新潟大学医学部小児科学教室 Niigata University School of Medicine Department of Pediatrics

IDEAを持ち続ける小児科医

文字サイズ

教室業績集 平成29年(2017年) - 教室業績集

平成29年(2017年)の教室業績集

英文著書

英文原著

  1. Otsuka T, Brauer LB, Kirkham C, Sully EK, Pettigrew MM, Kong Y, Geller BL, Murphy T. Antimicrobial activity of antisense peptide–peptide nucleic acid conjugates against non-typeable Haemophilus influenzae in planktonic and biofilm forms. J Antimicrob Chemother 72: 137-144, 2017
  2. Hosokai R, Masuko M, Shibasaki Y, Saitoh A, Furukawa T, Imai C. Donor Killer Immunoglobulin-Like Receptor Haplotype B/x Induces Severe Acute Graft-versus-Host Disease in the Presence of Human Leukocyte Antigen Mismatch in T Cell-Replete Hematopoietic Cell Transplantation. Biol Blood Marrow Transplant. 2017; 23(4): 606-611.
  3. Kitaoka T, Tajima T, Nagasaki K, Kikuchi T, Yamamoto K, Michigami T, Okada S, Fujiwara I, Kokaji M, Mochizuki H, Ogata T, Tatebayashi K, Watanabe A, Yatsuga S, Kubota T, Ozono K. Safety and Efficacy of Treatment with Asfotase Alfa in Patients with Hypophosphatasia: Results from a Japanese Clinical Trial. Clin Endocrinol (Oxf). 2017 Apr 4. doi: 10.1111/cen.13343.
  4. Yoko Miyoshi, Tohru Yorifuji, Reiko Horikawa, Ikuko Takahashi, Keisuke Nagasaki, Hiroyuki Ishiguro, Ikuma Fujiwara, Junko Ito, Mari Oba, Hiroyuki Fujisaki, Masashi Kato, Chikako Shimizu, Tomoyasu Kato, Kimikazu Matsumoto, Haruhiko Sago, Tetsuya Takimoto, Hiroshi Okada, Nao Suzuki, Susumu Yokoya, Tsutomu Ogata, Keiichi Ozono. Childbirth and fertility preservation in childhood and adolescent cancer patients: a second national survey of Japanese pediatric endocrinologists.Clin Pediatr Endocrinol. 2017; 26(2): 81–88.
  5. Kagami M, Nagasaki K, Kosaki R, Horikawa R, Naiki Y, Saitoh S, Tajima T, Yorifuji T, Numakura C, Mizuno S, Nakamura A, Matsubara K, Fukami M, Ogata T. Temple syndrome: comprehensive molecular and clinical findings in 32 Japanese patients. Genet Med. 2017 Jun 22.
  6. Miot C, Imai K, Imai C, Mancini AJ, Kucuk ZY, Kawai T, Nishikomori R, Ito E, Pellier I, Dupuis Girod S, Rosain J, Sasaki S, Chandrakasan S, Pachlopnik Schmid J, Okano T, Colin E, Olaya-Vargas A, Yamazaki-Nakashimada M, Qasim W, Espinosa Padilla S, Jones A, Krol A, Cole N, Jolles S, Bleesing J, Vraetz T, Gennery AR, Abinun M, Güngör T, Costa-Carvalho B, Condino-Neto A, Veys P, Holland SM, Uzel G, Moshous D, Neven B, Blanche S, Ehl S, Döffinger R, Patel SY, Puel A, Bustamante J, Gelfand EW, Casanova JL, Orange JS, Picard C. Hematopoietic stem cell transplantation in 29 patients hemizygous for hypomorphic IKBKG / NEMO mutations. Blood. 2017 Jul 5 [Epub ahead of print] doi: 10.1182/blood-2017-03-771600.
  7. Hattori A, Katoh-Fukui Y, Nakamura A, Matsubara K, Kamimaki T, Tanaka H, Dateki S, Adachi M, Muroya K, Yoshida S, Ida S, Mitani M, Nagasaki K, Ogata T, Suzuki E, Hata K, Nakabayashi K, Matsubara Y, Narumi S, Tanaka T, Fukami M. Next generation sequencing-based mutation screening of 86 patients with idiopathic short stature. Endocr J. 2017 Aug 3. [Epub ahead of print]
  8. Inoue T, Nakamura A, Matsubara K, Nyuzuki H, Nagasaki K, Oka A, Fukami M, Kagami M. Continuous hypomethylation of the KCNQ1OT1:TSS-DMR in monochorionic twins discordant for Beckwith-Wiedemann syndrome.Am J Med Genet A. 2017 Aug 16. [Epub ahead of print]
  9. Keisuke Nagasaki, Takuo Kubota, Hironori Kobayashi, Hirotake Sawada, Chikahiko Numakura, Shohei Harada, Kei Takasawa, Kanshi Minamitani, Tomohiro Ishii, Satoshi Okada, Hotaka Kamasaki, Shigetaka Sugihara, Masanori Adachi, Toshihiro Tajima.Clinical characteristics of septo-optic dysplasia accompanied by congenital central hypothyroidism in Japan. Clin Pediatr Endocrinol. 2017;26(4):207-213.
  10. Horikoshi Y, Suwa J, Higuchi H, Kaneko T, Furuichi M, Aizawa Y, Fukuoka K, Okazaki K, Ito K, Shoji T. Sustained Pediatric Antimicrobial Stewardship Program with Consultation to Infectious Diseases Reduced Carbapenem Resistance and Infection-Related Mortality. Int J Infect Dis 64: 69-73, 2017

