikezumi Y, Tanaka S, Kaku Y, Iijima K. Clinical practice guideline for pediatric idiopathic nephrotic syndrome 2013: medical therapy. Clin Exp Nephrol 19:6-33, 2015

英文症例報告

  1. Nakashima S, Kato F, Kosho T, Nagasaki K, Kikuchi T, Kagami M, Fukami M, Ogata T. Silver-Russell syndrome without body asymmetry in three patients with duplications of maternally derived chromosome 11p15 involving CDKN1C. J Hum Genet. 2015 Feb;60(2):91-5. doi: 10.1038
  2. Torigoe T, Sato S, Sanada A Extracardiac Interatrial Tunnel and Atrial Septal Defect Closed With a Single Atrial Septal Occluder in an Adolescent Girl Can J Cardiol. 2015 Mar 6. pii: S0828-282X(15)00177-4. doi: 10.1016/j.cjca.2015.03.002.
  3. Suzuki R, Takeuchi K, Gunji T, Murayama Y, Ando A, Hasegawa J, Saitoh A. Mycoplasma hominis as a cause of septic hip arthritis in a neonate. JMM Case Rep, 2015 2. doi: 10.1099/jmmcr.0.000078
  4. Suzuki R, Tanaka A, Matsui T, Gunji T, Tohyama J, Nairita A, Nanba E, Ohno K. Niemann-Pick Disease Type C Presenting as a Developmental Coordination Disorder with Bullying by Peers in a School-Age Child, Case Reports in Pediatrics, vol. 2015, Article ID 807591. doi:10.1155/2015/807591
  5. Kawashima H, Ogose A, Hotta T, Imai C, Imamura M, Endo N. Secondary osteosarcoma arising from osteochondroma following autologous stem cell transplantation with total-body irradiation for neuroblastoma: A case report.Oncol Lett. 10(2):1026-1030, 2015
  6. Kobayashi Y, Kawashima H, Magara S, Akasaka N, Tohyama J. Gómez-López-Hernández syndrome in a Japanese patient: A case report. Brain Dev; 2015 (37) 356-358.

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

  1. Aizawa Y. Role of maternal antibodies in human parechovirus type 3 infection in neonates and young infants.11th Congress of Asian Society for Pediatric Research [Abstract:1-AO-006]: Osaka, Japan, April 15-18, 2015
  2. Satoko K. Clinical Characteristics of Saffold Virus Infection in Children. ID week 2015 [Abstract: 51087]: San Diego, USA,October 7-11, 2015
  3. Aizawa Y. Asymptomatic Children Might Transmit Human Parechovirus Type 3 to Neonates and Young Infants. ID week 2015 [Abstract: 51380]: San Diego, USA, October 7-11, 2015
  4. Nagasaki K, Shihara D, Sato H, Ogawa Y, Miyado M and Fukami M. The effect of aromatase inhibitor in a pubertal patient with aromatase excess syndrome. 54th Annual Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology-ESPE 2015,Barcelona-Spain,2015.10.2
  5. Otsuka T. Antimicrobial Activity of Antisense Molecules against Nontypeable Haemophilus influenzae in Planktonic and Biofilm Forms. In: Program and abstracts of the 115th General meeting [Abstract: A-5] (New Orleans LA). Washington, DC: American Society for Microbiology. May 29-June 2, 2015.
  6. Ikezumi Y, Kaneko U, Yamada T, Hasegawa H, Nikolic-Paterson DJ, Saitoh A.Alternatively activated CD163+ macrophages are a common feature in progressive interstitial fibrosis. 2015 Annual Meeting of American Society of Nephrology.San Diego,CA,USA,Nov 17-20, 2015
  7. Akira Kobayashi, Masaki Wada, Touhei Usuda. Internal Cerebral Vein Flow and Neurological Outcome in Asphyxiated Newborns who Received Hypothermia Therapy. XII World Congress of Perinatal Medicine, Madrid, Spain, Nov 3-6, 2015
  8. Satoh H, Ogawa Y, Nagasaki K, Saitoh A.Potentially excessive levothyroxine doses in cases of congenital hypothyroidism with eutopic thyroid gland. 54th Annual Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology-ESPE 2015,Barcelona-Spain,2015.10.1
  9. Ozawa J,Differential diagnosis of catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia vs.long QT syndrome type 1 : a modified Schwartz scoring. AHA Scientific Sessions,2015 [Abstract 15023]: Orlando, FL, U.S.A., 2015

