新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成28年(2016年) - 教室業績集

平成28年(2016年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Aizawa Y, Suzuki Y, Watanabe K, Oishi T, Saitoh A. Clinical Utility of Serum Samples for Human Parechovirus Type 3 Infection in Neonates and Young Infants: The 2014 Epidemic in Japan. J Infect 72: 223-232, 2016
  2. Saito T, Nagasaki K, Nishimura G, Wada M, Nyuzuki H, Takagi M, Hasegawa T, Amano N, Murotsuki J, Sawai H, Yamada T, Sato S, Saitoh A. Criteria for radiologic diagnosis of hypochondroplasia in neonates. Pediatr Radiol. 2016 Feb 11. [Epub ahead of print]
  3. Maruo Y, Nagasaki K, Matsui K, Mimura Y, Mori A, Fukami M, Takeuchi Y. Natural course of congenital hypothyroidism by dual oxidase 2 mutations from the neonatal period through puberty. Eur J Endocrinol. 2016 Jan 7. pii: EJE-15-0959. [Epub ahead of print]
  4. Otsuka T, Kirkham C, Brauer A, Koszelak-Rosenblum M, Malkowski MG, Murphy TF. The vaccine candidate substrate binding protein SBP2 plays a key role in arginine uptake, which is required for growth of Moraxella catarrhalis. Infection and Immunity 84(2):432-8,2016
  5. Ichikawa M, Ohno S, Fujii Y, Ozawa J, Sonoda K, Fukuyama M, Kato K, Kimura H, Itoh H, Hayashi H, Horie M. Multigenerational Inheritance of long QT syndrome type 2 in a Japanese family. Intern Med. 2016;55(3):259-262.
  6. Ozawa J, Ohno S, Hisamatsu T, Itoh H, Makiyama T, Suzuki H, Saitoh A, Horie M. Pediatric cohort with long QT syndrome – KCNH2 mutation carriers present late onset but severe symptoms. Circ J. 2016 Jan 26. [Epub ahead of print]
  7. Shima H, Tanaka T, Kamimaki T, Dateki S, Muroya K, Horikawa R, Kanno J, Adachi M, Naiki Y, Tanaka H, Mabe H, Yagasaki H, Kure S, Matsubara Y, Tajima T, Kashimada K, Ishii T, Asakura Y, Fujiwara I, Soneda S, Nagasaki K, Hamajima T, Kanzaki S, Jinno T, Ogata T, Fukami M; Japanese SHOX study group. Systematic molecular analyses of SHOX in Japanese patients with idiopathic short stature and Leri-Weill dyschondrosteosis. J Hum Genet. 2016 Mar 17. doi: 10.1038/jhg.2016.18. [Epub ahead of print]
  8. Miyoshi Y, Yorifuji T, Horikawa R, Takahashi I, Nagasaki K, Ishiguro H, Fujiwara I, Ito J, Oba M, Kawamoto H, Fujisaki H, Kato M, Shimizu C, Kato T, Matsumoto K, Sago H, Takimoto T, Okada H, Suzuki N, Yokoya S, Ogata T, Ozono K. Gonadal function, fertility, and reproductive medicine in childhood and adolescent cancer patients: a national survey of Japanese pediatric endocrinologists. Clin Pediatr Endocrinol. 2016 Apr;25(2):45-57.
  9. Nakamura A, Hamaguchi E, Horikawa R, Nishimura Y, Matsubara K, Sano S, Nagasaki K, Matsubara Y, Umezawa A, Tajima T, Ogata T, Kagami M, Okamura K, Fukami M. Complex Genomic Rearrangement within the GNAS Region Associated with Familial Pseudohypoparathyroidism Type 1b. J Clin Endocrinol Metab. 2016 Jun 2:jc20161725. [Epub ahead of print]
  10. Imamura T, Kiyokawa N, Kato M, Imai C, Okamoto Y, Yano M, Ohki K, Yamashita Y, Kodama Y, Saito A, Mori M, Ishimaru S, Deguchi T, Hashii Y, Shimomura Y, Hori T, Kato K, Goto H, Ogawa C, Koh K, Taki T, Manabe A, Sato A, Kikuta A, Adachi S, Horibe K, Ohara A, Watanabe A, Kawano Y, Ishii E, Shimada H. Characterization of pediatric Philadelphia-negative B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia with kinase fusions in Japan. Blood Cancer J. 2016, 6:e419. doi: 10.1038/bcj.2016.28.
  11. Sarashina T, Iwabuchi H, Miyagawa N, Sekimizu M, Yokosuka T, Fukuda K, Hamanoue S, Iwasaki F, Goto S, Shiomi M, Imai C, Goto H. Hematopoietic stem cell transplantation for pediatric mature B-cell acute lymphoblastic leukemia with non-L3 morphology and MLL-AF9 gene fusion: three case reports and review of the literature. Int J Hematol. 2016 Mar 18. [Epub ahead of print]
  12. Nakazawa Y, Matsuda K, Kurata T, Sueki A, Tanaka M, Sakashita K, Imai C, Wilson MH, Koike K. Anti-proliferative effects of T cells expressing a ligand-based chimeric antigen receptor against CD116 on CD34(+) cells of juvenile myelomonocytic leukemia. J Hematol Oncol. 9(1):27, 2016. doi: 10.1186/s13045-016-0256-3.
  13. Hirose K, Kanefuji T, Suda T, Sugitani S, Nagasaki K, Kubota T, Igarashi M, Terai S. Formulation for Effective Screening and Management of Nonalcoholic Steatohepatitis: Noninvasive NAFLD Management Strategy. Gastroenterol Res Pract. 2016;2016:6343656. doi: 10.1155/2016/6343656.
  14. Aizawa Y, Koyama A, Ishihara T, Onodera O, Saitoh A. Performance of a Real-time PCR-based Approach and Droplet Digital PCR in Detecting Human Parechovirus Type 3 RNA. J Clin Virol 84: 27-31, 2016
  15. Yoshida S, Tuscano E, Duong C, Chung J, Li Y, Beckett L, Tuscano JM, Satake N.Efficacy of an anti-CD22 antibody-monomethyl auristatin E conjugate in a preclinical xenograft model of precursor B-cell acute lymphoblastic leukemia.Leuk Lymphoma. 2016 Oct 5:1-4.
  16. Kobayashi Y, Tohyama J, Kato M, Akasaka N, Magara S, Kawashima H, Ohashi T, Shiraishi H, Nakashima M, Saitsu H, Matsumoto N. High prevalence of genetic alterations in early-onset epileptic encephalopathies associated with infantile movement disorders. Brain Dev 2016; 38: 285-292.
  17. Yamazaki S, Watanabe T, Sato S, Yoshikawa H. Outcome of renal proximal tubular dysfunction with Fanconi syndrome caused by sodium valproate. Pediatr Int. 58(10): 1023-6, 2016. doi: 10.1111/ped.12956
  18. Takahashi Y,Ikezumi Y,Saitoh A. Rituximab protects podocytes and exerts anti-proteinuric effects in rat adriamycin-induced nephropathy independent of B-lymphocytes. Nephrology.2017 Jan;22(1):49-57. Doi: 10.1111/nep.12737