英文総説

  1. Aizawa Y, Izumita R, Saitoh A. Human Parechovirus Type 3 Infection : An Emerging Infection in Neonates and Young Infants. J Infect Chemother 23: 419-426, 2017

英文症例報告

  1. Iwabuchi H, Kawashima H, Umezu H, Takachi T, Imamura M, Saitoh A, Ogose A, Imai C. Successful treatment of histiocytic sarcoma with cladribine and high‑dose cytosine arabinoside in a child. Int J Hematol, 2017 (online)
  2. Soma N, Higashimoto K, Imamura M, Saitoh A, Soejima H, Nagasaki K. Long term survival of a patient with Perlman syndrome due to novel compound heterozygous missense mutations in RNB domain of DIS3L2. Am J Med Genet A. 2017 Apr;173(4):1077-1081. doi: 10.1002/ajmg.a.38111.
  3.  
  4. Yuki Tanaka, Kei Watanabe, Keiichi Katsumi, Masayuki Ohashi, Keisuke Nagasaki, and Toru Hirano.Occipitocervical Fusion for Severe Atlantoaxial Dislocation in an Underdeveloped Child with Chondrodysplasia Punctata. JBJS Case Connect, 2017 Mar 08; 7 (1): e16 . https://doi.org/10.2106/JBJS.CC.16.00121

国際学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

(2)シンポジウムにおける講演

(3)一般講演

  1. Yasushi Kasahara, Changsu Shin, Masaru Imamura, Nobuhiro Kubo, Takayuki Takachi, Haruko Iwabuchi, Sakiko Yoshida, Akihiko Saitoh, Chihaya Imai. A novel chimeric antigen receptor endows T cells with NK cell-like specificity and attacks a wide range of hematological malignancies and cancers. European Hematology Association 22nd Congress, Madrid, Spain,June 22-25, 2017
  2. Keisuke Nagasaki, Nao Shibata, Hiromi Nyuzuki, Sunao Sasaki, Yohei Ogawa, Akihiko Saitoh. A study of the incidence of permanent congenital hypothyroidism based on reevaluation in Niigata Prefecture, Japan. 10th International Joint Meeting of Pediatric Endocrinology. Washington DC, USA, Sep 15, 2017
  3. Sunao Sasaki, Hiromi Nyuzuki, Yohei Ogawa, Keisuke Nagasaki. A PATIENT WITH APLASTIC ANEMIA WITH ISOLATED Äb0HYPOGONADOTROPIC HYPOGONADISM CAUSED BY Äb0TRANSFUSION-ASSOCIATED IRON OVERLOAD. 10th International Joint Meeting of Pediatric Endocrinology. Washington DC, USA, Sep 15, 2017
  4. Aizawa Y. Impact of Multidrug Resistant Enterobacteriaceae Bloodstream Infections in Children. ID week 2017 [Abstract: 64454]: San Diego, USA, October 4-8, 2017