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 池住洋平. 幼児・児童の泌尿器障害.533章 膀胱尿管逆流(翻訳). ネルソン小児科学 原著19版(衛藤義勝監修). エルゼビア・ジャパン株式会社,東京: 2127-2132, 2015
  2. 池住洋平. 幼児・児童の泌尿器障害.534章 尿路閉塞(翻訳). ネルソン小児科学 原著19版(衛藤義勝監修). エルゼビア・ジャパン株式会社,東京:2133-2142, 2015
  3. 池住洋平. 腎性高血圧. 今日の小児治療指針. (水口 雅, 市橋 光, 崎山 弘総編集). 医学書院, 東京: 606-608, 2015
  4. 池住洋平.腎性高血圧.Ⅴ. 腎・泌尿器科疾患.小児疾患診療のための病態生理.(小児内科・小児外科編集委員会共編),東京医学社,東京:小児内科 47増刊号 634-639,2015
  5. 長崎啓祐. Prader-Willi症候群. 今日の小児治療指針. (水口 雅, 市橋 光, 崎山 弘総編集). 医学書院, 東京: 242-243, 2015
  6. 長崎啓祐.甲状腺機能亢進症.IⅤ. 内分泌疾患.小児疾患診療のための病態生理.(小児内科・小児外科編集委員会共編),東京医学社,東京:小児内科 47増刊号 394-398,2015
  7. 山崎佐和子. 新生児期から著しい低緊張, 球麻痺を認めた4歳女児. 続・イメージからせまる小児神経疾患. (日本小児神経学会編集). 診断と治療社, 東京: 73-74, 2015
  8. 小川洋平(共著). 小児・思春期糖尿病コンセンサスガイドライン. 日本糖尿病学会・日本小児内分泌学会 南江堂, 東京:2015
  9. 星名潤. 長谷川久弥.周産期診療べからず集 尿道下裂を見逃すべからず.周産期医学45巻増刊号,東京医学社,東京: 553-554,2015
  10. 星名潤. 長谷川久弥.周産期診療べからず集 全身状態良好でも臍帯血CRP陽性を正常と思うべからず.周産期医学45巻増刊号,東京医学社,東京: 557-558,2015
  11. 添野愛基.早産児の栄養管理,今日の治療指針 2015年版:pp1273,医学書院,2015

和文原著

  1. 鳥居ゆか, 相澤悠太, 阿部淳, 岡本圭祐, 武山雅博, 明貝路子, 森野紗衣子, 宮入烈. おたふくかぜワクチンは副反応のリスクの高いワクチンか?小児科臨床 68(3):502-507, 2015
  2. 細貝亮介, 高地貴行, 吉田咲子, 岩渕晴子, 今村勝, 申将守, 笠原靖史, 齋藤昭彦, 佐野正和, 西山健一, 阿部栄輔, 青山英史, 吉村淳一, 今井千速. 全脳脊髄照射を要する小児脳腫瘍における術後2週間以内のG-CSF単独自家末梢血幹細胞採取. 日本小児血液・がん学会雑誌 52(2): 133-138, 2015
  3. 相澤悠太, 鈴木優子, 渡邉香奈子, 齋藤昭彦. 【若手奨励賞受賞演題】新生児・早期乳児のヒトパレコウイルス3型感染症ー2014年新潟県の流行からー. 臨床とウイルス 43(4): 206-212, 2015
  4. 鶴田志緒,長谷川久弥,邉見伸英,木原裕貴,内山環,星名潤,山田洋輔,武藤淳一,和佐正紀,小寺孝幸,館野かおる.小児呼吸管理における在宅モニタリングシステム.日本小児呼吸器学会雑誌 26:57-62,2015
  5. 山田洋輔,長谷川久弥,邉見伸英,鶴田志緒,内山環,星名潤,三好義隆,武藤淳一,和佐正紀.喉頭軟化症に対するYttrium-Aluminium-Garnet(YAG)レーザー喉頭形成術におけるBreathing Intolerance Index(BITI)の検討.日本小児呼吸器学会雑誌 25:93-99,2015