英文総説

  1. Saitoh A, Aizawa Y. Intradermal Vaccination for Infants and Children. Hum Vaccin Immunother 12: 2447-2455, 2016

英文症例報告

  1. Kaneko M, Ikezumi Y, Yamada T, Hasegawa H, Kaneko U, Saitoh A. Local leukocyte proliferation as a target for cyclophosphamide in the treatment of Henoch-Schonlein purpura nephritis grade VI. Nephrology (Carlton, Vic) 21:68-71, 2016
  2. Nirei J, Aizawa Y, Okazaki M, Kobayashi A, Onozuka J, Numata O, Oishi T, Saitoh A. Human Parechovirus Type 3 Infection: A Cause of Apnea in Infants Born Prematurely. Pediatr Int 58: 400-402, 2016
  3. Sano S, Matsubara K, Nagasaki K, Kikuchi T, Nakabayashi K, Hata K, Fukami M, Kagami M, Ogata T. Beckwith-Wiedemann syndrome and pseudohypoparathyroidism type Ib in a patient with multilocus imprinting disturbance: a female-dominant phenomenon? J Hum Genet. 2016 Apr 28. doi: 10.1038/jhg.2016.45. [Epub ahead of print]
  4. Kojima S, Yoshimura J, Takao T, Tamura T, Nishiyama K, Maruyama S, Suda M, Fujii Y. Mobile spinal enterogenous cyst resulting in intermittent paraplegia in a child: case report.J Neurosurg Pediatr. 2016 Jun 3:1-4. [Epub ahead of print]
  5. Nishizaki Y, Hiura M, Sato H, Ogawa Y, Saitoh A, and Nagasaki K. A Novel Mutation in the Human Mineralocorticoid Receptor Gene in a Japanese Family with Autosomal-Dominant Pseudohypoaldosteronism Type 1. Clin Pediatr Endocrinol 2016; 254(4), 135-138.
  6. Otsuka T, Tajima N, Nagasaki K, Okazaki M. Successful combined treatment for atrophic thyroiditis with growth hormone deficiency. Global Pediatric Health 3, 2016
  7. Kobayashi Y, Tohyama J, Akiyama T, Magara S, Kawashima H, Akasaka N, Nakashima M, Saitsu H, Matsumoto N. Severe leukoencephalopathy with cortical involvement and peripheral neuropathy due to FOLR1 deficiency. Brain Dev 2016; In Press.
  8. Kobayashi Y, Magara S, Okazaki K, Komatsubara T, Saitsu H, Matsumoto N, Kato M, Tohyama J. Megalencephaly, polymicrogyria and ribbon-like band heterotopia: A new cortical malformation. Brain Dev 2016; 38: 950-953.

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

  1. Hosokai R, Masuko M, Shibazaki Y, Saitoh A, Furukawa T, Imai C. Donor KIR haplotype B exacerbates acute GVHD in HLA-mismatched hematopoietic cell transplantation: a single-center retrospective analysis. European Hematology Association 21st Congress, Copenhagen, Denmark, June 9-12, 2016
  2. Nagasaki K, Nyuzuki H, Sasaki S, Sato H, Ogawa Y, and Saitoh A. Compound heterozygous C10orf2 mutations in a Japanese patient with 46, XX ovarian failure and deafness. 55th Annual Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology-ESPE 2016, Paris-France,2016.9.12
  3. Sunao Sasaki. Effects of tolvaptan, an oral vasopressin antagonist, in the treatment of hyponatremia in a pediatric patient with chronic SIADH. the 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society (APPES) , Tokyo 2016.11.18
  4. Ryohei izumita. A Role of Intravenous Immunoglobulin in Human Parechovirus Type 3 Infection in an in vitro Model. Infectious Disease Society of America, 54th Annual Meeting, New Orleans, LA, October, 2016
  5. Yu Kobayashi. Megalencephaly, polymicrogyria and ribbon-like band heterotopia: a new cortical malformation. The 14th International Child Neurology Congress, Amsterdam, the Netherlands, 2016.5.1-5
  6. Yasushi Kasahara, Changsu Shin, Sakiko Yoshida, Takayuki Takachi, Nobuhiro Kubo, Haruko Iwabuchi, Masaru Imamura, Akihiko Saitoh, Chihaya Imai. A Novel NKp44-Based Chimeric Antigen Receptor That Targets Multiple Types of Cancer. 58th Annual Meeting & Exposition of American Society of Hematology, San Diego, CA, USA, 2016.12.4