(4)公開講座,その他の講演

和文著書

  1. 長崎啓祐. 小児科ケースカンファレンス. 甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症. 小児科診療 第80巻 増刊号 70(3):382-387, 2017
  2. 長崎啓祐. 新生児マススクリーニングTSH高値. 小児科診療 第80巻6号:685-689, 2017

和文原著

  1. 竹内典子, 相澤悠太, 後藤研誠, 田中孝明, 尾内一信. 乳児へのインフルエンザワクチンの是非 (Cons) 小児科臨床 70(3):382-387, 2017
  2. 福岡かほる, 山中崇之, 相澤悠太, 磯貝美穂子, 堀越裕歩. 外来受診におけるPFAPA症候群の臨床像. 外来小児科 20: 85-88, 2017
  3.   
  4. 張慶哲, 福岡かほる, 山中崇之, 村井健美, 古市美穂子, 相澤悠太, 伊藤健太, 荘司貴代, 堀越裕歩. 黄色ブドウ球菌の外毒素と疾患の検討. 小児感染免疫 29:141-147, 2017
  5. 山崎肇, 永山善久, 大石昌典、佐藤尚, 阿部忠朗, 田中岳. 過去10年間に当院で経験した18トリソミー合併新生児の臨床経過. 新潟市民病院医誌38:20-25, 2017

和文総説

  1. 今井千速.白血病に対する新しい薬物・細胞治療.日本医師会雑誌.145(12):2600-2604, 2017
  2. 今井千速.キメラ抗原受容体 (CAR): 人工受容体遺伝子を導入したリンパ球による新たながん治療.新潟医学会雑誌.131 (1): 7-10, 2017
  3. 相澤悠太. 3か月齢までの新生児と乳児に発症するヒトパレコウイルス3型感染症. チャイルドヘルス 20: 48-50, 2017
  4. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査. 日本マススクリーニング学会誌 第27巻(1号):9-15, 2017
  5. 長崎啓祐. 日常診療の疑問から始める臨床研究の第一歩. 小児科 58:10, 1255-60, 2017

和文症例報告

  1. 山崎肇,永山善久,佐藤尚,楡井 淳.重度の形成異常による重症型の先天性甲状腺機能低下症を発症したoculo-auriculo-vertebral spectrumの1例. 日本周産期・新生児医学会雑誌53:166-170, 2017
  2.  

国内学会発表

(1)招待講演,特別講演,授賞講演

  1. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症のスクリーニングの現状と展望(特別講演). 先天代謝異常症講演会. 盛岡市, 2017.1.14
  2. 大塚岳人. 小児感染症と迅速検査~迅速検査に振り回されないために~(特別講演). 第27回生物試料分析科学会年次学術集会.新潟市, 2017.2.12
  3. 大塚岳人. B型肝炎ワクチン~こどもの未来のために、未来のこどものために~(特別講演). 小児科医会学術講演会.前橋市, 2017.2.13
  4. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症のPast, Present and future(特別講演). 第48回近畿小児内分泌研究会.大阪, 2017.03.18
  5. 長崎啓祐. 甲状腺機能異常と小児の成長障害(特別講演). 第15回青森小児内分泌セミナー. 弘前市, 2017.5.20
  6. 長崎啓祐. 成長曲線を活用した児童生徒の健康診断~精査医療機関での対応~(特別講演). 第297回新潟市小児科医会集談会. 新潟市, 2017.5.27
  7. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症のUpdate(特別講演). 第17回京滋臨床甲状腺懇話会. 京都市, 2017.6.17
  8. 長崎啓祐. 「成長曲線を用いた学校保健の現状~新潟市の取り組みについて~」(特別講演). 秋田県小児内分泌診療講演会. 秋田市, 2017.6.23
  9. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症のスクリーニングの現状と今後の展望(特別講演)HOKKAIDO ENDO FORUM 2017, 札幌市, 2017.6.30
  10. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症のUpdate~FT4スクリーニングの導入を目指して~(特別講演)第26回小児代謝内分泌フォーラム in 九州.福岡市, 2017.7.22
  11. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症のPast, Present and Future(特別講演)第20回静岡小児内分泌研究会.浜松市, 2017.8.26
  12. 長崎啓祐. 小児バセドウ病に対する多施設共同臨床研究~小児バセドウ病に対するコレステロール吸収阻害剤併用療法の多施設ランダム化比較試験~コスミック研究創成賞 2016年度授賞講演. 第60回日本甲状腺学会学術集会. 別府市, 2017.10.07
  13. 長崎啓祐. 「新しく始まった成長曲線を用いた学校保健の現状~新潟市の取り組み~」(特別講演). 第49回日耳鼻新潟県地方部会 学校保健研修会. 新潟市, 2017.10.14