和文総説

  1. 池住洋平.ポドサイトと小児ネフローゼ症候群.腎と透析78:420-424, 2015
  2. 池住洋平.疾患からみる画像診断の進め方・読み方: 腎血管性高血圧. 小児科診療 78増刊号: 202-207, 2015
  3. 相澤悠太,齋藤昭彦. マイコプラズマ感染症―再流行に備えて: 検査法の進歩と有用性―PCR法・LAMP法. 小児科 56:775-782, 2015
  4. 相澤悠太,齋藤昭彦. ヒトパレコウイルス. ウイルス 第65巻 第1号:17-26, 2015
  5. 相澤悠太. 注目の感染症ーヒトパレコウイルス感染症ー. Medical Technology 43:1028-1029, 2015
  6. 相澤悠太, 齋藤昭彦. ヒトパレコウイルス感染症. 検査と技術 43:1178-1181, 2015
  7. 相澤悠太. ヒトパレコウイルス感染症. 新潟県小児科医会会報 55:11-14, 2015
  8. 倉辻 言.分娩外傷, NEONATAL CARE2015年春季増刊 373: 90-95, 2015

和文症例報告

  1. 吉成裕紀, 長崎啓祐, 入月浩美, 佐藤英利, 小川洋平, 菊池透, 齋藤昭彦. VHL遺伝子変異が同定された家族性褐色細胞腫の小児例. 小児科臨床 68(1):125-130, 2015
  2. 佐々木直, 楡井淳, 長崎啓祐, 佐藤英利, 小川洋平, 伊藤末志, 長崎啓祐. 過成長、骨年齢促進を呈した乳幼児期発症Basedow病の2例. 日本甲状腺学会雑誌 6(1):61-64, 2015
  3. 山田剛史,池住洋平,長谷川博也,金子昌弘,星名 哲,齋藤昭彦.腹膜透析を導入し在宅管理に移行し得た,左心低形成症候群を合併した低形成腎の1例.日本小児腎不全学会雑誌35:150-152,2015
  4.  
  5. 中牟礼道秀,高見暁.Acute Hemorrhagic Edema of infancyの1例.小児科臨床 68(9):1777-1782,2015

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐. 偽性副甲状腺機能低下症とその類縁疾患アップデート(特別講演)第13回東北小児成長フォーラム, 仙台, 2015.1.29
  2. 長崎啓祐.先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニングガイドライン(2014年改訂版)について(特別講演). 第21回広島小児内分泌談話会,広島市,2015.2.20
  3. 相澤悠太. 【若手奨励賞】 2014年新潟県における新生児・早期乳児のヒトパレコウイルス3型感染症の流行. 第56回日本臨床ウイルス学会, 岡山, 2015.6.13

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 相澤悠太. ベーシックレクチャー6: ヒトパレコウイルス3型感染症の最新の知見. 第89回日本感染症学会学術講演会, 京都, 2015.4.17
  2. 長崎啓祐. シンポジウム15 先天性甲状腺機能低下症の基礎と臨床 「先天性甲状腺機能低下症の基礎と臨床のクロストーク~疫学と病型診断について~」第88回日本内分泌学会学術総会 , 東京, 2015.04. 24