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 今井千速.CQ3小児ALLの寛解後の標準的治療は何か.『小児白血病・リンパ腫の診療ガイドライン2016年版』(日本小児血液・がん学会編) 金原出版,東京:15-16,2016
  2. 長崎啓祐. 副甲状腺機能低下症(偽性およびPTH分泌不全性):特集 分子メカニズム解明がすすむ内分泌疾患. 内分泌・糖尿病・代謝内科, 42(3):166-173, 2016
  3. 長崎啓祐. 小児術後管理;長期成長管理:頭蓋咽頭腫パーフェクトガイド. 中外医学社, 東京:179-187, 2016
  4. 山崎佐和子. 急性小児片麻痺. Ⅲ. 神経疾患. 小児疾患診療のための病態生理. (小児内科・小児外科編集委員会共編), 東京医学社, 東京 : 小児内科 48増刊号 336-339, 2016
  5. 小川洋平. 糖尿病キャンプ. 月刊糖尿病 Vol 8 No.5. 医学出版, 東京:46-53, 2016

和文原著

  1. 岡田隆文, 相澤悠太, 樋泉道子, 橋本真, 新庄正宜, 堤裕幸. VURに予防投与は必要か?(Pros) 小児科臨床 69(2):276-282, 2016
  2.   
  3. 金子昌弘.生体腎移植前の血清カリウムと移植前日の摂取エネルギー管理は移植当日の高カリウム血症を予防する.日本小児科体液研究会誌 Vol.8, 15-20, 2016
  4.   
  5. 福島愛.小児期発達障害診療の実際:自閉スペクトラム症を中心に.神経眼科33(3):234-241, 2016
  6. 木原 裕貴, 長谷川 久弥, 邉見 伸英, 鶴田 志緒, 内山 環, 星名 潤, 神山 寿成, 山田 洋輔, 武藤 淳一, 小寺 孝幸, 北村 怜, 和佐 正紀, 熊澤 健介.当院NICUにおける気管支鏡検査の検討.日本周産期・新生児医学会雑誌52:1097-1102,2016
  7. 山田 洋輔, 長谷川 久弥, 邉見 伸英, 鶴田 志緒, 木原 裕貴, 内山 環, 星名 潤, 武藤 淳一, 小寺 孝幸, 和佐 正紀.先天性中枢性低換気症候群に横隔膜電気的活動(Electrical activity of Diaphragm: Edi)モニタリングを行った3症例の検討.日本小児呼吸器学会雑誌 26:233-240,2016

和文総説

  1. 相澤悠太, 齋藤昭彦. 論壇. ヒトパレコウイルス感染症. 日本小児科医会会報 51:119-122, 2016
  2. 小嶋智子, 齋藤昭彦. 小児におけるサフォードウイルス感染症の臨床像. 小児科 57:99-104, 2016

和文症例報告

  1. 萩原秀俊, 松本浩, 橋本逸美, 藤田基資, 野村智章, 田村義輝, 茂木陽, 若松太, 川口裕之, 相澤悠太, 齋藤昭彦, 野々山恵章. 大脳白質障害を認めた新生児ヒトパレコウイルス感染症の2例. 日本小児科学会雑誌 120: 1087-1093, 2016
  2.  
  3. 庄司圭介,齋藤なか,堀口祥, 新井啓, 佐藤聖子,佐藤紘一,吉田宏,伊藤末志,眞柄慎一,和田雅樹,中村和幸,加藤光広.SCN2Aに変異を認めた新生児期発症のリドカイン依存性てんかん. 日本小児科学会雑誌 120(6):993-99,2016-6
  4. 山崎肇,永山善久,佐藤尚.高度の胎児発育遅延を呈したamyoplasia congenita disruptive sequenceの1例. 日本周産期・新生児医学会雑誌52:1189-1193, 2016

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 今井千速.「キメラ型抗原受容体(CAR):初期開発の経験から」東京都小児がん診療連携協議会・TCCSG(東京小児がん研究グループ)共同開催症例検討会(招待講演), 東京都中央区, 2016.2.6
  2. 大塚岳人. 小児からの検体採取(特別講演). 国立大学臨床検査技師会関東甲信越地区研修会. 新潟. 2016.3.5
  3.  
  4. 大塚岳人.小児科医が知って得するワクチンの話(特別講演).長野市小児科集談会. 長野市,2016.6.15
  5. 大塚岳人.口腔内や顔面に症状の出る小児科疾患(特別講演).新潟臨床小児歯科研究会. 新潟市,2016.7.10
  6.  
  7. 今井千速.キメラ抗原受容体(CAR)の開発:白血病から固形がんへ(特別講演).小児血液・がんセミナーin Chiba. 千葉市,2016.9.23
  8. 長崎啓祐.日常診療の疑問から始める臨床研究の第一歩(特別講演)第4回湯島臨床内分泌カンファレンス, 東京, 2016.10.7
  9.  
  10. 大塚岳人.ワクチンで変わる、ワクチンで分かる感染症対策(特別講演).庄内小児科医会学術講演会. 鶴岡市,2016.10.7
  11. 大塚岳人.レベルアップを目指す薬剤師に伝えたいワクチンのこと~今、小児科医が注目しているトピックス10選~(特別講演).第25回新潟県薬剤師のための感染制御セミナー. 長岡市,2016.10.22
  12. 長崎啓祐. 小児科医が知っておきたい低ホスファターゼ症の診断と酵素補充療法(特別講演). 北陸小児内分泌HPP研究会. 金沢市, 2016.10.15
  13.  
  14. 長崎啓祐. 甲状腺機能異常と子どもの成長(特別講演). 第29回栃木県子どもの成長を考えるフォーラム. 宇都宮市, 2016.10.19
  15. 長崎啓祐. 小児科医が知っておきたい低ホスファターゼ症の診断と酵素補充療法(特別講演). 京滋小児科低ホスファターゼ症研究会. 京都市, 2016.11.11
  16. 長崎啓祐. 甲状腺機能異常と小児の成長障害(特別講演). 第10回滋賀小児内分泌代謝研究会. 滋賀 2016.11.26
  17. 大塚岳人.アンチセンス療法:新しい抗微生物薬とその応用(特別講演).感染症研究グローバルネットワークフォーラム2016. 千葉市 2016.11.12
  18. 大塚岳人.ワクチンの最前線と最先端(特別講演).第170回上越小児科医会学術講演会. 上越市 2016.11.15
  19. 小川洋平.「小児・思春期糖尿病の管理」. 第50回糖尿病学の進歩,東京, 2016.2.20