(2)シンポジウムにおける講演

  1. 長崎啓祐. ガイドラインから学ぶ新生児マススクリーニング対象疾患. 先天性甲状腺機能低下症マス・スクリーニングガイドライン(2014年改訂版)の問題点. 第120回日本小児科学会学術集会.東京2017.4.14
  2. 長崎啓祐. 若い先生に「リサーチマインドを」〜明日の小児科を築くPhysician scientistを〜.日常診療の疑問から始める臨床研究の第一歩. 第120回日本小児科学会学術集会. 東京. 2017.4.15
  3. 長崎啓祐. 先天性甲状腺機能低下症のマススクリーニングにおける課題 ~S1-2 先天性中枢性甲状腺機能低下症の原因と病態~ 第44回日本マススクリーニング学会学術集会. 秋田市. 2017.08.18

(3)一般講演

  1. 廣嶋省太. SIADHを呈した鞍上部胚細胞腫瘍に対して、バソプレシンV2受容体拮抗薬を用いてNa濃度をコントロールしえた4歳女児例. 第8回信越・北関東小児内分泌セミナー, 高崎市, 2017.2.11
  2. 泉田侑恵. GAD抗体高力価にも関わらず内因性インスリン分泌が長期間温存されているDown症候群合併1型糖尿病の1例. 第8回信越・北関東小児内分泌セミナー, 高崎市, 2017.2.11
  3.  
  4. 佐々木直. SGA性低身長症に対する在胎週数別の成長ホルモン治療効果の検討. 第120回日本小児科学会学術集会, 東京, 2017.4.15
  5.  
  6. 佐々木直. 肝原発のコルチゾール産生副腎遺残腫瘍によるCushing症候群をきたしたPallister-Killian 症候群の女児例. 日本内分泌学会学術総会, 京都, 2017.4.20
  7. 林晃久. hCG産生腫瘍により女児の抹消性思春期早発症をきたした7歳女児例. 第52回新潟小児内分泌談話会, 新潟, 2017.6.9
  8. 田屋光将. 潜在性副甲状腺機能低下を伴うミトコンドリア病の1例. 第52回新潟小児内分泌談話会, 新潟, 2017.6.9
  9. 山崎肇.当院で過去10年間に経験した18トリソミ-合併新生児の検討. 第53回日本周産期・新生児医学会, 横浜市, 2017.7.16
  10. 金子詩子. 二次性のミトコンドリア異常が疑われたメバロン酸キナーゼ欠損症. 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会. 福岡, 2017.4.22
  11. 星名潤. 心臓腫瘍に対し新生児期にエベロリムスを投与した先天性肺気道奇形合併結節性硬化症の一例. 第53回日本周産期・新生児医学総会および学術集会. 横浜市, 2017.7.16
  12.  
  13. 鈴木亮. 敗血症羅患児の初期治療開始までに要した時間と予後の関係. 第53回日本周産期・新生児医学総会および学術集会. 横浜市, 2017.7.16
  14. 山崎肇. 過去10年間に当院で経験した18トリソミ-合併新生児に関する考察. 第29回新潟周産母子研究会, 新潟市, 2017.7.29
  15. 塚田正範. ASD device閉鎖後にSinus node artery LA fistulaをきたしたsuperior trim deficiency症例の転帰. 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会, 浜松市, 2017.7.7
  16.  
  17. 塚田正範. Figulla Flex ll ASD OccluderとAmplatzer Septal Occluderの留置後の形態変化およびValsalva wall圧迫の比較検討. 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会, 浜松市, 2017.7.9
  18. 齋藤朋子. Bayley発達検査を用いた早産児の発達予後の検討. 第53回日本周産期・新生児医学総会および学術集会. 横浜市, 2017.7.16
  19. 金子孝之. 極低出生体重児の小児期血圧に関連する因子の検討. 第53回日本周産期・新生児医学総会および学術集会. 横浜市, 2017.7.16
  20. 笠原靖史. キメラ抗原受容体開発への取り組み―免疫グロブリンの抗原結合能を利用する人工受容体:構造と機能変化―.第32回新潟血液免疫学研究会. 新潟市, 2017.2.24
  21. 長崎啓祐. 新生児マススクリーニングTSH高値で発見されるDown症候群の頻度と臨床的特徴. 第44回日本マススクリーニング学会学術集会. 秋田市. 2017.08.18
  22. 山崎肇. 新生児期に頻拍性不整脈を発症した4症例の検討. 第69回北日本小児科学会, 札幌市, 2017.9.2
  23. 田中真奈. 乳児白血病に対する造血幹細胞移植の晩期障害として発症したインスリン抵抗性を示す2型糖尿病の1例. 第18回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. 高崎市. 2017.09.09
  24. 泉田侑恵.日本人ターナー症候群における腎泌尿器合併症とeGFRを用いた腎機能評価の横断的検. 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.29
  25. 長崎啓祐. 小児の多結節性甲状腺腫を契機に同定したDICER1胚細胞変異の1家系. 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.28
  26. 小川洋平.ZnT8抗体陽性より緩徐進行1型糖尿病と考えられた1例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.28
  27. 齋藤七穂. 小児家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体に対するピタバスタチン投与による有効性と安全性の検討, 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.28
  28. 廣嶋省太.SIADHを呈した鞍上部胚細胞腫瘍に対して、Tolvaptanを用いてNa濃度を制御しえた4歳女児例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.28
  29. 佐々木直.肝内の副腎遺残の腺腫化によりCushing症候群をきたしたPallister-Killian症候群の女児例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.29
  30. 柴田奈央. 頭蓋内hCG産生腫瘍による末梢性思春期早発を呈した女児例. 第51回日本小児内分泌学会学術集会, 大阪, 2017.9.28
  31. 長崎啓祐. PTEN胚細胞変異を同定した4歳発症の機能性甲状腺結節の1例. 第60回日本甲状腺学会学術集会. 別府市, 2017.10.06
  32. 山崎肇. 当院における頻拍性不整脈を発症した新生児の検討. 第62回日本新生児成育医学会, さいたま市, 2017. 10.12