(3)一般講演

  1. 鈴木 亮. 早期診断により性誤認を回避できた46, XX POR異常症の女児例. 第6回信越・北関東小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.2.14
  2. 布施 理子. 当院で経験した性分化異常症について -子宮内発育遅延合併例を中心に- . 第6回信越・北関東小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.2.14
  3. 長崎啓祐. 世話人lecture 「性別判定を保留にした外性器異常 」第6回信越・北関東小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.2.14
  4. Aizawa Y. Skin mottling is a diagnostic clue of human parechovirus type 3 infection.11th ASPR/118th JPS Joint Poster Session [Abstract:JP-049]: Osaka, Japan, April 16, 2015
  5. 佐々木直. 先天性甲状腺機能低下症における病型別の甲状腺自己抗体の検討.第88回日本内分泌学会学術総会 , 東京, 2015.04. 24
  6. 西崎淑美. 正中頸嚢胞と診断されていた異所性甲状腺の1例. 第88回日本内分泌学会学術総会 , 東京, 2015.04. 25
  7. 佐藤英利. 先天性甲状腺機能低下症に対する初回レボチロキシンNa投与量と過剰治療との関連. 第118回日本小児科学会学術集会, 大阪, 2015.04.17
  8. 西脇世奈, 相澤悠太. ヒトパレコウイルスのゲノム遺伝子組換え(Gene Recombination)と臨床像の関連の検討. 第56回日本臨床ウイルス学会, 岡山, 2015.6.14
  9. 池住洋平.尿細管間質線維化に関わる腎疾患特異的M2マクロファージの機能解析.第58回日本腎臓学会,名古屋市,2015.6.6
  10. 池住洋平.尿細管間質線維化に関わる腎疾患特異的M2マクロファージの同定と機能解析.第50回日本小児腎臓病学会,神戸市,2015.6.19
  11. 山田剛史.続発性偽性低アルドステロン症の1例:重症低Na血症の補正には適切なK補充が必要である.第50回日本小児腎臓病学会,神戸市,2015.6.20
  12. 長谷川博也.小児慢性糸球体腎炎における24時間自由行動下血圧測定(ABPM)の有用性の検討. 第50回日本小児腎臓病学会,神戸市,2015.6.20
  13. 長崎啓祐. 著明な低身長を呈した線状皮膚欠損を伴う無眼球症の女児例.第55回日本先天異常学会学術集会/第38回日本小児遺伝学会学術集会. 横浜. 2015.07.25
  14. 齋藤朋子. DiGeorge症候群の特徴を併せ持つCHD7遺伝子変異を認めたCHARGE症候群の一例. 第55回日本先天異常学会学術集会/第38回日本小児遺伝学会学術集会. 横浜. 2015.07.26
  15. 塚田正範. 当院が関わった学童心肺蘇生4例の検討-学校心臓病検診と心肺蘇生の意義について-.第51回日本循環器学会総会・学術集会, 東京, 2015.7.17
  16. 羽二生尚訓.左室狭小型房室中隔欠損症の二心室修復後の左室機能の検討.第51回日本小児循環器学会総会・学術集会,東京,2015.7.17
  17. 小澤淳一.運動時における失神症例からのカテコラミン誘発性多形性心室頻拍症例の抽出.第51回日本小児循環器学会総会・学術集会,東京,2015.7.17
  18. 長崎啓祐. 再評価・病型診断に基づいた永続性先天性甲状腺機能低下症の発症頻度の検討.第42回日本日本マススクリーニング学会学術集会. 東京. 2015.08.21
  19. 沼野藤人. 川﨑病急性期の右心系合併症、肺動脈拡大と右心室機能不全について. 第35回日本川崎病学会・学術集会, 鹿児島市, 2015.10.9
  20. 長崎啓祐. ターナー症候群と医原性を除く小児の原発性卵巣機能低下症の成因と臨床像の検討, 第49回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2015.10.9
  21. 山崎肇.過去3年間に当院で経験した新生児難治性てんかんの3例.第60回日本新生児成育医学会,盛岡,2015.10.24
  22. 相澤悠太. ヒトパレコウイルス3型感染症の伝播経路の検討―無症状の子どもから新生児・早期乳児への可能性―. 第47回日本小児感染症学会, 福島, 2015.10.31