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐. ターナー症候群における合併症『甲状腺』 第17回東日本ターナー講演会, 東京, 2016.4.9
  2. 長崎啓祐. 新生児内分泌疾患をめぐって~新生児甲状腺機能異常~ 第89回日本内分泌学会学術総会, 京都, 2016.4.22
  3.   
  4. 今井千速. 長期入院患者への学習支援 公開シンポジウム.がんの子どもを守る会新潟支部総会, 新潟, 2016.7.31
  5. 長崎啓祐. 内分泌疾患マススクリーニングにおけるトピックス:先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査. 第43回日本マススクリーニング学会学術集会.札幌. 2016.08.27
  6. 相澤悠太. ワークショップ「小児の新興ウイルス感染症」:ヒトパレコウイルス3型. 第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会, 新潟, 2016.10.26
  7. 小川洋平.シンポジウム「1型糖尿病の現状と病態について 小児の場合」. 第10回 県央糖尿病療養指導を考える会 学習会, 三条市,2016.6.29

(3)一般講演

  1. 池住洋平.マクロファージをターゲットとしたループス腎炎治療薬の作用機序.第58回 新潟腎臓懇話会.新潟市,2016.1.26.
  2. 池住洋平.小児IgA腎症再燃例における臨床・組織学的特徴 -マクロファージ浸潤像からみた検討-.第39回IgA腎症研究会.東京都,2016.1.30.
  3. Aizawa Y. Human Parechovirus Type 3 Infection in Neonates and Young Infants. インフルエンザと呼吸器ウイルスセミナーExchange Meeting in Niigata 2016, 新潟, 2016.1.28
  4. 澤野堅太郎. 成長ホルモン分泌不全を合併した遺伝性多発性骨軟骨腫に対する成長ホルモン療法の是非について. 第7回信越・北関東小児内分泌セミナー, 宇都宮市, 2016.2.13
  5. 佐々木直. 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を呈した輸血後鉄過剰症の女児例. 第7回信越・北関東小児内分泌セミナー, 宇都宮市, 2016.2.13
  6. 小松原孝夫. 先天性高乳酸血症、著明な大脳形成異常症を呈する一例. 第21回小児神経研究会, 山形, 2016.2.27-28
  7. 今村勝. 移植後早期発見を来したFLT3-ITD陽性急性骨髄性白血病に対する再移植後の維持療法. 第33回新潟同種造血幹細胞移植研究会, 新潟市, 2016.2.5
  8. 今村勝. 髄芽腫術後2週間以内の全脳脊髄照射及びSJM-96式自家抹消血幹細胞救援併用反復大量化学療法の実現可能性. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 東京, 2016.12.15
  9. 吉田咲子. 当科におけるHLA半合致移植について. 第33回新潟同種造血幹細胞移植研究会, 新潟市, 2016.2.5
  10. 長崎啓祐. 成長ホルモン分泌刺激試験のpitfall~GH1-D142E変異は、東ソーキットでGH偽低値になる~ 第89回日本内分泌学会学術総会, 京都, 2016.4.21
  11. 長谷川博也.エクリズマブで寛解導入および維持ができている乳児期発症aHUSの一例.新潟aHUS講演会,新潟市,2016.4.28
  12. 大橋伯. 3cases mimicking Walker-Warburg syndrome of their MRI findings(Walker-Warburg症候群に類似した頭部画像がみられた3症例).第58回日本小児神経学会学術集会.東京,2016.6.3
  13. 村井英四郎. 46,XX,t(1;12) (q32.1;q24.1)の相互転座を認めたHolt‐Oram症候群の1例. 第51回新潟小児内分泌談話会,新潟市,2016.6.10
  14. 相馬規子. DIS3L2複合型ヘテロ変異を同定した長期生存Perlman症候群の1例. 第51回新潟小児内分泌談話会,新潟市,2016.6.10
  15. 久保暢大. 2008年以降に新潟県で発生した再生不良性貧血の臨床的検討.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  16. 下妻大毅. 連日の血液培養で起因菌を同定できた化膿性膝関節炎の1例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  17. 丸山茂. 高コレステロール血症の肥満指導を契機に発症した食物回避性情緒障害の1例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  18. 澤野堅太郎. 被疑薬としてクラリスロマイシンが考えられた急性汎発性膿疱性発疹症の一例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  19. 太田匡哉. 長岡市の学童における口腔アレルギー症候群のアンケート調査.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  20.  
  21. 小貫孝則. 当院における低体温療法施行例の検討.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  22. 鈴木亮. 病態評価にAmplitude-integrated EEGが有効であったGBS髄膜炎の1例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  23. 堀口祥. 心筋炎を疑われたミトコンドリア筋症の女児例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  24. 佐々木直. ジアゾキシドによる循環不全を発症し、オクトレオチド皮下注射で血糖コントロールを施行した先天性高インスリン性低血糖症の1例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  25. 田屋光将. 最近経験した小児脳梗塞例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  26. 小松原孝夫. 憤怒けいれんとの鑑別が必要であったAnoxic epileptic seizureの一例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  27. 三浦雅樹. 