公開講座,その他の講演

     
  1. 長崎啓祐. 先天性中枢性甲状腺機能低下症の診療状況の全国調査. TTT meeting 2017 in 丸の内. 東京. 2017.2.4
  2. 長崎啓祐. 小児科医が知っておきたい低ホスファターゼ症診断のポイント. 新潟県低ホスファターゼ症談話会. 新潟市, 2017.2.24
  3. 佐々木直. 小児期発症バセドウ病における重症筋無力症の合併の検討. 第2回東日本小児内分泌次世代リサーチミーティング. 東京, 2017.3.4
  4. 長崎啓祐. 萎縮性甲状腺炎の長期身長予後の検討. 第2回東日本小児内分泌次世代リサーチミーティング. 東京, 2017.3.4
  5. 長崎啓祐. 成長曲線を用いた学校保健 ~現場の混乱と医療機関での対応~(講演) 小児GHD Lily Web シンポ, 新潟市, 2017.3.6
  6.  
  7. 長崎啓祐. ストレンジック補充中に骨折をきたした低ホスファターゼ症の2例. HPP症例検討会. 東京. 2017.5.14
  8. 長崎啓祐. ヌーナン症候群のABC.ノボノルディスクMR勉強会.新潟市, 2017.8.30
  9.  

その他

  1. 長崎啓祐. 萎縮性甲状腺炎. 見て学ぶ小児内分泌疾患. No.7
  2. 長崎啓祐. 低ホスファターゼ症(HPP)ってどんな病気? はっぴーママ新潟版7・8号 vol. 76:p.7, 2017