  23. 長崎啓祐. TSH受容体抗体陰性のバセドウ病母体から出生した潜在性甲状腺機能亢進症の乳児例. 第58回日本甲状腺学会学術集会, 福島, 2015.11.7
  24. 大塚岳人. アンチセンス療法の無莢膜型インフルエンザ菌に対する効果~新規抗菌薬としての可能性を探る.第64回日本感染症学会東日本地方会、2015年10月21日~23日、札幌市
  25. 大塚岳人. 無莢膜型インフルエンザ菌に対するアンチセンス療法とその耐性化メカニズム. 第47回日本小児感染症学会、2015年10月31日~11月1日、福島市
  26. 長谷川博也.心不全を契機に発見され、エクリズマブが奏功したaHUSの3か月乳児例.第37回日本小児腎不全学会学術集会,石川,2015.11.27
  27. 宮澤七穂.異なる症状を契機に発見された尿細管間質性腎炎ぶどう膜炎症候群(TINU症候群)の2例.第67回北日本小児科学会,福島,2015.9.5
  28. 皆川雄介.自然軽快したEBウイルス関連血球貧食性リンパ組織球症の1例.北日本小児科学会,福島,2015.9.5
  29. 大塚岳人.アンチセンス療法の無萊膜型インフルエンザ菌に対する効果~新規抗菌薬としての可能性を探る.第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会,札幌市,2015.10.23
  30. 齋藤朋子.ジアゾキシドの関与が疑われた早産児晩期循環不全.第60回日本新生児成育医学会,盛岡,2015.10.24
  31. 笠原靖史. 侵襲性肺アスペルギローシスを合併した最重症再生不良性貧血における緊急臍帯血移植成功例. 第32回新潟同種造血幹細胞移植研究会, 新潟市, 2015
  32. 笠原靖史.ニーマンピック病に合併した進行期幹細胞がんに対しソラフェニブ投与を行った1例.第57回日本小児血液・がん学会学術集会,甲府,2015.11.27
  33. 笠原靖史. インターロイキン21の遺伝子導入はナチュラルキラー細胞の抗腫瘍効果を増強する. 平成27年度若手医学研究発表会(みかんの会), 新潟市, 2015
  34.                          
  35. 申将守.ステロイド抵抗性の消化管GVHDに対して少量メソトレキセートが有効であった一例.第57回日本小児血液・がん学会学術集会,甲府,2015.11.28
  36. 星名潤.生後早期から酵素補充を行った周産期型低ホスファターゼ症の同胞例の治療経過.第33回小児代謝性骨疾患研究会, 東京, 2015.12.5
  37. 星名潤.治療開始時期が異なった周産期型低ホスファターゼ症の同朋例.第60回日本新生児成育医学会,盛岡,2015.10.25
  38. 星名潤.喉頭気管気管支鏡検査の実際.周産期新生児懇話会, 新潟市, 2015
  39. 布施理子,阿部裕樹. 当院で経験した性分化異常症について−子宮内発育遅延合併例を中心に−. 第6回北関東内分泌研究会,新潟,2015.2.14.
  40. 布施理子,山崎佐和子.繰り返すけいれん重積に対してStiripentolが有効であったDravet症候群の1女児例. 第48回新潟神経研究会,新潟,2015.3.7.
  41. 布施理子,佐藤尚.当院における新生児のNasal high flow cannula.第219回新潟地方会,新潟,2015.5.9.
  42. 布施理子,阿部裕樹. KATPチャネルABCC8遺伝子に paternal monoallelic mutation を認めた先天性高インスリン性低血糖症の一例.第88回日本内分泌学会,東京,2015.4.24.
  43. 布施理子,阿部裕樹,渡辺徹.好酸球性胃腸炎の2例.第118回日本小児科学会,大阪,2015.4.19.
  44.  
  45. 小川洋平.新潟県における1型糖尿病診療のトランジションの実態と取り組み.第118回日本小児科学会学術集会,浜松市,2015.4.17
  46. 小川洋平.新潟市学校糖尿病検診で発見された境界型糖尿病の臨床的特徴. 第58回日本糖尿病学会学術集会,下関市, 2015.5.23
  47. 小川洋平.新潟小児糖尿病コホート2014年調査中間報告.第49回新潟小児内分泌談話会,新潟市,2015.6.5
  48. 小川洋平.学校糖尿病検診で発見された小児耐糖能異常の臨床的特徴と予後.第49回日本小児内分泌学会学術集会,東京都,2015.10.9
  49. 小川洋平.学校糖尿病検診で発見された小児耐糖能異常の特徴.第26回新潟糖尿病臨床研究会,新潟市,2015.10.17
  50. 阿部忠朗. 当院におけるAmplatzer deviceを用いたASD, PDA治療. 第221回日本小児科学会新潟地方会. 新潟県, 2015