多臓器の合併奇形を伴ったasymmetric crying faceの1例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  28. 山田慧. 偶発的に徐脈を指摘され心筋炎による2:1房室ブロックが疑われた症例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  29. 阿部忠朗. 新しいデバイスを用いたASD治療.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  30. 榎本瑞生. 喘鳴とチアノーゼ発作を繰り返し手術に至った先天性気管狭窄症の1例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  31. 谷知行. 軟性気管支鏡観察下にバルーンカテーテルを用いて摘出した気管支異物の一例.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  32. 星名潤. 喉頭気管気管支鏡検査で診断できる気道疾患とその検査方法.第222回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.5.28
  33. 入月浩美. Perrault症候群の女児に同定されたC10orf2のLinker domain新規変異. 第20回小児分子内分泌研究会. 北海道. 2016.7.2(優秀演題賞受賞)
  34. 今村勝. 治療関連急性リンパ性白血病の1例.第5回日本血液学会関東甲信越地方会,新潟市,2016.7.2
  35. 長谷川博也.シクロフォスファミドが奏功した膜性増殖性糸球体腎炎様病変を呈する IgA腎症の一例. 第51回日本小児腎臓病学会学術集会,名古屋市,2016.7.7
  36. 山崎肇.高度の胎児発育障害を呈したamyoplasia congenita disruptive sequenceの1例. 第52回日本周産期・新生児医学会, 富山市, 2016. 7. 17
  37. 斎藤朋子. NICUにおけるファミリーセンタードケアのニーズと世界的な動向.第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 富山市,2016.7.17
  38. 山崎 肇. amyoplasia congenita disruptive sequenceを呈した低出生体重児の1例. 第28回新潟周産母子研究会, 新潟市, 2016.7.23
  39. 入月浩美. 新生児マス・スクリーニング17-OHP高値の正期産不当過大児は過成長症候群を鑑別すべきである. 第43回日本マススクリーニング学会学術集会,札幌市,2016.8.27
  40. 山崎 肇. 重症型の先天性甲状腺機能低下症を発症したoculo-auriculo-vertebral spectrumの1例. 第68回北日本小児科学会, 弘前市, 2016. 9.10
  41. 長谷川博也. 当科における難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ投与の経験.第68回北日本小児科学会,弘前市,2016.9.10
  42. 井口英幸. 当院でのビタミンK製剤週1回投与法の導入と,服薬アドヒアランス向上への取り組みについて.第68回北日本小児科学会,弘前市,2016.9.10
  43. 佐藤英利. 新潟県ガラクトース精検対象者25例の臨床像の検討.第43回日本マススクリーニング学会学術集会.札幌. 2016.08.27
  44. Yasushi Kasahara. Development of novel NKp44-based chimeric antigen receptors that target cancer cells. 第78回日本血液学会学術集会,横浜市,2016.10.13
  45. Changsu Shin. Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm with MLL-AF9 diagnosed in an infant with achondroplasia. 第78回日本血液学会学術集会,横浜市,2016.10.13
  46. 入月浩美. わが国で初めて妊娠期にテトラヒドロビオプテリン療法を実施し健常な児を出産したフェニルケトン尿症例. 第58回日本先天代謝異常学会. 東京, 2016.10.27
  47. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査. 第59回日本甲状腺学会学術集会, 東京都, 2016.11.5
  48. 相澤悠太. 小児専門病院の集中治療室におけるAntimicrobial Stewardship Program. 第43回日本小児臨床薬理学会, 東京, 2016.11.11
  49. 羽深理恵. 迅速な百日咳診断の重要性ー当教室で遺伝子診断した乳児百日咳についてー. 第48回日本小児感染症学会総会・学術集会, 岡山, 2016.11.19
  50. 佐々木直. 末梢性思春期早発症で見つかった顆粒膜細胞腫の女児例. 第104回新潟内分泌代謝同好会,新潟,2016.11.12
  51. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査. 第50回日本小児内分泌学会学術集会, 東京 2016.11.16
  52. 入月浩美. Perrault症候群の女児に同定されたC10orf2のLinker domain新規変異. 第50回日本小児内分泌学会学術集会, 東京 2016.11.17
  53. 澤野堅太郎. GH分泌不全症を合併した遺伝性多発性骨軟骨腫の1例, 東京 2016.11.16
  54. 佐藤英利. TSHR遺伝子R450H変異をホモ接合性に認めた先天性甲状腺機能低下症同胞例の臨床像の検討. 東京 2016.11.16
  55. 庄司圭介. Emanuel症候群を疑った、22番、10番染色体重複部分トリソミーの1例. 第52回日本周産期・新生児医学会学術集会,富山,2016.7.17
  56. 田中岳. 超低出生体重児で出生し診断に苦慮したCornelia de Lange症候群の1例. 第223回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.8.27
  57. 田中岳. 低体温療法開始後1年間の治療成績. 第33回庄内周産期懇話会,鶴岡,2016.11.5
  58. 布施理子. High nasal flow cannulaの早期介入により挿管管理を回避できたRSウイルス感染症例. 第102回日本小児科学会山形地方会, 山形, 2016.4.24
  59. 布施理子. 乳幼児の「おしゃぶり」と不正咬合. 第63回日本小児保健協会学会,埼玉,2016.6.25
  60. 布施理子. 低身長から発見された末期腎不全の一例. 第224回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2016.12.10
  61. 大橋伯.急性自律性感覚性ニューロパチーを疑っている1例.第20回日本小児神経学会甲信越地方会,柏崎市,2016
  62. 大橋伯.Walker-Warburg症候群に類似した頭部画像がみられた3症例.第58回日本小児神経学会学術集会,東京,2016
  63. 金子昌弘.新規遺伝子変異とネフリンのモザイク状発現を認めたフィンランド型先天性ネフローゼ症候群の軽症女児例.第51回日本小児腎臓病学会学術集会,名古屋市,2016.7.7
  64. 金子昌弘.C3の異常低値を示し,診断と治療に苦慮している慢性腎炎の女児例.第17回東京腎炎・ネフローゼ研究会,東京,2016.7.23
  65. 徳永孝史,金子昌弘.PD/HD併用療法が体液管理に有効であった男性例.第30回日本小児PD・HD研究会,那覇市,2016.11.26
  66. 阿部忠朗. ステント後方をロングシース先端で支え、病変までの屈曲経路を通過できたTGA術後右肺動脈狭窄の一例. 第27回JPIC学術集会. 広島県, 2016
  67. 阿部忠朗. 当院におけるASD、PDAに対するデバイス治療. 第58回新潟心血管治療研究会. 新潟県, 2016
  68. 阿部忠朗. 川崎病急性期に起こる一過性左室拡張障害. 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会. 東京都, 2016
  69. 阿部忠朗. 生後2週間で突然死した双胎間輸血症候群受血児の心臓病理所見. 第64回日本心臓病学会学術集会. 東京都, 2016
  70. 阿部忠朗. 生後2週間で突然死した双胎間輸血症候群受血児の心臓病理所見. 第25回日本小児心筋疾患学会学術集会. 東京都, 2016
  71. 阿部忠朗. Native mild CoAにPTAを試みた一例. 第3回Informal JPIC関東甲信越研究会. 東京都, 2016
  72. 阿部忠朗. 瘤状かつ多孔性欠損をもつ心房中隔にAmplatzer Cribriform Septal Occluderを留置した一例. 第224回日本小児科学会新潟地方会. 新潟県, 2016
  73. 長崎啓祐. FZD2変異を同定したOmodysplasia2型の1例. 第34回小児代謝性骨疾患研究会, 大阪, 2016.12.03
  74. 長崎啓祐. DIS3L2複合ヘテロ変異を同定した長期生存Perlman症候群の1例. 第39回日本小児遺伝学会学術集会, 東京, 2016.12.10
  75. 山崎肇. 先天性甲状腺機能低下症と低Ca血症を発症したoculo-auriculo-vertebral spectrumの1例. 第61回日本新生児成育医学会, 大阪市, 2016. 12.2
  76. 小松原孝夫. 憤怒けいれんとの鑑別が必要であったAnoxic epileptic seizureの一例. 第222回日本小児科学会新潟地方会, 新潟市, 2016.5.28
  77. 小松原孝夫. 脳室周囲結節状異所性灰白質の臨床的特徴とてんかん治療の検討. 第58回日本小児神経学会学術集会, 東京, 2016.6.3-5
  78. 小松原孝夫. 啼泣後にてんかん性痙攣を来したAnoxic epileptic seizureの1歳男児例. 第10回日本てんかん学会関東甲信越地方会, 東京, 2016.7.9
  79. Takao Komatsubara. Differences in long-term outcomes in patients with focal cortical dysplasia type IIb with and without somatic MTOR mutations. The 12th European Congress on Epileptology, Czech Republic-Prague, 2016.9.11-15
  80. 小松原孝夫. 線状皮脂腺母斑症候群3例のてんかん予後についての検討. 第50回日本てんかん学会学術集会. 静岡市, 2016.10.7-9
  81. 小松原孝夫. 急性脳症で発症したシトリン欠損症(成人発症Ⅱ型シトルリン血症)の一例. 第20回日本小児科学会甲信越地方会. 柏崎市, 2016.11.5-6
  82. 古寺一樹.母子感染予防実施者における自家造血細胞移植を契機に発症したHBV再活性化. 第51回 新潟血液同好会総会, 新潟, 2016.7.16
  83. 泉田亮平.ヒトパレコウイルス3型感染症の家族内感染の検討. 第223回日本小児科学会新潟地方会, 新潟, 2016
  84.  
  85. 泉田亮平.ヒトパレコウイルス3型に対するヒト免疫グロブリンのin vitroにおける効果. 第48回日本小児感染症学会総会, 岡山, 2016.11.19
  86. 額賀俊介.イソプロテレノール負荷による右室流出路狭窄の評価,第52回日本小児循環器学会,東京,2016.7.8
  87. 額賀俊介.無熱性けいれんを契機に診断されたQT延長症候群の幼児例,第179回上越小児科医会,上越,2016.11.15
  88. 井口英幸. 橋本病を契機に診断した低身長や卵巣機能不全を認めないターナー症候群の1例. 第103回 新潟内分泌代謝同好会, 新潟, 2016.6.4
  89. 井口英幸. 当院でのビタミンK製剤週1回投与法の導入と服薬アドヒアランス向上への取り組みについて.第68回北日本小児科学会, 弘前, 2016.9.10
  90. 井口英幸. CRP高値を呈する低身長. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟, 2016.10.8
  91. 長谷川博也.生後3ヵ月に発症し、エクリズマブで寛解導入および維持ができている aHUSの一例.東北小児腎臓aHUS講演会,仙台市,2016.11.19
  92. 篠原健. 高IgE症候群を疑われた児に発症した肺嚢胞の一例,中越小児感染症カンファレンス,長岡市,2016.3
  93. 篠原健. SOX9に新規変異を認めたcampomelic dysplasiaの一例.新潟新生児懇話会,新潟市,2016.6.23
  94. 篠原健. cBUNによる超低出生体重児の栄養と発育に関する検討,第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 富山市,2016.7.17
  95. 篠原健. 大学NICUの現状と課題—赤ちゃんと家族のための集中治療室を目指して-,第223回日本小児科学会新潟地方会,新潟市,2016.8.27