  51. 阿部忠朗. Valvular AS, valvular PSを併せ持つ22q11.2 deletion syndromeの1例. 第34回新潟小児循環器談話会. 新潟県, 2015
  52. 阿部忠朗. 冠動脈障害を合併した川崎病患者における自律神経機能と心室性不整脈の関係. 第51回日本小児循環器学会総会・学術集会. 東京都, 2015
  53. 阿部忠朗. Prevention of pushable coil protrusion in occlusion of abnormal small vessels. 第26回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会. 大阪府, 2015.
  54. 田嶋直哉. 新潟県佐渡市における乳児期のスキンケアについてのアンケート調査. 第52回日本小児アレルギー学会. 奈良. 2015.11.22
  55. 田嶋直哉. 小児期に発症した不整脈源性右室心筋症(ARVC)の1例. 第118回日本小児科学会学術集会. 大阪. 2015.4.19
  56. 田嶋直哉. 行政と連携し治療介⼊した重症アトピー性⽪膚炎の1例. 第64回日本アレルギー学会学術集会. 東京. 2015.26
  57. 田嶋直哉. 佐渡総合病院でのスキンケア教育入院の取り組みについて. 第32回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会. 神奈川・横浜. 2015.6.20
  58. 田嶋直哉. 佐渡総合病院の小児リハビリテーションの現在と未来. 日本農村医学会新潟地方会第65回例会. 新潟. 2015.4.25
  59. 田嶋直哉. 佐渡総っ子の1歩目. 第198回佐渡市医歯学集談会. 新潟・佐渡. 2015.2.28
  60. 田嶋直哉. 学校における食物アレルギー対応. 新潟県養護教員研究協議会. 佐渡地区救急法講習会. 新潟・佐渡. 2015.7.30
  61. 田嶋直哉. ふれる~小児アトピー性皮膚炎の診療にあたって~. 新潟大学小児科ベーシックコアレクチャー. 新潟. 2015.6.20
  62. 小林悠.新規SCN1A変異を認めた不随意運動を伴う乳児てんかん性脳症の一例.第49回日本てんかん学会学術集会,長崎,2015
  63. Yu Kobayashi. Genetic analysis of West syndrome with involuntary movements: a single center study. 第57回日本小児神経学会総会,大阪市,2015
  64. 小林悠.けいれん後の精神運動退行と白質変性を認めるロシア人女児例(第19回事後報告).第20回小児神経症例検討会.山形県上山市,2015
  65. 泉理恵.Baller-Gerold症候群の1例.第49回小児神経学研究会,長岡,2015.7.11.
  66. 小林玲. 著明な白血球増多を認めた先天性カンジダ感染症の超低出生体重児例. 第219回新潟地方会、新潟、2015. 5. 9
  67. 小林玲. ハイドロコルチゾン投与が超低出生体重児の6歳時発達予後に与える影響. 第51回日本周産期・新生児医学会、福岡、2015. 7. 12
  68. 小林玲. ハイドロコルチゾン投与が超低出生体重児の発達予後に与える影響. 第9回新生児内分泌研究会、東京、2015. 9. 27
  69. 佐藤英利.正所性甲状腺を有する先天性甲状腺機能低下症スクリーニング陽性例に対する初回レボチロキシン投与量の検討.TTT勉強会,東京,2015.2.7
  70. 佐藤英利.成長ホルモン治療中に糖尿病性ケトアシドーシスを発症したプラダーウィリ症候群の一例.第101回新潟内分泌代謝同好会,新潟,2015.6.13
  71. 佐藤英利.成長ホルモン治療中に糖尿病性ケトアシドーシスを発症したプラダーウィリ症候群の一例.都立小児病院内分泌セミナー,東京,2015.6.20
  72.          
  73. 佐藤英利.思春期早発症の臨床.第2回佐渡小児内分泌カンファレンス.佐渡,2015.7.17
  74. 佐藤英利.先天性甲状腺機能低下症精密検査対象者における尿中総ヨード測定の意義.第42回日本マススクリーニング学会.東京,2015.8.21
  75. 佐藤英利.DUOX2変異例における尿中ヨード濃度の検討.第49回日本小児内分泌学会学術集会,東京,2015.10.8
  76. 佐藤英利.当院における軟骨無形成症に合併する大後頭孔狭窄への対応の現状.nordiscience® Ach workshop,札幌,2015.10.31