  96. 星名潤. 胆道閉鎖症鑑別のための胆道ドレナージ・肝生検施行後に改善した胎便性腹膜炎術後胆汁鬱滞の一例.第61回新生児成育学会学術集会,大阪市,2016.12.2
  97. 小林悠.難治性けいれん重積を繰り返したHCN1変異による早期乳児てんかん性脳症の一例.第50回日本てんかん学会学術集会. 静岡市, 2016.10.7-9
  98. 小林悠.てんかん性スパズムを呈したFOLR1遺伝子異常による中枢性葉酸欠乏症の一例.第51回新潟小児神経学研究会,新潟市,2016.6.18
  99. 小林悠.皮質障害を伴う白質変性と末梢神経障害を来たしたFOLR1遺伝子変異による中枢性葉酸欠乏症の1例.第58回日本小児神経学会総会,東京,2016.6.3
  100. 山崎佐和子. Genetic Studies of the Hemiconvulsion-Hemiplegia epilepsy syndrome (片側けいれん片麻痺てんかん症候群の遺伝子研究). 第58回日本小児神経学会学術集会, 東京, 2016.6.3
  101. 山崎佐和子. 重度栄養障害に対して、乳清ペプチド消化態流動食の導入が有効であった1男児例. 第51回新潟小児神経学研究会, 新潟市, 2016.6.18
  102. 笠原靖史. ヒトprimary NK細胞へのインターロイキン21遺伝子の導入は抗白血病作用を増強する. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 東京都品川区, 2016.12.15
  103. 笠原靖史. Development of novel NKp44-based chimeric antigen receptors that target cancer cells. 第78回日本血液学会学術集会, 横浜市, 2016.10.14
  104. 笠原靖史. がん細胞に発現するストレスリガンドを標的としたユニバーサルT細胞受容体の新規開発. 平成28年度若手医学研究発表会(みかんの会), 新潟市, 2016.10.6
  105. 笠原靖史. 新規がん治療開発を目指したヒトprimary NK 細胞およびT細胞の遺伝子改変.第4回基礎-臨床研究交流会, 新潟市, 2016.5.26
  106. 高地貴行. 初期治療18年後に眼窩外多発転移再発した両側性網膜芽細胞腫の治療経験. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 東京, 2016.12.15
  107. 細貝亮介. Donor killer cell immunoglobulin-like receptors (KIR) haplotype B exacerbates acute graft versus host disease (GVHD) in HLA-mismatched hematopoietic cell transplantation. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 東京, 2016.12.16
  108. 鳥越司. 肺高血圧を合併した門脈体静脈シャントにAmplatzer Vascular Plugを留置した1例. 第52回日本小児循環器学会総会, 東京,2016.7.6
  109. 鳥越司. 肺高血圧を合併した門脈体静脈シャントにAmplatzer Vascular Plugを留置した1例. 第3回中部肺高血圧ケースカンファレンス, 東京,2016.2.6
  110. 申将守. 化学療法中に重度の耳下腺炎と肺炎を来した急性リンパ性白血病の一例-パラインフルエンザ3型院内感染の経験. 第58回日本小児血液・がん学会学術集会, 東京, 2016.12.15
  111. 小林玲. 抗ウイルス薬の血中濃度が安定せず治療に苦慮した先天性サイトメガロウイルス感染症の超低出生体重児. 第48回日本小児感染症学会、岡山、2016.11.19
  112. 小林玲. 抗ウイルス薬の血中濃度が安定せず治療に苦慮した先天性サイトメガロウイルス感染症の超低出生体重児. 第61回日本新生児成育医学会、大阪、2016.12.1
  113. 小林玲. 組織学的絨毛膜羊膜炎が極低出生体重児の短期予後に与える影響~絨毛膜羊膜炎の有無での比較~. 第61回日本新生児成育医学会、大阪、2016.12.1
  114.  
  115. 小林玲. 組織学的絨毛膜羊膜炎が極低出生体重児の短期予後に与える影響~Blanc分類での比較~. 第61回日本新生児成育医学会、大阪、2016.12.1
  116. 小川洋平.小児耐糖能異常の予後に影響する因子の検討. 第59回日本糖尿病学会学術集会. 京都, 2016.5.21
  117. 小川洋平.新潟小児糖尿病コホート2015年調査中間報告.第51回新潟小児内分泌談話会,新潟市,2016.6.10
  118. 小川洋平.若年家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体に対するピタバスタチンの効果.第50回日本小児内分泌学会学術集会,東京都,2016.11.16
  119. 吉田咲子. 当科における思春期・若年成人(15-29歳)の造血器腫瘍質感の治療成績.第58回日本血液・がん学会学術集会, 東京, 2016.12.16.
  120. 添野愛基.インドメタシン予防投与を行った超低出生体重児における動脈管閉鎖に影響を与える因子.第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 富山市, 2016.7.17
  121.  
  122. 添野愛基.在宅医療を必要とするNICU入院児の主な疾患.平成28年度小児在宅療養支援研修症例検討会,長岡市,2016.8.20
  123.  
  124. 添野愛基.当院NICUで経験した18トリソミー児の臨床経過.第223回日本小児科学会新潟地方会, 新潟市, 2016.8.27
  125.  
  126. 伊藤裕貴.巨大右心耳瘤の1例, 大阪小児循環器地方会, 大阪, 2016
  127.  
  128. 伊藤裕貴.最近10年間にBlalock-Taussig shunt変法を施行した122症例における合併症の検討, 小児循環器学会, 東京, 2016
  129.  
  130. 伊藤裕貴.RV-PA conduitから脱落したステントに絡んだスネアカテーテルが外れなくなり回収に難渋した1症例, 小児循環器カテーテル治療学会, 広島, 2016
  131. 伊藤裕貴.アミオダロン静注の副作用に関する検討, 名古屋, 2016
  132. 伊藤裕貴.Acute Lung InjuryのためBerlin Heart装着までに集学的治療を要した生後1ヶ月のDCM, 大阪小児循環器懇話会, 大阪, 2016
  133. 田嶋直哉.小麦負荷試験における重症度改善と特異的抗体価の関係, 第53回日本小児アレルギー学会, 群馬, 2016