  77. 佐藤英利.小児期発症の遺伝性褐色細胞腫.第102回新潟内分泌代謝同好会,新潟,2015.12.19
  78. 入月浩美. ミトコンドリア呼吸鎖複合体異常症のエクソーム解析. 第219回日本小児科学会新潟地方会, 新潟市, 2015.5.9
  79. 入月浩美. 乳幼児突発性危急事態症例におけるミトコンドリア呼吸鎖異常症の新規原因遺伝子の同定. 第57回日本先天代謝異常学会総会・第13回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 大阪, 2015.11.13
  80. 金子昌弘. 生体腎移植前の血清カリウムと移植前日の摂取エネルギー管理は移植当日の高カリウム血症を予防する. 第37回日本小児体液研究会, 広島, 2015.8.29
  81. 金子昌弘. 抗リン脂質抗体が持続陽性の全身性エリテマトーデスの11歳女児例. 第2回 東京小児腎センターの会, 東京, 2015.11.20
  82. 金子昌弘. 生体腎移植前の血清カリウムと移植前日の摂取エネルギー管理は移植当日の高カリウム血症を予防する. 第37回日本小児腎不全学会, 加賀市, 2015.11.26
  83.  
  84. 中林大器. 急性小脳失調症状で発症したギラン・バレー症候群の一例. 第48回新潟小児神経学研究会,新潟,2015.3.7
  85. 高地貴行. 乳児白血病に対する造血幹細胞移植前処置におけるブスルファン薬物動態解折に基づく個別投与量調節の有用性. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会,山梨,2016.11.28
  86. 小松原孝夫. 局在関連てんかんで発症し、経過中に全般てんかんへ移行した1例. 第219回日本回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2015.5.9
  87. 小松原孝夫. 当院における小児てんかんキャリーオーバー例の現状について. 第49回日本てんかん学会学術集会, 長崎, 2015.10.30
  88. 小松原孝夫. 乳児てんかんと鑑別を要したSandifer症候群の一例. 第19回日本小児神経学会甲信越地方会, 山梨, 2015.11.14
  89. 小松原孝夫. 食道裂孔ヘルニアによると思われる非てんかん性スパズム. 第37回新潟てんかん懇話会. 新潟, 2015.11.29
  90. 小松原孝夫. FGFR3遺伝子変異を同定したMuenke症候群の一例. 第221回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2015.12.12
  91. 古寺一樹.髄膜炎の診断に「MRI造影FLAIR画像」が極めて有用であった1乳児例.第48回新潟小児神経学研究会, 新潟, 2015.3.7
  92. 古寺一樹.髄膜炎の診断に「MRI造影FLAIR画像」が極めて有用であった1乳児例.第171回上越小児科医会, 上越, 2015.3.17
  93. 古寺一樹.斜頸を主訴に来院した先天性上斜筋麻痺の一例.第172回上越小児科医会.上越, 2015.5.12
  94. 古寺一樹.斜頸を主訴に来院した先天性上斜筋麻痺の一例.第221回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2015.12.12
  95. 井口英幸. 当院でのビタミンK製剤週1回投与法の導入と内服アドヒアランス向上への取り組みについて. 第219回日本小児科学会新潟地方会,新潟, 2015.5.9
  96. 井口英幸. Bystander CPRとヘリコプターによる救急搬送によって救命し得た海水溺水の1例. 第29回日本小児救急医学会, 埼玉, 2015.6.13
  97. 井口英幸. 当院に入院した便秘症例の検討. 阿賀北小児科臨床研究会, 新発田, 2015.11.18
  98. 井口英幸. 乳児血管腫に対してプロプラノロール内服療法を行った一例. 第221回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2015.12.12
  99. 目黒茂樹. EMDRが有効であった嘔吐恐怖症の一例. 第7回中越小児こころの臨床研究会,長岡市,2015
  100. 目黒茂樹.警察への通報をめぐって児童相談所との協議を要した身体的虐待の乳児2症例.第220回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2015
  101. 目黒茂樹.子どもの入院を契機に配偶者間の家庭内暴力が発覚し保護に至った一例,第7回日本子ども虐待医学会学術集会,浦安市,2015

公開講座,その他の講演

     
  1. 長崎啓祐. DUOX2異常症の病型の多様さと遺伝子異常. TTT meeting 2015 in 丸の内. 東京. 2015.2.7
  2. 長崎啓祐. 「骨を伸ばす」GH治療中に側彎が進行し外科的治療を要したSGA性低身長の1例. Forum on Growth Hormone Research 2015, 仙台市, 2015.5.16
  3. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症:誰をどのように精査し、治療するのか?第11回小児内分泌入門セミナー 大阪 2015.8.1
  4. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症について教えてください. 市民公開シンポジウム 新生児マススクリーニングについて理解を深めませんか 東京.2015.8.22
  5. 長崎啓祐. 症例から学ぶ内分泌負荷試験の解釈の仕方. 第4回新形支部臨床化学研修会, 新潟市, 2015.9.5
  6. 長崎啓祐. これだけは押さえておきたい「先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニングガイドライン(2014年改訂版」. 小児内分泌Web講演会~小児甲状腺疾患を考える~, 東京, 2015.9.7
  7. 宮澤七穂. 「体重増加不良の精査でみつかった低Na血症」 続発性偽性低アルドステロン症. 第15回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.9.12
  8. 西崎淑美. 「体重増加不良の精査でみつかった低Na血症」 遺伝性偽性低アルドステロン症 第15回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.9.12
  9. 佐々木直. 偽性低アルドステロン症のABC. 第15回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.9.12
  10. 泉田侑恵. 「その症例本当に家族性高コレステロール血症ですか?」早期治療介入を行った家族性高コレステロール血症姉妹例. 第15回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.9.12
  11. 高橋雄一 . 「その症例本当に家族性高コレステロール血症ですか?」 スタチンが効かない?高コレステロール血症. 第15回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.9.12
  12. 小川洋平. 小児脂質異常症ガイドライン改訂 解説. 第15回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2015.9.12
  13. 長崎啓祐. 遺伝的異常の診断ABC. 症例から学ぶ小児内分泌学入門編. 第49回日本小児内分泌学会学術集会.東京,2015.10.10
  14. 長崎啓祐. 合併症のある軟骨低形成症 (シンポジウム). Young Researchers Conference. 神戸市、201510.24
  15. 長崎啓祐. 周産期型/新生児・乳児型HPPとストレンジックによる治療経験(パネリスト). ストレンジック発売記念講演会, 東京, 2015.11.7
  16. 長谷川博也. 急性心筋炎の診断で入院し、慢性心不全への移行を認めた非典型溶血性尿毒症症候群の一乳児例. 第32回 新潟小児腎・循環器フォーラム, 新潟市, 2015.12.4
  17. 小川洋平.特別講演「学校糖尿病検診について」. 魚沼基幹病院の開院で変わる学校検診の流れ, 南魚沼市,2015.3.13
  18. 小川洋平.特別講演「学校生活習慣病について考える」. 第90回新潟県臨床研究センター協議会, 新潟市,2015.3.14
  19. 小川洋平.シンポジウム「小児から成人への糖尿病診療の深化 新潟からの提言(トランジションを含めて)」. 第58回日本糖尿病学会学術集会,下関市, 2015.5.23
  20. 小川洋平.特別講演「小児糖尿病と学校生活」. 平成27年度新潟市養護教員会小学校部研修会,新潟市, 2015.8.5
  21. 小川洋平.教育講演「1型糖尿病」. 第4回日本くすりと糖尿病学会学術集会,新潟市, 2015.9.27
  22. 小川洋平.特別講演「子どもの生活習慣病」. 平成27年度学校保健研修会(柏崎地区),柏崎市, 2015.11.5
  23. 小川洋平. 教育講演「小児糖尿病.」 新潟糖尿病療養指導士育成のための学習会2015, 新潟市, 2015.11.15
  24. 小川洋平.特別講演「子どもの糖尿病とその対応」. 平成27年度新発田村上地区学校保健研修会,村上市, 2015.12.10
  25. 佐藤英利.成長ホルモン治療の臨床,ノボ・ノルディスクファーマ株式会社社内勉強会,新潟,2015.5.22
  26. 佐藤英利.成長ホルモン治療について,富士フィルムファーマ株式会社社内講演会,新潟,2015.7.8

その他

  1. 長崎啓祐. 病院レポート 新潟大学医歯学総合病院 先天代謝異常症への取り組み:特殊ミルク情報 No50. p.82
  2. 長崎啓祐. 論文紹介[臨床] 先天性甲状腺機能低下症女性の妊娠転帰とその要因 J Clin Endocrinol Metab.2015;100(3)860:日本甲状腺学会雑誌Vol.6(2) 129-130,2015