公開講座,その他の講演

     
  1. 長崎啓祐. 性分化疾患を伴う青年期のGID症例. TTT meeting 2016 in 丸の内. 東京. 2016.2.6
  2. 佐々木直. 小児期発症バセドウ病における重症筋無力症の合併の検討. 第1回東日本小児内分泌次世代リサーチミーティング. 東京, 2016.3.5
  3. 長崎啓祐. 医師主導臨床研究の第一歩 ~ABCTx groupの立ち上げ~(特別講演) 第1回東日本小児内分泌次世代リサーチミーティング. 東京, 2016.3.5
  4. 長崎啓祐. 未診断疾患イニシアチブ(IRUD; Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases)について ~新潟大学におけるIRUD-P取り組みの現状~. 新潟大学医歯学総合病院遺伝子診療セミナー. 新潟市, 2016.3.25
  5. 佐々木直. 両側の褐色細胞腫を発症したVON HIPPEL-LINDAU病の男児例. 第19回都立小児勉強会. 東京, 2016.6.18
  6. 長崎啓祐. 陰茎の色素沈着, Macroorchidism, Testosterone高値の原因は?第19回都立小児勉強会. 東京, 2016.6.18
  7. 長崎啓祐, 入月浩美. 肝adrenal rest tumorによるCushing症候群か?第19回都立小児勉強会. 東京, 2016.6.18
  8. 佐々木直. 両側の褐色細胞腫を発症したVON HIPPEL-LINDAU病の男児例. スプリングセミナー2016,大阪, 2016.6.25
  9. 長崎啓祐. ノルディトロピン®SGA性低身長症における国内第Ⅲ相臨床試験 -5年間の治療成績と代謝・QOLへの影響-. SGA meeting 2016.札幌 2016.09.03
  10. 長崎啓祐 成長曲線を活用した小児疾患への対応. 新潟市医師会学校保険研修会, 新潟市, 2016.10.5
  11. 大塚岳人. 最新医療情報~感染症~. 平成28年度養護教諭教職12年経験者研修, 新潟市, 2016.10.6
  12. 中山有美. 血球減少を伴う低身長. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  13. 井口 英幸. CRP高値を呈する低身長. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  14. 田中真奈. 立位姿勢異常を伴う低身長. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  15. 入月 浩美. 低身長診療における鑑別診断の進め方. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  16. 佐々木直. 甲状腺機能異常を呈した8歳男児. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  17. 長崎啓祐. 成長率が保たれている?重症GH分泌不全症の6歳女児. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  18. 澤野堅太郎. 思春期早発?卵巣機能不全?CCS11歳女児. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  19. 長崎 啓祐. 低身長をきたす奇形症候群に強くなろう. 第16回 新潟小児内分泌セミナー, 新潟市, 2016.10.08
  20. 長崎啓祐, 入月浩美. 肝adrenal rest tumorによるCushing症候群の女児例 第20回都立小児勉強会. 東京, 2016.10.31
  21. 佐々木直.EFFECTS OF TOLVAPTAN, AN ORAL VASOPRESSIN ANTAGONIST, IN THE TREATMENT OF HYPONATREMIA IN A PEDIATRIC PATIENT WITH CHRONIC SIADH. 第20回都立小児勉強会. 東京, 2016.10.31
  22. 花房繁寿,長崎啓祐. Chronic SIADH? 持続する低Na血症の女児. 第20回都立小児勉強会. 東京, 2016.10.31
  23. 小林玲. みんなの知らない赤ちゃんの世界. 長岡市立阪之上小学校4年生特別授業、長岡市、2016.12.9
  24. 小川洋平.講話「子どもの糖尿病 学校での対応も含めて」.平成27年度新潟市中学校教育研究協議会養護部研修会,新潟市, 2016.1.21
  25. 小川洋平.Short Lecture「ホームドクターが診る子どもの生活習慣病 ~どう考え、どう対応するか~」. 明日から活かせる家庭医のすゝめ ~小児から成人の代謝性疾患~,新潟市, 2016.5.25
  26. 小川洋平.実務研修 講義「小児期からの生活習慣病の発症予防と重症化予防」. 平成28年度新潟県栄養士会 生涯教育研修会, 新潟市,2016.9.3
  27.  

その他

  1. 長崎啓祐. 新潟県・新潟市の新生児マススクリーニング:タンデムマス通信 2016.3 Vol.4. p.14
  2. 長崎啓祐. 学校医通信:成長曲線を活用した小児疾患への対応. 新潟市医師会報 No548, p.23-28, 2016